獣の奏者 (4)完結編

  • 2766人登録
  • 4.42評価
    • (729)
    • (360)
    • (166)
    • (16)
    • (1)
  • 404レビュー
著者 : 上橋菜穂子
  • 講談社 (2009年8月11日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (434ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062156332

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
冲方 丁
夏川 草介
湊 かなえ
有川 浩
有川 浩
有川 浩
上橋 菜穂子
上橋 菜穂子
上橋 菜穂子
有川 浩
有効な右矢印 無効な右矢印

獣の奏者 (4)完結編の感想・レビュー・書評

  • (2015年4月19日 再読)

    「闘蛇編」「王獣編」で完結した物語の続編とは思えないほどのスケール感で、「獣の奏者」の世界は4巻での完結に相応しい物語だと思う。

    でも、あの結末はやっぱり悲しすぎて厳しすぎる。
    物語の落としどころとして、ああいう決着のつけ方が避けられなかったのかもしれないけど、でも。

    「見つけたことを伝えるために、死に物ぐるいで生き抜く」というエリンの言葉通り、あの場で命をかける選択をしないでほしかった。
    音無し笛を吹く前にどうにかしてリランの耳を塞いで生き延びてほしかった。

  • 圧巻の読み応え。
    なんといっても、最後の方はジェシが大人になってエリンの話を伝えていく…。ファンタジーでは言い表せない物語です。生について深く考えさせられました。涙なしには読めないです。

    一番印象に残ったのは、エリンとイアルのリンゴの木です。

    この物語は、本当に考えさせられる。

  • 迫力の完結編。
    国境を脅かす異民族ラーザは、川を遡って攻めてきます。
    はるか東方の隊商都市の人々は、ラーザに味方する者もでてきます。
    もとは征服者のリョザ神王国を異質な存在と感じ、必ずしも味方ではなかったのでした。
    しだいに事態の渦中へと否応なく運ばれていくエリン。
    王獣を操れる唯一の存在として、母国からも保護だけでなく監視もされる、各国から狙われる立場に。
    「残された人々(カレンタ・ロゥ)」に過去に起きたことの事情を聞きに行くことがかなわないと知り、王獣の訓練を続けます。
    夫イアルは王獣を戦場に出さずに済むようにと願って、闘蛇乗りに加わることに。
    危険な任務のために家を離れることを、一度は泣いて反対したエリンでしたが。
    王獣保護場のカザルム学舎で学ぶ一人息子のジェシ。
    幼いジェシが母の書いた物を読み、母が死を覚悟していると知った悲しみ。
    決戦を前にして休暇を貰ったイアルは、息子のうって変わった様子に驚きます。
    過去の伝承が真実なのか、命がけで突き止めようとしたエリン。
    家族との幸福を取り戻し、ジェシの未来を切り開くために‥
    理由を説明しないままの禁忌ではなく、事実を知らしめることで、今後の方針にして欲しいと願ったのです。
    そのとき、何が起きるのか?
    真王セィミヤ、大公シュナン、シュナンの妹オリ、側近のヨハル、ヨハルの養子で楽師のロラン、隊商都市の示道者クリウ。
    それぞれの立場で苦慮し、決断していきます。
    はるかな土地でひっそり暮らしていて、謎の連絡を受け取った民も‥
    劇的なシーンから、必死の家族、悲痛な出会い。
    意味ある悲劇へ、そして静かな年月の平和へ。
    それぞれの勇気と、家族の絆が心に残りました。
    何度も読み返すには哀しすぎますが、破綻のない構成と確かな筆致には感嘆。
    完成度が高く、印象深い作品です。

