最果てアーケード

  • 1453人登録
  • 3.74評価
    • (103)
    • (249)
    • (188)
    • (31)
    • (0)
  • 254レビュー
著者 : 小川洋子
  • 講談社 (2012年6月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (226ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062176712

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

最果てアーケードの感想・レビュー・書評

  • 想像以上に悲しい物語でした。

    世界で一番小さなアーケードの大家さんの娘が語り手となり、そこに集まる一風変わったお客さんと店主の物語を綴った連作短編集。
    どの短編も現実と非現実を行き交うような不思議さと死の訪れと深い愛情が混じり合って、引き込まれていました。
    例えばレース屋さんに通う元衣装係、百科事典をこよなく愛するRちゃん(と紳士)、実在するかわからないうさぎのラビトの話をする夫人、ドーナツ屋の恋、紙屋とレース屋の姉弟のお話、ドアノブの向こう側の窪み、遺髪でレースを編む女などなど。思わず読みたくなるような設定のオンパレード。
    徐々に語り手である「わたし」の孤独と結びつく結末に、静かな涙が流れました。

    謎に満ちた酒井駒子さんの装画も雰囲気にマッチしています。

  • ここは、世界でいちばん小さなアーケード――。
    愛するものを失った人々が、想い出を買いにくる。
    小川洋子が贈る、切なくも美しい記憶のかけらの物語

    天井は低く、奥行きは限られ、ショーウインドーは箱庭ほどのスペースしかない。そのささやかさに相応しい品々が、ここでは取り扱われている。使用済みの絵葉書、義眼、徽章、発条(バネ)、玩具の楽器、人形専用の帽子、ドアノブ、化石……。どれもこれも窪みにはまったまま身動きが取れなくなり、じっと息を殺しているような品物たちばかりだ。――<本文より>

  • アーケードの配達係をする「私」の目線で描かれている所が面白かった。自分が「私」になったつもりで入り込んで読んだ。静かなアーケードに、ひっそりと佇む店と店主達は、個性的でマニアック。不思議なアーケードだけど、店主達の物に対する思いや温かさが伝わってきて、じんわりと心に響く物語だった。とても素敵なだった。

  • ひさしぶりに読み終えたあとなにもできなくなってしまった。「この世界は「し」で始まるものごとが一番多い」。つまりはそういうことなのでしょう。ひとつめの話を読んだ時点でひたひたと痛みの予感が押し寄せてくるのに次の話に進まざるを得ない。赤いレースが儚い。
    登場人物の誰もが職業や役割による呼び名だったりそっけのないイニシャルだったりする中で飼い犬のべべだけが名前らしい名前を持っている。始めはひっそりと、後半は明確につきまとう死の香りが居心地悪いようで落ち着くようで困惑してしまう。きっと死生観をはっきり持った書き手なのだと思う(たいへん私的で申し訳ないのだけれど、ひとりっこでずいぶん早くに父を亡くしている身としては初めて読む小川作品がこれというのは何の因果だ、みたいな気持ちで、正直しんどくなりながらも夢中になって読み終えた。息苦しさを感じたけれど、同時にこれは悲劇ではないのだという説得力もあった)。
    とても緻密に、丁寧に積み立てられた連作短編なので、素直に読んでいけば物語の全貌を予測することはできるだろう。レース屋の話で幕を開け、アーケードの中の世界がすこしずつ見えてきて、終盤で再び舞台がレース屋に戻ったところではじめて核心に触れる構成は規則を感じさせるようでうつくしい。
    レースの模様、ドーナツの穴、ドアノブの向こうの暗がり。そこには不在が不在として存在していて、「世界の窪み」であるアーケードに包まれている。「し」で始まるものごとが一番多い。死は終わりなんかではなくて、誰かが欠けたそのあとも世界は平気な顔で続いていく。なにもなくなるわけじゃない。
    こういうしんとした小説には見合わないものすごく乱暴なまとめかたをしてしまうと、「もの」は死なないのだ。だから髪で編まれたレースは生と切り離されて飾られるのだし、新鮮なトマトは潰れてもおいしいし、誰かの書いた絵葉書は残るし、百科事典にはRちゃんとお父さんの痕跡が刻まれている。
    こんなにも饒舌に詳細に小さなものを慈しみながら小説を書けるひとだから、小川さんは死と生なんて軽々と飛び越えてしまうのかもしれない、と思った。なつかしいような、さびしいような、だけど居心地のいい、読んでいて無性に泣きたくなるような小説だった。題名にそっと添えられたレースがすてき。

  • 吉田篤弘さんの小説っぽいなあ、と思いながら読んでいたけど違う。
    それよりもっと寂しい感じ。
    酒井駒子さんの絵が素敵で、合っていると思う。

  • まるで、この世とあの世の境目にあるような小さなアーケード。
    レース屋、義眼屋、ドアノブ屋、輪っか屋(・・・という名のドーナツ屋さん)
    時間から置き去りにされたような商店街には
    どこのお店にも大切な思いの詰まった品物が並んでいます。

