虚構 堀江と私とライブドア

  • 245人登録
  • 3.29評価
    • (9)
    • (37)
    • (73)
    • (11)
    • (3)
  • 41レビュー
著者 : 宮内亮治
  • 講談社 (2007年3月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (262ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062140232

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デール カーネギ...
堀江 貴文
有効な右矢印 無効な右矢印

虚構 堀江と私とライブドアの感想・レビュー・書評

  • ライブドア事件のことを宮内さんが自分の立場で書いた本。今までは堀江さんの著書しか読んでなかったから、この本は新鮮だった。当然のことながら堀江さんとは意見が異なるけど、どちらが正しいかは第三者でなければ何ともいえない。双方に言い分はあるのだろうけど、逮捕されなければならなかったのかは疑問。同じようなことをしても捕まらない大企業の方はたくさんいるし。

  • ライブドア事件を当時取締役ファイナンス部部長、など肩書きを持った著者からの視点で書いた内容。

    当時のライブドア社内、堀江社長がどんな存在であったかがわかる本。

    次に中国を狙っていると巻末に書いてあったが、どうなったのか・・・

  • 堀江氏の側近でライブドア時代は財務部門に携わった宮内氏の著書。

    本人と検察の見解内容の相違点が多く語られており、読んでいて疲れた印象があったが、事件の起きた翌年の2007年に執筆されている時点で中国のビジネスに強い関心を持っていたことからも堀江氏とは違った天才的な才能はあることは読んでいて感じました。

    あと、堀江氏の情報力や分析力の的確さそして、仕事に対するドライな姿勢などの側近からみる天才ぶりも感じました。

    確かにニッポン放送の騒動後から堀江氏の熱量がなくなったことは共感できる部分はあると感じたり、同社の予算管理などの金銭面に対するシビアな姿勢は読んではじめて知りました。

    株式市場が次の段階に入った時代に刺激的なM&Aなどのファイナンスで時代の象徴となった同社は堀江氏だけにフォーカスが当てられる部分が多いですが、そこには結果的に罪に問われることにはなるものの宮内氏を代表とする側近たちの力もあっての組織の拡大があったことを本書を読んで感じました。

  • 【No.184】元ライブドアのナンバー2、宮内さんがライブドア事件の内情を書いた本。「会話やスピーチは”簡単に言う””すべて簡単に置き換える”」「ホリエモンの浮上は、足蹴にされた企業や人間の恨みにつながる。殴った人は忘れるが、殴られた人は忘れない」

  • ライブドア事件宮内亮治氏側から見た本
    ホリエモンの主張だけ読むのも不自然と思ってこちらも
    読んでみましたホリエモンと宮内氏相違は有る物の
    あの逮捕はやはりやり過ぎだと思わざるおえない

  • 一連のライブドア事件を、当時CFOの任にあった著者の視点から描いた本です。外部のジャーナリストや会計士による当該事件の解説に興味をひかれたことから、内部から見たよりリアルな事件の実像を知ることができると思い、購入しました。

    本事件では、投資事業組合や被合併会社、子会社といった会社組織が次々に登場し、株式交換によるM&A手法や、最終的な利益の底上げに至るメカニズムは素人目には複雑怪奇です。しかし臨場感のある描写によって、当時のライブドアが置かれていた状況や、会計操作をするに至った大まかなストーリーはしっかり浮かび上がってきます。

    わたし自身、組織の中でプレッシャーにさらされながら働いていると、最終的にどうなるか、ということに思いが至らぬまま、長い目で見れば自らに不利なことをしているにもかかわらず、仕事を上首尾に仕上げられたことに満足し、安堵してしまうことがあります。

    裁判で著者に不利になる事実は避けられている可能性があり、一連の事件の記録としては客観性を欠くように思いますが、何のために働くのか、いま自分は何をすべきか、といったことを考える上でも興味深い一冊です。

    (2014/3/24)

