ふたつの月の物語

  • 299人登録
  • 3.88評価
    • (24)
    • (52)
    • (24)
    • (5)
    • (1)
  • 61レビュー
著者 : 富安陽子
  • 講談社 (2012年10月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (290ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062178808

ふたつの月の物語の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 奇妙な里子の条件に一致した美月と月明は湖畔に建つ湖月荘へ行くことに。里親の津田さんに迎えられるがふたりを歓迎しているようには見えない。
    津田さんが留守の間に湖月荘を探り開かずの間を発見。開かずの間にあった資料には、昔湖の底に沈んだ弓月村の年中行事や風習、そして不思議な神事について書かれてあった。津田さんはふたりを湖月荘に呼んで何をしようとしているのか…?

    章のタイトルとタイトルの下にある少しずつ満ちていく月の絵が私の心をくすぐる。
    弓月村で昔起こった事、津田さんの過去がわかった時、津田さんのしようとする事が見えてくる。津田さんの選んだ道は正しいものではないかもしれないけど、きっと私も同じ事をすると思う。それは哀しく切ないけどハッピーエンドと思いたい。

    児童書とあり物足りない感じもしたけど、この仄暗く悲しいにおいがする物語は暫く心に残るだろう。

  • 捨て子で、育ての親に先立たれた少女、あかり(月明)と、養護施設で育った美少女・美月。彼女たちは津田節子という老婦人から突然『養子にしたい』と言われ、手始めに夏休みを津田の別荘で過ごすことになる。
    ひと夏を森の中で過ごすことになったあかりと美月は、次第に老婦人の秘密に迫っていく。

    夏の杜というある種独特の閉鎖空間が舞台になっており、その整った舞台に引き込まれた。
    そんな不思議な舞台で、あかりと美月がだんだん仲良くなっていく過程が微笑ましい。
    津田節子が二人の少女を何かの犠牲にするつもりなんじゃないかと気が気じゃなかったんだけど、それどころか、この老婦人は悲しい過去を背負った人物だった。
    最後に彼女が選んだ道が切ない。

    余談だけど、夏という季節はタイムリープと合うよなぁ。何でだろう。ちょっと考えてみるか。

  • おもしろかった。
    謎めいた条件の中、養子候補として見つけ出されたみづきとあかりの二人は、やがて出生の秘密や里親の事情を知ることになる…。
    表紙のイメージからして、ミステリアスで静かなお話になるかと思ったけど、半分外れた。みづきは正にそんな感じの美少女だったけど、あかりは実に普通の子って感じだったので、おっと意外、と思いつつおかげで安心して読み進められた部分も大きかったような気がする。

  • 生き別れのふたごの少女。ふたりに秘められた力。ダムに沈んだ村と、そこにあった秘められた儀式。などなどワクワクする要素がぎゅっと詰まっています。
    ひと昔前の少女まんがを思わせる展開に心を奪われました。なにせ、身寄りのない少女が、謎の富豪の養子候補として別荘に呼ばれるという、いかにも! な幕開けですし。そういう仰々しさは扱いいかんによっては寒々としたものになりますが、この作品ではまず酒井駒子による表紙絵が、その仰々しさを受け止める入り口として作品を盛り立てる役割を担っています。あとは僕がこの手の物語が好きだから、余計に楽しめたというのは大きいでしょうが。
    ファンタジーを土台にホラーで味付けし、SF要素に繋がるエンターテインメントの幕の内弁当的な作品です。本を読むことが面白くなってきた頃合いにオススメしたいですね。

  • 養護施設で育った美月(みづき)と、たった一人の家族だったおじいちゃんを亡くしたばかりの月明(あかり)を、養子にと申し出てきた老婦人がいた。
    老婦人の出した不思議な条件に、二人の出生が合致していたのだ。

    老婦人の湖畔の家で初めて対面した二人は、お互いの持つ不思議な力に戸惑いながら、謎の多い老婦人が二人を選んだ理由を探り出す。

  • “月”に纏わる名前を持つ身寄りの無い二人の少女が、資産家の老婦人の元に引き取られ、そこで解き明かされる奇妙な事実…。児童書だけれど大人も十分に楽しめる、完成度の高いミステリアスなお話で、続きが気になって一気読みでした。

  • 気になっていた本だけど、夏まで待ってました
    ちょうどいい季節 長野や岐阜あたりのダム湖の静かな感じ
    駒子さんの雰囲気がまたあってます
    そう、狼関連でトラクを思いだしました
    あの物語も夏に読んでたんだ

    主人公の二人は、うまく再会できたかな
    節子さんは、悔やんでいたことを反故にできて本当によかった…

  • すごい話だった。全体的に悲しみに覆われているけれど、読み進めずにはいられなかった。
     養護施設で誰にも心を開かずに育った美月(みづき)と、お寺のおじいちゃんに拾われて愛されて育った月明(あかり)。二人で出生の謎を探っていく過程はドキドキした。その秘密は暗くて悲しくて、ちょっと怖そうだったから。
    でも、冷静で聡明なみづきと、明るくて行動的なあかりの対比は楽しい要素だった。
     最後はやっぱり悲しくて、涙が出てしまった。
    みづきとあかりには、湖月荘での記憶は残っているのかな? 残っていて欲しい。せっかく絆が生まれたんだから。

  • 読み始めたところから最後まで「わくわく」して
    読むことができた。
    二人の特殊能力がどのように発揮していくのか、
    二人を集めた老婦人は何を期待しているのか、
    読み進めるたびに引き込まれる感じがした。
    最後はせつない話ではあるが、果たしたいという
    願いが叶い、読み終わったあとにほっとした。

  • 【図書館】富安陽子さんの作品のファンになり、表紙が、酒井駒子さんだったので、手にした。延長→返却→再貸出→で、やっと読了した。切なくて哀しい物語でした。

全61件中 1 - 10件を表示

富安陽子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
中田 永一
三浦 しをん
有川 浩
まはら 三桃
川上 弘美
三浦 しをん
梨木 香歩
乾石 智子
有効な右矢印 無効な右矢印

ふたつの月の物語を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ふたつの月の物語を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ふたつの月の物語の作品紹介

養護施設で育った美月と、育ての親を亡くしたばかりの月明は、中学二年生の夏休み、津田節子という富豪の別荘に、養子候補として招かれる。悲しみのにおいに満ちた別荘で、ふたりは手を取りあい、津田節子の思惑を探っていく。十四年前、ダムの底に沈んだ村、その村で行われていた魂呼びの神事、そして大口真神の存在。さまざまな謎を追ううちに、ふたりは、思いもかけない出生の秘密にたどりつく…。

ツイートする