やりたいことは二度寝だけ

  • 812人登録
  • 3.40評価
    • (33)
    • (82)
    • (126)
    • (19)
    • (10)
  • 122レビュー
著者 : 津村記久子
  • 講談社 (2012年6月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (266ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062177054

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
有川 浩
湊 かなえ
津村 記久子
有効な右矢印 無効な右矢印

やりたいことは二度寝だけの感想・レビュー・書評

  • もっと二度寝に関することがかかれているのかと思っていた。
    (いつもながら単純)
    最後で少しでてきただけで、ああやっと(でてきた)と思ったら
    さっと終わってしまった。
    けれどいいタイトルだと思う。
    けだるいような、潔いようなわからなさが好きだ。

    共感した分はいろいろあれど
    マスキングテープのところで「!!」となった。
    「貼って剥がせる」ということは便利である。
    わたしは附箋も好きだ。(津村さんはふれていないけれど)
    ついでにいうとステッカーも好きだ。(はりっぱなしだけど)

    津村さんはマスキングテープを使うまえは
    ドラフティングテープをお使いだったとか。
    いまはブームのおかげで次から次へと新しいのがでる。
    数えるのがこわいほどたくさんお持ちらしい。
    (わたしは数えられます)
    かわいくて役立って見るといい気分という雑貨は素晴らしいと思う。

  • 津村記久子さんのエッセイ集。

    読んだ小説があまりにもツボにはまってしまったので、ついついエッセイにまで手を伸ばしてしまいました。
    案の定というか、予想通りというか、小ネタを仕入れるとか雑学の知識を得るとかいうようなものではないけれど、小説と同じような独特の気怠いゆるさがあって、なかなか味わい深いエッセイでした。
    津村さんというのは、やはりこういう人柄なんだろうな、というのがよく分かります。
    「生まれてきてすみません」はたまた「生きていてすみません」或いは「こんな私が芥川賞など受賞して申し訳ない」みたいな自虐的雰囲気がそこかしこに表れていて、こんな腰の低い人がいるのかなあ、と心配になります。
    思えば、彼女の作品の主人公も、いつも自分に自信がなく、何か行動を起こそうとすると逡巡するような人ばかり(まだ三作しか読んでいませんが)
    その葛藤の仕方、考え、発想がちょっと呆けていて面白いのです。
    関西人独特のユーモアセンスも至る所で活かされているし。

    津村さんの小説の書き方のヒントが、膨大な裏紙にしたためたメモにあるというのも、発見できました。
    今後も彼女の作品は欠かさず読んでいくつもりなのであります。

  • 小説ではなく、エッセイだった。そして、この、いや実際そうだとしてもこんなはっきり言っていいのか、というようなタイトルとやたら地味な装丁に、けっこうわたしは驚いていたんだけど、ものすごくおもしろかった、よかった、津村さん大好きだ。

    いろいろな話に、本当にすごく笑えた、こういうのこそわたしにとっては「爆笑エッセイ」だなと思った。さらに、しみじみもしたし、心慰められもしたし、元気もでた。
    わたしは昆虫や蝶なんてひとかけらも興味がないけれど、それなのに津村さんの蝶の話に引き込まれ、感動すらした。文章のなせるわざだと思う。

    今まで津村さんの小説をいろいろ読んできた者にとっては、あーほんとにポトスライム育ててるんだ、とか、お茶が好きなんだ、とかわかるのが楽しかったり、津村さんの心の持ちようや気分が、ああ小説の主人公に似ているとか思ってうれしかったり。意外と、ご自身が投影されているみたいだなーと思ったり。

    個人的には、悲観的でいつも最悪の状況を考えてしまうようなところに共感して、それでもいいのかも、とほっとした。
    なんだろう、地味な毎日を地味なままこつこつと生きていこう、というような気持ちにさせられし、もう、この本をつねにそばに置いて繰り返し読みたいと思った。

    読み終わったら、地味な装丁(失礼)の津村さんのぼーとした似顔絵が本当にかわいらしく思えてきて、たいへん気にいったのだった。

  • 津村記久子さんの本を初めて読んだ。初めて読んだのがこのエッセイで非常に親近感が湧いた。普段は会社にお勤めだそうで、通勤途中にすれ違ってるのではないかと思うくらい自分と行動範囲が似ている気がする。まさにデパ地下のケーキではなく、スーパーで二百円以下で買えるお菓子的な身近さ。
    これは是非、小説も読んでみたい。

  • ここのところ、せっせと津村さんの小説を読んでいるのだけど、(*^_^*)
    初めてのエッセイ。

    そっか、津村さんは芥川賞を取られた後、
    今でも小説に出てくるようなLO生活を送っているのですね。(*^_^*)
    津村さんという人は、私にとってはいい意味でとうの立った女の子代表、なんですよ。

    実家暮らしでもちろん独身、仕事でイヤな思いをすることもあるし、こんな時代だからお給料だって労働や学歴に見合ったものをもらっているとはいい難い。でも、狭い範囲ながら友達はいるし、妙に好きでたまらないもの、もあったりする。

    そんなに多くは望まずに、「わたしごときが」という思いを常に胸に抱く津村さん。
    夜の9時くらいに一度寝て、1時すぎとかに起き出し小説を書く。しばらく書いたらまた寝て、次の日は会社に普通に行く、という日々なのだけど、きっとこんな日常が彼女にとっては自然体で気持ちがいい、っていうことなんでしょうね。

    このエッセイについて、
    「何も残らないし、ひたすらに地味で意味もないけど、読んでいる間少し楽になった、と感じていただければこれ幸いである。」というあとがき。

    クスッと笑って、うんうん、わかるよ、とか、う~~ん、ちょっとその偏愛ぶりって公にするのは恥ずかしくない?とか、そうですね、確かに楽になりましたよ。(*^_^*)

    津村さんの小説に出てくる女性社員の全てが津村さんをモデルにしている、とは思わないけど、ちょっと前のめりで危うい感じがするところはやっぱりご本人が出ちゃうんだろうな、と。


    テレビの星占いでひどい結果が出た時には、会社の同僚に

    私がいやな奴になったら運勢のせいだと思ってください、明日からはまたまともな人間に戻ります、と牽制する津村さん。
    そして、同じ星座の中田英寿のことを思い出し、遠い空の下で今ころヒデも困っているのだろう、と“迷惑な共感”を。


    津村さんはいつも一所懸命で、ウケをねらっての文章ではないのがよくわかる。
    きっとみんなホントのことなんだろう、と思いつつ、少しでも楽に生きれるといいですね、といたわりたくなってしまうのが可笑しいです。

  • まず何よりもタイトルが好き。
    冬の朝はまさにこんな状態になる。
    そんな日も近いなぁと思いながら読み始めた。

    妖精の話とノートの話がとても面白かった。
    私もたくさんの妖精に出会っていたんだなぁ‥。
    妖精だったのかと思えば、あの人のこともその人のことも、くよくよ気にすることなく眺められる気がする。
    自分だったらどうかなんて思考で相手のことを考えることが間違っていたのだ。
    妖精界ではこういうものなのだと覚えるところから始めなければいけなかったんだ。
    そして私も誰かにとっては妖精のように不可解な存在なんだろうなぁ。

    ノートの話に共感したり、ドラクエの話を羨ましく思ったりしながら読み進むにつれて、だんだんあることが気になってきた。
    二度寝の話はどこだ?
    目次を見て二度寝の話がないような‥と心配していたのだけど、まさか没にされていたとは…。
    ショックです。
    津村さん、私、二度寝について読みたかったです‥。

  • 昔から「そんなこと追求してどーする」というようなどうでもいいことに対して、探求心を発揮する人間であった。そんな、地味でマイナー志向な私にとって、待望の津村さんのエッセイは、共感するところありまくりだった。もう、可能ならば友達になりたい!!と思ってしまうほど。
    全体的にしょぼいエピソード満載で、そのしょぼさが万人受けするかっつーとどうだかなぁとも思うのだが(それゆえ星4つ)私としては超ストライク。それ、私でもそんな選択するわ、私でもそんなトホホな結果になってしまうわ、のオンパレードで、読んでいて何度噴いたことか。
    特に、幼い頃大好きだったけどどこか謎であった「あぶくたったにえたった」「まぶたのパチパチ」について言及してくれたことがとても嬉しい。
    いわゆる「ちょっといい話」的エピソードも、津村さんの手にかかるとベタなテイストじゃなく、ユーモラスに描かれるものだから、一般的なそれよりも全然心に響く。(私にはね。)
    そんな日々の地味さ、しょうもなさを存分に生かした新作、楽しみにしています♪

  • ミシン目カッターがほしくなった笑

    ノートや買ったメモ帳はもったいなくてコレクションと化してしまうけれど、裏紙ならのびのび書ける。
    そうなんだよー、私もだよー、と心の中で賛成の意を唱えてしまう。

    あとがきにある、この本が「デパ地下のケーキではなく、スーパーで二百円以下で買えるお菓子」だといいなぁという表現が好き。日常の当たり前の存在、目立たない部分にあっていいのだというこのゆるい感じに癒されるなぁ。

  • タイトルの通りゆるいエッセイ。
    ノートが好きで集めてもミスコピーの裏紙を使ってしまったり、ハーブがたくさんあってももったいなくてお風呂に使えなかったり可愛らしい。
    小説も読んでみようと思った。

  • 同世代の作者の、ネガティブかつ地に足のついた暮らしぶりが面白かった。
    会社員と、二足のわらじなんですね。
    ドラクエにハマったり、ノートやマステ集めが好きだったり、わかるー!!!と共感することしきり。
    こうゆう同僚がいたら気が合いそうだと思った。

    ポトスライム以来のファンだが、これからも動向を見守りたい。

  • お仕事小説や地元小説をたくさん書いている津村記久子さんのエッセイ。予想した以上の平凡さ。でもちょっと変な人ー、という感想を持った。
    小説のイメージを全く裏切らない人となりのようだ。
    前から思ってたんだけど、日中普通に働いて、帰ってきてから4時間寝て2時間書いてまた寝るとかすごい生活だよなあ。
    過労死したりしないのかな。なまけもんの私がこんな生活になったら早々にぶっ倒れてしまいそうだ。

  • 自分と考え(方)が近いかな、と思える著者と出会えると嬉しくなる。この著者はそうだった。マツコ・デラックス以来かも!(笑)
    エッセイはそういう事を感じながら読めるから、大好きだ。
    エッセイだけでなく、他の著作も読んでみたい。

  • 津村氏の初エッセイ本。新聞、文芸雑誌などに書かれたモノを纏めて単行本化。
    たくさん書いていらっしゃったのですね。知らなかった。
    日経新聞夕刊の連載のやつとかその当時に読みたかったな。

    人ってもっと、好きなことやモノについて掘り下げて考えてもいいんだ、などと思った。(たぶんいいんだ、と決めた)

    4つにカテゴリー分けされた67本のエッセイは、親近感が湧いてクスクス笑ったり、津村氏が持つ問題意識の片鱗などを垣間見たりするモノもあるんだけれど、だけれど、だけれども……!