    失ってしまった大切な時間を探し求めるように
    このアーケードにやってくるお客さん、
    このアーケードに住み、商品の配達係をして暮らす少女、
    それぞれの登場人物たちが抱える淋しさや思い出が
    ホロリホロリと、ページをめくるたびにこぼれ落ちてくるようでした。

    本当の幸せは周りからは決して見えない、
    その人の心の中にだけあるのだということを
    改めて感じる物語でした。

  • 世界の窪みの様なアケードとは呼べるのか
    分からないほど小さい
    アーケードの大家の娘の
    「私」と愛犬ベベとのアーケードに様々な店を構えている
    店主とお客。

    どのお店も並んでいる商品は、多くの人の目には
    不必要モノや誰が買うのだろうかと思われるような
    商品が並んでいる。
    そこに訪れる客はふらりと訪れ、思い思いの品を手に取り
    帰っていく。 

    「死」が隠れたテーマのせいなのか?
    誰もが、心に寂しさを抱えているようで
    浮遊感の漂う街や人までも、死者の世界に住んでいるように感じる。
    時列系がバラバラでストーリのなかで
    しっかり繋がった時に意味深なモヤモヤが
    パズルのピースのようにハマっていく。
    フワフワした浮遊感のなかに冷たさがあった。

  • 久しぶりの読書。小川さんらしい文章。スーッと世界観に入り込めた。
    少しさみしい感じだけど、時間がゆっくり流れている。心がスーッと静まった。

  • 小川洋子さんの作品は、何処か仄暗くて淋しい空気感がある。それは、陰鬱とは違って、温かさのある哀しい静けさで、誰の胸にもある、心の中の小さな隙間を思わせる。
    独りで居ると自由でホッとするけど、ある瞬間に悲しみが満ちると言うのと、いつも沢山の人に囲まれて賑やかだけど、誰にも気持ちを分かち合えない冷たい心の澱を抱える事の違いみたいな。
    小川さんの物語はどちらかと言うと前者で、だから私は共感出来るのかなぁと。
    誰にも気付かれない様な、寂れた小さなアーケード、商店街でささやかな店を営むひとたちの、ちょっと変わった物語。語り部に隠された悲しい秘密。不穏な予感を感じながらも、決して虚しさだけでは無い、微かな暖かさ。
    小さな物語が、胸に降りてくる。

  • アーケードに集う風変わりなお店と店主たち。短いお話の端々には死が漂っているのだけど、それと寄り添うことによって独特の世界観をだしている。
    百科事典にまつわる話が切なかったなぁ。
    最後まで曖昧だったのだけど、
    ひょっとして主人公も死の住人であったのか。
    愛犬とともに振り返るアーケード。
    素敵なお話でした。

  • 寂しいけれど、温かい。読者の気持ちに寄り添ってくれる本。

  • 最果てのアーケードの家主の娘の話。時系列をゆったり生き来しながら、だんだん、あれ?となってくる。
    話の作りもそうだけど、古ぼけたステンドグラスが映し出す光の美しさ、とか、蘇鉄の花の怖さとか、小川洋子の繊細な感性にはため息もの。この作家、好きです。

  • ちょうど最近、生き方について考え直していて、ささやかな毎日や同じことを繰り返す仕事を、じゅうぶんな価値のあるものとして捉えられるようにならなくてはな、と考えていた。
    それをこの本の中の人々や物語が少し助けてくれた気がします。
    一抹の悲しさを含んだ物語であるけれども、それもまた生きるということなのだと思う。

  • 小川さんの世界です。
    静かな文章で小川わーるどに引き込まれていきますね。

    アーケードの中のちょっと不思議なお店らをモチーフに≪死≫にまつわるお話が・・・。

    装丁の絵すてきです。

    遺髪レースなんて本当にあるのかと思ってしまいました。

  • 小川洋子には酒井駒子の絵がよく合いますね。
    こないだの本の言ったように、部屋の奥からひんやりとしたお花のにおいがしてくるような、私としてはカサブランカとか、主張する花を想像してるのだけれど、小川洋子はそんな、ひんやりとやさしいところが好き。

  • そこだけがポツンと取り残されたようなアーケード。
    誰かが使ったレースだけを扱うレース屋さん、義眼屋さん
    ノブ屋さん、輪っか屋(ドーナツ)さんなど、ちょっと不思議なお店が並んでいる。
    お客さんもそれぞれ個性的で、現実世界とは少しだけ違うところに住んでいる人たちというイメージ。
    小川洋子さんのこの世界が、酒井駒子さんの絵ととても合っていて素敵。
    不思議なのに不思議すぎない感じが良かった。

