シューマンの指 (100周年書き下ろし)

  • 2056人登録
  • 3.07評価
    • (78)
    • (200)
    • (368)
    • (164)
    • (67)
  • 469レビュー
著者 : 奥泉光
  • 講談社 (2010年7月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (322ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062163446

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

シューマンの指 (100周年書き下ろし)の感想・レビュー・書評

  • 面白かった。前半は芸術的な感性が高潔に描かれ、奥泉さんの文章力の確かさがあらためて再確認できる素晴らしい描写の連続であったと思う。中盤からなにやら怪しげな雰囲気が醸し出され、またいつもの奥泉さんの悪い癖(苦笑)が出てくるのかと思い、不安を抱えながら読み進めた。物語は破綻しかけてはまた持ち直す、幻想に傾きかけてはまた現実へ戻る、を繰り返しながら進んでいく。行き着く先はまだ見えない。でもそれはいつものこと。過度な期待をせずに読む。とは、奥泉さんの本を手にとるときにいつもあらかじめ考えることなのです。
    でも、驚いたのは、最後に辿り着いた先だった。
    まさかこう来るとは思わなかったのです。これはきっと何も書くべきではないと思うので書きません。ただ、僕が勝手に考えていた奥泉さんの結末のつけ方とは違っていた。それに驚いたのです。こういうふうにも書けるのか、と。

    さも奥泉さんのことを知ったかぶりで書きましたが、許してください。勝手な思い込みです。でもやはり奥泉さんの描写力はすさまじいですね。音楽のことなんて、しかもクラシックのことなんてこれっぽっちも知らない僕がシューマンにのめりこみそうです。ブクログでの評点は低いようですが、これは傑作だと思います。素晴らしい!!

  • 音大を中退して医者となった主人公「私」が、友人「鹿内堅一郎」からの手紙をきっかけに、かつて憧れ慕って止まなかった後輩天才ピアニスト「永峯修人」について記す回顧録形式のミステリー。
    『ダヴィッド同盟』を結成して音楽談義に花を咲かせた甘酸っぱい高校生活、耳にした3回の修人の演奏、音大受験などのエピソードに、シューマンの楽曲解説を交えながら話は進む。序盤から事件の存在はちらつかせるものの、夜の学校プールでの女子学生殺人事件が起きて本筋が進みだすのは作品の中盤から。後半は急速に展開し、事件の真相が二転三転する形で幕を閉じる。
    『演奏なんかしなくたって音楽はもうすでにある。演奏はむしろ音楽を破壊し台無しにする』という、全般に亘って語られる修人の音楽理論は、伏線とも考えられるが、そうでなくても興味深い。
    萩尾望都の少女漫画を文章で読むような、鮮やかで美しい禁断の香が至る所に感じられる作品。トロイメライとクライスレリアーナ以外はシューマンをよく知らなかったので、楽曲名が出るたびにYoutubeで検索して聴きながら読み進める楽しみがあった。作品前半で修人の弾くシューマンのコンツェルトを旋律に沿って解説するくだりから、曲が脳内再生されてのめりこむように惹きこまれ、読後には作品自体がひとつの音楽だったような印象が残った。
    結末部分はあまりにも「二転三転」を狙い過ぎてあざとい気もした。たまにお目にかかる主人公犯人のミステリーというのは大抵納得がいかないが、作品全体がシューマンの人生とかけあわさって精神的不安定感をもって進むので違和感はなかった。
    しかしすっかり修人に心惹かれていた一読者として、作中人物が実在しないは当然としても、小説の中にすら存在していなかったという結末がどれほどショックであることか・・・。(2011.07)

  • 多彩な表現や豊富な語彙で音楽を綴る、筆の力がとても印象的でした。
    若き天才ピアニストの口から語られるシューマンについての講義。
    語り手が手記に綴る、曲そのものや演奏についての熱のこもった描写。
    実際に音楽を聴きたくてたまらなくなり、YouTubeでピアノ演奏を検索しつつ読み進めました。

    ただ、ミステリーとしては個人的にはしっくりこなかった…というのが本音。(レビューでも賛否両論あるようす。)
    音楽の印象が強かったことと、結末がなんとも言えない消化不良だったからだと思います。
    後半の愛憎渦巻く、ねとねとした空気にもなじめず、前半に比べるとページの進みが遅くなりがちでした。