    小説の方が面白い!です。

    (津村氏に対して失礼する気は限りなく皆無!なので心苦しい感想)

  • 「またみなさんを幸福か不幸か勝手にジャッジして、口出しをしてくる不埒な人が現れたら、でも世の中にはこんなに、どっちでもないことばかり考えている人がいる、とこの本を見せてください。相手を『のれんに腕押し』という気分にさせる手助けができると思います」。以上、あとがきより抜粋。

    いよいよ、30代までのカウントダウンが始まった。わたしは、年上の女の人が書いたエッセイが好きだ。なんで好きなんだろうと考えてみた。たぶん、おそらくは、未来からの助言がほしいからだ。3つ年上の人から、話を聞きたい。聞いて安心したい、頑張りたい、間違ってるなら軌道修正したい。そういう、ある種の縋るような想いが強い。

    私事になるが、わたしは悩みを極力、女友達に話さない。学生時代は、悩みができるたび、大量の本を貪り読んでいた。共感より、解決を求める人間だからだと思う。

    詳しくは本書を読んでほしいが、いつか「からあげ王子」のような存在になりたいと作者は言っていた。味方がいないとき、出口が見えないとき、へらへらした振りをしてるとき。もう一度、このエッセイを読みたいと思う。

  • へらっと笑えるエッセイ。一編は2〜5ページだが、4年分は多すぎる。
    ぬるめのスープに、ゴロッとしたじゃがいも、やわらかい玉ねぎに、たまにピリッとするコショウという感じ。
    「美味しいんだけど、量が多いかな…あ、この食感はイケる、いやでもやっぱりぬるいし…」と逡巡してたら食べ終わった気分。

    テーマごとに三部に分けられてるのはいいとして、その中で時系列ではないことが少し残念。
    年齢に触れている文章も、31歳→32歳→31歳など 「あれっ?」となるときがある。
    特に問題はないのだけれど気になった。

  • 俺にとっては、純文学といわれる小説のハードルって結構高さがあって、純文学作家が書いた随筆ってのは、さらに一段ハードルがあがるような気がして、よほどじゃないと手に取らない。芥川賞受賞作家で手に取ろうと思うのはせいぜい花村萬月ぐらいかな

    っと思ってたんだけど、津村さんが芥川賞作家だということをすっかり失念して、普通に読んでしまったこの本。ドラクエ偏愛とか友人Yさんのこととか古紙利用の手作りノートとか、いれんでエエとこに力みが入るのに全体に漂う脱力感がいい。純文学どころか濁文学やでこれ、それも毒にも薬にもならんもんで濁らせてあるから胃にも心にも優しい。

    一番身近にいそうな気がする芥川賞作家、津村記久子。大阪在住、疲れた時は天神橋筋商店街を放浪して癒されるっちゅうねんから、リアルに身近なんや。気がつかないだけで十八番あたりで隣り合ってワンコインランチとか食ってるんかも知れんなぁ

  • エッセイでもやっぱり大好き、津村さん。
    使ってみたいが使いにくい言葉に見る言葉へのこだわり、必要以上に感情過多になることを避けるのが、作品を通して感じる快い温度なのだと思う。
    星占いで最下位が多い気がするみずがめ座のことも、とっても同意。
    わりと論理的で筋道を通して考えるほうだと思うのに、星占いを見過ごすことができない、特定の信心は持たないのに神社めぐりとかしてしまう。

    そういう自分と似ているところを文章に見つけて、にやにやと嬉しくなってしまうのでした。

  • 津村記久子の初エッセイ。
    劇的に上手なわけではないけど、津村さんらしい平熱で書かれているのが面白い。

    私が津村記久子の本に出会ったのは「ミュージック・ブレス・ユー!」を図書館でたまたま借りたのがきっかけだけど、出会うべくして出会った作家な気がした。

  • 新聞や雑誌に載せたエッセイをまとめたもの。「これがあの小説になったのか」と読んだ人には元がわかってうれしい。作品のほうがうんと洗練されているし。

    「まともな家の子どもはいない」「とにかくうちに帰ります」「やりたいことは二度寝だけ」実にじつにキャッチーな題名でいいなぁと思って手に取るのだがこんなに苦労してつけているとは思いませんでした。

    なにげにゆるい挿画だがしかし、表紙を見よ!ヨガかピラティスか、なかなかハードな姿勢を保っておられる。ただ、だらだらしているわけではないのだ。

  • 津村さんの日常エッセイ。ふふっと笑えて終始おもしろかった。

    自分もあまり気分の乗らない時は、Web検索をしてしまい、気付くと「えっ、こんな時間…」となるのがしょっちゅうなので、津村さん検索話に共感する。日常のささやかなことを、こういう風に表現できたらいいなと思う。

