6時間後に君は死ぬ

  • 562人登録
  • 3.52評価
    • (41)
    • (127)
    • (162)
    • (18)
    • (4)
  • 147レビュー
著者 : 高野和明
  • 講談社 (2007年5月11日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (358ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062140720

6時間後に君は死ぬの感想・レビュー・書評

  • それぞれが少しずつ繋がった短編集。

  • 「13階段」以来。タイムリミットに向けてハラハラドキドキのミステリ仕立てかと思いきや、ほのぼの系のちょっと良い話の短編集。ドールハウスのダンサーは良かった。全体的にはあまり捻りはない。

  • この人の作品は初めてだけど中々面白かった。少々先が読める話もあったけど、読みやすくて一気に読んでしまった。個人的には「時の魔法使い」がいいね。ちょっとジンときた。

  • 他人の未来を予知する能力を持った山葉圭史。
    連作短編になっていますが、彼の登場は控えめで、あくまでも脇役といった立場になっています。

    タイトルと装丁からサスペンスミステリーなのかと思っていたら、いい意味で裏切られました。
    表題作と「3時間後に僕は死ぬ」以外は未来の予知に縛られた話ではなかったし、すごく素敵な話が詰まった一冊でした。
    どの話も無限の可能性を秘めた未来を予感させ、とてもじんわりくる読後感でした。

    しかし改めて高野和明さんの作者としての力量を感じました。私にとって「13階段」「ジェノサイド」に続く3作品目でしたが、この人何でも書けるんだな〜という印象です。しかもどのジャンルも安定感があって安心して読めます。
    これからも追いかけたい作家さんですね。

  • 未来が見えてしまう圭史は
    6時間後にナイフで刺される実緒に声をかけ、
    何とかその犯人を捜し出そうとする。
    美緒が刺される時刻が刻々と迫る中
    2人は犯人を見つけられるのか。
    そして美緒の未来を変えることはできるのか。

    上記以外にも圭史が未来を見ることで起きる
    短編が複数入っています。

    タイトルのインパクトから
    悲壮感漂う緊迫したストーリーを期待していたのだけど
    圭史がいい奴なので、サラッと読めます。
    それにしてもタイトルが秀逸すぎる。

    急に「未来は可変」に路線変更した感はありますが
    それだからこそクライマックスらしく終りましたね。

    時間物は既出作品がたくさんあるからこそ
    もう少し詳細に設定を練ってほしかったです。
    ちょっと物足りない。

    水曜日に恋をしてはいけない、
    というお話が一番切なくてぐっときました。

  • ジェノサイドから入り13階段と続いたので気合を入れていたが思いのほか軽く読めた。前2つに比べると軽いけどこれはこれで面白かった。

  • タイトルに惹かれて借りました。

    5章からなる話で、1話目が 終わったとき
    てっきり この話がずっと続くと思っていたので、
    短編集?と思ったら、
    やはり つながっていく話でしたね。

    途中 ちょっとダレた話もあったんですが、
    最後は 手に汗握る展開で、
    ハラハラドキドキしながら 一気に読みました!

    運命には逆らえないのか?
    けど、人の運命が あらかじめ決まってるんなら、
    日々 努力したり 自分の意志で決めたことの意味は?


    最後 どうするんだろうと思いながら
    読みましたが、
    まずまず 納得の結末でした。

  • 『死神の精度』と似ているように思えて、読んでいて「何読んでるんだっけ?」と思ったことが何度もあった。

  • 他人の「ビジョン」が見える圭史が関わる、5編の不思議な物語。どんでん返しあり、センチメンタルあり、スリルも味わえてお得な連作短編集。やや綺麗にまとまりすぎている感じもするけれど。

  • 面白いけど好みじゃなかった。
    気軽にさくっと楽しめる一冊。

  • ベタでした・・・
    でも圭史がステキでした。

  • 読みやすい本でした。若者向けかな。
    未来が見えてしまう青年を中心に、事件や事故が起きる連作短編集。
    印象に残ったのは「3時間後に僕は死ぬ」
    ウエディング施設の大きなホールで3時間後に爆発事故が起き、大勢の死者が出ることが見えてしまった青年が知り合いの女性と、爆発事故を阻止するために、奔走する話。
    なかなか明らかにならない全容にハラハラしたし、緊迫感がこちらにも伝わってきた。

