日本をダメにしたB層の研究

  • 502人登録
  • 2.90評価
    • (11)
    • (44)
    • (69)
    • (36)
    • (24)
  • 80レビュー
著者 : 適菜収
  • 講談社 (2012年10月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062178983

日本をダメにしたB層の研究の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • なかなかつまらない本だった。読み切らなければいけないと思い読んでしまったが、その間他の本を読み進めれば良かったと後悔。次からの教訓としておこう。

  • 今からひどい事を書きます。

    著者がこの本の中で「ネットの中に信憑性を疑うゴミのような情報があふれ、そんなゴミ情報を真実だと思い込んで大騒ぎするのがB層である」と論じています。
    それは、ネット社会だけはありません、既存媒体にも多くのゴミがあり、この本も俺にとってはゴミ同然です。

    どういうゴミか、例えるなら、食えなくなった弁当みたいなものかな。部分部分食えないこともないけど(橋下評とかはうなずける部分もある)、全部食ってしまうと間違いなく体を壊して不快な思いをするという感じです。

    串カツ1本が国家崩壊をもたらすという部分で気分が悪くなりました。

    悪人面をしてる奴は悪いヤツだの、ブスは「生殖の対象にしてはいけない」という遺伝子学上のカテゴリーだのというあたりで、吐き気を催しました。

    敬体と常態の使い分けもできてない、巻末の煽動的偏向年表でじんましんが出ました。

    適菜さんあなたね、本文中で、バカがゴミのような情報を発信してバカがそれを過信している世の中を嘆いてるけど、この本はまさにそれじゃないのかな?

    人のことを悪く言うのは、その人のイヤなところを自分も持っていて、それに対して拒否反応を起こしているからだと聞いたことがある。作者はこの本で世の中のイヤなところに対してアレルギー反応をみせまくっている。俺はこの作者もこの作品もB層とやらの生き方も嫌いです。

    ってことは、俺の心には敵菜氏のような部分、橋下氏や原口氏のような部分、B層の人間のような部分を内包しているってことになるねんな。イヤになってくるわ。読むんじゃなかった。

  • かなり乱暴な言い切りもあるが、耳が痛いですよ~。

  • 自分、B層なんだなぁ……、と思いながら読みました。
    こんなに自信もって主張できるってすごい。
    なんかすいません、と思う気持ちと、そんなに言われる事なんかい、という気持ちと。
    ただ、色々な側面を知ることは大事だな、と思う。
    知らなくては考える事すらできない。
    今はTVとか分かりやすいツールから受けるものが全てになってしまいがち。
    政治家もプレゼン能力が大事になってきているんですね。それはイコール政治手腕ではないけれど、錯覚してしまうんだ。

    本当に大切な事を地道にしている方もたくさんいらっしゃるのでしょうが、そして忙しくて発信している場合じゃないのかもしれませんが、そういう事を掴むにはどうしたらいいんだろう。
    表に出てくるのは、きれいごとか、不祥事ばかり。
    分からないと不安が募る。
    だから分かりやすい言葉を使う人にすがりたくなる。

  • 徹頭徹尾、今の世の中は自分が莫迦と思っている連中が増えたからおかしくなったという、愚痴としか言いようがない物言いに貫かれており、出版社、編集者もよくこれで出す気になったなと唖然とする。一貫して統計などの客観的社会的事実を引かず、自分がショックを受けた事例のみを基に現代社会を嘆いてみせる姿からは言説に責任を持とうとする姿勢は感じられない。他人を見下して溜飲を下げたい人にはいいかもしれないが、それが世の中に求められているものなのかは甚だ疑問だ。文章も一文あたりの字数、段落ごとの文数が少なく、論理ではなく感情に訴えようとする姿勢が丸見え。こういう言説こそ、真に「B層」的ではないのか?哲学者も安くなったものだ!

  • もう少し期待していたんですけど、
    半分くらいが政治家への個人攻撃的な批判に
    終始しちゃってて食傷気味です。

    B層がどういった概念であるか、
    どういった区分に属する人が対象なのかは
    伝わりましたが、他者に対する攻撃的で直線的な
    言葉を使った批評/評価は同意しかねる部分も
    多々有りで容易に嚥下できませんでした。
    途中で読むのやめようかと何回か思いました(*´-`)

  •  すこーんと少し刺激的な記述で切る?本。結構新しい視点が得られたのはよかった。無論、ある一人の見解であるため、独自に解釈をし直す必要はある。また広い視点であるため、各記事は必然?甘い、薄い分析になりがちにもなる。その点、明快な主張のわりに密度は薄い気もする。絞った的で、よりごつい主張のある続書が楽しみ。

  • これ研究なの?一体何が言いたいの?
    批判しかない主張に一体何の意味があるの?
    品のない文章に嫌悪感すら覚えた。
    時間を無駄にした。

  • レビュー省略

  • 最初にある用語辞典で、

    カリスマ:キリスト教の概念。超自然的•超人間的な資質。近年の日本では髪を切ったり、コンビニ弁当をプロデュースしたりする

    とあった。
    こういう皮肉な言い回しは結構好き。
    私もB層に属すると思った。

    突っ込みどころもかなりあるけど、実名でいろんなこといっているので、ある種エンターテイメントとして読むにはおもしろかった。

全80件中 1 - 10件を表示

適菜収の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊賀 泰代
三浦 しをん
佐々木 圭一
クリス・アンダー...
ウォルター・アイ...
有効な右矢印 無効な右矢印

日本をダメにしたB層の研究を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

日本をダメにしたB層の研究を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

日本をダメにしたB層の研究を本棚に「積読」で登録しているひと

日本をダメにしたB層の研究の作品紹介

B層とは、グローバリズム、改革、維新といったキーワードに惹きつけられる層。あらゆることに「参加」したがり、「コスパ」という言葉を愛し、社会の「幼児化」を進めている人々。近代において発生した「大衆」の最終的な姿。―なぜ日本人は「参加」したがるのか。

日本をダメにしたB層の研究はこんな本です

日本をダメにしたB層の研究のKindle版

日本をダメにしたB層の研究の文庫

ツイートする