  • 優しい話し。この世界が好きな人には良いんだろうけど、入っていけなかった。
    2015.5.26

  • 凄く小川洋子らしい小説。世界で一番小さなアーケード。ひっそりとしていて、そこにある店はどれも少し変わったものばかり。『沈黙博物館』の展示物がお店で売られてるみたいだな、とおもった。酒井駒子さんの 装画も世界観にマッチしている。静謐で幻想的なこの感じが結構好き。2013/061

  • 漫画を読んだすぐ後だったので、もう一度ゆっくり時間を置いて読み直したい。

    窓ガラスから差し込む光が、埃を照らしてキラキラしているような、切ない美しさが積もった話だった。どんなものにも、これまでの道のりがあるんだなぁとしみじみ感じる。商品が声を潜めて息づいている中を、ひとつひとつ辿って行くようだった。

  • こないだプレゼントとしてもらった小説。

    不思議なアーケード街の物語。
    レース屋さん、勲章屋さん、義眼屋さん、ドアノブ屋さん、輪っか屋(ドーナツ屋)さんetc
    寂れた最果てのアーケードに、何かを喪った人々が、必要なものを買い求めに現れる。
    主人公の“少女”の視点で物語は進んでいく。傍らにはいつも犬の“ベベ”を連れて。

    形式としては短編の連作というつくりなのだけど、時系列が行ったり来たりするところが少し謎解き風でもあって、最終章を読んだときにすとんと腑に落ちた。
    そして酒井駒子さんの絵が大好きな身としては、表紙を見ただけでテンションがあがった(笑)
    この表紙の意味も、読んでいけばわかる。

    少女、アーケードの人々、客として訪れる人々、すべての人たちに孤独が流れているような雰囲気。ファンタジックで物悲しい。
    読み終えて、私が買いに行きたいものってなんだろう、としばし考えた。
    過去に戻れないことはわかってるし戻りたい願望もそんなにないけれど、「これをし忘れてしまった」と思うことはいくつかあって、欲しいのはきっと、それにまつわる何か。

    心にぽっかり空いた穴を埋めるために、人々は最果てアーケードを目指す。
    この世のどこかにありそうな気がしてしまう、不思議な物語でした。

  • タイトルに惹かれて読みました。
    連作短編(?)1話づつゆっくり読んでよかった。

  • 静かに時が流れていく不思議な世界がとても好き。

  •  死に行くもののイリュージョン。とても優しく真摯な人々と美しく丁寧な人々の仕事ぶり。不思議なお店を営む天使たちと若い娘の守護天使のお話。著者らしく、透明感のある文章に魅了される。

  • 不思議な扉の本を開くと、そこは、小さなアーケードのお店が、醸し出す不思議な世界であった。

    注文の無いのに作り続ける衣装係さんから始まって、読書休憩室の百科事典を読む少女、義眼屋さんに現れる兎夫人、一種類だけのドーナツを売っている輪っか屋さん、使用済の絵葉書き置いてある紙店シスター、長老のいるドアノブ専門店、未亡人の勲章のお店、遺髪レースを編む編み師さん、等の静かに時を刻むように、過ぎて行く不思議な品物と、それを取り巻く人々、、、
    なんか、じっくりと、読まないと、理解に悩む小説であった。

    一つ 気になったのが、65ページの「婚約者と言う言葉の響きが、私は気に入っていた。恋人、ほどうかれた感じがなく、奥さん、のように凡庸でもなく、何処か上品で、、、、、」と、書かれているが、この『凡庸』とは、平凡でとりえが無い事の意味である。
    私も、昔、普通で、平凡の事と、意味を解釈していたが、、、良い意味で、使われない言葉だそうだ。
    と、すると、作者も、平凡という意味で解釈しているのではないだろうか?

  • 世界で一番小さなアーケードで生まれ育った私を取り巻く人々のお話。誰に着てもらう予定もない服を作り続ける衣装係さん、亡くなった娘が大好きだった百科事典を鉛筆で写し続けるお父さん、ラビトの義眼を求める兎夫人、丁寧に遺髪を編み込む遺髪レース屋さん、届かなかった絵葉書を大切に扱う紙店シスター、映画館で亡くなった私の父、動かなくなった時計…。死者の魂の欠片がアーケード中にひっそりと漂っているかのような、それでいて優しい雰囲気のお話でした。

全254件中 1 - 25件を表示

最果てアーケードを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

最果てアーケードを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

最果てアーケードの作品紹介

ここは、世界でいちばん小さなアーケード――。
愛するものを失った人々が、想い出を買いにくる。
小川洋子が贈る、切なくも美しい記憶のかけらの物語

※本書は、「BE・LOVE」連載コミック「最果てアーケード」の原作として書き下ろされたものです。

最果てアーケードのKindle版

ツイートする