SUGIZO-音楽に愛された男。その波乱の半生-

  • 42人登録
  • 3.89評価
    • (4)
    • (8)
    • (6)
    • (0)
    • (0)
  • 10レビュー
著者 : SUGIZO 山本弘子
  • 講談社 (2011年4月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062168120

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
市川 哲史
ベース・マガジン...
寶井 秀人
笹川清彦・棚橋和...
又吉 直樹
リチャード・ラビ...
ロバート キヨサ...
有効な右矢印 無効な右矢印

SUGIZO-音楽に愛された男。その波乱の半生-の感想・レビュー・書評

  • この人は自分と同じような性格だったり、考え方をする人な気がすると、なんとなく前々から思ってた。この本を読んで、やっぱり凄く似てると思いました。恋愛観のこととかも書かれていて、この部分は猛烈に共感した。

  • 小学生の頃、LUNA SEAが好きでよく聞いていた。LUNA SEAが終幕してから聞かなくなったが最近、またLUNA SEAを聞き始めた。ヴィジュアル系の世界に引っ張ってくれたのはLUNA SEAなので感謝をしている。この本ではSUGIZOの生き方や音楽に対する思い、LUNA SEAに対しての本音が赤裸々に書かれている。

  • LUNA SEAとX JAPANの両立は可能なのか興味があって買いました.
    X JAPAN加入の話が興味深いです.

  • SUGIZOさんは十代の頃から僕にとって、本当に恩師のような存在であり、憧れの人です。

    LUNA SEA終幕後、あまり活動が上手くいってない、というような発言を雑誌の記事で読んだことがあって、その辺りについても語られています。

    ただ、十代の僕のバイブル「A PRAYER」の上下巻に比べると読み足りないかな?あの本が長い年月の間に蓄積されたインタビューをまとめたものだったから仕方ないかもしれないけど。

    と、いう点を抜きにしても楽しめました。今後の活動も注目していきたいと思います。

  • すぐに読み終わっちゃいました。
    ある程度のことは知ってたのですが、
    この本では結構いろんなコト書いちゃってました。

    家族のこととか、LUNA SEAのこととか、好きな女性のタイプまで。
    娘のことも書いてありましたよ。
    売れて有名になるといろいろ変わってしまうんだね。
    しかも、終幕後にいろいろあって借金を背負ってしまったこととか、
    とても大変な時期があったんだね。
    あと、hideさんについても書いてた。

    すごい人生を送ってますね。
    いろいろ乗り越えてあのカリスマ性が生まれたのですね。
    私がSUGIZOさん好きだからそう思うだけなのかもしれないけど。

  • やっと読み終わったw
    特に理由はないけど、一か月近くかかってましたww

    で、えっと本を開いたときの最初の印象。

    「字でかっ!」……

    http://lollitapunk.blog113.fc2.com/

  • アーティストとしてのSUGIZOというより、一人間としてのSUGIZOが見れる。

    順風満帆に成功を掴んだわけではなく、普通の人と同じ、悩み・苦しみ・努力し…

    赤裸々に告白しすぎてない?とさえ思ってしまう一冊です。

  • 元々、好きなアーティスト。ただそれだけでしたが、ジョンフリーク、震災後のボランティア活動を機に急激に彼自信の人間性に興味を持った時に出版された本。恐らく一生リスペクトしているでしょう。

全10件中 1 - 10件を表示

SUGIZO-音楽に愛された男。その波乱の半生-を本棚に「読みたい」で登録しているひと

SUGIZO-音楽に愛された男。その波乱の半生-を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

SUGIZO-音楽に愛された男。その波乱の半生-を本棚に「積読」で登録しているひと

SUGIZO-音楽に愛された男。その波乱の半生-はこんな本です

ツイートする