パンプキン! 模擬原爆の夏

  • 158人登録
  • 3.99評価
    • (22)
    • (30)
    • (15)
    • (4)
    • (0)
  • 33レビュー
  • 講談社 (2011年7月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (96ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062170772

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
ヨシタケシンスケ
宮下 奈都
朝井 リョウ
辻村 深月
福田 隆浩
朽木 祥
魚住 直子
富安 陽子
有効な右矢印 無効な右矢印

パンプキン! 模擬原爆の夏の感想・レビュー・書評

  • 《市図書館》
    恥ずかしながらこの本を読むまで、模擬原爆の存在を知りませんでした。
    自分の住んでいる県にも模擬原爆が落とされていたことにも、驚きを隠せません。
    児童書ではありますが、模擬原爆を投下した理由などが、明確に書かれていて、子供の目線で物語が進むので読みやすく分かりやすかったです。

  • 大人が読んでも模擬原爆についてよくわかり、戦争について考えさせられる本です。
    自由研究の方法についても詳しく書いてあり参考になります。夏休みの読書におすすめです。
    小学校高学年くらいから。

  • パンプキン爆弾の事はこの本が出版された時に初めて知った。自分なりに調べて、自分の田舎も被害にあっていたことを知り、もしも歴史にちょっとした違いがあったら原爆を落とされたかもしれないと知りショックを受けたことを覚えている。
    今回ようやく本を読むことが出来た。子供向けだか、大人が読んでも為になる。模擬原爆の事実を知った女の子の心の変わりようが、自分と同じようであり共感出来た。また、原爆の被害者の側面だけでなく、そうなった当時の日本の状況もきちんと書かれている点も良い。
    ちょうどこれからオバマ大統領が現職大統領として初めてヒロシマを訪れる。それだけで各国の思惑が渦巻くような世界情勢であるが、いつの日かこの本の最後に出てくる「長崎ちゃんぽんみたいな世界」になって欲しいと切に願う。

  •  模擬原爆というものをご存じだろうか。
     1945年8月頃,本物の原爆を落とす前後に,日本のあちこちで,ナガサキ型原爆とほぼ同じ大きさの爆弾の投下実験が行われていたという事実を。
     本書は,ある小学校5年生の少女が,地元に残る戦争の傷跡や模擬原爆について考えていくことをとおして,戦争の愚かさを考えるようになっていくドラマ仕立ての内容となっている。単に,模擬原爆の解説書ではないところが,おもしろい。
    「あのな…。いろんなことを知っていくと,結局だれが悪いのんかも,わからへんようになるな。」といとこのたくみに愚痴る主人公ヒロカ。
     これまで,おそらく〈善悪〉でしか判断してこなかった少女の,この一言が,戦争の愚かさを物語っています。
     

  • ええ本やった。

    ノンフィクションと物語の間をゆく読みやすい児童書で、夏休みにピッタリ。
    子どもたちが、はじめて「戦争ってなに?」と思ったときに取りかかるにはちょうどよい。

  • 夏頃に新聞の書評で見つけてずっと読みたいと思っていた本。原子爆弾を落とす練習の為に全国各地に落とされた模擬原爆・パンプキン。丸い形とオレンジ色の着色からその名前がつけられたという。その模擬原爆の研究の為に東京からヒロカのいる大阪にやってきたたくみ。小学生ふたりの目線で語られるので盛り上がりには欠けるけど、模擬原爆というものがあったということを知るには重要な資料となる本だと思う。幅広い年齢の人に読んでほしい一冊。2012/044

  • 請求記号 F/レイジ 資料番号 020229589

  •  大阪市田辺に住む小5のヒロカ。夏休み、おじいちゃんのところに、いとこのたくみが調べものをするためにやってきた。たくみが調べていたのは、田辺に落とされた“模擬原爆”のこと。
     1945年8月、日本に2つの原子爆弾が落とされた。パイロットの爆弾投下の練習のため、日本各地に落とされた“模擬原爆”。その形状から「パンプキン爆弾」とよばれている。

  • 夏休みの宿題の定番「自由研究」。
    何を「研究」すればいいのか、ヒジョーに困るよね。

    子どもたちの「自由研究」を見てたら、
    自分の興味のあるなしとは別に、
    「ま、こんなとこでいいかな」って、
    資料が探しやすいテーマを選んでる感じ。
    その資料も、最近は「本」じゃなくてネットで
    ちょいちょいって調べて、はいおしまい! ← をい、いいのかっ!