  • この本はいったいなんなのか。
    読後に理解に苦しんだ。
    暴露本なのか罪の吐露本なのか社会に対する警鐘の本なのか。
    報道では知ることのなかったライブドア幹部の人間くささが伝わったのはプラスだが、結局「自分の責任はここまでだった」という弁明の部分が多い。
    なんともシャキッとしない読後感。

  • 事件当時、まだ学生だったので内容についてはそんなに知りませんでした。今更ながらですが理解できてよかったなと思います。

  • クラサワコミュニケーションズ買収をはじめとする不当な利益の計上があり、それがニッポン放送買収で浮き彫りになったというお話。

    文中に「堀江は容疑を否認し徹底的に戦っていく中で、私(宮内)にすべて任せていたといい、堀江も自分自身にもそう言い聞かすことができるようだった」という記述があった。

  • ホリエモンの右腕とも呼ばれた元ライブドア・宮内受刑者の一冊。
    堀江貴文の「徹底抗戦」も読みましたが、フラットな視点で事実関係を書かれているのはこちらの方かもしれないですね。書名の通り「徹底抗戦」しているホリエモンと違って、違法性を認めているだけにある程度開き直りとしてかけた部分もあるだろうし。
    そのへんの個人の思いの対立とかは正直、読む私にとってはどうでもよくて、むしろあの頃のライブドアがなにを目指してあのようなビジネスをやっていたのか、どのように成長しようと考えていたのか、が、気になっていたのですが、本書が真実だとしたら、まさに「虚構」の中でもがいていたんだろうなぁということがわかります。
    ライブドアは国家権力に潰されてしまった、と、今でも私は疑いを捨てていませんが、その強制捜査がなかったとしても、企業としての寿命はさほど長くなかったでしょう。

  • ライブドア事件も内部からの視点ではまた違った一面を持っていたのだと思います。ギリギリ合法のハイワイヤーを歩いたのか、それともそれは"非紳士的行為"だったのか。いずれにせよ当事者だけに責任を押し付けて終わりにするのではなく、今後も考察を続けたい事件だと思います。
    本書では内部での陣頭指揮をとっていた宮内氏が経緯説明とをしていてとても参考になります。

  • ホリエモンの本をほとんど読んだが、ライブドア関連でホリエモン以外の視点で書かれた本を初めて読んだ。当然?なのか両者の立場・訴えは異なっているので何が真実だったのか、というのは気になるところ。ちょっといわゆる普通の人間とは離れた感覚の持ち主のホリエモンよりも、考え方とかは共感が持てるというか自分に近いものを感じた。
    そしてこのころのライブドアで働いてみたかったなとちょっと思った。

  • ホリエモンとの主張の違いをはっきりさせようとして読んでみたのだが...

  • 意外と良かった。

  • 会社の実像を再認識することが出来る一冊。

  • ライブドア事件っていうのは耳にしていたけれど
    あまり関心がなかったので詳細は知りませんでした。
    これは実際に逮捕された内部の人間がその当時のことを記したものです。

    ライブドアがどんな会社だったのか。どのように急成長をしていったのか。読み物としてとても面白かったです。
    実際の逮捕された人が書いているので客観的といっても自己弁護的になっているのかもしれません。でも出来る限り客観的に書かれていたと思います。そしてこの人が責任を逃れたいとして何か言い訳がましいことを書いているようには思えなかった。


    もともと、メディアとかであまり見たことすらないのだけどホリエモンは好きではなかった。そういった先入観からなのかわからないけれどこれを読んでもっとホリエモンが嫌いになった。この文章からはホリエモンの天才的素質を垣間見ることは出来なかったし、ただの目立ちたがり屋のデブくらいにしかみえなかった。

  • 意外と読みやすかった。

    悪いところは素直に認めているし、
    読んでていいかげんな人だなぁとは思ったが、
    世の中の情報からイメージするほどの感じの悪い奴ということはなかった。

    他の人の発言との食い違いがあり
    本書が正しいとは言えないが、
    事件について知りたいのであれば、
    その中の1人の主張として読むのはいいと思う。

