ネットと愛国 在特会の「闇」を追いかけて (g2book)

  • 525人登録
  • 4.12評価
    • (66)
    • (86)
    • (25)
    • (8)
    • (1)
  • 94レビュー
著者 : 安田浩一
  • 講談社 (2012年4月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (370ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062171120

ネットと愛国 在特会の「闇」を追いかけて (g2book)の感想・レビュー・書評

  • 2012年刊。

     丹念かつ広範な取材、対象に寄り添おうという著者の意欲や誠実さは溢れる。
     が、描かれる対象をみるにつけ、それが「海面に出た氷山には海中に大きな氷の塊がある、というわけでは絶対ないだろうな」と思っていたら、やっぱりそうだったという感想しか出てこない。

     そもそも部落差別への否定視線につき「身近に差別がない」ことだけを挙げる点、あるいは「慰安婦はただの売春婦だ」とのアジが醸し出す彼らのセンスのなさが哀れに感じる。

     そのアジに使う時間を用いて、社会の仕組みと金の流れを丹念に追う意欲と実行力があれば、批判の矛先がどこに向けられるべきか判ろうものを…。

     百歩譲って、金銭的に不足があってそういう行動に出るしかないという場合であっても、時間さえ設定できれば、図書館で本を借りて読む、古本屋で安く買うことができ、そこから学ぶことも十分可能なのだ。
     そして、真に必要なのは、自分の意見と適合するモノを批判的に読む・見る心持ちと、提示されたものに根拠があるのかと問い続ける意識だけのはず。

  • 在特会に入った人だけでなく、やめた人やそれと関わりが会った人の取材に基づいて書いているので、読ませる本である。在特会を支える人の心情あるいは在日に対する考えについては調査ができるであろう。

  • 在特会は中高生のいじめをそのままこじつけた様な主張ばかりで、ただただ嫌悪感しかもてない。愛国心の欠片もないのだろう。読んでいて彼等の不気味な憎悪がおどろおどろしく感じた。在日特権も嘘だと分かっていたがネットを通じて真実に目覚めたと言う青年がこっ稽

  • 第34回講談社ノンフィクション賞受賞作品。
    在日コリアンに対する過激な差別発言を行う「在日特権を許さない市民の会」(通称:在特会)のルポタージュ作品。
    前半は在特会トップ桜井誠の生い立ちや会員の素顔、そして反在日のルーツなどが描かれ、後半は離反者の本音やリーダーの変化、広がっていく標的など、在特会内部及び周辺への緻密な取材で構成されている。

    著者は在特会の主張や活動に相容れない思いと不快感を抱えながら、ネット右翼の象徴ともいえるこの団体の表情を顕在化すべく取材を続ける。その実像は「どこにでもいる普通の人々」として描かれる。普段は腰が低く礼儀正しい普通の大人達が、なぜ街宣の場では「ゴキブリ朝鮮人を殺せ!」などと聞くに堪えない暴言を吐くのか。そんな彼らの主張や行動の「正当性」とは何か。

    取材が進行していく中で、著者の仮説に裏付けが付いてくる。彼らの中国人や韓国人に対する憎悪は歴史認識に裏付けされたものではなく、もっと閉じられた個人的な鬱屈が発露にあるのではないか。愛国を装いながらも実は彼や彼女達こそ社会から排斥されてきた当事者ではないのだろうかと。自らを「弱者」「被害者」とカテゴライズし、活動そのものをエリートとの階級闘争と位置付ける。「人生がうまくいかない人達」の承認欲求の受け皿として、在特会は抜群の救済機能を果たしている。

    それだけに問題は根深い。これは無視されるべき少数派の話ではなく、あなたの隣人の話だと著者は主張する。

  • 憲法、人権、既得権益、それらを守る左翼に対して、変革を求める行動する保守。
    その中でも特に過激な在特会に関する本。
    在特会会員の普通の素顔を見ることができた。
    在特会の行動は必要悪だと思う。
    一方的な差別は許されるべきではないが、愛国心を失った日本人へのカンフル剤としては一定の評価をしたい。
    言葉遣いがまともになればもっと支持が集まると思うのだが。

