愛蔵版 大どろぼうブラブラ氏

  • 26人登録
  • 4.29評価
    • (4)
    • (2)
    • (0)
    • (1)
    • (0)
  • 5レビュー
  • 講談社 (2011年7月14日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062168793

愛蔵版 大どろぼうブラブラ氏の感想・レビュー・書評

  • 挿絵の入れ方がうまいので、長くても苦にならない。
    ゾロリ好きにおすすめ。

  • 角野栄子さんと、原ゆたかさんだから、すっごいおもしろかった!!!!!

  • 代々続く大どろぼうブラブラが活躍する話。
    ご先祖様のどろぼうの話やライバルのニラミ刑事、ブラブラのにせものもたくさんでてきて、どろぼうの話なのに、ほんわか×ほのぼのします。
    どろぼうのスケールも大きいのか小さいのかよくわからない感じですが、とにかく、ブラブラはすっごいどろぼうなんですね。

  • 大どろぼうブラブラ氏は、代々続く大泥棒の家の39代目です。
    ゆいしょ正しき大どろぼうなので、盗むものも普通のものではありません。

    ブラブラ氏は、電気卵ゆで機がこわれたので、新しいものを手に入れようと
    製造国である日本にやって来ました。
    なんと”エアフォース・ワン”を盗んで乗って来たらしいのです。

    さぁ、日本の警察もだまってはいません。
    秋葉の原警察のニラミ刑事は、自分に出番が来たと、
    ブラブラ氏を捕まえる気満々です。
    果たしてブラブラ氏は、ニラミ刑事の手にかかって捕まってしまうのでしょうか。

    原ゆたか氏の絵がとっても楽しいです。

  • 角野栄子の新しい本(といっても、これは版違いで愛蔵版、初版は30年前らしい)が図書館にあったので借りて読んでみる。絵を描いてる原ゆたかって、ゾロリの人か?

    大どろぼうブラブラ氏は、代々つづく大どろぼうの一家の39代目。父ちゃんはキエキエ氏、じいちゃんはトレトレ氏、ずっとさかのぼって初代はポイポイ氏というのだそうだ。ブラブラ氏のママーは出てくるのだが、ご先祖様は父系でたどられている。

    ブラブラ氏は、とあるものを求めて日本にやってくる。世界的な有名人、というより国際的に手配されてるブラブラ氏がやってきたというので、有名になりたいらしい幾人もがブラブラ氏に化けて、自分こそはブラブラ氏だ、本物だ、逮捕してくれと警察にやってくるところがおかしい。しかもその証拠だといって出してみせる盗品が「ツタンカーメン王の親知らず」とか「ナポレオンのおこづかい帳」、最近のものでは「旧ソ連の人工衛星のコンセント」なんてのもあって、笑ってしまう。

    あまりに大らかなホラ話にみちていて、角野栄子自身の「あとがき」に「私の家は代々ホラ話をするので有名でした」などと書かれると、それもホラか?と思ってしまう。

    大どろぼうというと、小学生の頃に読んだ「ホッツェンプロッツ」シリーズを思い出す(でもどんなんやったかほとんど忘却の彼方)。こんど図書館で借りて読んでみたいような。

全5件中 1 - 5件を表示

原ゆたかの作品一覧

原ゆたかの作品ランキング・新刊情報

愛蔵版 大どろぼうブラブラ氏はこんな本です

ツイートする