  • 終わって欲しくなかったけれど、人も獣も精一杯生きていてた。悲しくないと言ったらうそになるけど、読めてよかった。

  • とうとう全4巻読み終えてしまいました…もう、なんと表現したらいいかわからないほどで、こんなに感動する作品を読んだのは久しぶりです。
    人間の愚かさが際立つ一方で、人の、道を探し続ける力、一人が死んでも別の人がそれを受け継ぎ、多くの人がそれぞれの思いの上で考えつづける、人間という生き物の群れの力を示してくれたことで、少しだけ人に対する希望が持てた気持ちです。前巻のレビューでも書きましたが、王獣と闘蛇は核を持った現代人と重なってしまいましたから・・・
    エリンの生き方は最後まで彼女らしく、また、最後は彼女の願いであった王獣の開放が叶ったのである意味ハッピーエンドだったのかな。闘蛇も解放されればいいのにな、と思いました。
    とはいえ、私は2巻の荘厳なラストが大好きなので、実はこの結末は納得しかねます・・・悲しすぎてね・・・せめてリランだけでも耳栓してあげられなかったのかなあ。
    政治色の強い3.4巻も、読まなければよかったとは思わないし、良い作品だという気持ちは変わらないけれど、獣と人間のかかわりを多く語った2巻はずば抜けて素晴らしかった。
    気高く神々しいリランが暫く頭から離れそうにありません。

    残すは外伝のみ!
    楽しく幸せな物語が広がっていますように。。

  • 完結編。本当にすばらしく、飽きることなく一気に読んでしまいました。

    なんといっても最後のエリンの木。心臓がそれこそきゅっとなって本当にこんな風になっちゃったの?そんな…っという具合に胸が締め付けられました。

    一日たった今でも余韻に浸っています。

    ラストがこういう終わりかただからこそか、命とは、また、生きるとはなにか。
    深く考えさせられます。

  • 完結編。
    とっても読むのがしんどかったです。
    知りたいという気持ちで開けてしまった扉、その先を見届ける責任はあまりにも重くて厳しい。
    ひと時の家族の温かさや学生の時の思い出の話にじんときました。辛いことばっかりじゃなかったんだ、と。
    “幸せという言葉は大きすぎる網のよう”という言葉は深いなと思いました。

  • 読み終わった後、「あぁ、やっぱりこういう結末になってしまうのか…」そう思わずにはいられなかった。切なくて、悲しくて、涙がこぼれた。
    素晴らしい作品であるのは全く疑いの余地がない。キャラクター・ストーリー・舞台設定、全てにおいて秀逸。私の生涯の読書生活で間違いなくベスト3に入るであろう作品だと思います。

  • 1,2巻でも十分に完結していた物語でしたが、全4巻通してみると、ここまで描かれて「王獣」と「闘蛇」、エリンの物語がすべて幕を下ろしたのだと実感として納得することができました。書かれるべき「その後の話」だったと思いました。
    結果としてはあまりにも哀しいものが残ってしまいましたが、そのための決断はけして絶望からではなく、希望から導いた答えでした。だから、辛くとも皆前を向いて歩き出せたのではないかとも思ったのでした。それでもやはり、中盤の親子・夫婦のふれあいの挿話は先に待っている未来への諦観を感じさせて、切ないばかりでしたが…。普通の幸せがあるということの大事さを、もっと感じて生きなければいけないなあと感じたり…。
    ……とにかく、全4巻、堪能しました。子供も大人も関係なく、広く読んでもらいたいです・・・!

  • 長きに亘るエリンの物語が終わる最終巻。
    王獣と闘蛇を巡る人間の罪の歴史にも終止符が打たれる。

    愚かな争い、人間の動物に対するエゴ、家族の絆等、
    実に色々と考えさせられた小説だった。

    第2巻までで終わっている物語に追加で記述された後編2巻。
    ハッピーエンドで終わった第2巻までの内容、物語の世界観を失うことなく、
    歴史や登場人物に厚みを持たせた内容になっており、
    全4巻読んでこその物語となったと感じる。

  • なんとなく評判がよかったので、手を出してみました。
    闘蛇編と王獣編で一度完結しているとは知らず、
    4巻全てつながっていると思っていたので事の真相を知った時は驚きました。
    だって、王獣編の結末は、あまりにもあっけないというか
    そこで終わらせるの?!と叫びたくなったから……。

    それでも続きがあるなら、と気にせず読み続けたのですが、
    王獣編までのめりこんでわくわくしながら読んでいただけに
    あの結末がショックで……正直、読んだ事を少し後悔しています。