  • 読みやすたった。すんなり入ってくる。未来が見える青年の物語。

    努力して、努力して、努力し続けた人が自分の未来を見て、
    望んだ未来と異なる未来が到達することが分かった時、
    それを受け入れられるのだろうか。

    たぶん、中途半端な努力しかしなかった奴は、大丈夫だろうけど。

    でも、慣れていくんだろうな。

    努力しなければ、言い訳ができるが、夢は叶わない。
    努力すれば、言い訳できなくなり、夢は叶う確立は上がるが、
    叶わないかもしれない。

    どちらがいいのかは分からないが、人生に後悔しないために、やれる時に努力していきたい。

  • 『13階段』 『ジェノサイド』 ときてこの作品・・・・良し悪しでなく、ただ合わない。
    http://blogs.yahoo.co.jp/rrqnn187/9999161.html

  • 2013.4.3読了。
    他人の未来の普通でないことのビジョンが見える青年とその周りの人たちの話。

  • おもしろい!!
    特に、5番目の「3時間後に僕は死ぬ」がおもしろい!!

  • 高野和明『6時間後にきみは死ぬ』読了。未来に起こる出来事が見えてしまう青年が登場する短編集。表題作とそれを締めくくる「3時間後に僕は死ぬ」の2編よりも、その間にあるエピソードが好き。このファンタジー感は「世にも奇妙な物語」的。未来が過去を勇気づける、なんてこともあるらしい。

  • タイトルが秀逸。内容は予知能力を持つ大学生に関わる話。うーん、まぁまぁかな。未来は変わらないことが多いらしい。もう少し現実的かぶっ飛んでるか、どっちかに寄ってくれると楽しめるかも。

  • 他人の尋常ならざる未来の経験が「見えて」しまう山葉圭史。圭史は、6時間後に死ぬ運命の原田美緒に付き添い、その運命を変えようとするが…。
    短編集。運命がわかっていると、人はどのように生きようとするのか。運命を受け入れるのか。それとも、抵抗しようとするのか。話としては面白いが、ストーリーにはそれほど深みがなかった。

  • 短編かと思ったら、全ては絡み合って最後につながる。ハラハラドキドキの最後の部分とかさすがにドラマの原作だけあり、映像が頭に浮かびあがってきた。そっかーWOWWOWでやったたんや~。

  • #読了。連作短編集。未来の非日常的な出来事が見える山葉圭史。彼は自分の見た未来を変えることは出来るのか?未来が見えない者の未来に対する不安、未来が見えてしまった者の不安。どちらも未来に対してできる最善のことは。

  • 未来を見ることができる男、圭史の周りに起こる5作品。最後の「3時間後に僕は死ぬ」は、最後の最後までオチが見えず、とても面白かった。一方で、圭史の見る未来は必ず起こるという前提で話が進んできたのに最後の「3時間後に僕は死ぬ」ではその前提が崩れてしまっていて、ストーリーとしての技巧性は少し乏しかったので★を1つ減らした。

  • 高野さん初体験。
    ジェノサイドの作家さんということで手を伸ばしました。
    先が読めてしまうなぁ、と思いながらも、でも読みやすく、すっと中に入り込めた最初の短編2作「6時間後に君は死ぬ」「時の魔法使い」。
    「恋をしてはいけない日」で切なくなり、「ドールハウスのダンサー」で夢中になった。
    面白かった。早く、ジェノサイド読もっと。

  • 確定した未来なんて無い。
    生きている人間の力で未来は幾らでも変える事ができる。

全147件中 1 - 25件を表示

6時間後に君は死ぬを本棚に「読みたい」で登録しているひと

6時間後に君は死ぬを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

6時間後に君は死ぬを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

6時間後に君は死ぬを本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする