ナガサキ インサイトガイド

  • 42人登録
  • 4.00評価
    • (3)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
    • (1)
  • 2レビュー
  • 講談社 (2010年10月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (416ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062166348

ナガサキ インサイトガイドの感想・レビュー・書評

  • 長崎についていつか書いてみたいと思っているので、こんな分厚い本もきちんと読むのです。

    ただ、写真や絵がどれもおもしろいものなので、いつかメモも取り忘れて読み耽るわけです。

  • ★★★★★
    長崎のこと全然知らなかった!!と思い知らされた一冊。江戸から幕末・明治へと、医学、海軍、西洋料理、写真、海外で初めて出来た孔子廟、花街、サイエンス、祭り、すべてが混然一体となって煮えたぎっていた。
    「長崎」を主人公に大河ドラマどうでしょうか。オムニバスで^^
    上野彦馬を語り手にしたら、まんべんなく長崎を眺めることができそう。
    長崎の現在の様子も。
    長崎猫学会てのがあるそうな。長崎の猫が尾っぽが曲がった猫が多いらしいです。
    (まっきー)

全2件中 1 - 2件を表示

ナガサキ インサイトガイドを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ナガサキ インサイトガイドを本棚に「積読」で登録しているひと

ナガサキ インサイトガイドの作品紹介

出島、カステラ、ちゃんぽん、くんち…長崎と聞いて誰もが思い浮かべるキーワードから次々と連なるエピソードの数々。そこから見えるのはかつて日本で唯一、世界と結ばれていた街の素顔。77のキーワードで長崎が好きになる。

ツイートする