きむらゆういちの『ひみつの箱』

  • 21人登録
  • 3.31評価
    • (1)
    • (5)
    • (4)
    • (3)
    • (0)
  • 8レビュー
  • 講談社 (2007年9月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (132ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062142700

きむらゆういちの『ひみつの箱』の感想・レビュー・書評

  • 筆者がメモ帳から掬い上げた「ボクの生き方や考え方の原点になっている言葉たち」と、10代から描き続けていた油絵を1冊にまとめた本。
    普段は決して表に出てくることがない、筆者の心の奥にある、まさしくひみつの箱。言葉や油絵から感じるものもあったが、もっとも印象深かったのは、あとがきかもしれない。

  • さくっと読めた。絵本作家だと思っていたきむらゆういちさんが、元は油絵を描かれていたことを知り、びっくり。

  • はっとさせられる言葉がつまった一冊。

    誰でも印象に残る言葉があると思う。

  • 『あらしのよるに』の著者 きむらゆういち のネタメモから生まれたこの作品。
    読んでいけば自己啓発になりそうな内容ですが著者の頭の中にあった言葉たちなので押し付けがましくなくライトに読めます。
    納得出来る言葉も多数。

  • 背中を押してくれたり、「それでいいんだよ」って言ってくれているような言葉が欲しくて図書館で借りました。

    いくつかの言葉を手帳にメモしようと思います。

  • んー・・・名言集みたいな本。あー、と思ったり、えー?と思ったり。きれいすぎてちょっと、と思うところもあり。
    2008/12/2

  • きむらさんの描いた油絵と言葉とあとがきでじんせいについて書いてあるのですが、どれをとっても好いです。あらしのよるには読んでないですが、この本はだらだら立ち読みしに行った時に気に行って買ってしまった

全8件中 1 - 8件を表示

きむらゆういちの『ひみつの箱』はこんな本です

ツイートする