新世界より (下)

  • 2562人登録
  • 4.05評価
    • (532)
    • (479)
    • (311)
    • (42)
    • (21)
  • 483レビュー
著者 : 貴志祐介
  • 講談社 (2008年1月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (573ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062143240

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
貴志 祐介
伊坂 幸太郎
宮部 みゆき
森見 登美彦
有川 浩
万城目 学
伊坂 幸太郎
有川 浩
桜庭 一樹
伊坂 幸太郎
角田 光代
東野 圭吾
伊坂 幸太郎
吉田 修一
万城目 学
有川 浩
東野 圭吾
東野 圭吾
伊坂 幸太郎
有川 浩
和田 竜
近藤 史恵
有効な右矢印 無効な右矢印

新世界より (下)の感想・レビュー・書評

  • 私たちは人間だ!のシーンに鳥肌がたった。
    すごく面白かった。

  • 久々に面白かった!
    お話としてグイグイ読めたのは久しぶり。
    いろいろ荒くてもワクワクすればそれが一番!
    想像力こそが、すべてを変える。

  • 面白かったけれど色々とヘビー。定期的に入ってくるオーバーキルな殺戮シーン、不快感を起こさせる新種の生物群に死と隣り合わせの逃走劇と、盛りだくさんのグロさだった。
    登場人物の頭の良さに驚くし、底なしの体力気力には舌を巻く。

    どちらかというと前半、業魔関連のパートの方が好みだった。都合の悪いことは全て忘れてしまう、得体の知れない巨大権力に支配された箱庭的世界が好きだった。
    伏線かと思ったらそうでもなかったことが何度かあり、ミステリー脳を反省した。
    はじめの業魔と悪鬼の昔話、変質したお守り、あと鏑木肆星と日野光風を除いて男女で名前の文字数にルールがあるように見えたので、さりげない伏線かと思ったけど、とくに関係なかった

  • 正義をふりかざしていても、姿が違えば自分たちと同じ知能を持っているバケネズミを容赦なく殺し、「私たちが何をしたっていうの?」と平気で言える主人公たち。守なんて仲間だったのに空気扱い。この無神経さ、滑稽さまでが計算されているとしたら作者はすごいなと思います。 くどいまでの細かい描写で、異世界に入り込んだような感覚を味わえるのもさすが。アニメや漫画にもなってるようなので、そちらもみてみたいです。

  • 貴志作品の中で一番好きかも。
    1000年後の未来、呪力を持った人間の存在は核兵器よりも恐ろしい。バケネズミのルーツが明かされるくだりは薄々思っていたことだったけど、暗い気持ちになってしまった。
    "想像力こそがすべてを変える"
    ★野狐丸、奇狼丸の最期はどちらも悲しい

  • 上巻を読んで、ワクワクしながら読んだ下巻。
    期待を裏切りませんでした(^-^)

    上巻の感想からの続きになりますが、本当おもしろくて引き込まれました。
    下巻では廃墟となった東京へ早季と覚たち4人?が敵を倒す兵器を求めてやってくる。

    そこは信じられないような世界。
    その世界で、様々な戦いが始まるが、これが本当に手に汗を握り、最後まで引きつけていく。

    そして、彼らの世界は守られたのか!?

    そこまでのネタバレはしないほうがいでしょう。
    ただイエスと言う最後の言葉にわたしは人間世界の始まりイエスキリストを思い浮かべ、輪廻転生があるのでは?と思った次第でした(^^;;;

    しかし、この物語はおもしろいオススメの一冊だと思います。

  • 仕方ないけど、守は?ってなるよねw

  • 世界観は面白いが、どうなんだろう…
    正直微妙。

  • 世界観・構成・設定の作り込みが緻密ですごい。
    物語も息つく間もなくラストまで引き込まれていきます。
    最後のバケネズミのルーツまで面白くて一気読みでした。

  • 緻密に構成され、練り上げられたと思われる世界観に圧倒された一冊だった。
    自らが信じる世界や善悪の価値観など、立場や見方を変えただけで根本から崩れ去る程度の脆いものに過ぎないのかもしれない。
    不安定さをひたすら排除されながら、真実を知らされずに育った人間と何故か異常に知能が高いバケネズミ、絶対的強者とそれに従う者の関係や歴史、絶対的悪とされた悪鬼との戦い、少しずつ見えてくる「本当の世界」の描写に引き込まれ、一気に読んでしまった。