    この本の主人公小学校5年生のヒロカも、
    最初はそういう感じの「自由研究」ですますつもりだったみたい。
    だけど、いとこのたくみがおじいちゃんの家にしばらく泊まることになり、
    たくみと話すうちにヒロカは「模擬原爆」という言葉を知る。
    「模擬原爆」ってなに?
    偉そうなたくみに腹を立てながらも、
    ヒロカは「模擬原爆」について調べることを、夏休みの自由研究にすることにした。
    さて、ヒロカの自由研究はちゃんとできあがるのか?

    この本はまず、「模擬原爆」って何? ということがわかる。
    それから、「自由研究」のやり方も、わかる。

    そして、何より面白い。
    テンポのいいヒロカの大阪弁の語りでぐいぐい読めちゃう。

    一冊で三度おいしいという、ほんまにメッチャすぐれものや。
    ‥‥あ、大阪弁うつっちゃった!


    元気で明るいイマドキの小学生のヒロカにとっては、
    韓国はアイドルと焼き肉とキムチ、
    中国はパンダ、アメリカはディズニーランドの国だったが、
    戦時中、日本がアジアの国々にしたことや、
    アメリカが日本に落とした原爆や模擬原爆のことを知り、驚く。

    一度は、
    「知らんでエエことを知ってしもうたやん!」と途方に暮れたヒロカだったが、
    やがて、
    「長崎ちゃんぽんみたいな世界」をめざして「なんかわからんけど、がんばる!」
    と決意する。

    「知らなければ平和だったのに」ということを「知ってしまった」らどうするか?
    人間は、「知らなかった」過去には戻れない。
    ややこしくても先に進むしかないのだ。
    ヒロカちゃんの男前な決意に拍手!

    ということで、

    夏休みは終わっちゃったけど、
    ぜひ、読んでみてくださいね!(^.^)/

  • パンプキン爆弾は、長崎に落ちた原爆の模擬爆弾の別名です。ヒロカはそれがきっかけで、戦争を身近に考えるようになりました。「知らんより、知ったほうがええよ」とたくみの力を借りて自由研究で新聞を作ります。どんな新聞ができるでしょうか?

  • 嫌っていたいとこと自由研究を介して仲良くなった。
    興味がないことを新聞にまとめてすごいなと思った。

  • 「模擬原爆から戦争を考えるきっかけに…」
    広島・長崎に投下された原子爆弾。その予行がこの爆弾でされていたという小さな事実。
    本編では模擬原爆がどんなものだったか、全く知らなかったヒロカに、おじいちゃんといとこのタクミが教えていくところに終始する。
    もっと原子爆弾や戦争との関連や事実とのとの繋がりを期待していたから、ちょっと期待過剰だったかな。
    それでも、読者である子どもたちが、戦争の意味を考え始める一歩としては、読みやすい。
    多くの子どもたちに読んでみてもらい、ヒロカのように考えてみて欲しい。

  • 今年の中学年の読書感想文課題図書。主人公と一緒に、パンプキンと呼ばれた模擬原爆、そして戦争について知り、考えることができる1冊。重いテーマを、軽いタッチで自分と重ねながら読める良書。

  • 戦争に興味のない、あるいは戦争に関する本を「怖い」と言って忌避する子でも、この本なら手に取ってくれるかな。
    入口をひろげてくれる本だと思います。
    知ろうとすること。自分で考えること。すごく大事!
    「長崎ちゃんぽんのような世界」
    わかりやすくてステキです。