  • ブックオフに安く置いてあったので手に取ってみた。読むべき時期は逸したような感じもするけど、今みたいに経済全体が委縮しているときに改めて振り返って見るのもいいかもしれない。


    著者自身が、逮捕・起訴された側でしかもホリエモンとも対立する側ということで、内容は全体的に自己弁護やホリエモンやマスコミ対する批判が多い。そのあたりは割り引く必要があるけれど、数少ない当事者側の記録だし、当時の内部の雰囲気がよく出ている。書かれている事実にしても、(冷静に分析された)いろいろな報道とも概ね整合していて、正直に書こうとしているように思う。


    虚業、拝金主義、時代のあだ花といってたたくのは簡単だし気持ちがいい。でも、個人的にはライブドアは虚業でもただの拝金主義でもなかったように思う。IT企業としてみてもよいサービスを多く持っていたし、ファイナンスの技術も高かった。経営陣を筆頭に、優秀な人たちが最大限の努力で仕事をしていたんだろう。倫理的に批判されることは覚悟していただろうし、綱渡りをしているという自覚もあっただろうけれど、法を犯して逮捕されるようなことをしているとは考えてもいなかったんじゃないか。制度の範囲内で最大速度で突っ走っていたつもりだったんだろう。そうした全力疾走が嫉妬ややっかみ、反発なんかを生んでいき、最終的に司法の標的にされてしまった。そんな状況なんだろうと思う。

    ライブドア自体は、時代の最先端をいく企業としてもてはやされたあとすっかり転落してしまったし宮内氏や堀江氏はいまや犯罪者。だけど、だからといって、やっぱりああいうのはだめなんだ、と切り捨てることはできないし、ビジネス、会社、経営のありかたといったことに対して彼らが投げかけた疑問はまだまだ考えなくてはいけない。そう考えると、経営、制度、経済、司法、倫理、報道とあらゆる面から本当に日本のビジネスをとりまく問題を浮き彫りにした事件だったのだと思う。

  • 当事者の一人である宮内氏の視点からみたライブドア事件.
    ここは逮捕された人にしかわからない胸中なのかもしれないが,検察側の認否を認める判断が,「そういう見方もできる」に終止しているのが歯がゆく感じてしまうのが自分だけだろうか.

    ホリエモンとの距離感が明確になっていないのもあまり納得のいかない読了感になってしまっている.

  • 人が人を裁く時に思惑が働くのは必然であり
    見逃されるグレーもあれば黒く塗りつぶされるものもあるということが分かった。
    本自体は普通で宮内さんを知りたい人以外はどうでも良いかも・・

  • 別の視点から、ライブドアの勃興を知ることが出来て参考になった。

    お金がお金を生む、その現実。

  • ライブドアという会社がなぜ、虚像と言われたのかといえば、利益を出していたのが自社の株価にかなり依存したファイナンス事業のみだったからだと思います。しかし、それでもビジネスですし、彼らの努力とモチベーションの高さの様子が伝わってきて、学ぶ点があると思います。ただし、好き嫌いで言うと堀江は大嫌いです。ビジネスマンとしての尊敬と人間の性質という点での尊敬は別軸であるはずだからです。

  • 宮内さんの自伝。ライブドア事件を裏側から理解するには良い本。
    たぶん言い訳てきな綺麗ごとを書いてる気がするw
    そのあたりを差し引いて読めばよいかと。

  • 堀江氏曰く「『部屋とワイシャツと私』みたい」

全41件中 1 - 25件を表示

虚構 堀江と私とライブドアを本棚に「読みたい」で登録しているひと

虚構 堀江と私とライブドアを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

虚構 堀江と私とライブドアを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

虚構 堀江と私とライブドアの作品紹介

「ニッポン放送、フジテレビは、なぜ騙されたのか」。プロ野球進出騒動、総選挙、村上ファンドとの関係、ITの寵児が疾走した「既存勢力への挑戦と限界」。未熟さゆえの罪や失策を素直に認めつつ、卑下することなく等身大のライブドアを語る。

ツイートする