    本の造りとしては、在特会の主張に相容れない筆者でありながらも、在特会の存在に一定の理解を示しており、非常に読みやすかった。
    偏った立場で描かれると真実を曲げているように感じてしまうが、そういだた印象は受けなかった。

  • 在特会会長である高田誠の地元での評判は、友達のいない孤独でさえないやつと評される少年。

  • 力作。
    読んでいるだけでうぅわあーっという気分になる。よく取材を続けられたなあ。精神力に感服。

    会員の素顔。欲求。そういうものをあぶりだすプロファイリングがすごい。
    ただ嫌うだけではなく、分析し踏み込んでいる点が貴重。
    切断処理するだけでは駄目なのだ。
    彼らにえさをあたえ、適当に扱う政治家より、筆者の方がやさしく親身になっているように思える。
    今読むべき本だと強く感じた。

  • 面白かった。
    ごくスタンダードなルポの基本を押さえた丁寧な取材だと感じられた。

    在特会やヘイトスピーチについて何も知らなかったので、これが最初の情報になるが、おおよそイメージ通りという印象。

    在日特権という言葉を、自分の数少ない体験や常識感覚からうさんくさいと思っていたが案の定かな。

  • 在特会を追いかけたルポ。
    在特会がいかにして今のように目立つ存在になったのか、その下品なアジテーションやはっきりしない方向性のために旧来の左派や右派からも孤立しながらも持続しているのはなぜなのか。
    他で満たされなかった承認欲求、居場所を与えている役割が大きいと著者は言う。そして、先行きの暗い日本に在特会的なものを醸成する土壌が誰の心にも存在していることも指摘している。
    在特会という組織の観察を通して、現在の日本の寂しく不安な空気を描いている力作である。

  • 恥ずかしいが言ってしまおう。本書は、現代におけるルポルタージュの最高峰である、と。

    やや印象批判が目につくところもある。感傷的にすぎるところもある。
    しかし、実際に様々な場面に取材し、キーマンの多様な面を鮮やかに浮き彫りにするその内容は、わずかな瑕疵を補っておおいに余りあると思う。

    また、陰鬱たる思いにさせられるのも確か。
    ごくごく「普通」の人たちがヘイトに走る現状は、著者が言うように怖い。
    主要因の一つに筆者は「承認要求」を挙げるけれど、これらの諸現象を解決するにはどうすればいいのか、答えは見えない。

    ヘイトはまさに日本を貶める行為なんだけど、やっぱ暴力による解決しかないのかなあ、とも思ってしまう。うーん。

  • 中立に書かれていてとてもいいと思う

  • ヘイトスピーチなどが生まれる背景には、実際にヘイトスピーチをする人の何倍もの普通の人がいて、これらの人の思いが作り出したものだ、と言う考え方にリアリティを感じた。

    正しいと感じたことを容赦なく主張するとき自分の中にも同様の嫌悪感が生まれているんだ、と言うことを忘れないようにしたい

  • 二年振りぐらいに再読。

  • ここまで中に飛び込んで行って足で書いたこのジャンルの本はなかなかない。具体例多くて興味深いし、個人の視点から朝鮮学校の件を語ったりと在特会側からも問題を考えることができた。
    在特会だからと言って一括りにすることは勿論出来ず、右翼の中にもいろいろありと気づかされた。
     間違った根拠を元に在日叩きをしている所がネトウヨの危うさ。でもどの媒体でも自分に都合よく解釈するしな。

     在特会の目的が倒錯していると思うし、自分達で問題をほじくりかえしていると思う。

    タイトルは合ってない様に思える。

  • 主に在特会について、その主催者である桜井誠の出自から組織の発展までを追ったものである。本書を読むと、在特会として活動する人間は、昔ならばそのまま左翼的な活動に身を投じている人間と同じようなんだなと感じた。また言動がネットのノリをそのまま現実に持ってきておりかなり痛い感じになっている。

  • 柴那典さんの『初音ミクはなぜ世界を変えたのか』で、ボーカロイド界隈で有名な「カゲロウプロジェクト」に出てくるキャラクターは「疎外された子供たちだ」と述べている箇所がある。この本を読んだ直後だったので、カゲプロとネトウヨの相似形について思わざるを得なかった。自分の大好きなクワガタPも「理由のない疎外/感」を歌っているし、そう遠い存在には思えない。レイシズム、排外主義だけは決して許すことができないけれど。

