福沢諭吉 国を支えて国を頼らず

  • 109人登録
  • 3.77評価
    • (10)
    • (14)
    • (20)
    • (0)
    • (0)
  • 11レビュー
著者 : 北康利
  • 講談社 (2007年3月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (382ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062138840

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
J・モーティマー...
デール カーネギ...
有効な右矢印 無効な右矢印

福沢諭吉 国を支えて国を頼らずの感想・レビュー・書評

  • 未来が見えた人にその未来が力を授ける、それが偉人なのですね。
    福沢諭吉の多大な功績のみならず、それらを貫くプリンシプルに光を当てた良書でした。。

  • 福澤諭吉という人物について、それを深めることができる著書の一つ。多くの人は、一万円札の顔の人、慶應義塾の創始者、学問のすすめの著者という認識だろう。しかし、実際は違う。慶應義塾と通じて築かれた、福澤山脈といわれる人物群像こそが、福澤諭吉の真の姿ではと思う。慶應義塾に始まり、銀行、保険会社、新聞社を起業(当時でいえば、ベンチャ-起業)をし、一方では、鉄道、電力、商社、百貨店、大学の総長、病院。それぞれの分野で起業・開業をしていく人を輩出していく。また、政界にも、大きく影響を与えていきます。起業家であり、教育者であった。これほどまでに、国家の基礎を築き、国家に貢献しながら、国家に依存することを潔しとしなかった態度に気概を感じます。この本では、そういうことを小説にも似たタッチで描かれており、福澤諭吉が生きた時代を追体験できます。良書です。

  • 伝記ではあるが、福沢を始め登場人物たちが生き生きとして描かれており、小説を読んでいるように読みやすい。厚い本だけどすらすら読める。「独立自尊」を唱えた福沢の、その言葉通りの人生の歩み、かつ情に溢れる人柄がわかる一冊。

  • ・天は人の上に人をつくらず~
    ・慶応大学の創立者
    ・一万円札の人
    ですよね、イメージとしては。
    幕末の時代から明治の文明開化の時代の思想化・教育者であったことが良くわかりました。激動の自体において、世界の中の日本を的確に捉え、西洋思想を吸収していく人間の大きさがすごいです。
    北氏の著作は、実績を賞賛するだけでなく、人柄というか、人間味が描かれていてとても魅力的な人物としてあこがれてしまいます。

    一万円がより好きになりました。

  • あらためて福沢を深めているけれども、この本は福沢の人物像を紹介するものとしては、ものすごく読みやすい。「思いっきり頑固に拘る」ところと「どうでもよくて無頓着」なところが、折り重なっているのが、福沢の魅力であり、不思議なところであり、つかめない→さらにおもしろくなってしまうところでもある。

  • 2011/03/19 紀伊國屋で文庫版平積み見つけ<br />文庫は上下2巻

  • 情熱、努力、実行力、客観性、どれも群を抜いていた。
    すごく鼓舞された。

  • 請求記号:289.1フ
    資料番号:010975431
    「福沢山脈」は、その後の日本を支えた実業家・教育・司法・政界・医業界に多くの人物を輩出しました。

全11件中 1 - 11件を表示

福沢諭吉 国を支えて国を頼らずを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

福沢諭吉 国を支えて国を頼らずを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

福沢諭吉 国を支えて国を頼らずを本棚に「積読」で登録しているひと

福沢諭吉 国を支えて国を頼らずはこんな本です

ツイートする