ヤイトスエッド

  • 52人登録
  • 3.58評価
    • (7)
    • (6)
    • (9)
    • (3)
    • (1)
  • 10レビュー
著者 : 吉村萬壱
  • 講談社 (2009年4月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (242ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062153737

ヤイトスエッドの感想・レビュー・書評

  • 6つの短編からなる作品。
    どれも、過激でとらえどころがない。でも、引き込まれる。
    特に、女性が主人公の「B-39Ⅱ」と「ヤイトスエッド」「不浄道」が突き抜けている。

    一見理解不能に思われる3人の女たちの行動はあまりに極端なのだけれど、そこには彼女らなりの道理があって、読むにつれて何だか理解できるような気がして、自分もおかしいのかな・・・と心配になったり。。だけど、
    少なくとも私は、「オムライスに髪の毛が入っていただけで『私たちが安心して食べられる物っていったい何なの!』と怒声を浴びせる女」よりも佐惠に同調できるような気がする。

  • へんな趣向持った女性がいっぱい出てきます。
    吉村萬壱は、『バーストゾーン』とか『クチュクチュバーン』みたいな社会派っぽいのよりも、これとか『独居45』みたいな、いろんな性癖もった変態さんの話のがリアルに感じて面白い。(?)
    でもやっぱり、何か食べよるときに読むもんじゃなかった。

  • 吉村萬壱の短編小説6編収録。2003年にハリガネムシで芥川賞を受賞した3年後に発表された「イナセ一戸建て」から2009年発表の「不浄道」まで、主に「群像」に掲載された作品を収録している。
     田舎の町工場で繰り広げられる卑しい男女関係を描いた「B39」と、男性の視点から語られたB39に対して同じ出来事を女性側の視点から語った「B39-Ⅱ」、そして衛生的な生活を是とする現代人の生活は強迫症的であるとして、不浄の道を突き進む女性を描いた「不浄道」、これら3点の作品は特に印象深い。

    どの作品も極端な生き方をする極端な人間が描かれている。
    誰の心にもある卑しい部分を摘出して、拡大鏡で観察しているかのような気持ちになる。
    これらの作品を読む事によってどんなプラスがあるのかと問われれば、「不浄道」の一節を引用したい。不潔な生き方を貫く主人公の同僚にこんな変化があったと作品中描かれている。「嘘っぽい話ですが、寝坊して朝のシャンプーが出来ないからとか、化粧の乗りが悪いからという下らない理由で遅刻や欠勤をしていた女性社員達が、私の存在を思い出すことによって、少しくらい無様でも堂々と定時出勤するようになったという話も聞きました」
    不潔な主人公によって、同僚の清潔のレベルは引き下げられたように、極端に卑しい登場人物によって、わたしの道徳的許容度の境界は押し広げられて、よりひとを寛大な目でみられるようになったような気がする。

  • これ書こうと思ったけど、内容が思い出せない…
    今日読んだのに…アルツ…

    短編。何か変な人たちの奇妙なお話だったような。
    オチ!というオチがなかったけど、まあ嫌いじゃないです。

    虎ってあの虎?とかだから一体なんだったのあの娘はとか老人か青年か結局どっちだったんだろうとか、ぼや~っとした疑問が残るけど別にまあ無理に知らなくてもよいという、そんなお話たち。

  • 「不浄道」が傑作すぎた。

  • 群像2009年6月号書評より

  • 昔オカンがしょっちゅう「ヤイトしたろかっ!」て叫んでたのを思い出した。


    これ書いた人童貞?

  • 最高。
    短編もだけど、早く長編が読みたい。

  • 「エロとグロついて行けぬは我が感覚」

全10件中 1 - 10件を表示

ヤイトスエッドに関連するまとめ

ヤイトスエッドを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ヤイトスエッドを本棚に「積読」で登録しているひと

ヤイトスエッドの作品紹介

罪深き女、偽りの愛にお灸を据える、黒マントの怪人。かたくななまでに変な女たちを描いた短編集。

ヤイトスエッドはこんな本です

ツイートする