夢の書(下)

  • 90人登録
  • 3.44評価
    • (6)
    • (15)
    • (21)
    • (6)
    • (0)
  • 10レビュー
制作 : 井辻 朱美 
  • 講談社 (2007年6月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (278ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062138352

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
O.R.メリング
上橋 菜穂子
O.R・メリング
荻原 規子
荻原 規子
荻原 規子
上橋 菜穂子
上橋 菜穂子
有川 浩
有川 浩
O.R・メリング
有効な右矢印 無効な右矢印

夢の書(下)の感想・レビュー・書評

  • 時々アクション場面では微妙にアメリカ映画っぽいテイストを
    感じる事もあったのですが…終わっちゃいましたね。
    うーん。
    こういうおしまいですか…アリとは思いますが…うーん。

  • ダーナが妖精か人間か選べ、というのはひどく切なかったです。
    なにか失うことが大人になるということだとは思いたくないし、
    異界に触れる力は子どもにしか許されないと言われているようでもあって…うまくいえませんが、切なかったです。

  • う~ん、かなりビミョーかもしれない・・・・・。  世界観とか扱っているテーマなんかはまさに KiKi の好みのど真ん中ストレート。  決して嫌いなタイプの物語ではありません。  でも、なんとなく期待していたものと違うんですよね~。  それは「シリーズ最終巻」という先入観があるために、KiKi が勝手に膨らませていた期待とは違うというだけのことで、「こういう物語」と割り切ってしまいさえすれば、もっと楽しめたような気がするんですよ。  でもね、やっぱり思ってしまうのです。  「妖精王の月の7者のうちグウェン以外の人たちの存在感の薄さは何??」とか、「前作、『光をはこぶ娘』で妖精国の上王たる者が 『時の始まりより、つねに変わらず、人間こそが妖精国を救い続けてきた。  人間こそが「敵」の影と戦うものだ。』 と言っていた癖に、結局最終決戦をするのが人間と妖精のハーフのダーラとは何事??」とか、「挙句、最後の最後で 『人間として生きるか、妖精として生きるかを選べ』とはご都合主義も甚だしい!!」とか感じちゃったんですよね~。  で、読後感としては「せっかく前の3つの物語をベースとするならば、もっとそれらの物語を深堀りした・・・・というか、そこから広がる物語を読みたかったなぁ・・・・・」と。

    これまでのシリーズとは異なり、本作では舞台をアイルランドからカナダに移します。  アイルランドのお家芸的な「妖精界」が人間の移住と共にカナダにもやってきて帰化するというアイディアは楽しいと感じたけれど、そこに世界各地の土着の多神教の神様やら神秘な存在を絡ませ、しつこいぐらいに「我らはみなひとつの家族なのだ」と言うのであれば、何もアイルランドから妖精を引っ張り出さなくても、義母アラダーナの守護神ダネーシャ(インドの神)や、ネイティブ・カナディアンの守護神とか、ドラゴンレディと1つ目的のために結集というお話でもよかったんじゃないか?と感じたり・・・・。  だいたいにおいて「妖精国の友」たる「7者」がカナダ在住じゃないからどうしたこうしたと言う割には、神秘な存在の方はグローバルに協力というのも、訳わからん・・・・とも言えたりするし・・・・・ ^^;

    (全文はブログにて)

  • 下巻でダーナは自身に課せられた使命を知り、それを成し遂げるためにカナダのスピリットに触れる旅を続けます。
    お供はルー・ガルーのジャン。
    6~7世紀に実在した聖ブランダンの旅に同行したり、中国からやってきた、龍に守られし〈ドラゴン・レディー〉と出会ったり。
    起伏に富んだストーリー展開です。
    (下巻に出てくる、鳥の王の妻になった美女・タリユルクの話はどこかで聞いたな~と思ったのですよ。よくよく考えたらついこの間読んだ『深海のYyr』にもこの話が出てたんだわ!時々こういった読書シンクロがおこります)
    決戦間際に解ける、ダーナの本当の役割は残酷なものでしたが、読み手に問いを投げかけるラストに繋がっていて、納得のいくものだったと思います。

    「われらはみな一つ」

    太古から伝えられる大いなる真理
    この真理をベースに、深みのある一大ファンタジーとなった作品でした。

  • 読み終えて本を閉じ、「ああ、終わったんだな」としばしぼんやりした。少し広がりすぎな感は否めないが、途中の展開は予想がつきながらもやはり泣けたし、戦いの激しさには息をのんだ。失うものと得るものはあまりにも大きすぎて、天秤にかけるのはとても難しい。しかし表紙で寄り添う二人をあらためて目にすると、最後に二人が選んだ道はきっと大切な時間を刻んでくれると信じたい。

  • 「われらはみな、ひとつの家族」という言葉で世界中の神話や民話の主が出て来て協力するというのは、あまりにも安易だし、欲張り過ぎな感じが…。翻訳は最後まで馴染めなかった。

  • 味方として、妖精とかトロール、ドラゴンとか思いつくもの総出演みたいだ。敵方の内容は思いつかなかったみたい。

  • 壮大だった。まとまりに欠ける…かなと思った。

  • 訳者後書で井辻朱美も触れていますが、グローバル化ケルトファンタジーです。
    今までの作品『妖精王の月』『夏の王』『光をはこぶ娘』の登場人物たちが大集合。
    両親の再婚を機にアイルランドからカナダへ引越しした半妖精半人間のダーナが主人公。
    新しい土地と生活になじめず妖精国へ逃げ込む日々。
    ところがある日妖精国への門が全て破壊され、ダーナも狙われるように。
    ダーナだけが門を修復できるというのに、彼女は何も知らなくて……。
    ケルトの精霊のほかにもカナダの妖精、チャイナタウンの守護龍なんかも出てきます。ダーナの継母はインド人なので象の姿の神様ガネーシャも。
    宗教が違っても「何かスピリチュアルなもの」という考えは存在するわけで、それはお互い許容できるわけですね。
    ダーナのパンクなアーティスト叔母'sがいいアクセントになってます。

    装画 / こみね ゆら
    原題 / THE BOOK OF DREAMS (2003)

  • ラスト微妙やった…。

全10件中 1 - 10件を表示

夢の書(下)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

夢の書(下)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

夢の書(下)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする