修羅婚

  • 22人登録
  • 1.89評価
    • (0)
    • (0)
    • (1)
    • (6)
    • (2)
  • 6レビュー
著者 : 桃谷方子
  • 講談社 (2010年10月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (282ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062164634

修羅婚の感想・レビュー・書評

  • 50代になった壊れそうな夫婦の物語。書き下ろし。

    妻の一人称で書かれているが、子供の頃に父親の暴力、母親のネグレクトがあり、30代で結婚したが夫の精子が薄くて子供ができず早々にセックスレス。実家の母と弟とは10年前から絶縁状態。去年夫はリストラされて無職となり酒浸りの上外泊を繰り返すので、近くにアパートを借りて夜はそこで寝るようになっていた。という自分にコンプレックスを持っている。

    こうした状況で、高校の同級生と路上で再会するが、彼女はレズビアンに目覚めて恋人がいて、ストリップやレズビアンバーへ連れて行かれ、自分の状況を考えさせられる。
    夫の不倫相手からの執拗な電話に対しては取り合わず、離婚を考えるわけでもないのだが、このあたりの考えがよく分からない。

    母親に癌の転移が見つかり余命半年だと弟から電話があったが見舞いにも行かず、喘息の症状が重くなって寝込むようになり母親の臨終にも行かなかったのだが、そこから喘息が改善して、夫と腕を組んで葬儀に向かう。

    作者が何を伝えたいのかがよくわからない。

  • 小さな頃から喘息発作を繰り返し父親から暴力を振るわれていた主人公。夫には女の影があり新しい仕事を始めたばかりで子供はいない。50才の誕生日を迎えるが夫が帰ってこないとか。実母や弟と確執があり交流はない。自分とは全く違う環境だが同年代の女という事でふてぶてしさにも親しみを感じない事もない。

  • ★2つではないけど、★2.8くらいかな。
    まだ年齢がいってないから共感できないのかな??
    読後“・・・ふぅん”っていう感じ。
    内容説明
    綻びているのに繕おうともしない男と女と女札幌に住む美穂と敦郎。幸せに暮らしているように見えた、幼馴染の亀利子。生きていく力を生々しく描き、読む人の心を絡め獲り引き寄せる渾身の書き下ろし作品。
    内容(「BOOK」データベースより)
    もはやエロスと関わらない男と女が悲哀を分かち、ともに老いることは叶うのか。ままならぬ人の世を生きていく夫婦の生々しい痛みと、未来への絆。

  • 稚内などを舞台とした作品です。

  • 悪い本じゃないんですが、タイトルが罪つくりなんです。
    この本を読んでいると「おたくのご夫婦、何かあったの?」と聞かれそうで。タイトルは隠して読みましょう。

全6件中 1 - 6件を表示

修羅婚の作品紹介

もはやエロスと関わらない男と女が悲哀を分かち、ともに老いることは叶うのか。ままならぬ人の世を生きていく夫婦の生々しい痛みと、未来への絆。

修羅婚はこんな本です

ツイートする