水原希子×蜷川実花 girl

  • 94人登録
  • 3.76評価
    • (6)
    • (9)
    • (8)
    • (2)
    • (0)
  • 11レビュー
  • 講談社 (2012年4月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (108ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062176644

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヤマシタ トモコ
中村 明日美子
蜷川 実花
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

水原希子×蜷川実花 girlの感想・レビュー・書評

  • どこまでも可能性を感じる写真たち

    表情×写真でここまで変わるのかと、惚れ惚れします。

  • 大好きな希子ちゃん!

    でも薄っ!って感じでしたコレ

  • キコちゃんは私生活はともかく、モデルとしては超一流だと思います。「褒められることが多いから、自分が厳しくないといけない」みたいなことを昔番組で言ってて、モデルという仕事をするプロなんだと改めて思いました。

  • 前からほしいほしいと思ってた1冊。
    もーほんととにかく可愛い!
    可愛いし色っぽいし、でもいやらしくない。
    女性として憧れの存在です☆
    こんなにキュートって言葉が似合う人はいないかも。
    ニナミカさんの色も加わって、ほんと素敵な写真集です。
    危うげな感じがまたたまらない♪

  • 髪染めないモデルはなんかすごい応援したくなる…。逆らってるなーって(笑)
    今じゃむしろ髪染めることが当たり前すぎて、逆に、黒髪って新鮮だ。

    蜷川さんが水原さんを撮った写真集。
    世間体の求める“かわいい”とか“おしゃれ”といった感覚から脱線して、それとは違う場所をオートヴァイでヴぁああああーって走って行ってしまうようなアウトロー感が蜷川さんと水原さんにはあるんですよね…
    男性からよりも、女性からの支持が厚いのも、なんとなくうなづける。強い女に見えるし…それが若い女の子たちからの支持を集める。でも、僕から言わせてもらえば、男なんて杖でもない!よりかからなくたって自分の二本足で立って、人生を創り出すんだよ!みたいな感じが、男のほうから見ても凄いかっこよく見える。
    それはなんというか、清純さと猥雑さが表裏一体で入れ替わるような感じなのかもしれず、それがこの写真集の前と後ろのページを切り分けるひとつの雰囲気のようなものとして作用しているのではないかなと僕は思う。

  • 水原希子の生意気そうな顔が大好き!

  • やんちゃで暴れん坊で繊細。
    媚びてなくて、品がいい。

    同じ顔と体なのに、写真によって、世界観によって、表現力が巧み!
    いま、気になるモデルさん。
    しゃべくりで見た時の神々しい肌艶が忘れられない。

  • 希子ちゃん美しすぎわろた

  • かわいいというより、綺麗。後半からの雰囲気がまた前半と違って素敵でした

  • 可もなく不可もなく(..;)

    蜷川実花の写真はもうちょっとお腹イッパイになってきちゃいましたね。

    希子ちゃん×蜷川実花はベストマッチで人気があるようだけど、今回のメインの撮影地グアムと希子がミスマッチな気がしました。
    というか、全体的に暗いというか、ビビッドな色合いでありながら何となく暗い感じは蜷川実花の特長かと思うけれど、うーんうーんうーん、言葉に出来ないこの違和感。単にもうファンじゃなくなったということなのか…。

    先日見たアラーキーの水原希子がすごくよかったので(2010年に撮影されたものらしい)、やっぱり私の目が変わっちゃったってことなんだろうな。

    それでも評価は★3(5点満点中)は、この色彩の世界はやっぱり好きだよねってことで。

全11件中 1 - 11件を表示

水原希子×蜷川実花 girlを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

水原希子×蜷川実花 girlを本棚に「積読」で登録しているひと

水原希子×蜷川実花 girlの作品紹介

まるで羽化したばかりの蝶だけが放つ一瞬のきらめき-。おろしたてのからだに、危うさとエロさと媚びない強さを秘めたモデル・水原希子。その魅力を写真家・蜷川実花が瞬きひとつまで見逃さずに収めた珠玉の写真集。

水原希子×蜷川実花 girlはこんな本です

ツイートする