シルクロード鉄道見聞録 -ヴァチカンから奈良まで全踏破-

  • 23人登録
  • 2.78評価
    • (0)
    • (2)
    • (4)
    • (2)
    • (1)
  • 5レビュー
著者 : 芦原伸
  • 講談社 (2010年10月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (338ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062164009

シルクロード鉄道見聞録 -ヴァチカンから奈良まで全踏破-の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • この旅を完遂されたのはただただ素晴らしい。喫煙と飲酒の描写が多く、嫌煙家&お酒も付き合い程度のわたしはやや閉口、この人とは一緒に旅はできない。
    中国語及び朝鮮語の間違いがいくつもあり、そうなると前編の方の他の言語も間違いだらけだったのではと思い始めてしまって少し興ざめしてしまった。

  • ローマから奈良までシルクロードを鉄道横断した記録。バスで踏破する話はよくあるが鉄道でも可能だということが知れて驚きである。2ヶ月あればできそうなのでいつか挑戦したい。星3つ

  • テーマは面白いけど、内容が飛び飛びやし、写真も少ない。
    せっかく色々いってんからもうちょっとわかりやすくしてほしかったなー。
    でもこの旅行を完遂したのはすごい。

  • イタリアを出発して、北朝鮮まで突入したのがすごい。写真がないのは残念だが、北朝鮮の鉄道事情は興味深いものがある。

  •  著者とカメラマンあわせて130歳でのこの旅は、かなりハードだっただろう。実際体調を崩されてもいる。

     飛行機ならひとっとびのところをわざわざ列車で行くのは、時間もお金もかかるとても贅沢な旅だ。そして体力も必要。

     イスタンブール、イスファハン、サマルカンドなど、いろいろと憧れる場所はあるが、すべて鉄道で訪れるのは一般人には苦行&至難の業な気がする。

     とりあえず、アンカラ・エクスプレスとシベリア鉄道と、オリエント急行には乗ってみたいな。 

全5件中 1 - 5件を表示

芦原伸の作品

シルクロード鉄道見聞録 -ヴァチカンから奈良まで全踏破-の作品紹介

前人未到の20000キロレール紀行!ヨーロッパ、中東、中央アジア、中国、朝鮮半島、そして日本へ。多民族、多宗教、多文化をめぐる「究極の鉄旅」の記録。

ツイートする