七緒のために

  • 545人登録
  • 3.16評価
    • (15)
    • (60)
    • (99)
    • (41)
    • (7)
  • 108レビュー
著者 : 島本理生
  • 講談社 (2012年10月31日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (210ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062179829

七緒のためにの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • この間、久々に中学校の友人と会い、お互いのだけでなく同級生の
    近況報告もしていたところ、意外に当時のことって覚えているもので。

    「あの頃、みんなちょっとおかしかったよね」
    「中二病というか思春期だったんだろうね」
    「みんな今は落ち着いたもんだよね」

    …と意見が一致しました。

    当時は仲良かったはずなのに、卒業以降は一度も会ってない子もいたり、
    つまらないことで仲違いをして、卒業のころには口もきかなくなっていたり。
    今なら傷つけあわない距離を保って、落ち着いた関係が築けるのかな。

    ふわふわとした不安定な時期。
    何であんな小さなことを一日悩んだりいざこざの種にしていたのだろう。
    つまらない見栄は今だってはってしまうけれど、中学生のときのそれは、
    自分の居場所を作るための必要な過程で。
    嘘吐きだって蔑まれても、それをやめることができない。
    あの頃の私たちの中にも「七緒」はいたんだろうと思う。

  • 島本さんにしては珍しく女の子二人のお話。読みやすかった。


    七緒と雪子は多感な中学生。
    珍しくダメ男が出てこなかった。(来栖先生が、かなりあやしかったけど)


    自分たちの思春期の頃、こんな感じで
    昨日までべったりだった子が、些細なことで手のひらを返したように
    「絶交」になり、もう卒業まで話さない。
    卒業間近になって、なんであの子と絶交になったのかさえ
    忘れてしまって、でももう甘い関係は戻ってこない。
    All or Nothingな世界。危うい時期。


    現在はもっと複雑で過激で・・・。
    信じられないような事件が多くって・・・、鬱積、抑圧された
    行き場のないおもいが ちょっとしたボタンのかけ違いや
    言葉一つで引火・爆発して
    凄惨な事件に発展してしまうような気がする。 
    自分の子供を社会に出すのがこわい世の中になってしまった。


    私は「七緒」みたいだった時期がある。
    「雪子」だったこともある。
    七緒のまさかの「超能力者」発言に私は笑えなかった。痛いくらい
    気持ち分かるから悲しい・・・というか、切なかった。

    『最も悲惨な貧困とは孤独であり、愛されていないと感じることです。』
    という、マザーテレサの言葉を思い出しました。

    二人とも生まれて「祝福」を受けることなく、両親から愛も与えてもらえなかったんだろう。
    きっと心も体も「嵐」でもみくちゃ状態だ。

    七緒は小さな女の子が泣きながら「私だけを見て」「頭を撫でて」
    「ぎゅっと抱きしめて」「愛していると言ってよ、パパ、ママ」
    と、幼子が駄々をこねて、すねているようなイメージ。
    (七緒 丸ごとインナーチャイルド)

    「いつか大人になる日まで」の朝子をソフトにしたような
    そんな印象を受けました。

    30歳前後なのに、10代の頃の気持ちが分かったり
    そのまま引きずっているのなら、生きづらいだろうな・・・島本さん。
    「七緒」の原型が島本さんなんだろうなぁ・・・と勝手に思ったりしました。


    「水の花火」は瑞々しくって「きみが降る日」のライト版のような・・・。
    結構スキだな~と思ったら、デビュー直後の初期作品だったようです。
    こういう新旧の組み合わせ新鮮でいいと思います。


    デビューしてまだ10年くらいしか経っていないのに
    この成長っぷり。。。すごいわぁ~。

    どーしても受け付けない「ナラタージュ」読んで、
    長くて疲れそうな「アンダースタンド・メイビー」読んで
    島本さん作品コンプしたい。


    最近「あとがき」が素直で素敵な島本さん、成長しているなと
    感じる、親戚のおばちゃん目線な私です。
    帯の辻村深月さんの紹介文も素敵です♪

  • 境界性人格障害なんて言葉で語るのは大げさで、興醒めだけど…そういう少女達の物語。
    多島斗志之『症例A』、サラ ウォーターズの『半身』を思い出した。
    彼女のような女の子は同じ空洞を抱えた女の子を見逃さない。だって、求めていた理想のオーディエンスだから。そして次第に狂気は感染していく。互いに同じ周波数で共振し、嘘をついついるのはどちらか、狂っているのはどちらなのか、わからなくなってくる。どちらにしても、一人称の小説のなかの「嘘」は注意してかからないと。