  • まるでシューマン教徒のシューマン礼賛書のようだ。シューマンを聞かないとレビューが書けないと思い、図書館でCDを借りてきた。そこまでして私がこの本の書いてある内容を知りたいと思わせた分、この本の勝ち。
    批評の羅列がすごい。よく聞き込んでいるな、と思う。ただ、音の印象による音楽の文章表現がおおくて、具体性にかけると思われる。演奏家同士の批評、感想であれば楽譜の詳細についてもっと触れたほうがよりより現実的なのではないかと思う。シューマン教伝道師と生徒の会話で終わっている。
    オチはちょっとがっかり。もう少し別の着陸点を見つけてほしかった。

  •   奥泉光「シューマンの指」(講談社 2010)は、シューマン生誕200周年を
    記念して書き下ろされた小説で、全編シューマンの音楽が流れていると言え
    るほどだ。シューマン好きはもちろん、音楽の好きな人にも、またミステリー
    ファンにも好まれる仕掛けがある。

  • シューマンのピアノソナタを聴きながらのレビューです。
    面白かったぁ〜。
    読み終えてから、読み返しを何度もしてしまいました。
    ラストにえっ?えっ?えっ?と展開していきます。
    まさに帯に書かれた通りの、衝撃のラストです。
    この本を読んでから、シューマンの虜ですww
    思い悩み、迫ってくる、そして煽る感じの曲調。
    ぜひ本を読みながら、登場する曲を一緒に聴いてください。
    より、楽しめること間違いなしです!

  • 「演奏なんかしなくったって音楽はもうすでにある。演奏はむしろ音楽を破壊し台無しにする」
    なるほどと思った。作曲者が描いた世界感を描くためには、演奏者という第三者を介することなく、作曲家と観客が楽譜をとおして1対1で対話をすることのほうがいいのかもしれない。途中までは、ミステリーというより音楽小説という新しいジャンルかと思わせるくらいの出来です。
    最終章のどんでん返しも、見事です。

  • 奥泉 光著『シューマンの指』講談社、2010年7月刊、314頁、1600円。

    まず、結論から言いますと、
    本書は、クラシック音楽ファン,並びにミステリーフアンにとっては、とても、面白い小説です。
    主人公は、永嶺修人(まさと)。天才ピアニストです。そしてその友人であり,彼の信奉者である里橋優が語り手です。
    全編、語り手である里橋優の回想録、手記、といった形で話が進みます。
    高校時代の彼と永嶺修人の交友録が,小説の前半の中心です。
    永嶺雅人の語るシューマンは、それだけで,一つのシューマン論となっており、とても興味深いです。
    語り手は、当時音大受験生として、年下の永嶺修人に,複雑な愛情と畏怖の念のような感情を抱いています。
    そして、殺人事件が起きます。
    小説は,ミステリーの様相を帯びてきます。
    夜の学校が舞台です。語り手は、そこで、奇跡的な永嶺雅人の弾くシューマン「幻想曲」Op.17 を聞きます。
    その殺人事件の謎解きと同時に、永嶺修人の絶望が描かれます。
    圧巻は、彼の手記が終わってからです。
    どんでん返しが,二度あります。
    実はと、書いてしましまいますと、全くこの小説の醍醐味が失われますので、
    ここには記しません。
    こういった手法は、ミステリーなら、よくあることなのかもしれませんが、
    正直、驚きました。
    二つの要素、クラシックとミステリーの融合のような作品といった印象です。

    著者は、芥川賞受賞作家ですが、大学で教鞭をとっています。
    文体は,とてもきっちりとした硬質なものでした。
    ちなみに「奥泉 光」で検索してみますと、多くの作品と共に、
    “作品はミステリーの構造を持つものが多く、物語の中で次第に謎の位相をずらしていき、虚実のあわいに読者を落とし込む、といった手法を得意としている。”といった文章が目に止まりました。
    まさに、この小説などは、その文章にふさわしい作品です。

