恋都の狐さん

  • 501人登録
  • 2.84評価
    • (11)
    • (43)
    • (77)
    • (66)
    • (17)
  • 116レビュー
著者 : 北夏輝
  • ¥ 1,512
  • 講談社 (2012年2月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (258ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062174855

恋都の狐さんの感想・レビュー・書評

  • メフィスト賞受賞作。
    奈良のあちこちで開催される行事と、主人公の恋に迷う気持ちが描かれて終わりまで進む。
    狐さんが狐の面をかぶっている理由は何となく理解できたし、最後に主人公の前でそれを外せて、しかも顔の傷を消せたのは大きいと思う。
    揚羽さんと狐さんが互いのことを想い合っているのは伝わってきましたが、主人公も負けてなかったはず。
    揚羽さんに最後までコンプレックスを抱えたままで幕を引いてしまったのが切なかったです。
    まあでも、恋を全く知らなかったときに比べると、主人公の気持ちに少し変化があったのかな、と。
    続編もあるらしいけどどうなるんでしょうか。

  • 奈良という場所で、雰囲気ある不思議な恋のストーリー。けど、ラストに泣けた。切ないなあ。

  • 2回目。主人公が奈良で不思議な狐のお面をつけた男の人と、一緒にいる女の人と出会ってからのお話。揚羽さんみたいな方憧れます。いいなあ。でも最後はハッピーエンドだと思っていたので衝撃が大きかったです。私だったら絶対こんなことできない笑

  • 奈良のお祭り・イベント系観光情報誌としては有能。
    奈良で出会った普通の女子大生と謎の狐面男との恋路を描くお話。
    主人公が狐さんに恋をする理由から最後の失恋の過程まで全く感情移入できなかった…。
    百歩譲って恋をするのに理由は無くても良いけど、狐さんを振る理由が自分勝手で独善的過ぎて呆気にとられてしまった…。
    主人公の性格も食い気と恋しか考えてないようで、こんなちゃらんぽらんな人格にし無くても…という印象。
    ストーリーについてもあまり盛り上がりが無く、最後まで読むのが苦痛なレベルだった。

  • 装丁が好みだったので
    図書館で借りてきた一冊。

    読みやすく奈良のお祭りや鹿など
    とても興味を引き寄せられた。

    結末がお互い両思いなのに〜
    という少し煮え切らない状況で
    終わってしまったという印象。

    次回作ではまた新たに人物が
    出てくるらしいという…
    どうか少女が
    幸せになってほしいという気持ちです。

  • 古都とか、狐のワードにつられて読了。古都に関しては、奈良に興味がわいて行ってみたくなりました。情報誌並みに役に立ちそう。狐さんより、もっといい人いっぱいいると思う。イマイチ、ときめかなかったです。

  • 想像と違う展開にどんどん引き込まれてラストきゅーっとせつなくなってもうこのままじゃ終われません。

  • 奈良に行ってみたくなるくらい奈良推しの作品。
    第三章の采女神社のお話は他の章と異質で、ファンタジー入っちゃったよと思ったけど結局狐さんとの縁は取り持ってくれたのだから縁結びの神社なのだろう。

  • これはもしかして観光課シリーズの奈良編?
    奈良をぶらぶらしたくなる。

    奈良の女子大に通う「私」は二月堂の豆まきで生涯忘れられない出逢いをする。
    元小児科医の老紳士の飯田さん。きりっとした美人の揚羽さん。
    そして着流しに顔を狐の面で常に覆っている狐さん。

    奈良の東向商店街で猿沢池で、そしてまた二月堂のお水取りで「私」と彼らの関係は深まっていく。さて狐さんの正体は?