    スペイン語、文房具、お茶…など、いろんな方面の話があるが、とりわけ自分が共感したのは「小学五年生の時にやったドラクエが最強」説である(そこ?)。そういう意味では私もⅢあたりが最強なんではないかと思う

    私も津村さん風にいえば、ギガデインという名前の呪文を聞いた時に感じた意味のわからない強さや、バラモスと戦う前にぼうけんのしょが消えてしまった時の虚無感や、ラーミアに乗った時の音楽が醸し出す寂しさと高揚感が一体になったような感じや、実はⅠの世界とリンクしていることが明かされた時のミステリ小説のどんでん返しをくらったかのような衝撃を覚えている、といったことになるだろうか… 確かに私の場合も、ドラクエは生活の一部だったのだろう。今は全くゲームをやらなくなってしまったが…

    「梅田」とか出てくると関西に住んでらっしゃるのだなあ、としみじみ思う。普段歩いていてお見かけする日が来るのだろうか。

  • 面白いのだけど、最後まで読み通せず何回かに分けて読む。なんだろう体調?淡々とした事柄についての内容?
    皆の感想を読んで枕言葉のように「芥川賞作家」とあってそうかぁ津村さんって芥川賞作家だったのねといまさらながらに思う。初期の頃の作品をあまり読んでないからであろうか。

  • 分相応な幸福を、一人で維持していくために
    外圧に逆らうために働く。
    29歳が転職のリミット。
    八年くらい前から特に変わってないんだな。

  • 津村記久子さん「やりたいことは二度寝だけ」(2012.6)、タイトルに魅かれて読みましたw。エアコンのある現代に生きる貧しい自分とエアコンのない時代の貴族や豪商では、どちらが快適に過ごしているか?!、会社のトイレの便座に座ってうつらうつら考えていらっしゃるそうです(^-^) 二度寝の話を期待して読み進めましたが・・・。あとがきに、「二度寝について読みたかったのに」という方がいらっしゃたらすみません。とありました。できる方です(^-^)

  • エッセイを読んでいて、ごくたまに「この人とは圧倒的に合わないな」と思うことがあります。(例 益田ミリさん、小川糸さん)
    今回も強くそう思いました。
    やっぱりネガティブな部分が引っかかってしまい、何かを得られるような気分がしないからでしょうか。そういう癒しを求めている人には良いのでしょうが。
    どうも津村さんのエッセイは読みにくいので、今後は小説を楽しみに読みたいと思います。

  • タイトルと表紙の引力の強さ。

    面白いけれど強烈ではなくて、だからこれは、内容を忘れたころに安心してもう一度読むタイプの本。
    こういう本が増えることの喜びはなかなかのものがある。
    冬ごもりの準備にも似た充足感。

全122件中 1 - 25件を表示

やりたいことは二度寝だけを本棚に登録しているひと

やりたいことは二度寝だけを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

やりたいことは二度寝だけを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

やりたいことは二度寝だけの作品紹介

アホでも、地味でも、生きてゆけます。
昼は会社員、夜は小説家。“ハイブリッド・ワーカー”かと思いきや、超・庶民系芥川賞作家による、初のエッセイ集!

「本書のどうでもよさについて、自虐も言い訳もしない。何も残らないし、ひたすら地味で意味も無いけど、読んでる間少しらくになった、と感じていただければこれ幸いである。」(あとがきより)

検索が生きがい。文房具集めとハーブティーで日々を潤し、からあげ王子に想いを馳せ、ドラクエで自分の20年を振り返る……。
ささやかで、ちょっぴりおマヌケな出来事を綴る、“地味面白~い”脱力系エッセイ。

やりたいことは二度寝だけに関連するサイト

ツイートする