小暮写眞館 (書き下ろし100冊)

  • 4402人登録
  • 3.86評価
    • (468)
    • (713)
    • (475)
    • (80)
    • (26)
  • 711レビュー
著者 : 宮部みゆき
  • ¥ 2,052
  • 講談社 (2010年5月14日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (722ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062162227

小暮写眞館 (書き下ろし100冊)の感想・レビュー・書評

  • ほっこりとよかった。
    この家族いいなぁ。花菱家いいなぁ。
    宮部みゆき先生、女性なのになんで男子高校生の機微とかこんなに巧みに表現できるんだろう?
    花ちゃんもピカちゃんもいい人すぎる〜テンコちゃんもコゲパンちゃんもお父さんもお母さんも、田中ヒロシくんも社長さんも垣内さんも、いろいろなものを抱えていながら、むしろ抱えているから?こんなにも優しくなれるのか。
    いい話でした。
    入院期間に読了。

  • 図書館で借りたもの。その厚さにびっくり。厚さ4cm、ページ数713!
    わくわくする気持ちと、読み切れるかなという不安な気持ちが半々で読み始めた。やっぱり時間ががかかっちゃったけど。
    小暮写眞館の外観そのままに、そこに移り住んだ花菱家。勘違いから、長男・英一に写真にまつわる謎解きが依頼されるようになって…。
    いきなり心霊写真の話でびっくり。
    3話までは写真の謎解きがメインだったけど、最後の話は謎解きはなくて。
    ここまできたら全部写真にまつわる話が良かったな。
    すごくいい話だったし、読みやすかった。けど、長かった…。

  • 青春ストーリー
    かつちょい不思議な写真のミステリ。

    テンコくんに会いたい。

  • おだやかに、何もない日常から離れて次に進みたくなる一冊。宮部さんの編むミステリーの前を、読者はゆっくり通り過ぎてゆくことになります。
    特にそれぞれの事件のいわゆる解決シーンのテンポの良さは、さすが宮部さん!と思わずにいられないくらい。

  • 本は手元にあったけど、あまりの本の分厚さに、なかなか読み始めることができなかった小説。無人駅と電車と菜の花の本のカバーが良いです。4話が収録されている連作集。高校生男子と家族が元・写真館の古い家に移り住み、それが縁で不思議な写真の調査を依頼されることになってしまう話。3話までは、ストリーより、登場人物の個性的だけど温かいキャラ、漫才のようなノリ突っ込みの面白さの方が印象に残ったけど、4話の「鉄路の春」だけは、ストリーにグイグイ惹きこまれていった。泣けます。このストリーだけで十分1冊の本になりそう。それにしても長い。長すぎる小説だと思う。

  • 穏やかな時間と人物たち 家族のことを思い仲間のことを思う姿がかかれてる 走り出す電車、見送る駅、鉄道っていいなぁ

  • おもろかった。ピカちゃん可愛い

  • ふうちゃんのことがあるからしまる、というありがちといえばありがちの設定。
    高校生が主人公にしては大人すぎるキャラというか考え方な部分も。
    ゆっくり少しずつ読むのがいいかも。

  • やさしい物語だった。人の優しさ。

  • キュンっ…>_<…‼︎ ヤバイ、キュンっ…>_<…

  • とても良い本だった。読後感が爽やか!
    英一がすごく良い男子だな~。こういう子に出会いたい!まさか垣本順子に恋するとは思わなかったけれど。
    出てくるクラスメートたち(テンコ、コゲパン、橋口などなど)も好感度高い。

  • 花菱一家が小暮写真館だった建物に引っ越してきたところから始まる。
    一家は両親と二人の男の兄弟の4人家族。
    親戚付き合いはほとんどない。
    物好きな父親は、古びた写真館を改装せずに看板まで残して住むことにした。
    小暮写真館が商売を再開したと勘違いした女子高校生が持ってきた心霊写真の謎を、語り部役の花ちゃんこと花菱英一が解くことで心霊写真専門家とのうわさがSNSで広まる。
    女子バレーボール部の田部女子から不思議な写真を渡され解明を強制され、対応のきつい不動産屋の垣本女子の協力を得て解決する。
    不動産屋の主人からカモメの人形の写った写真を渡され、なぜカモメが移っているのか解明を依頼される。
    ヒントが自主製作映画にあると知るが、未成年だけでは観せないと館主に言われたため垣本女史とともに映画を観て謎を解く。
    ここまでが導入部。これから家族の愛と、男女の愛のお話へと展開してゆく。