    読み進めるうちにコレ、狐さん、イケメンでもそうでなくてもガッカリだわーという気持ちになっていく。狐さんのまま終わって欲しかったかも。
    彼女の気持ちの盛り上がりにイマイチついていけないまま、不完全燃焼…。
    続編あるんだって?でもそのあらすじを見ちゃってビックリ!なんじゃー。どうしてそうなった?
    これは奈良観光用本には良いと思うけど。

  • 女子大生が奈良のお寺の豆まき行事で出会った風変わりな男性に恋をする話。

    前半まではダラダラと冗長な話が続くなと思っていたところ、後半になって急に恋愛モードに突入したと思ったらエピローグの展開にナンダコレってなった。主人公の女の子は告白すらしていないのに勝手に失恋したと思い込んで、しかも人間不信に陥ってる人がようやく前向きに生きようとした矢先に「好きじゃない」とか言っててかなり自分勝手で酷い。失恋で終わるのがイヤってわけではないけれど、失恋で終わらせるなら終わらせるで他に物語の持っていきかたとかあったんじゃないかなぁと思う。主人公の独り相撲に読後感が悪い。

    でも奈良の魅力は読んでてすごく伝わってきた。

  • 狐面を被った男の人、関西、メフィスト賞というキーワードから、自然と戯言シリーズの狐さんを想像して読み始めました。人を食ったような物言いは似ているけれど、比較的こちらの狐さんの方が地に足が着いていたかな。た主人公の好意の発生するまでのやりとりには艶めいたものもみられなかったので、好意が発露する瞬間に違和感がありました。また、狐さんの思い人はいたのか、いたなら誰だったのか等の事を差し置いて、主人公が勝手に結論を出して、相手の気持ちを考えずに何もかもを押し付けておしまい、となったのがあまり心地よくなかったので星三つとしました。表紙絵と帯に過剰に期待をあおられました。せっかく狐さんや揚羽さんとのやりとりか小気味よかったから残念です。でも、奈良に旅行したくはなりました。

  • メフィスト賞(46回)

  • 森見テイストだけどレベルが違う。

  • 第46回メフィスト賞受賞作。
    メフィスト賞って何?と興味があり図書館で予約。
    う~ん、少女マンガのようなラブコメと思いきや
    結末は???の消化不良。
    ただ奈良を舞台にした神事については
    詳しく書かれているので
    奈良に行きたくなりました!

  • 奈良にいきたくなった・・・。京都は何回もきままにひとりでいっているけど、奈良はないからなー。ただ神社仏閣観光地がひとつにまとまってないので、歩くことになりそう・・・それもまたいいんだけど。
    物語のほうはラブストーリー!だけど!成長物語だったかもしや!という好みの展開でした。下手にくっつくよりもね、これがねよかったですよ、ガールズビーアンビシャス!!

  • メフィスト賞受賞作品とのこと。
    え、これでおわり!?まじで!!狐さんの気持ちは!?

  • あまり評判が良くないようだったが、私は楽しめた。雰囲気は奈良の森見登美彦と言った感じだが、読んで見るとそこまで弾けていない現実的なお話。かと思うと、そうでない部分があって、そこは違和感を感じた。メフィスト賞だが、これが不評の要因かもしれない。要素は含まれているにしても、あまりにジャンルが違うから。

  • 少女漫画だったらもう一山来そうな展開で終わってしまった…
    と思ったら続きが出てるらしい
    ブラウニーとバナナケーキの君を探す、みたいな展開でも面白そうだけど(主人公の女の子視点で語られてたけど名前も連絡先も交換してないんじゃなかろうかw
    読める展開を外したくてこうなったのか
    唐突で消化不良な感は否めないかも
    奈良とか京都巡りしに行きたくなる

  • 表紙と奈良の人の作品ということで借りました。地元の人間でも奈良に行きたくなるような作品。設定なども良かったのですが、結末が不完全燃焼というか雑というか... ハッピーエンドにはしたくなかったけど振られて終わるような結末にもしたくなくて思いつかなくてこんな結末になってしまったのか....?

