海賊とよばれた男 下

  • 8115人登録
  • 4.32評価
    • (1667)
    • (1139)
    • (428)
    • (67)
    • (15)
  • 1010レビュー
著者 : 百田尚樹
  • 講談社 (2012年7月12日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (370ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062175654

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

海賊とよばれた男 下の感想・レビュー・書評

  • 昭和22年から56年までが描かれる下巻。

    石油を自由に売ることのできる世の中を目指して仕事に邁進する国岡であったが、メジャーと組んだ企業や通産省からの横槍もあり、一向に思うようにはならない。
    次から次へと押し寄せる難題をひとつひとつ解決していくものの、石油を売るということの難しさ故か、本質的な解決への道のりは長く険しい。

    日本のエネルギー政策が後手後手に回った結果、第2次世界大戦への道を選ばざるを得なかったという辺りが、上巻に書かれていた。食料やエネルギーなどライフラインに関わることは、それが断たれると国の存続に大いに影響する重大事で、長期的な視野をもって粘り強い交渉していかなければならない。明治以降、ずいぶん長い間うまくいかないまま、現在に至っているように思う。
    そんな中で、国岡の先見性とその手腕には驚くばかり。何に着目し未来を予想するのかといった、卓越した見識と新しい視点はどのような分野においても一目置かれるに違いない。

    経済界における剛腕。
    ノーベル賞受賞者が排出されるような研究環境。
    今まで日本人が苦手としていたプレゼンテーション。

    同じ国に生まれた一人として、少しばかり誇りに思えることが続くうれしさ。

    ただひたすら、前へ前へと道なき道を切り拓いてきたが、別れた先妻が亡くなったことを後になって知り、一緒に暮らしていた頃を懐かしく思い出す。国岡は幸せな現在の暮らしを肯定しながらも、苦楽を共にした先妻と別れたことは間違いだったのでは、との思いが一瞬頭をよぎる。
    そして、あらためて次のように考えるのだった。

    人生は一度きりだ。二つの道はない。(P350) 

    これには平凡に暮らしている私も激しく同意した。
    日々淡々と過ごしても、後になってその選択が正しかったか?と思い返すことは少なくないものだ。
    それでも、今を肯定できるのならば、そこにつながる無数の点も肯定しよう。
    ひとつの道だからこそ、尊く愛おしい。

  • 思わず、ふわっとあくびがでそうになるのは

    夢の話と
    自慢話である。

    出光興産の創始者
    国岡てつぞう氏
    の生涯は大波乱に満ちながらも
    国内屈指の大きな会社にまで成長させたのだから

    後世に生きる者への
    夢物語としてでも
    出世物語としてでも
    いいはずなのに
    全く違う。

    むしろ(そんな物語なのか…)
    と、ちら、と思いをよぎらせたりしたならば

    どっかん!!!

    と、でかい雷が落ちてくる事は必至。

    (何を見聞きしていたんじゃ?!お前は一体何をっ!)

    今の日本に彼の様な大和魂を持った豪傑はいないけど、
    読後はしっかり守護神として心に鎮座して頂ける。

    人生に迷った時、悩んだりした時は
    「人を頼らず、自分の意志をつらぬけよ!」
    と、
    大きな声が聞こえてきそうだ。

  •  出光興産創始者である出光佐三の生涯を描いた、歴史経済小説下巻。
     民族経営を行う国岡商店に襲い掛かる外資の魔の手。その手を断ち切るためにてつぞうが求めた、一振りの太刀。
     それが、巨大タンカー「日章丸」。

     てつぞうは、この日章丸を用いて、アメリカや、メキシコの石油を輸入する。しかし、国際石油資本メジャーに南米を抑えられたてつぞう。彼の次なる地は、イランー。国有化したてのイランという国から、石油を輸入した始めて国が、この日本であったなんて。

     こんなに、素晴らしい人たちが存在し、日本を造り、そして現在に導いてくれたことを、私は今までちっとも知らずにのうのうと生きてきた。なんということだ・・・
     家族のために、店員のために、そして日本国民のために誰も成し得ていなかった新天地に足を踏み入れ、そのいばらの道を開拓し、後世の日本の地位をここまで上げた国岡さんを始めとする彼らに、心からありがとうを言いたい。
     そして、私にも、この素晴らしい人たちと同じ血が流れていることを、心から誇りに思いたい。

  • 読み終えジーンとしている。

    最後はあっけなく終わる。
    読者の感傷など全く煽らない。
    国岡鐵造の潔さ、天年を全うした最後に相応しく素晴らしい読後感を残す。

    国岡鐵造(出光佐三氏)の経営方針は普通と違いすぎる。
    タイムカードなし、出勤簿なし、定年なし、労働組合なし、残業手当もない。
    「社員を信じる」経営方針の徹底であった。

    普通の会社では到底真似できない。
    さらに数百、数千、数万人の会社にはコンプライアンスという枷も加わり輪をかけて社員を縛り会社を縛り、結果的に顧客、国へ提供する価値を減じている。

    国岡鐵造が闘った実話に、実話だからこその緊張感がページをめくるスピードをどんどん速めていった。

    ページをめくるスピードはどんどん速まるが、伝えていく想いはゆっくりと私の心に刻まれていく。
    国岡鐵造をただ信じきった日田さんの器の大きさ、その魅力に取り憑かれる。
    そして日田の最後の言葉を聞いた時に駆け巡ったであろう国岡の胸中を想像すると、自らの胸をも痛めた。
    あー、なんて遠いところまで連れてきてしまったのだろう。
    あー、なんて遠いところまで見つめていてくれたのだろう。
    人を育てる素晴らしさが胸に満ちた。

    そして、ユキ。
    国岡の最初の妻だった人。
    この人の物語。妻だった人への想いが綴られる箇所は短い。
    短いが深く染み入るものがあった。

    本書は壊滅的な境遇、私利を追求する敵を打破していった成功譚だけの物語ではない。
    「人」をみつめていく根源的なものを思い出せてくれる。

    読んでよかった。

  • さすがに読み応えがありました。
    下巻は日章丸事件の全貌。
    石油の話は私の頭じゃちょっと全部理解できなかったけど、
    会社を愛し、日本を愛した国岡は凄い人だ。

    地元の話が後半出てきて、そうだったんだ~と感慨深い。
    国岡、出光佐三さんの事を知る事が出来て百田さんに感謝したい。

  • 上巻の特に後半を読んでいる時はこの調子が延々続いたらもう読めないかもと思ったが、そんな不安を吹き飛ばす勢いでした。面白かった。

    イギリスの圧力により経済が停止状態にあったイランを救うべく、そして日本の発展を考え、イギリスに攻撃されることも恐れずに日章丸をイランへ向かわせた場面がピークでした。感動した。

    鐵造もかっこいいけど、東雲さんがいいんですよね。いやでも武知もなかなか捨て難いかっこよさ。
    でも、「出来が悪いというだけで家族の縁を切ることがないように、国岡商店も首にはしない。むしろそういう店員をいかにして教育していくかということが会社の使命」と言うわりに出来の悪い社員がひとりも出てこなかったのがちょっと嘘くさいっていうか、面白味に欠けたかなと思います。

    最後まで読んでみて百田さんがこのタイミングで国岡鐵造...出光佐三の物語を書こうと思ったのかがよく理解できました。
    ビジネスマンや政治家に血眼で読んでもらいたい一冊。

    (帯に安倍総理も愛読!ってあったけど、特別嬉しくなかったしいっさい期待も持てないのはなんでだろう...苦笑)

  • モデルのある作品だけに、賛美一辺倒、作家の主観入りまくりが引っかかった。
    http://blogs.yahoo.co.jp/rrqnn187/11783131.html

  • やっと読めたー。
    出光興産の創始者・出光佐三の伝記ともいえる、熱く真っ直ぐな男の生き様であります。
    主人公の国岡鐡造も凄まじい人だけど、彼の魅力を解する日田氏や会社の同志、決断力のある銀行や政治家や周りの人たちも素晴らしい。
    ぞくぞくする感涙ものです。

    個人的にもなかなか興味を惹かれる内容だったのですが、これはすごい歴史でありドラマである。
    上巻はそこまで夢中になれなかったけど、下巻は一気でした。
    これがビジネス書や社史であったならば読むことはなかっただろうと思うと、こうして小説として読むことができてよかったなと思います。

    出光関係者の人によると「だいたい社史と同じ話だけど、小説として面白くなるように大げさになってるところはあるね。あと、実名の人とそうでない人がいるからややこしい」と言ってました。
    そうは言ってもかなり没頭して読んだみたいだったし、私が読んでもすごくおもしろかった。
    百田氏の文章の巧さによるところも大きいのだろうけど、国岡鐡造の信念が人の心を揺さぶり、その強さが計り知れないものだったってことですね。

    日章丸事件がメインだと思っていたら、それ以外のところもすごく多くててんこ盛りでしたが、最後まで疾走感は途切れることなく読み切れました。
    そんなうまくいくわけないよーと思いたくなるような展開も、多少の誇張があるとしても史実なんだから。
    高度成長期って時代の持つエネルギーがすごかったんですね。

    この本が今の時代に出て本屋大賞をとるってのは、すごく納得というか必然であるような気さえしてしてしまう。

  • 出光興産創業者“出光佐三”を題材にした小説。

    石油をめぐる利権争いに対して、
    世界を敵に回しても怯むことなく正論で突破する。

    日本的家族経営の終焉が訪れた現代においてこそ、
    この作品が世に問うものがクローズアップされる。

    長期的なビジョンを持ち、困難に立ち向かい、
    正しいことをやり遂げる。
    そんな気概を持つ経営者の不在こそが、
    日本経済低迷の主因なのではないのか?

    日本人としての誇りに心が熱くなる作品。

  • 高3の姪が、「この本読んでみたい」と言う。タイトルにひかれたのか、それとも本屋さん大賞に選ばれたからなのか、理由は分からない。

    でも、下を読んでいる途中だった私は、
    「やめときな。時間がもったいないよ。ほかのにしな」とアドバイス。
    タイトルの「海賊とよばれた男」の由来と、何故、薦めないか簡単に話したら、納得していた。

    現代の日本は、自称経営者たちによって、働く者たちが労働から不当に疎外され、人間として最低限の生活する保障・権利すら奪われている。特に、今、この日本を背負って立つ若い世代の人たちに、労働疎外が顕著に現れている。

    そんな、嘆かわしい現実にぶつかって、「首切りのない人間尊重」の企業が、この日本にあったなんて……。誰もが、つい、信じてしまいがち、というより、日本にあって欲しいと一縷の望みを託したいのだが……。

    これは、出光のパブリシティに過ぎないお話、小説の物語に過ぎません。どこまで、信じていいのやら。小説だったら、何とでも書けるだろうに。

    ……定年退職した団塊のおじさんの「愚痴」でした。

  • 2013年本屋大賞を受賞した作品。
    本屋大賞受賞作の中にはあまり好みでない物もあったのですが・・・
    この本は面白い!!

    日常生活に欠かせない石油。
    でも、普段は石油のことなんて考えたこともなかった。
    そう言えば「オイルショック」ってあったなぁ・・・と遠い記憶にあるけれど、あって当たり前の暮らしをしてきたから。
    でも、そんな暮らしができるようになるまでに、日本が石油を自由に輸入できるようになるまでに、どんな困難な道のりを乗り越えなければならなかったかなんてまったく知らなかった!

    モデルになった出光興産創業者の出光佐三氏のことはまったく知りませんでした。
    でも、こんなスケールのでかい、魅力的な人がいたなんて!

    百田尚樹さんの本はこれで5作品目ですが、読むたびに心の違う場所を押されるような気がする。
    とても不思議でとても魅力的な作家さん。
    他の作品を読むのが楽しみです。

  • 時折涙を誘うシーンもあり、読んだ後にしばらく余韻に浸りたくなる。日本人の誇りと自信。普通だったら逃げたくなることも逃げない店主の強さは本当に素晴らしいですし、上に立つ人というのはこういう方であるべきなのだと感じた。今一度、組織に属する方は手にとって読んでいただきたい一冊だと感じた。

  • 1年間のうちには、何冊か「読んで良かった!」と思える本にめぐりあえるけれど、本作もその一つだった。

    先の大戦により全ての資産を失い、借金だけ残っている中で、千人の社員のクビを切ることなく、土に這いつくばっても再起を図った、その強い精神力には心を動かされた。

    独立不羈の精神のゆえ、国内・国外から幾多の攻撃にされ、何度も危機に陥りながら、それを跳ね返してきた不屈の男たちの物語だ。

    決して利己的ではないその生き方に共感して、彼を助けてくれる人たちの話も胸を打たれる。

    そして、そんな主人公のもとには一騎当千の従業員たちが集まる。
    イギリスからの攻撃も予想されるなかで、タンカーの船長が航海の安全を神に願って、妻が少ない生活費をやりくりして贈ってくれた金時計を投げ入れる場面は、ジーンときた。

    この後編でも、波乱万丈の展開があり、それを突破する奇跡がある。
    これが実話ベースの話とは、信じられないくらいである。

    不屈の精神の偉大さに、感じることが多かった作品だった。

  • 虚構と希望と理想と少しの現実が交じり合って、何を信じれば良いのか分からない世界をここまで押し切る作者に星をプラス1。
    この本を読んで、語る人、打たれる人はきっと清い心を持っているのだと思う。残念ながら僕には裏に何があるのかしか感じることが出来なかったが。
    将来、行き過ぎた正義をかざす人がこの本から出ないことを切に願う。
    出光氏はいたが、この話は夢物語であり、「国岡鐡造」は存在しない。

  • 2012.08.20読了。

    とにかく素晴らしいの一言!

    主人公国岡をはじめ、日田さん、店員たち、熱い男たちに魅了された。

    読み終わって出光興産創業者、出光佐三がモデルだと参考文献で知る。

    日本にこんな素晴らしい人がいたとは!

    とともに、今も同じようなことを繰り返し成長のない政界、コネ社会、出る杭は打たれる的な日本の嫌な部分も。


    国岡が思ったように、私も石油が普及したことが良かったのかわからないけれど、戦後焼け野原の日本を復興させるべく妥協を許さず、正義を貫き、戦い続けた男の姿に感動した。
    し、彼らの生き方を見習いたいと思った。

    これぞ日本の男!

    とにかくかっこよすぎ!

  • 私利私欲に走ることなく、会社の儲けにだけ走ることなく、国のために身を粉にして奔走した男の物語。

    熱い感動に何度も涙がこみ上げてきた。
    文字通り、命をかけて仕事をしてきた男の凄みに、読者たる自分も身を引き締めて読んだ。上巻から一転、ハラハラドキドキの展開だ。
    自社タンカーでの社運をかけて臨んだペルシャ湾岸からの石油輸送の場面には手に汗を握りっぱなし。