  • 友達に薦めて貰った本。
    これは…これは凄かった…最後まで読んで全てが変わる、圧倒的な展開だった。

    ピアノの鍵盤を模した表紙に、リアルな血が描かれていて、天才ピアニストが怪我をする(ないし転落人生)的なストーリーかな。と想像して読み始めた。
    文章が非常に堅く、純文学のようでなかなか読み難い。
    更には主人公がウダウダしていて、回想(本編)になかなか入らないので冒頭は本当にとっつき難かった。

    回想に入って修人という天才ピアニストが絡んでくるあたりからはなんとか読めるようになる。
    私がハマっていくまでは時間が掛ったのだが、この堅い文章で徹底的に女性の容姿を貶しているところにツボってしまった。こんなに酷い表現があるだろうかと笑

    ピアノの話も専門的で、曲を知らないと分からないのだが、天才が語る音楽観というのは読んでいて面白かった。
    そうこうしてる間に、殺人という驚きの事態へと物語は転換していく。
    これは天才ピアニストだけに焦点を当てたものじゃないんだな、と理解しつつも、一体どういった結末になるのか?ページをめくる指が踊るようになる。

    そして主人公が朧げな記憶から引っ張りだす結末に、そう落ち着くのかと納得しかけた。
    この後に続く妹からの手紙が衝撃的で、全てをひっくり返される。しかしこれで全てにおいて納得が出来るようで、ただただ脱帽する。
    一体この感情をなんと呼んだらいいのかも分からない。
    ただ圧倒された。最初で辞めなくて良かった。
    個人的に、こんなのあり?というどんでん返しはいくつか読んできていて、酷いと思うのが多かったが、この作品はそんな「裏切られた」と感じるのではなく、納得させられた。

    いわゆるどんでん返しやミステリと紹介されると、読めないだろうなと思う。
    これは音楽の話だ。1人のピアニストの話だから。

    ラストを知った上で再度読みたいが、時間を明けて再読しようと思う。

  • この本なぜミステリ(しかもどんでん返しあり)として宣伝したのか?
    作者が挑戦したのは音楽を言葉で書くこと、これに尽きると思う。
    確かに事件が起きるから、ミステリ要素がなくもない。
    だがいわゆるミステリ、推理小説と違って謎解きの過程を楽しむ作りにはなっていない。
    ただ物語の中に謎があり、最後にその回答が慎ましく提示される。
    ミステリと宣伝され、そのつもりで読むと「音楽の描写はすごかったけど、肝心のミステリはいまいち」となりかねない。
    このすれ違いはもったいない。

  • 友人の天才ピアノ少年について主人公がひたすら語る。中盤まで事件が起こらないので、本当にミステリなのか疑いながら読む。クラシック音楽の知識がないので、知っていればよりたのしめるのかなぁ、と思いながら。
    いよいよ事件が起きる夜。主人公は友人の弾くピアノに魅了されるが、その描写が非常に美しく、読者もその世界にぐっと引き込まれる。終盤に怒涛の展開が待っているが、まさに狐につままれたような幻想的なミステリだった。

  • 素晴らしい。
    最初はシューマンに傾倒した年下の天才ピアニストに憧れる音大志望の高校生の話だと思っていたら、重厚なミステリーだった。

    乱歩の孤島の鬼を読んだあとの感動に似ている。

    美しい文章、シューマンに対する詳細な分析。私に音楽の素養はありませんが、文章から音楽が聴こえてくるようで、うっとりとしながら読み進めていました。

    そしてミステリーの部分。
    決して途中で読むのを止めないで下さい。最後の最後まで驚きは隠されています。前半のシューマンに対する蘊蓄は人によっては退屈かも知れませんが、それがこの物語の前奏です。

    遠くから聞こえるシューマンの旋律、ほのかに香る同性愛の香り、切り取られた指と静かな狂気。

    あまりにも美しく悲しい物語でした。

  • ミステリとしては物足りない。ただ、この少しいつもより浮ついた筆は何か意図があるのかもしれない。音楽に関する知識も感性もない自分には読み取れないだけで。

  • 読後に改めて表紙を見ると、
    丁度血痕の位置が、ドの鍵盤に親指を置いて中指が配されるミに付着していることが、憎い演出だなぁと思いました。

  • 発売されたてで、本屋さんに並んでいた頃からちょっと気になっていた本。

    読了後、予想もしなかったラストにぽかーんとなった。

  • ミステリだったらよかったのになぁ…最初に提示される謎が解決されたらよかったのに。と、謎解きが好きな私は思いました。
    でも、「音楽はもうそこにあるから、演奏しなくてもいいんだ」っていうのは衝撃。