    けれど素晴らしい作品である事には間違いはありません。
    重厚に作られた世界観は言わずもがな、
    さすが文化人類学者だと唸らされたのは精霊の守り人シリーズでも同じです。
    そして人の性、親子の愛、進むべき道への激しい苦悩と
    それでもなお諦めずに道を探そうとする姿は本当に強くて美しいものだと思います。
    多少伏線が回収されなかろうが全く気にならない程度です。

    ただ……私には、エリンも、イアルも、そしてジェシですらも、
    あまりにも「強すぎて」深くは感情移入ができなかった。
    英雄を崇めるように彼らをすごいとみる事は出来ても、
    心から愛しいと思える旧友のようには感じられない。
    上橋さんの作品は一通り読んでいるのですが、
    どれも「すごい」とは思うもののいまいち好きにはなれなかった理由が
    獣の奏者を読んで理解できました。
    人は、もっと弱くて情けなくて、逃げ出してもいい……。
    その点、上橋さんは登場人物たちにたいして強くて厳しすぎる、と感じてしまう。
    それがまた上橋さんの良さでもあるとは思うのだけれど、
    私とは少々合わないのが残念です。

  • ついに明らかになる「過去の災厄」の真実。
    望まぬ戦いでありながらも、自分の命を賭けて災いを止めようとするエリン。

    厳しい結末だけれど、戦争の愚かさ、争う人の業と共に、よりよい未来を目指して足掻く人の姿に、一筋の希望を見せてくれる物語でした。

  • やはり最終的な選択はこうだった。足掻いても頑張ってもこれしかなかったのか。
    提起がいい。大きな破滅を招く知識は、大衆に教育するべきか、一部で秘してゆくべきか。人にどれだけの抑制、自浄能力があるのか、性善説か性悪説か。
    エリンの願いと約束を守った真王と大公に作者の人への希望を見たように思う。

  • 獣の奏者シリーズ第4弾。
    こんな終わり方しかなかったのだろうと思いながらも
    切ない気持ちになりました。
    もっと違う未来があったら良かったのに。。
    とにかく壮大な物語で、心に深く刻み込まれました。

    【王獣たちを武器に変えるために、ひたすら訓練をくり返すエリン。―けっしてすまいと思っていたすべてを、エリンは自らの意志で行っていく。はるか東方の隊商都市群の領有権をめぐって、激化していくラーザとの戦の中で、王獣たちを解き放ち、夫と息子と穏やかに暮らしたいと願う、エリンの思いは叶うのか。王獣が天に舞い、闘蛇が地をおおい、“災い”が、ついにその正体を現すとき、物語は大いなる結末を迎える】

  • 大河ドラマのようだ。
    エリンという女性がどう考え、どう生きたかの。
    人も、動物も、人生は短いけれど、その中で脈々と受け継がれていく知識について深く考えさせられました。

    人は知り考え、学んでいかなければならない生き物なんだね。

  • ちくしょう涙のやつ………。
           (by「お父さんは心配症の北野君)

    という感じでしたよ。

    やっと、やっと図書館で順番が回ってきて、手元に来たのだけれど、読むのが嫌で後回しにしていました。

    なんで嫌なのかって、読むとこの物語が終わってしまうからですよ!

    3巻目のエリンやイアルの様子から、この物語が決してハッピーエンドでは終わらない気がしていたし、いやしかし、児童書に分類されているらしいから、そんなに悲惨なことにはならないだろうよ…いやいや、ハリーポッターは重要人物でもあっけなく死んじゃったりしてたぞ? とか、いろいろ思ってしまった。

    読んでしまってからは、もう涙涙……でした。
    「もうそんなに抱えなくていいよ、エリン……」と、私がエリンのそばにいたらそう言ってただろうなぁ。
    それでも、エリンは自分の思いを変えないだろうけど。

    あ~、素敵な話が読めた。

  • NHKのアニメに魅かれて読み始めたら、子供が読んでわかるの!? とびっくりのハードな内容の本でした。
    闘蛇編から始まり、一気に完結編まで読んでしまいました。
    エリンの人生に涙しました。

  • とうとう王獣軍を作り出したエリン。
    王獣たちを人間の手から解き放ちたいと願いつつも、政治に翻弄されるがまま。
    とうとう戦が始まる。
    リョザの建国者ジェが見た光景とは?
    ジェシが見つめる父と母の姿は?
    獣の奏者エリン。いま、これにて完結――!