  • 長かった。
    心霊ミステリかと思いきや、ヒューマンドラマだった。
    小暮写真館ってタイトルでなくてもいいような?
    いろいろと話を広げすぎた感は否めない。

  • とにかく長い分厚い1冊。
    そのわりに、宮部さんの良さを感じなかった。

    心霊写真に念写。
    物語の後半は、別に写真館である必要なし。

    本筋だけに絞って物語が進んでいたら、もっと読みやすかった。

  • 青春ものの4部作。リアル、アクチュアルな人間像描写は、やはりこの先生の独壇場だ。最高峰だ。唯一無二だ。テンポ、リズム、濃淡、プロット、アイテム、ストーリーすべてに隙がない。高校生の恋愛を、老年の入り口に差し掛かったいまでも鮮烈に描きだすことが出来、かつ同世代読者の薄れつつあるかつての記憶をも輪郭をビビッドに変換して呼び起こす技術はもはや変態と言っても良いのではなかろうか。

  • うーん、全面的には共感できない。高校生を題材にすると著者が違ってもどうも似たような作風になる気が・・・。ところどころ有川浩っぽい感じも・・・。ノリツッコミみたいな文体がダメなのかなぁ。垣本嬢は非常に良い。彼女の存在が物語を締めていると思う。

  • 700ページを超える分厚さに最初は果たして読みとおせるのか不安で仕方がなかったけれど、トータル4時間くらいで読めた。これもひとえに宮部女史の流れるような読みやすい文章とテンポの良い会話文のなせるわざなのだと思う。ピカがとにかく可愛い。あいくるしい。ピカっていうとピカチュウが脳裏に浮かんでしまうけれど…。最終話が特に良かった。心温まる物語。宮部みゆきって勝手にもっと毒のある作家だと思ってただけに。2013/216

  • 長いな、と思ってしまった

  • こどもたちが、自分たちの頭で考えてて読んでてすごくしっくりくる。

  • 何も知らないままで読んだので、最初は心霊写真謎解きミステリーか、と読む速度が遅かったです。でも真ん中あたりからこれが家族が抱えた苦しみの物語だと分かってどんどん引き込まれていきました。折しも子宮外妊娠で入院中の時に読んでしまったので、亡くなった子供への思いを感じて涙が止まりませんでした。きっと一生記憶に残る本になると思います。

  • ほっこりするお話です。
    最初は、現実にある話なのか、ちょっぴりSFが入っているのか、分からずなかなか進まなかったのですが、
    途中から、小暮写眞館を中心に動く世界にどっぷりはまりました。
    心が温かくなるような、そんなお話です。
    すごく分厚いので、読みきった時の充実感もあります。でも、もっともっとこの世界に浸りたくなる、そんなお話です。

  • 家族とともに古い写眞館付き住居に引っ越ししてきた高校生の花菱英一。変わった新居に戸惑う彼に、一枚の写真が持ち込まれる。それはあり得ない場所に女性の顔が浮かぶ心霊写真だった。不動産屋の事務員、垣本順子に見せると「幽霊」は泣いていると言う。謎を解くことになった英一は。

    写真の謎を解くと、それをきっかけにまた謎の写真の原因を解くことになってゆく。

    高校生の英一が年上の不動産勤務の垣本さんを気になり出すのはわかるが、その人が心を病んでいる感じが英一とあってないかんじがした。でも、垣本さんは英一のおかげで再出発できたけど、きちんとその後再会なりなんなりしてほしかったなとも思った。
    最初は
    写真に幽霊が写って、それの謎解きかよ、とお化け系が嫌いだからどうしようかと思ったけど、登場人物がとても興味深い人たちばっかりだから良かった。弟のピカ、友達のテンコとコゲパン。。

  • 物語の展開に圧倒されながら、読み飛ばすのを許さない筆力に押しつぶされました。すごい、の一言です。この小説。

  • 長かったけれど、読んでよかった。

    快速列車が通過するはずの駅で、長いこと停車していたようにおもう。
    この本を読んで心に吹き抜けた風を背に、私も走り出せるだろうか。

全711件中 1 - 25件を表示

小暮写眞館 (書き下ろし100冊)に関連するまとめ

小暮写眞館 (書き下ろし100冊)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

小暮写眞館 (書き下ろし100冊)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする