傷だらけの天使 魔都に天使のハンマーを

  • 92人登録
  • 3.75評価
    • (10)
    • (14)
    • (13)
    • (2)
    • (1)
  • 19レビュー
著者 : 矢作俊彦
  • 講談社 (2008年6月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (402ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062143943

傷だらけの天使 魔都に天使のハンマーをの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • <おーい、シょーケン!!>

     いまだにあのメロディーを口ずさんでいることがある。タラッタータタラタ タリタリタリララー♪

     あの小暮修が帰ってきた!

     で、なんと、矢作俊彦である。

     自分としては、これだけで充分なので、内容は見てのお楽しみ、ということにしたいのだが、結局、全編、亨を死なせてしまったことに対する修の気持ちが物語をつくっているように思えた。

     

     途中で「相棒」の映画の話もでてくる御愛嬌もあるし、綾部貴子も辰巳も健在で、なんと、健太もでてくる。そして新しい相棒も登場。続編も期待できそうだ。


     でも神代辰巳ももう他界してしまったし、岸田今日子ももういないんだよね。


     

  • TVドラマ傷だらけの天使は昔夕方の再放送で見ていました。ショーケンのオサムと水谷豊のアキラのコンビがかっこよかった。アキラが死んでから30年後にオサムが事件に巻き込まれその事件を解決していく。ストーリーはなかなか面白いし、オサム(当然かなりの年だが)の雰囲気も悪くない。もう少し切ない感じが全体的に出ていると、もっと良かったかな。

  • エンターテインメントとしてはおもしろかったが、これを「傷だらけの天使」でやる必要があったかというとちょっと疑問。

    直前に市川森一による脚本を読んでいたこともあるが、傷天の魅力って、街角の些細な事件を通して描かれる人間の情けなさや哀しさみたいなところにあると思う。

    どうしてもそこから離れられないため、話のスケールがでかくなった分、そういう肝心の部分が薄まってしまっているように思えて仕方がない。

  • 変わっていく街に、変わらない男が帰ってきた。男気があって情に厚く、無教養な臆病者――でも、そんな修ちゃんだから、生き抜いてこれたのかも。弟分のいない新宿。すれ違う『相棒』の面影。夢の島の件は息が詰まって平静に読めなかった。小説より映像っぽい書き方(視点とか)なのはちょっと惜しい。

  • 50代で、ホームレスをしている小暮修。賭けゲートボールで小銭を稼ぐ。
    ホームレス仲間が襲われた。自分と間違えられた。危篤状態。
    犯人探しに区役所の青年と暴力団事務所(サラ金)へ。昔の仲間がいた。
    若い女がもめている。車を盗み逃げる。高級車泥棒の外人を探す。
    その男が死んだ。
    六本木ヒルズに住んでいる綾部に会う。別れ際に100万円と40万のスーツ。
    外人達の集まる店。小暮修は仮想空間で伝説のヒーローだったので本人を探していた。

  •  これ思ったよりも面白かった。矢作さんの作品って、途中で支離滅裂になりがちで、しかもグダグダなのが多いんだが、最後まで辛抱してスリリングに書ききっていた!エライw

  • 2009/3/21購入
    2013/1/20読了

  • 50代になったコグレオサムの物語

  • (081108)

  • あれから三十余年、オサムは新宿から離れて、公園で寝泊まりする路上生活者に。でも仲間が自分と間違われて殺され、真相を解明する為に新宿に戻る。友達だったヤクザ、外国人犯罪グループ、オサムを執念深く追い回す刑事、不良娘、オタク、色々テンコ盛りで入り乱れて話が進む。エンターテインメントとしては面白いんじゃないか? ショーケンが見えて来るかどうかは、読み手次第。オサムじゃなく、サブちゃんだったり、後々オトナになってお医者さんだったりするショーケンも見てるからね。でも、いつだったかトヨエツがオサムの役になってた映画よりは、それっぽいかも。

全19件中 1 - 10件を表示

矢作俊彦の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

傷だらけの天使 魔都に天使のハンマーをを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

傷だらけの天使 魔都に天使のハンマーをを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

傷だらけの天使 魔都に天使のハンマーをはこんな本です

傷だらけの天使 魔都に天使のハンマーをの文庫

ツイートする