新訂版 タモリのTOKYO坂道美学入門

  • 247人登録
  • 3.63評価
    • (15)
    • (23)
    • (24)
    • (7)
    • (1)
  • 31レビュー
制作 : タモリ 
  • 講談社 (2011年10月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062172745

新訂版 タモリのTOKYO坂道美学入門の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ブラタモリで本書を見知ってはいたが、新訂版ということで購入に踏み切った。ちなみに初版は2004年。タモリさんが趣味と実益を兼ねて撮った坂道写真を見るのも楽しいが、なかなか勾配感は写真では難しく、やはり現地を訪ねるのが本書の正しい読み方だろう。しかし、狭くはない都内を巡るのは大変そうだ。階段坂や車が通れない狭隘坂が多く、それだけでも江戸情緒がある。コンクリート舗装に○型の滑り止め加工されている坂も多く、勾配のきつさがうかがわれる。何度も行っている目黒の行人坂も紹介されていて嬉しい。

  • 電子書籍で購入を迷い、図書館で借りて読んでみた。タモさんらしい淡々とした解説が良かったし、江戸の地図がちょっと見ずらいので、今度は電子書籍で拡大して再読したいと思いました。
    タモさんが撮影した写真と坂道の昔話、坂道の造形の美しさ、そして坂道と生活感あふれる建物との調和、東京っていいなぁ~って思いました。いずれは建物も建て替えられて風情が変わってしまうと思うと、この本はとても意義深いものになるんだろうなぁ。タモリ倶楽部大好きなので、タモリ倶楽部の撮影に一役買った坂道がありニマニマ。
    日本坂道学会副会長のタモさん。あとがきで日本坂道学会発足のきっかけの話、いわゆる日本坂道学会会長との出会いの話や、偉い人と坂道のうんちくでやりこめる酒場のタモさんがと~ってもいいです!!

  • いつかこの本をもって東京の坂道を巡ってみたい!という気持ちになりました。
    そして、日本坂道学会に入会したいです!!

  • <目次>
    港区/文京区/新宿区/目黒区/大田区&荒川区/台東区&千代田区&渋谷区

    <内容>
    日本坂道学会副会長タモリの本。私も確かに大学時代(いや、高校時代か?)にも横関英一さんの『江戸の坂、東京の坂』を読んだ気がするので、坂道学会に入れそうな気がするが、如何せん東京の坂を歩いていない。タモリは”ブラタモリ”で一気に坂道を普及させた(正式には「微地形」の面白さか?)が、ちゃんと街を歩いて坂道を確認しているからな…私のような「陸サカミチスト」?ではないので、まだ入る資格はないか。また港区辺りはこの本の時代から一気に開発が進んでいるので、名坂も消えているかもしれないな…

    逗子市立図書館

  • ブラタモリでも登場する場所もちらほらあり、
    東京に住んでいても知らないところもたくさん!
    楽しい本です。

    ●●区在住としては、もっと自分のところを登場させて欲しかったなぁー、と!思いました!

  • 「タモリと戦後ニッポン」の参考文献に登場する本。ここ上った、下ったことあるなあと思う坂もありましたが、名前も知らずに通っていました。タモリさんの「生まれ育った家は、街中のほうへ向かって下る長い坂の途中にあった(6頁)」そうです。幼稚園には通いたくないという主張が両親にとおったのは良かったのですが、同年代の子どもが幼稚園に通い出すと遊び相手がおらず、小学校にあがるまで坂を行き来する人々を眺めて過ごしていたそうです。

  •  タモリさんは,休みの日に,朝早くから坂の写真を撮りに出かけると聞いたことがあるのですが,そのマニアックなまでに撮った写真で構成されている本です。
     基本,見開き2ページに,おすすめの坂とタモリさんのコラム。その次の2ページに推薦のおさんぽルートがあります。
     東京の街歩きのお供に,または街歩きしなくても,タモリさんの見た坂を,じっくりと堪能することもできます。
     タモリさんの博識さには本当に驚きます。オイラは一度読んだだけではすぐ忘れてしまうおばかさんですが,何度も読んで東京の坂を楽しめました。

  • 坂っていいですよね。
    登ってる時はしんどいんですけど、振り向くと意外と遠くが見えたりして。

    この本は、日本坂道学会副会長のタモリさんおすすめの
    良い勾配、良い湾曲、江戸風情のある、由緒ある名前
    の坂が紹介されています。

    タモリワールド全開。
    この本片手に、坂巡りしたくなりますよ。

  • 人間の思考思想は傾斜の思想と平地の思想に大別することができる
    という頭だけでも楽しい

  • 雑誌の1コーナーをまとめた本ということで、どちらかと言うと散歩できるように、周辺の情報が載っていたりする。
    いろいろな坂の紹介があるけど、出来れば見方とかの解説が欲しかったなぁ。
    坂の鑑賞ポイントって難しいよなぁと思いつつ、動機付けにはいいのかも。

全31件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
ウォルター・アイ...
三浦 しをん
三島 由紀夫
村上 春樹
デール カーネギ...
佐々木 圭一
有効な右矢印 無効な右矢印

新訂版 タモリのTOKYO坂道美学入門に関連する談話室の質問

新訂版 タモリのTOKYO坂道美学入門はこんな本です

新訂版 タモリのTOKYO坂道美学入門の作品紹介

江戸の坂道は、おもしろい。タモリがTOKYOを激写。散策によし、デートによし、街歩きの決定版。

新訂版 タモリのTOKYO坂道美学入門のKindle版

ツイートする