  • 呼吸を忘れて、最後まで一気に読み耽った。
    ここでのレビューを見る限りそこまで評判は芳しくないようだが、わたしはためらいなく最高点をつけたい。

    確かにミステリのトリックとしてあの落ちを用いたのは、それまでの物語をふいにしてしまったような、どこかもったいない感も否めない。
    ただ、読んでいて悪趣味さに眉を寄せてしまう展開もあるなか、あの最後のおかげでどこか清涼な読後感を得られ、個人的には歓迎すべき終わり方だった。
    ついイエスでばかり考えてしまうが、ノーであるケースを考慮するのも楽しい。

    クラシックという題材は高尚な香りがして、読んでいると蚊帳の外におかれた気分になるが、そのおかげで遥か遠くに存在する修人に焦がれる主人公に感情移入が容易であった気もする。

    腑に落ちない点も多々あるが、それを補って余りある面白さだった。

    あと、装丁が素敵!


    ものすごく私事だけれど、読んだ日が偶然7月23日でどきどきした。
    出版された日も7月23日なんですね。

  • シューマンと彼の演奏に関するうんちくや情報がちりばめられていて、推理小説という事がわからなくて、音楽の専門解説書と思って読んでいたのですが(*_*)
    読み進むうちに、文章が音楽的だなぁと思って引き込まれていった先に・・・

    この本を読んでシューマンのピアノ演奏された音楽が聴きたくなりました。

  • 「このミス」でランクインしていたので、手に取った作品。全編音楽をモチーフにしたミステリーということもあり期待大ではあった。
    クラシックが好きで、自らもピアノを弾く高校生の私が、高校三年生から大学一年生までの青春時代を回想した作品。
    高校一年生にして有名ピアニストの修人との関係を軸に、高校で起こる「ある事件」の真相に迫る・・・・。

    音楽がモチーフになっている分、演奏の描写や、そこから流れ出すメロディーを描く事にこの作品の醍醐味があると思うが、イマイチその部分が描ききれていないと思った。
    文学で音を感じさせるという、非常に高度なテクニックが要求されることに、あえて挑戦したのだろうが、作家の力量がそこまで追いついていないように思った。
    ピアノ演奏を表現する気負いがあったのか、かなり古い言葉を羅列はするものの、音楽的表現には到らず、言葉をこねくり回している感じがして、小説の見せ場であるにも関わらず、冷めてしまう。

    結構分けの解らない表現もあったりする。

    また、メロディーから広がる世界の情景描写においても、結構ありきたりでシューマンの音楽性を表現しているとは言いがたい。

    ミステリーのオチとしては、まあまあではあるが、音楽に魅せられた人間の狂気を、さらに追求すれば、読後感にゾッとする怖さを読者に提供できたのではないかと思う。

  • 全編の大半を音楽論、主にシューマン論に費やした異色のミステリ。実に半分を読むまで何の事件も起こらないので、私を含めてクラッシクに興味のない読者には前半を読み進めるには相当の忍耐力を要する。しかし、「読んでいる間、ずっとシューマンが聴こえてくるようだった。」という感想も幾つかめにしたので、逆にクラッシク好きな人には非常に読み応えがあるのかもしれない。事件が起きた後の後半は幾重にも謎がしかけられた構成になっていて、多くの読者はどんでん返しに驚くだろうが、素直に驚けるか「それって有りなの?」と拒絶反応するかで評価が分かれるところだろう。私としてはラストは受け入れられても、退屈に耐えて読み進めた前半の冗長さが事件の謎にあまり貢献していないのが残念。

  • 最後10ページが珠玉のミステリー、装飾的な文体が好きな人にはオススメ

  • 面白かったです^^
    読んでるうちにシューマンが聴きたくなります。
    どうしても聴きたくなってCD買いに行ってしまいました^^

    天才ピアニストの永嶺修人に尊敬・・いや憧憬・・の思いを寄せる
    修人より少し年上の音大受験生だった里橋優による手記という形で物語は進んでいきます。

    永嶺修人は繰り返し言う・・
    音楽は必ずしも「音」にならなくてもよいのだー。

    「シューマンは指が駄目になったとき、そんなに」悲しまなかった。だって、ピアノを弾くひかないに関係なく、音楽はそこにあるんだからね」

    「シューマンは、彼自身が一つの楽器なんだ。音楽は彼の躰というか、意識とか心とか魂なんかもぜんぶ含んだ・・だから、彼がピアノを弾いたとしても、それはシューマンの中で鳴っている、ほんの一部分でしか」ないんだ。」