  • 教えられた正論を無思考で鵜呑みしてしまうと、ネットなんかの情報が真実に見えるようになってしまうのだね。
    擬似「文化祭の前の日」連帯。
    そんなもののために、傷つくのは御免だ。

  • レポート作成のために購入。
    真理を知るためには、多様な意見を知ることから。この本は、あくまで中立的に在特会という組織を追っていたけれど、別視点から書かれた本も読みたいな。在特会側が出してるのと、反在特のカウンター勢力が出してる本もあったから、合わせて読もう。

  • ○ルポライターの安田浩一氏の著作。
    ○「在特会」の活動や「人」について、内外の丁寧な取材に基づき、客観的にまとめた作品。
    ○今まで全く知らなかったが、興味深く読めた。

  • 在特会を語ることで、在特会を生み出したこの社会や普通の人々に潜む「在特会的なるもの」を描き出した圧巻のノンフィクション。最終章で、安田さんは「理解でも同情でもなく、ただ在特会に吸い寄せられる人の姿を知りたかった」と書いているが、最後まで読んで思ったことは、この本は在特会を批判するものでもあげつらうものでもなく、在特会という特異な存在の下に潜む、この社会の狂気だ。家や家族としての組織がもたらす「連帯」や「団結」は、うまくいかないという焦燥や孤独をかき消してくれる。ネットの世界は現実社会と違って人々をセレクトしない。その懐の深さが多くの人を受け入れ、認めてくれるという感覚と居心地のよさを生み出している。そしてそっち側に行くのは、決して難しいことではないということ。


    この本には様々な批判が寄せられているのを見る。自分が持つ思想や信条から在特会の主張自体に疑問を呈する内容に反対する在特会側の人もいれば、あまりに在特会に寄り添いすぎているという取材態度の批判をする人もいるという。ものすごい量インタビューと、綿密な取材によって描かれたものであっても、当然安田さんの会える人、安田さんから見える世界を描いたものであるから、様々な批判があるのは仕方がないようにも見える。しかし、在特会なるものへの問題提起はものすごく重要であり、それ以外の批判はどうでもいいものに思える。

    在特会の人びとが「反エリート主義」や「これは階級闘争だ」と話すのを聞くと、聞き慣れた構造に安心した一方で、最後の方に書かれていた市井の「いい人たち」の中に潜む無自覚な差別の感情や、目に見えない在特会への支持を、より恐ろしく感じる。「日常生活のなかで感じる不安や不満が、行き場所を探してたどり着いた地平」が「愛国よという名の戦場」という症状は、けっして「うまくいかない」人や生きづらい人達だけに生まれているものではない、と思う。


    私の担当する「多文化交流ゼミ」という授業の中で、移民に関するテーマでディスカッションをしたときも、「日本に同化できないなら帰ればいいのに」「税金もきちんと払っていないのに、権利を主張するのはおかしい」という発言をさらっと言う学生がいる。英語で話しているから、言えることに限界がある、主張が単純化されるということを差し引いても、まじめで勉強熱心で、多文化交流や国際的なことに興味がある若い学生が持つ、そのシンプルで迷いのない感覚を恐ろしいと思うことがある。優秀で難関の公立大学に入学し、何不自由なく暮らし、将来の夢に満ちあふれ、友達が多くてリア充の代表みたいな彼女たちが持つ感覚にも在特会を支えるロジックは潜んでいる。

    安田さんの言うように、在特会のいる「あっち」側と、普通の人々が住む「こっち」側には明確な境界線などないのだ。だからこそ在特会の叫ぶことばは対岸の火事などではなく、それを導きだすロジックや感情は自分のなかにもきっとどこかにあって、その引き金もあっちこっちに散らばっているのではないかと思う。

  • 北朝鮮の拉致問題、韓国との竹島問題、中国との尖閣問題、そしてそれらの国が行っている反日デモや反日教育のニュース映像を見ると、俺は正直うんざりする。

    また、第二次世界大戦、大東亜戦争での日本が辿った経緯、韓国併合をただただ侵略行為であった、と盲目的に受け入れるのは、あまりにも歴史を馬鹿にしているようにしか思えない。

