脳が教える! 1つの習慣

  • 806人登録
  • 3.67評価
    • (67)
    • (93)
    • (140)
    • (10)
    • (3)
  • 104レビュー
制作 : 本田 直之  本田 直之  中西 真雄美 
  • 講談社 (2008年7月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062144704

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
フィリップ・マグ...
デール カーネギ...
J・モーティマー...
ジェームズ アレ...
有効な右矢印 無効な右矢印

脳が教える! 1つの習慣の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 脳は変化に敏感かつ抵抗するので,変化と認識できないくらい小さく,わざわざそれを目標として定めるまでもないようなことを続けていくことで,次第に習慣として行うものの強度を高めることができる.

  • これを読んで、今まで「やろう!」と思ってもできなかったことを、「こんなことから???」と思えることからスタートすることにしました。
    まだ1つしか取り組んでいませんが、少しずつ小さな何てことない習慣を増やしていけたらいいなーと思っています。

  • [2017/04読み終わり]何でも小さくして、始めやすく続けやすく変わりやすくする方法を自分で思いつける様に分かりやすく書かれた本だと思った。
    翻訳本は苦手だが、この本は日本人が書いた様な理解しやすい日本語で書かれていて監訳者・翻訳者の素晴らしい仕事を垣間見る事が出来たと思う。

  • 77ページから数ページが衝撃的だった。。。私も、選べない。

  • 読んで納得。実践的でもあります。オススメ。

  • 脳は大きな変化を嫌うため、改革をする時には小さな一歩から脳を騙して行動しよう。この一文に集約される、大した本ではない。

  • 「小さな一歩を実践する習慣を身につけよ」
    革新的な試みは大脳辺縁系によって拒絶される。しかし変化が小さな一歩だと見逃され、大脳新皮質まで辿り着く。変わるのは難しくて当たり前。恐怖は挑戦に対する身体からの贈り物。気をつけろよ、って心配してくれてるような感じ。
    目標の達成に向けてできる小さな一歩は何だろう、と自分自身に問いかける。

  • 脳は「変化」に恐怖を感じるのだという。
    つまり、なにか新しいことへの挑戦や大きな目標にストレス(=恐怖)を感じるという。
    恐怖を感じると、今度は逃走する。
    目標から逃げ出し、ドロップアウトしてしまう。
    それが脳の習性だそうだ。
    それを理解した上で、どの様にしたら目標達成、継続ができるのか。
    大きな目標で脳に恐怖を感じさせるのではなく、「ちいさな一歩」で脳を騙しながら目標達成に近づいていく。
    当たり前ではあるが、この目標設定が非常に重要である。本書で提示されているいくつかの例をみると、今まで設定していた目標が大きすぎたのだと気付いた。
    より小さな、ストレスとは無縁の目標設定をしてみようと思う。
    前半は意欲的に読めたが、後半は問題解決について書かれており、私の求めるところではなかった。

    具体的な実践方法が解説されているので、一度実行してみようと思う。

  • 友人が紹介してくれた本。
    新しいことへの挑戦などの「変化」は脳に恐怖をもたらす。変化を起こそうとしても難しいのはこのためだ。でもほんの小さな一歩であれば、脳はそれを恐怖とは捉えない。本書では、この脳の仕組みがとても分かりやすく解説されている。

  • 習慣は、脳が無視できるほどの小さな繰り返しによって根付くものである。

    小さな質問を繰り返す。

    習慣を形成するのにもノウハウが重要なことを教えてくれる本。

全104件中 1 - 10件を表示

脳が教える! 1つの習慣を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

脳が教える! 1つの習慣を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

脳が教える! 1つの習慣を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする