すばらしい人間部品産業

  • 222人登録
  • 3.93評価
    • (12)
    • (22)
    • (8)
    • (2)
    • (1)
  • 25レビュー
制作 : 福岡 伸一 
  • 講談社 (2011年4月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (450ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062162876

すばらしい人間部品産業の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 『すばらしい人間部品産業』というタイトルの『すばらしい』は、かのハクスリーの『すばらしい新世界』と同じ意味を持っている。

    現代は、利潤と効率の時代だ。
    血液、臓器、胎児、卵子、精子、人間の身体はパーツ化され、それを”部品”として売り買いするばかりか、代理母として、その生殖機能までを売買しているのは周知の通り。パーツはさらに細かく分断され、はては遺伝子にまで商品化は及ぶ。
    自分のパーツを「売る」のは、その殆どが経済的に貧しい人々だ。
    彼らにとって臓器を売って得る金額は、一生涯に稼ぐ金額よりも大きい。
    世の中には子供を持つためには、金銭に糸目をつけないという人も多い。が、そこには強力な経済的な制約が生じる。
    そして、生殖ビジネスには常に優生学がつきまとう。

    我々はいつから自分たちの身体まで商品として扱いはじめるようになったのか?
    著者はその萌芽を、ガリレオとアダム・スミスに見出す。
    前世紀、科学は驚くほどの進歩を遂げた。研究者たちはモラルよりも自らの能力の証明を優先させたがった。
    そして科学と経済は強力なタッグを組んで邁進してきた。

    本来そこには、倫理観や社会道徳がなければいけなかったのに、私たちは立ち止まって考えるということをしてこなかった。
    このまま放置すれば、必ず未来はディストピアになるだろうと著者は警告する。
    だが、バイオテクノロジーの恩恵をどこまでは許容できて、どこからが許容できないという線を引くのは難しい。
    しかし、alll or notingではない。「無償供与と共感」という考え方に立ち戻ることで、私たちは人間の身体、命の尊厳を取り戻せるのではないかと著者はいう。

    本書は、前半かなりの部分を割いて、バイオテクノロジーと市場主義がもたらしたおぞましい人間部品産業の現実を明らかにする。これらは怖いものみたさ的な興味を引く。が、本書の趣旨は後半にこそある。
    問題提起のみに留まらずに、著者はそれを解決すべき具体的な施策まで言及しているのだ。

    ただ、人間の欲望というものは手強いものだ。
    この施策がアメリカで法案化されたとしても、人間部品産業の暴走は止まらないかもしれないな、などと思った。

  • 優生学と、医療の“進歩”が合わさると
    こんな世界になるのだろうか

    人間が主に畜産でしていることが、
    対人間でなされていく実態

    神の領域に踏み込む部分は、倫理とのバランスをとっていく必要があると感じた

  • es細胞やiPS細胞の利用や遺伝子組換え。
    現代分子生物学までの系譜がわかる。

  • 8月新着

  • 原著は1995年発刊なので、もう18年も前の本なのですが、血液や臓器売買、生殖ビジネス、遺伝子ビジネスなど、人間の人体が売買される状況について詳細に説明されている。価値を貨幣というモノサシでしか測れない人類の辿り着く先が暗示されているようにも思う。

  • 1 人体と部品のあいだ
    2 赤ちゃん製造工場
    3 遺伝子ビジネス
    4 人間部品産業との闘い

  • 代理出産、人工授精、臓器移植とエグい最先端医療の実態の紹介。
    それだけでも、読む価値がありますが、この本が秀逸なのは終章で、人体を商品化しようと、考える事が出来るようになった、歴史的背景を考察しているところです。
    欧米のこの手の本は、必ず歴史の中での位置づけを書き記します。いつも分厚いモノになるんですが、
    これに慣れると日本の新書は、もうね。

  • 難しかったけど、面白かったです。

  • 生命科学への警鐘一辺倒。
    その懸念はその通りで、立ち止まって進むべき境界を線引きする必要はあるのだろう。
    ただ、著者の懸念する方向、生命が物質と同じ扱いを受けた時、そこに問題はあるのかが、ピンと来ない自分がいる。道徳観の問題か?

  • いつの間にか、人間部品産業は、ずいぶん普及しているようです。さまざまな「産業」の例に、そんなことはやめとけよ、と思うものの、自分が当事者になれば、もしかしたらわからない。
    「技術」と「倫理」と「経済」のいったい誰が強いのか。「原子力ムラ」と同じような傾向を感じます。
    なかなかハードな本です。

全25件中 1 - 10件を表示

アンドリュー・キンブレルの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ウォルター・アイ...
シーナ・アイエン...
ウォルター・アイ...
高野 和明
リチャード・ドー...
有効な右矢印 無効な右矢印

すばらしい人間部品産業に関連する談話室の質問

ツイートする