    個人的な希望ですが、「自由研究」ではなく「調べ学習」がよかったなぁ。

  • 知らないことの怖さ。
    知ることの怖さ。
    知ることの大切さ。
    たとえ、ほんの小さな、ささやかな一歩だとしても。

  • 24年度埼玉夏休みすいせん図書。模擬原爆を各地に落としたことについて子どもが調べる。

  • 第2回児童書読書会課題図書。

  • 広島・長崎の原爆投下以前に
    模擬爆弾が投下されていたとは知らなかった。

    今の子供たちに
    戦争の事を知ってもらうのにいい本だと思う。
    現代の子が模擬爆弾について調べていくという設定は
    生々しい表現がないのが良い。

  • 重いテーマをサラリと。
    大阪弁満載で、中学年でもすらすら読める。
    めっちゃよかった。moco
    1945年、終戦の年に、原爆投下の練習のため模擬原爆・通称パンプキン爆弾が日本各地に落とされました。
    自分の住んでいる街に模擬爆弾が落とされたことを知ったヒロカは夏休みの自由研究で「模擬原爆=パンプキン」について調べます。kei

  •  東京に住むいとこのたくみが、夏休みおじいちゃんのところにくるらしいと聞いても、ちっとも関心がなかったヒロカ。同じ5年生といっても、こちらがあいさつしても、パソコンに夢中でろくに返事をしないたくみがどこに泊まろうが自分には関係ないと思ったのだ。
     しかし、たくみの世話をやくように、母親から頼まれたから、事態は一変。相変わらず、愛想のないたくみにイライラさせられるヒロカだったが、思いもかけず、自分の町の過去の出来事を知ることになって……。

     大きな字にルビいっぱいの児童書で、おまけに「夏休み」の本ですが、ずっと気になっていたので借りてきました。内容は、夏休みにいとこの影響で、日本に原爆投下の練習を兼ねた模擬爆弾が落とされていたことを知った少女が、自由研究で調べたことをまとめるという物語。

     核を搭載していないといっても、爆弾は爆弾。30都市に49発落とされ、死者は400名、負傷者は1200名にのぼる被害があったことはあまり知られていません。日本が敗戦をむかえる8月15日の前日まで、投下されていたことや、地元でも4つも落とされていたと知り、本当に驚きました。

     

  • 自由研究で大阪にやってきたいとこと喧嘩しながらも
    パンプキン爆弾のことで自由研究をすることになる女の子の話

    模擬原子爆弾なんて知らなかったなぁ‥

    夏休み前にピッタリの本棚

  • 手に取りやすく読まれやすい形態。

  • 模擬爆弾、パンプキン爆弾という言葉を初めて知りました。子どもたちにも勧めたい本。

  • 東京からいとこのたくみがあそび来ることになり、ヒロカは駅までの
    迎えを頼まれた。
    気難しそうなたくみとは気が合いそうもなかったので嫌だったが、
    チョコもりセレブアイスパフェを買っても良いという条件で迎えに行った。
    だが、たくみは駅にはいなかった。

    探し回ったあげくやっと見つけたたくみは、模擬原爆の慰霊碑の前にいた。
    ヒロカは、その慰霊碑のことは今まで気にもとめていなかった。
    たくみに教えられて初めて、戦争中に原子爆弾を落とす練習をしていた
    アメリカ軍が落とした爆弾の跡地だということを知った。

    模擬原子爆弾は、30都市50ヵ所に落とされたといいます。
    戦争について、知らなかったことがまだありました。

全33件中 1 - 25件を表示

パンプキン! 模擬原爆の夏に関連する談話室の質問

パンプキン! 模擬原爆の夏に関連するまとめ

令丈ヒロ子の作品一覧

令丈ヒロ子の作品ランキング・新刊情報

パンプキン! 模擬原爆の夏を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

パンプキン! 模擬原爆の夏の作品紹介

1945年、終戦の年。原爆投下の練習のため、模擬原爆・通称パンプキン爆弾が日本各地に49発も落とされていた事実を知っていますか?本当にあったことを、小説で読む・知る。

ツイートする