血戦 ワンス・アポン・ア・タイム・イン・東京 2 (100周年書き下ろし)

  • 191人登録
  • 3.52評価
    • (8)
    • (40)
    • (33)
    • (6)
    • (2)
  • 25レビュー
著者 : 楡周平
  • 講談社 (2010年3月4日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (266ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062161220

血戦 ワンス・アポン・ア・タイム・イン・東京 2 (100周年書き下ろし)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・東京』の続編だ。
    崇が反撃に出る。妻の尚子も今回は夫の力になるようだ。
    選挙区で崇が勝利して万々歳かと思ったが、そうはいかなかった。となると、また先が気になってしまうじゃないか〜。
    それにしても、眞一郎の執念ってすごいわ。で、なけりゃ大物にはなれないか。

  • 平成28年5月8日読了

  • 面白かった。続編を読みたい。

  •  度重なるスキャンダルをプラス思考で乗り切って、いざ「血戦!」。政治の裏側の血なまぐささが伝わってきて一気に読んだ。
     男社会がメインの物語だから、女性は添え物の感が強い。三奈は有川会の会長とはいえ、結局は子供を思うように育て上げることに情熱を注いでいるとわかる。その生き方は尚子にしても同じだ。それが日本社会なのだな、と改めて感じた次第。
     お受験をめぐっての姉妹の確執が、「血戦」のきっかけの一つと思うと、世の中の対立の発端はどこにでもあるような気がした。
     某家具メーカーの骨肉の争いが話題になったが、血族だからこそ、より激しい「血戦」に世間が仕立てあげていくのだな、とも思った。

  • ・あらすじ
    どろどろ。俺をなめるなー!戦じゃー!
    ・かんそう
    落ちぶれたエリートのがむしゃらさが面白い。
    民主党は復活出来なそうだから続編は厳しい?
    読みたいなーさみしい。

  • 勝てると思った。次回はあるのかな。

  • 軽くて読みやすいけれど、テレビドラマみたい。お勧め度は低いかな。
    続編へと続く終わり方で、その続編のほうに興味あるな~(^_^)v

  • うん!
    いいです。面白かったです。
    スピィーディーに惹きこまれるストーリー。
    続編として満足です。

    途中、家族の絆が深まるシーンなどもありつつ
    親子の決別もある
    政治家、国会議員にかける想い
    権力とは・・・

    よく出来すぎている話がやはりテレビドラマのように感じますがライトに読めて、選挙などの側面も見ることが出来る面白い本です。

    さらなる続編も期待しております。

  • 続編。また、次がありそうな終わり方。

  • 一気読み。政治の世界はスリリングだ。

全25件中 1 - 10件を表示

楡周平の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

血戦 ワンス・アポン・ア・タイム・イン・東京 2 (100周年書き下ろし)を本棚に登録しているひと

血戦 ワンス・アポン・ア・タイム・イン・東京 2 (100周年書き下ろし)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

血戦 ワンス・アポン・ア・タイム・イン・東京 2 (100周年書き下ろし)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

血戦 ワンス・アポン・ア・タイム・イン・東京 2 (100周年書き下ろし)を本棚に「積読」で登録しているひと

血戦 ワンス・アポン・ア・タイム・イン・東京 2 (100周年書き下ろし)はこんな本です

ツイートする