私的生活

  • 271人登録
  • 3.82評価
    • (40)
    • (45)
    • (56)
    • (4)
    • (1)
  • 48レビュー
著者 : 田辺聖子
  • 講談社 (2007年7月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (322ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062141253

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

私的生活の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「つなぎ」っぽい。やっぱムショ生活はつまらんね〜

  • やってくれるかなぁと期待していたベースケはとくになくまだかなぁまだかなぁと読み進めていただけにちょっと残念であります!
    籠の鳥になってしまい、徐々にさめて白けていく。今までわろてたことがまったくわらわれへん、わかります。

  • 「言い寄る」に続く乃里子の物語。
    結局、剛と結婚しちゃったのかよ!って冒頭から呆れながら読み進める…。
    なんでこう軽率なのかなこの人は…とイライラしながらも、気がつけばまるで乃里子を心配している女友達のような気分に。
    今だったら完全にDVとされる剛の言動にだんだんと精気を失っていく乃里子は痛々しかった(ところで小説の中の男にこんなに嫌悪感を抱いたのは初めてだと思う…w)。
    それでも最後、本当の自分を取り戻すために、自分の口で決別を伝えた乃里子を労いたい。

    今回はアバンチュールも特になく笑、乃里子と剛の間柄が主なテーマだったが、男と女の間にまつわる名言がたっくさん詰まっていたな~。
    刻一刻と移り変わり、当事者たちすら振り回されてしまう男女間の感情。
    白か黒かでハッキリできたら苦労はない、って嘆きたくなるような関係。
    特に終盤にかけて乃里子と剛の気持ちがどんどん離れていく様子は、あざやかに、かつテンポよく描かれていて、流れるように読んでしまった。

  • 自分だって望んでたわけじゃないのに、変わったりする。

    うまくやりたかったのに、その為なら努力できたのに。
    どっかで気づいてほしくて、褒めてほしくて、ありがとうと感謝してもらいたくて。
    なんで自分ばっかりって幼稚なことを思うけど、多分それって消せない。
    思いやりとかバランスて言ったらつまらないけど、そう言うこと。
    双方思い通りなんていかないんだ。

    一瞬先がわからないのは恋人で、家族にならなくちゃ、夫婦で家族で、それは安心で。

  • 「言い寄る」の続編。
    人もうらやむ大財閥の御曹司と結婚して3年。あんなに自由だった乃里子の生活は一変して不自由なものに。自分をとても愛してくれている夫、自分も夫を愛している…なのにお芝居が必要なのはなぜ?
    ドキドキした。小説を読んでいて「あれ、これ私のことじゃん!」なんて思うことは滅多にないのだが、この本はズバリそうだった。ドキドキ、はドキドキワクワクでもなく、ときめきのドキドキでもなく、冷や汗が出てくるようなドキドキ。乃里子と私なんてキャラクターとしては全然かぶるところがないのにこのリアルさはなんなのだろう。

  • 内容説明
    あの「三部作」新装連続刊行・第二弾!  恋愛も人生も、大事なことはすべて「お聖さん」に教わった・・・。まさに「いまの作品」として読んで欲ほしい。著者代表作『三部作』、美しい装丁で新刊行!
    内容(「BOOK」データベースより)
    結婚→離婚。乃里子33歳。わたしの私的生活は、彼に侵されてしまった。「愛してる」よりも「もう愛してない」と告げることの、難しさ。田辺聖子「最高傑作」三部作復刊第2弾。

  • 年下の男は厄介な愛玩動物だった。

  • 「言い寄る」の続編。
    なんだろうこの「わかる」感は。
    腑に落ちるんだけど、だからそれから逃れることはできないのだよね。

  • この小説が書かれたのは昭和51年。すると、1976年が舞台か…。
    女性の立場がまだまだ低く、貞操が問われた時代。
    現代にあてはめてみると、主人公の夫はとんでもないDVストーカー男。
    田辺先生の文体が軽くて、かつ品があるから、悲惨な感じを受けにくいけど、これはそうとうな話ですよ。
    この小説の前作「言い寄る」でも思ったけど、主人公の乃里子は、浮気がばれて、恋人剛にめちゃめちゃ暴力受けてたのに、意外と彼女がそれを容認してたのに、衝撃を受けた。
    乃里子は当時としてはそうとう進んでる女性として描かれてたのに、それでもなお。
    その暴力男と、今作では結婚してたことにびっくり。
    男の暴力が容認されていた時代の物語だなあ。
    それに、剛は浮気三昧なのに、男はよくって女は駄目って、どうどうと書かれてあるんだもの。
    いくら財閥の息子だからってさあ…。
    時代性を感じてしまいました。
    そういう女性差別的なものに一石を投じる意味でも、田辺先生は、乃里子を離婚させちゃったんだろうなあ。
    でも、こういうカップルって、現代にもいくらでもいる。平成の世になっても、DV男は幅をきかせてる。ホント、許せない。

  • 主人公の人は、さばさばした性格で、とてもさっぱりしていて気持ちがよかった。自分は何を望んでいるのか、どの程度の犠牲の上にそれは成り立っているのか、しっかりと自分で見極め、理解して生活を送っているのが、安定感があってすっきりしていた。
    本の内容が、主人公と旦那さんの生活、お金持ちの旦那さんの家族の人物関係の描写、主人公が私的にかかわっている男の人の話でほぼ終始していて、それがくるくると繰り返されてばかりなので、途中で飽きてしまった。
    またもう一度読み返そうとは、今は思えない。読了は断念です。

全48件中 1 - 10件を表示

私的生活を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

私的生活の単行本

ツイートする