    さらに、演奏など下手でもいい・・すでに音楽はこの世界に存在しているのだから・・

    全体の7割くらいは若きピアニストとその友人とのシューマン論に終始します・・シューマンの人生や家庭人としての人となりまで考えが及んでいきます。

    クラシック音楽についての素養があれば、より面白く読めると思いますが、私のようにまったくわからなくても、けっこう面白く読めました。

    ミステリーも良くできた話でした。
    ただ^^ミステリー部分の謎解きに関しては・・
    ちょっと反則かな(笑)
    読んでのお楽しみということで^^

    でも、どうしてもシューマンが聴きたくなったということは・・
    何も奏でることができない紙でできた一冊の本の中に
    たしかに音楽が存在していた・・・
    と言えるのかもしれない・・

    図書館で半年ほど待たされた待望の本でした。
    待ったかいがありました^^

  • 終始幻想的な感じだった気がする。そしてちょっとゆがんだ狂った感じ・・・

    前半音楽の知識のなさに、悔しい思いをしながら
    もっと知識があったら、より深く感じられるのでは・・・?とおもったり、
    知らないからこそ、幻想的?とおもったり。

    後半は一気に。。。
    最後はドンでんどんでんどんでん返し。
    そして、幻想に包まれたまま本を閉じました。

    彼の一生はどんな感じだったのでしょうか?

  • 本屋大賞受賞作。カタカナが多くて読みにくいし前半の音楽に関することがほとんどいらない。たしかに帯にかいてあるように最後の20ページは怒涛っておもわせるが、最初がぐたぐだなだけ。オチも緩い。

  • 本屋大賞ノミネート作を借りていっているのでこれも。ノミネート作の中ではいちばん期待してましたが、それは間違ってなかったと思う。

    ほんとに、いろいろ、衝撃でした。

    私は音楽の知識がほとんどなく、曲やコードを示されても頭の中に流れることは一度もなかった。それが悔しいといえば悔しい。けれど不思議と、音楽描写がとにかく多くてあまりミステリ色の強くなかった序盤~中盤もその割には飽きずに読めたんだよなあ…おそらく文章が嫌いじゃなかったから。
    最初のびっくりは「私」と「修人」の関係描写。読み始めたときはこの相互依存ぽい関係を、これ恋愛的な意味でも読めるなー変換もできるなとぼんやり思っていたら、直接的というかしっかりそういう描写があってすごくびっくりしました。
    そして思いを強めていくかのように話を追っていって、あの結末の二転三転。読み終わるとどれがほんとうで嘘なのか狂気なのか創作なのか分からない。

    図書館で借りたんですが、また読み返したいしできることなら音楽を聴いて読んだりしたいし、あと装丁や中のデザインもすきなのでいつかぜひ購入しようと思います。

全469件中 1 - 25件を表示

シューマンの指 (100周年書き下ろし)に関連するまとめ

シューマンの指 (100周年書き下ろし)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

シューマンの指 (100周年書き下ろし)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

シューマンの指 (100周年書き下ろし)を本棚に「積読」で登録しているひと

シューマンの指 (100周年書き下ろし)の作品紹介

シューマンに憑かれた天才美少年ピアニスト、永嶺修人。彼に焦がれる音大受験生の「私」。卒業式の夜、彼らが通う高校で女子生徒が殺害された。現場に居合わせた修人はその後、指にピアニストとして致命的な怪我を負い、事件は未解決のまま30年の年月が流れる。そんなある日「私」の元に修人が外国でシューマンを弾いていたという「ありえない」噂が伝わる。修人の指に、いったいなにが起きたのか。鮮やかな手さばきで奏でる"書き下ろし"長篇小説。

シューマンの指 (100周年書き下ろし)のKindle版

シューマンの指 (100周年書き下ろし)の文庫

ツイートする