  • 世界観に酔いしれました。大好きです

  • 面白かった!久しぶりに読んでいて続きが気になってしょうがない本でした。世界観の描写がすばらしい。ぐいぐいと物語に引き込まれていきました。

  • 上が難解で、読み終わった後なかなか続きを読む気持ちになりませんでした。
    数か月あけて下を読みました。

    今度はネットで登場人物や上のあらすじ、ネタバレを見て読んでみました。
    頭の中に情景が浮かんで、スイスイ読めました。

    かなり残酷でグロい描写もあります。

    長編ですが、おもしろかったです。
    好評価も納得でした。

  • 上、下巻通して圧倒的な世界観に引き込まれました!!私は得体の知れない生き物が出てきたりする作品は怖くて苦手だったのですが、それを上回る魅力でいっぱいで、普段目にしない言葉がたくさんあり難しいと感じるところもたくさんあったのですが、一気に読んでしまいました!

  • ページをめくる手が止められない。おもしろいのでおすすめ!

  • 大長編にも関わらず、いい意味でその重さを感じず、
    ずっと新鮮な気持ちで先を急いで読むことができた。

    どれだけの準備があってこの作品を描いたのかと…

    ファンタジー系は普段ちっとも読まないから
    この世界観についていけなかったらキツイなと思ったけど
    全然!問題なし!!

    ただの「物語」じゃない、考えさせられる。

    大きな脳を手に入れ、食物連鎖の頂点に君臨し、
    深海を探検し宇宙を探求し、過去を歴史を掘り下げ、
    地球の資源を生命を貪り尽くす私たち「人間」は
    一体どこまで欲深いのか業が深いのか。

    これから私たちは、どこへ向かうのか…

    とか思っても思わなくても、大変面白い作品。

  • 面白かった。
    ある設定を導入することで、どういう状況が想定され得るかをシミュレーションしてあり、伏線の回収もうまく、最後まで楽しめた。
    ただちょっと、異種族間の攻撃についての制約事項がストーリーの一つの鍵になってるのだが、一点引っかかるところがあって、まあ、それで味が変わるわけではないのだけど、せっかく楽しませてくれたのだからそこもなんかあればなあ、とは思う。

  • 見事に異世界を構築している。
    テレビアニメにもなったファンタジー小説。

  • 世界観、ストーリーに引き込まれて一気に読みきってしまった。

  • 最後は長く感じてしまったが、やはり面白い小説であった。
    この手のジャンルを初めてよむ新鮮さもあったが、遠い未来の話、人が魔法を使えるようになる、色々な生き物が出てきて大変なことになる。
    といった、盛りだくさんな内容で本当に新世界を体感した。(何度も言うが、後味は悪い)

    そして、『新世界より 家路』がいい意味でも悪い意味でもなっている物語だった。

  • 内容(「BOOK」データベースより)
    八丁標の外に出てはいけない―悪鬼と業魔から町を守るために、大人たちが作った忌まわしい伝説。いま伝説が、「実体」となって町に迫る。新しい秩序とは、おびただしい流血でしか生まれないのか。少女は、決死の冒険に身を投じる。

    現実味の無い話なのに、未来には十分あり得ると感じる。無差別殺人や凶悪犯罪の低年齢化が進む今、自分達の未来や後世をより安全に穏やかに暮らすためには、あながち、この小説の中で実行されたことに近いことが正しいと判断される時代が来るような気がする。

  • 新世界よりの下巻。
    ワクワク、ドキドキの冒険小説かと思ったら大間違い。いい意味で頭にガツンときた作品。
    人間のエゴ、人間とバケネズミの弱者と強者にいたるまでの歴史など自分の心にザワザワするものがあった。
    この本を読んだ後はぜひドボルザークの「家路」を聴いてほしい。

全483件中 1 - 25件を表示

新世界より (下)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

新世界より (下)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

新世界より (下)を本棚に「積読」で登録しているひと

新世界より (下)の作品紹介

八丁標の外に出てはいけない-悪鬼と業魔から町を守るために、大人たちが作った忌まわしい伝説。いま伝説が、「実体」となって町に迫る。新しい秩序とは、おびただしい流血でしか生まれないのか。少女は、決死の冒険に身を投じる。

ツイートする