    登場人物の誰もがかっこいい。こんな男でありたい!
    どんな苦境にあっても、決して諦めるなとこの物語は教えてくれる。

    そして、戦後が決して遠いものではないことにあらためて気づかされた。

  • 出光興産の創始者、出光佐三をモデルにした2013年本屋大賞第一位を獲得した小説。
    評判に違わず、一気に読ませる面白さだった。
    主人公国岡鐵造は、将来の日本経済に多大な影響を与えると考えた石油販売を手がける国岡商店を興す。
    国岡の独特の企業運営理念は、他社とは比べ物にならない従業員たちの忠誠心とその働き方を生み出す。
    タイムカードなし、出勤簿なし、馘首なし、定年なし、そして大戦後に復員してくる社員たちを一人残らず再び雇い入れて、石油を販売できない厳しい時期にも一人も辞めさせずにラジオ修理から石油タンクの底さらいなど、あらゆる仕事に手を出しながらも続けた経営がそのような従業員を生み出す風土・文化を作り上げたのは間違いない。
    戦後の石油販売利権に絡んだメジャーの思惑に真っ向から対立し、唯一、独立民族経営の道を外さず、業界の既得権益を守ろうとする動きや、セブンシスターズからの妨害にもまけず、遂には経済制裁を受けていたイランからの石油輸入に道筋をつける。
    有名な「日章丸事件」にはこのような背景があったのか、と唸らされてしまう。
    イラン革命で折角切り拓いた直輸入の道が閉ざされても、他社が取ったようなメジャーの軍門に下るような経営の道は取らず、対等な関係を保ちながらメジャーの一角であるガルフ石油との提携を成し遂げる様子などは、見事なアライアンス戦略だと思わず手を叩きたくなった。

    また随所に資金繰りに困ったときの話が出てくるのだが、折々に国岡を助けた人たちのエピソードも胸に残る。
    銀行家たちが国岡の人物そのもや、彼の経営方針に打たれて思い切った融資を決めるシーンが何回かあるのだが、これこそまさに企業を育てようとする本来の銀行のあり方。
    一つ前に読んだ「外資系金融の終わり」に出てきた自身の利益追求ばかりに振り回される金融業の姿に辟易としていたので、大戦前後に活躍した銀行家たちの姿には共感を覚える。
    そして彼無しには国岡商店自体が成り立たなかったといっても言い過ぎではない日田重太郎氏。
    私財の投げ打ってまでも国岡鐵造の心意気、姿勢に信を置き、に融資(というより増資?)を繰り返した彼は忘れられない存在である。

    経済人の自伝としての内容でありながらも、「永遠の0」とのストーリー交差があったり、故あって別れた前妻がなくなった時の心の揺れなど、小説としても引きつけられる箇所が随所に見られる。
    翻ってみて、今現代にこれだけの気概、覚悟を持って企業を経営している経営者がいるだろうか。
    自身の処し方も考えさせられてしまう意味でも、一級の経営書としても読めると思う。
    一読の価値あり。

  • 私が入社したばかりのとき、部下が動いて上司が責任をとるのが社会だと思っていた。しかし今、平気で部下を売る上司を良く見かける。とても悲しい。人の上に立つ人にはこの本を読んでもらいたい。クニオカを見習ってもらいたい。日本人の心を持ってもらいたい。人情味溢れる男、格好よすぎる。こんな仕事人について行きたい、私もなりたい。

  • 出光興産の創始者の一生。

    こんな人がいたから、今の日本は存在しているのだと思った!
    本当に感動。

    今の世の中を生きているすべてのオトコに読んで欲しい本です。
    もちろん、オンナの私が読んでもとても面白かったし、なんとなく生きないで精いっぱい自分の出来ることをやろうと思えた一冊でした。

    本当に読んで良かった!

  • 国岡鐵造こと出光佐三の生涯を描いた歴史小説。ほぼ実録と言えるのではないか。すごい日本人がいた。何度も泣けた。 勇気が出た。背筋が伸びた。2013の本屋大賞。百田尚樹氏の作品を読むことが初めてだった。文章が凄いのでなく、題材、その人が凄いのではないか。そう思えた事が作者の凄さ?

    出光佐三氏の遺稿は読んでみようと思います。美術館にも行きたい。考えてみれば所詮は全て人がすること。人間尊重の経営、あり得るのかもしれない。逆に他に何があるのか。

    『道徳とモラルは完全に違う』出光興産 の中古本がAmazonで 35,000で出品されていた。ご本人が知ったら怒るだろう。暫くは値段も下がるまい。ずっと高値が維持される日本人ならそれも素晴らしい。日本人としてのアイデンティティに拘泥しなくても良いのではないか?と考えたりしていた今日この頃。自信と誇りを失わないことが大切で、拠り所にこだわる必要がないと、逆に思えた。