    従軍慰安婦問題にしても、南京大虐殺にしても、かなり真実が歪められている。マスコミの人間は、そういった事を知らないはずはないと俺は思う。が、何故か政治家がそれについて、少しでも当時の日本側の言い分だったり、擁護するような発言をすれば、「失言」とされる。そういった風潮は気分が悪い。

    と、政治的に保守な俺の暑苦しい主張をしてしまってすいません。

    が、そんな頭がカチコチ保守な俺でも、最近ニュースやネット動画を騒がしている在特会が行っている東京の大久保や大阪の鶴橋で行われているヘイトスピーチには、嫌悪感を覚える。

    俺は昔東京に住んでいた時、建築現場で働いた事があった。その現場には、たくさんの中国人がいたが、みんな仕事仲間としてはいい人達だったし、俺が東京に住んでいた時に行きつけにしていた四畳半ぐらいの小さな立呑屋の大将は、中国人だった。その大将は、飲み屋以外にも、内装業を営んでいて、俺は仕事が休みの日に、バイトで働いた事も度々あった。当時の俺は、日給月給で、仕事がある時とない時の収入の差が激しかったため、大将がたまにくれる仕事は助かったし、大将は俺の事を心配してくれ、「フクシマ、いつまでもこんな感じだったらダメだよ、資格とか取って、将来の事も考えないと」と言ってくれたりもした。

    俺は、その当時から中国は厄介な国だな、とは思っていた。が、かと言って、イコール中国人が悪いとはならない。中国政府が悪いのであって、中国人が悪いわけではないのだ(まあ、中国政府の要人は、どうなんだかわからんが)、そんな事を身近に感じらた。

    前置きが長くなって、すいません。で、本書である。この本の著者安田浩ー氏も在特会のヘイトスピーチにはかなり嫌悪感を覚えている。が、安田氏が素晴らしいのは、彼らと正面から向き合い、意見の食い違いがあるものの、極端な人間として捉えていない。時に彼らを温かく見ている。

    で、最後の方には、自分も社会正義に燃え、左翼運動に憧れた事があったとし、
    「若い頃、人見知りだった私は、残念ながら、組織にも同志にもなじめなかった。破壊を熱望しながら、遠目で活動家を応援するヘタレでしかなかった。
    だからなおさら、『連帯』がまぶしい。『団結』がうらやましい。
    在特会の面々と向き合って取材しながら――正直に言うが――私はどこかで羨望を抱えていた。
    (中略)だって、彼らは、私の鏡のような連中なのだから。
    一瞬の祭りでハネることだけに生きがいを見出だす人々。それが在特会であり、そしてかっての私であった。在特会と向き合えば取材者ではなく、一人の『私』を意識せざるを得なかった。」

    誤解が無いように再び言っておくが、この文章だけ読むと、安田氏が在特会にかっての自分を重ね、シンパシーを抱いている様に見えるが、安田氏は、ヘイトスピーチに対しては、かなり冷ややかに見ている。が、対象者としての彼らには、愛情を感じている。

    ルポタージュの正しきあり方だと思う。一方的に否定するのも、一方的に肯定するのも違う。それらが入り混じった複雑な愛がないと、ルポタージュは面白くないよ。

    で、本書で描かれている在特会の人々は、どこか社会に居心地の良さを感じられていない様に見える。

    で、俺も彼らがそんな極端な運動に走る気持ちがわからんでもない。

    前述した様に東京にいた頃の俺は収入が不安定で、安定した職に就けず(これ... 続きを読む

  • 和図書 361.6/Y62
    資料ID 2013103024

  • 読むのしんどかった。
    結局のところ、この作者の感情の起伏も書かれているので、よくわからない。

    で、結局のところ『承認要求』が求めた、ある種の『はけ口』ということか。

  • 在特会を徹底的に調べた労作。

全94件中 1 - 25件を表示

ネットと愛国 在特会の「闇」を追いかけて (g2book)に関連する談話室の質問

ネットと愛国 在特会の「闇」を追いかけて (g2book)に関連するまとめ

ネットと愛国 在特会の「闇」を追いかけて (g2book)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ネットと愛国 在特会の「闇」を追いかけて (g2book)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする