日本新生計画

  • 19人登録
  • 3.17評価
    • (0)
    • (3)
    • (2)
    • (0)
    • (1)
  • 4レビュー
著者 : 舛添要一
  • 講談社 (2010年5月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (274ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062162425

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
古賀 茂明
村上 春樹
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

日本新生計画の感想・レビュー・書評

  • 作家の衆院選で民主党の大躍進・・・というより自民党離れの影響・・・
    今夏の参院選はじっくり、各候補者の聞いて投票しないといけないが、如何せん今の政治家は選挙の時だけ、できもしない、いいことを言う・・・
    私にはこれだけ国民を騙し続けたのに「看板の掛け替え人事」でV字回復とはシンジラレナイ!
    舛添要一氏の著書を読んだが、多少自分の厚労大臣時の自慢話的な面もあるが、具体的な政策論を展開していた。

  • 2014/01/31:
     10ページくらい読んで、やめてしまった。
     仕方ないんだろうけど、他の政治家の悪口を本の最初に置くのは品が無いと思う。
     ページの後半には、良いことが書いてあるのかもしれないけど、東大話法の典型のように思えて、先に進められなかった。

  • これからの日本への提言は基本的に賛同する部分多数。しかも、確かに厚生労働大臣の仕事は立派だと思う。
    道州制や大阪特区は特に賛成。それぞれがチームを感じるコミュニティ内で特色を出していくのは賛成。
    文化力の面で、アニメに期待…は、どうかな。あんまり事情に詳しくなさそう。これは政策に入った時点で勢いなくなるから。

    最後の〆で、「5年以内に政権を取る、そしてこの国のかたちを変える」は頼もしい。首相の器もあると思う。
    最近思うんだけども、数は限られてもそれぞれの政党にすばらしい政治家もいる訳で、政党の垣根なくオールスター内閣が作れんもんかな。今は政策の違いうんぬんという細かい違いはさておき、日本を良くしたい信念が強くて、能力があるのならば、同じ内閣で仕事しても良いのでは。

  • 舛添さんの理想論。道州制はマジ同意。
    なんでみんな分かっていながらやらないのか。

全4件中 1 - 4件を表示

日本新生計画の作品紹介

ゼロから日本を創る僕のやり方。政治家が変わるだけで日本は必ず復活する。

日本新生計画はこんな本です

ツイートする