  • 表題作は完全に愛着障害の物語。
    終わり方がとてもリアル。どうしたらいいかなんて真っ最中には難しい。
    『水の花火』はタイトルすごいなあ。

    島本の作品、親の居るんだけど居ない感じは変わらない。いまの世の中、いっぱい居るんだろうな~そういう子。島本もわたしも含めて。

  • 女同士の友情って、難しい。その上、うっとおしかったりもする。
    微妙な駆け引きや、強がり合い、探り合い、ヤキモチ、わがまま・・・
    例えば、一緒にトイレに行くような仲良しごっこがすごく苦手だったから、この本を読んでいるあいだ、重苦しく、気が塞ぐ感じだった。
    ここを通り過ぎて、もう戻らないでいいというのは、私にとって大きな救いだ。

  • カッターが出てきたあたりで読むのをやめました。こういうのは無理でした。ナラタージュの柚子ちゃんの手紙でも痛い描写がありましたが、こちらもいやですね。
    「女の子どうしの濃密な友情」ってレズ系かと思いましたが、そうでもない。

  • いつも感じるような息苦しさに似た切なさとは少し違う感じ

    なんかただ漠然と伝わってくるような・・こないような(笑)


    痛いところに無理やり押し入られる苦しさと
    痛いところに無理やり押し入る苦しさは等しいのかもしれない
    -水の花火-より

    この本を集約すると上記の一文になるかもなって私は感じました

  • 面倒くさいけど、読後感は爽快だった。まるで謎かけのよう。二人とも面倒くさい(笑)。でも、思春期の女の子ってそういうものなのかもしれない。
    決して好きなお話ではないんだけど、嫌いでもない話。
    似ているけど、まだ水の花火だっけ?二作目の方が七緒が出てない分(笑)読みやすい。

  • ●七緒のために

    嘘をつきつづける女の子と壁のある女の子、思春期の女の子ふたりきりの世界がリアルに描かれています。
    思春期独特の世界の狭さ、一度対応を間違うとドミノのように全てが崩れてしまう感じ、腫れ物にさわるような周囲の対応。
    どれをとってもリアルで、いい意味で居心地の悪さを感じました。

    ●水の花火

    最も仲良くしていた女の子が暴行被害に合って転校してしまった後の、親友の話。
    背景は重いけれど、水や花火、猫などのモチーフのおかげかどこかさっぱりした読み心地でした。

  • (たぶん)初めて島本さんの小説を読みました。

    ○七緒のために(☆5)
    印象的だったのは主に2点。
    まず、七緒の家を訪ねたシーン。七緒の作話に気づくところでは、こちらも背筋が凍ると言っては大袈裟だが、ぞっとするような感じがした。その後は、七緒がしゃべる度に、悲しかった。彼女の意図や気持ちを汲みかねることが続いたので。

    それから、最終盤。七緒の話で進んでいったストーリー、翻弄された私(そして読者)。それが私に還ってくる。この気づき、すぐにはわからなかったが見事。

    ○水の花火(☆4)
    表題作に比べ苦味が少なくストレートで読みやすかった。
    「そんなのは誰と一緒にいたって同じことだよ」
    「今から友達になるには近すぎる」
    優しい人なのだろう、草木君も川本さんも。

全108件中 1 - 10件を表示

島本理生の作品

七緒のためにを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

七緒のためにを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

七緒のためにを本棚に「積読」で登録しているひと

七緒のためにの作品紹介

二度と還らない友情のきらめき、そして痛み。純粋さゆえに傷つけあう少女の日々を描く、珠玉の物語。

七緒のためにの文庫

ツイートする