    奈良の魅力を紹介するのにはいい作品だと思います。

  • なんだか、急発進したり急停止したりする乗り物に乗っているような感じでした。
    登場人物たちがすごく魅力的で、楽しみながら読めたところもあっただけに残念です。まだまだ改善点があると感じさせる作品でしたが、作風は嫌いではないので魅力をどう詰め込んでいくかをもう少し考えれば好きになれる作品だったと思います。

  • 主人公が狐さんに恋心を抱く過程の心理描写が絶妙。
    主人公の初恋にものすごくときめいた。
    恋心の酸いも甘いも書きこまれていて、恋をしたことがある女性なら誰でも共感してしまうと思う。
    視点があくまで主人公に定められていて、下手に狐さんの心理が慮れないあたりもうまく書かれていたと思う。
    狐面に関しては、外せばどうせ美男子なんだろうと思っていたけど、それだけでは終わらないのもいい。
    奈良の地を舞台に話が展開していくため、奈良に行きたくなるのは必至。
    ラストは、始めから作者はこのつもりだったんだなと思うと悔しかった。

    メフィスト賞受賞作ということでてっきりミステリーだと思っていたが、ミステリー要素は全くなく、終始恋愛小説だった。

  • 表紙絵が好きなイラストレーターさんのため、気になってました。
    途中までは狐さんと私の掛け合いが面白かったのですが、最後はちょっと。何だか消化不良な感じに。この最後はちょっと...だろうかと思ってしまいました。ハッピーエンドでもよかったと思うし、この結末では、狐さんの気持ちは?と思ってしまいました。恋ベタでももうちょっとあったのではないかなと。
    奈良の寺社やまちなみが出てきて、奈良に行きたくなりました。

  • 舞台は奈良、狐の仮面を被った青年、なぜ仮面を被っているのかなど設定はとても良いと思う。しかし、主人公の思考回路がまったくもって理解不能…。というかいつ狐さんに恋したのか全然伝わって来ない。お姫様だっこされて恋しちゃったの?謎です。また第三章で急にファンタジーが入ったのはどうして?終わりも納得できない…。もうちょっとどうにかならなかったのだろうか…。期待して読んだ分がっかり度が増しました。

  • 無料豆拾いで出会ったのは、なぜか狐の面をかぶった男性と
    ノーマル(?)な女性の二人組…と、妙齢の男性。

    恋とは一瞬にして落ちるもの。
    後は『それ』に気がつくだけ。
    気がつけたらラッキー、という感じでしょうか?
    その点では、気がついた彼女はラッキーの分類に入るかと。

    次の段階は、自分に脈があるかどうか、を調べる事?
    多少用心深くなっても、それは当然のプロセスです。
    しかし隣に女性がいた場合…その出方次第では
    維持になる可能性も大なわけで。

    そうならず、どうにかなりそうだった場合。
    けれどその女性にかなわないと思った場合。
    その決断に、潔い、としか言いようがないです。
    今まで、彼を作ってきたものが彼女なら
    それは土台を取りはらう事と同義ですから。

    恋がかなった。
    けれど、叶えられなかった。
    あの瞬間、何だかもう、やるせない気持ちになりました。

全116件中 1 - 25件を表示

恋都の狐さんに関連する談話室の質問

恋都の狐さんを本棚に登録しているひと

恋都の狐さんを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

恋都の狐さんを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

恋都の狐さんを本棚に「積読」で登録しているひと

恋都の狐さんのKindle版

ちょいな人々

荻原 浩

ちょっとおバカだけど憎めない人々の日常を、ユーモアたっぷりに描いた物語。

隣の庭木を憎む主婦、いじめられっ子と一緒に復讐する相談員など、「ちょい◯◯」な人をブラックユーモアも交えながらコミカルに描いた、全7話の短編集です。
どこかから回っているけど憎めない登場人物ばかりで、現実に遠くなく、こういう人いそう!と思わず納得してしまう面白さがあります。
もしかしたら、今、フツーにとなりにいるアノ人も、よく観察したら「ちょい」な人かもしれません...(笑)

本の詳細&レビューを読む

ツイートする