    この本で中東史を考える座標軸を得た自分の不勉強も恥じる。

  • 日章丸派遣までの段取りを記述したところが詳しくて面白かった。外貨準備から、保険をかけるところまで、大きな事業には他業種もたくさん関わってくることがよくわかった。

    自分が正義だと思ったことを何がなんでも貫くのは、一歩間違えると悲劇なのでは、とも感じたが、どんな反対にあっても妥協しない国岡の姿勢は偉大だ。

  • 「永遠のゼロ」で涙は枯れたはずだったのに。
    人間とは こうあるべき....と云う事を思い知らされた一冊。

    国岡が石油屋ではなく呉服屋だったら...とか考えたりもした。
    座右の書にしたいと思う。

  • 「永遠のゼロ」がそこそこ面白かったので、話題ついでに読んだ本。伝記は、小学校時代に45分の図書の時間で1冊読み終わるので、エジソンとかリンカーンとか読んだが、本書も殆どそんな感じで読むことになって。直前に読んだ、奥泉の長文のせいか、本書のプロジェクトX調の「**だったからだ。」の連続には、殆ど途中で辟易したが、「伝記」には成功しか書かれていない(正確には成功につながる失敗も書かれているが、本書では失敗期間が殆ど数行で盛り返してしまうので、結果として成功談しか印象に残らない)ので、殆ど漫画のストーリーを追うのと同じ感じで、ようやく最後まで読み終わりました。
     はっきり言って、これは「文学」ではなくて、テレビドラマのシナリオって感じです。
     口直しに、もう少し文章の美しさとか、巧妙さを楽しめる本を読みたいと思う今日この頃です。

  • いくつかのエピソードからでも出光さんご本人は実際に豪胆な興味深い人物だったんじゃないかなというのは伝わるんで、作者さんの題材選びのセンスは素晴しいんだと思うんです。

    でもあまりにも各登場人物の描写が浅いというかワンパターンな上ものすごい自己都合解釈も散見され、ノンフィクションではない、小説として読んですら嘘くさく感じてしまいました。

    以下はほんの一例
    ・出てくる数少ない女性像がものすごく類型的。こんな“都合のいい女”ばっかり描かれても…
    ・普通にブラック企業なのに“喜んでご奉仕する従業員像”乱発で殆ど新興宗教。戦後の日本の高度成長がそのような精神論に支えられた一面は否めないとはいえ、描写が極端すぎる。
    ・「驚いた」「感動した」「苦悩した」といった言葉を裏付けるしっかりとした心理描写が殆どないので、全然リアリティーがない。 

  • さすが百田尚樹さん 素晴しい本ですね! 感動しました。人間尊重 人材が宝であることの考え方が、国岡鐵造の信念であり、それを貫き通す生き方は胸を打ちました。すばらしい生き方が、人に感動を与え、それが波紋となって次から次へと様々な難関を乗り越えていく。石油をめぐる世界の戦略に立ち向かう国岡鐵造すばらしい。イランの立場も本を通してよくわかりました。

全1010件中 1 - 25件を表示

海賊とよばれた男 下に関連するまとめ

海賊とよばれた男 下を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

海賊とよばれた男 下を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

海賊とよばれた男 下を本棚に「積読」で登録しているひと

海賊とよばれた男 下の作品紹介

敵は七人の魔女、待ち構えるのは英国海軍。敗戦後、日本の石油エネルギーを牛耳ったのは、巨大国際石油資本・メジャーたちだった。日系石油会社はつぎつぎとメジャーに蹂躙される。一方、世界一の埋蔵量を誇る油田をメジャーのひとつアングロ・イラニアン社(現BP)に支配されていたイランは、国有化を宣言したため、国際的に孤立し、経済封鎖で追いつめられる。英国海軍が警戒する海を、一隻の日本のタンカーがイランに向けて航行していた――。
「日章丸事件」に材をとった、圧倒的感動の歴史経済小説、ここに完結。

海賊とよばれた男 下の文庫

ツイートする