  • 上橋さんの作品はせつない悲しさ、愛するものを守ろうとする心を抱きながら、未来へと何かを託すような終わり方が多いような気がします。読み進むうちに苦しく悲しいさけられぬ結末。でも物語はここでやっと終わってくれたんだ(1、2巻で終わったもんだと思っていましたから)、幸せは、ほんの一時でもあれば、生きて生き続けられるのでしょうね。

  • 『闘蛇編』『王獣編』の前二作が、異種との交流という横軸を描いたものならば、『探求編』、そしてこの『完結編』の後二作は、世代から世代へ繋がり受け継がれていくうねりの縦軸を描いている。

    かつては頑固な少女だったエリンは、同じく頑固で生意気な息子を得て、母であるがゆえの喜びと苦しみを引き受け、自分の母の姿を思い、息子の未来へ心を馳せる。
    時は繋がっているんだな、と思う。
    なんて大きな世界、大きな物語なんだろう。
    凄い、としか言いようがない。
    物語の持つ、圧倒的な力を思い知る。
    クライマックスの嵐のような描写に、ぐいぐいと引き込まれながら、読み進めるのがもったいないような、結末を知るのがもどかしいような気持ちになった。
    そして嵐の結末は、恐ろしいほどしんと静まり返って胸を強く打つ。
    共生の難しさ、ひとが生きていくうえで避けては通れない衝突や驕慢さが、それでもよりよい道を探そうとする人間の誠実さ、優しさが心に迫る。

  • 互いが互いを想い合う場面、場面が本当に泣けた。悲しい結末ではあったけれど、エリンの願いが叶い、ジェシの成長した姿で終わったのは本当に良かった。

  • 王獸と闘蛇を人の手で増やし、戦わせるとどうなるかー、最後にそれが分かり衝撃的でした。
    かつて神々の山脈の向こうで起こったことの真実が隠さずに語り継がれていれば、、と悔やまれます。
    エリン、イアル、ジェシが家族三人穏やかに暮らすために様々なことを犠牲にしつつ、歩んできた道のりを思うと、、やっぱりラストはせつない。。
    読み終わって物悲しい気持ちになりました。
    外伝はもう少し時間が経ってから読むことにしよう。
    エリンとリラン、ジェシとアルが心通わせるシーンが好きでした。

  • やっぱりだけど、リランたち死んじゃうんだ。・(ノД`)・゜なんで生き物はいつも人の争いに巻き込まれるのかなーと(/ _ ; ) 野に放てたアルの子供たちが、二度と捕まりませんように。

  • 二年経って、王獣はエリンの元で軍隊となっていた。ずっとできなかった繁殖もできるようになったり、闘蛇も改良?されたり、生き物としての研究は進んでいたけれど、決定的なことは分からないまま、戦いの時が来る。
    言い伝えられてきた通りの大災害が起きようとした時、エリンはその命をかけて街を救った。
    ラスト、あのクソ生意気なガキだったジェシが獣医となり、かつ生徒に教えていたのは胸熱。

  • やっと完結編読めました。
    全体的に重い感じはありました。
    それぞれの思いが交錯した回だと思いました。
    昔、どんなことがあったか、それが今回起こってどうなったか、人は隠すのではなく、伝えていかなくてはいけない、というのが伝わってきました。

全404件中 1 - 25件を表示

獣の奏者 (4)完結編に関連するまとめ

獣の奏者 (4)完結編を本棚に「読みたい」で登録しているひと

獣の奏者 (4)完結編を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

獣の奏者 (4)完結編の作品紹介

王獣たちを武器に変えるために、ひたすら訓練をくり返すエリン。-けっしてすまいと思っていたすべてを、エリンは自らの意志で行っていく。はるか東方の隊商都市群の領有権をめぐって、激化していくラーザとの戦の中で、王獣たちを解き放ち、夫と息子と穏やかに暮らしたいと願う、エリンの思いは叶うのか。王獣が天に舞い、闘蛇が地をおおい、"災い"が、ついにその正体を現すとき、物語は大いなる結末を迎える。

ツイートする