別れる力 大人の流儀3

  • 792人登録
  • 3.19評価
    • (30)
    • (61)
    • (121)
    • (27)
    • (22)
  • 99レビュー
著者 : 伊集院静
  • 講談社 (2012年12月11日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (202ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062181532

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
横山 秀夫
落合博満
伊賀 泰代
朝井 リョウ
伊集院 静
高野 和明
池井戸 潤
有効な右矢印 無効な右矢印

別れる力 大人の流儀3の感想・レビュー・書評

  • 読むものを忘れて、人の机にあったのを借りて読んでみる。
    うーん、つまらない。本当につまらない。

    中身のないことを、気取った文章で書かれても、まったく心に響かない。自慢と愚痴と思い出ばかり。
    「正義っぽいのを振りかざすな」「安けりゃいいわけないだろ」って、当たり前のことを理論もなく愚痴ってるだけ。

    これは、野暮で無粋である。

    じゃあ、なぜこの本がつまらなくて、ちょっと前に読み直した伊丹十三の「女たちよ!」(http://booklog.jp/item/1/410116732X)が面白いのか?

    たとえば、スマートフォンについてだらだらと愚痴を書いてある。それで最後に
    「第一、スマートフォンを使っている姿には、風情、情緒がない」と。

    そうじゃなくて、じゃあ、風情というのはどういうものか、道具をいじるときの美しい所作とは何か、をたとえば、煙草入れを例にして説明する、それで、ね、スマートフォンにはそれがないだろ、と言われると、なるほどな、となるんだけど、そういうのがない。

    だから読んでいて得るものがない。だから面白くないんだな。

    まあこういうのが「大人」の「流儀」なら、そんなもの身につけたくはない。
    これが「国民的」ベストセラーなら非国民でいいや。

  • 追わない生き方推奨本

  • ふと手にとったのだが、そういえば私も最近別れが重なっている。
    死別よりはましでしょう。
    また会えるかなと思いながら生きていこう。

  • 人との別れについて。

    伊集院さんの文章には独特の雰囲気があります。
    いい加減なようで筋が通ってる。
    どうなるとこういう考え方ができるのかな、とその発言に魅力を感じます。

  • あはは。面白い。真っ当な事を言ってるかとおもったら、ハチャメチャになったり。。
    こういうのアリだと思う。
    著者からすれば、お前に言われたくないわな。。と言われるでしょうが(笑)

  • 本としてはかなり毒を吐いている部類です。
    若者蔑視とか取られそうだけれども
    一部だけですね。
    というか、そういう人たちは行動がまずいのでは?
    と思ってはいますが

    2点ほどすっきりとしたのは
    スマホに関する批判。
    あれは正直同年代だろうが見ていて
    気持ちいいものではないですよ。
    目の前で事故起こしかけていた人もいますし。

    それと成金に関して。
    すべてがすべてでないでしょうが
    得てして物を言わせる人間が多いこと。
    まあ、某海外逃亡詐欺師がそうですね。
    日本に帰ったら殺されますしね(笑)

    評価は二分するはず。
    ウッ、とは思ったけど気にするほどじゃなかったよ?

  • 私が欲しい情報はなかった

  • 2017,10,15
    人は別れる。
    そして本物の大人になる。

    別れは終わりではなく、始まりである。
    20歳の時、16歳の弟を喪くした。
    35歳の時、愛する妻を喪くした。
    理不尽な別れに神を呪ったこともある。
    酒に溺れ、無気力な日々を過ごした。
    だが、いまならわかる。
    出逢えば別れは必ずやってくる。
    それでも出逢ったことが生きてきた証しであるならば
    別れることも生きた証しなのだろう、と。

    P61
    ラクな道を選ばず、自分の信念をまげずに、周囲が何を言おうが、己が何のためにこの世に生まれてきたかを問うことだ。これまで自分を支えてきてくれた人たちに、何ができ、何をすることが支えてきた人々の甲斐になるかをじっくり考えて、身を処せばいいのである。

    P168
    ジャーナリスト 山本美香
    世界のどこかで無辜(ムコ)の市民が命を落とし、経済的なことも含め危機にひんしている。その存在を知れば知るほど、どうしたら彼らの苦しみを軽減できるのか、何か解決策はないだろうかと考えます。紛争の現場を伝え、報道することで社会を変えることができる、私はそれを信じます。

  • 離婚の話では無くて、人やペットととの死別の話。前半だけで、後半はあまり関係ない。雑誌の連載の単行本化ただからこんなもんか。ひとかどのものという表現を久しぶりに見た。寿司はつまむもの。自分もいい大人になりたいものだ。。

  • 先生そろそろ年取ったようでなんだかガチャガチャしてきたな。小うるさい頑固爺まであと少し。4巻目には完成していることだろう。

  • 様々な形の別れ。
    それぞれの別れ方をユーモアを含めながら書いています。
    大好きな恩師との別れ、家族との別れを経験し、それを糧にして生きていく。
    別れは辛いし、それを受け入れなければならないけれど、大事なものは心にしまって、今日を生きる。今日も明日も明後日も、あっという間にやってくるので。

  • 弟の死は、私にふたつのことを教えた。ひとつは自分が人生を決め、そこに向かって歩き続けること。もうひとつは命を大事にすること 別れることが前提で過ごすのが、私たちの生なのかも知れない。出逢えば別れは必ずやってくる 明治期にはまだ、たとえ若者であれ、己の生に覚悟があった 

  • 「別れは終わりではなく、始まりである」と定義。著者の豊富な経験から、そのことに説得力がある一冊に仕上がっています。別れることは決して誰かを何かを不幸にさせるだけのものではない。「日本人に関わりのない戦争、という発想を持つ人は、そのまま私には関わりのないことだからと平然と罪を犯している大人の男たちとまったく同じ視点である」(P168)は、示唆に富んだ一節だと思う。

  • そういえば最近、伊集院さんの小説を読んでいない。読もうかな...と、本書の内容に関係なく思う(笑)

  • 良いことも言ってるけど、全体的に考え方が古く説教臭くてあまり好みではない。

  • 最近、流儀という言葉が流行っているが、自分の流儀を社会で存分に発揮しつつ、自分のやりたいことを自由にやれる人は、そう多くない。
    しかし、この作品を読んでいると、作家の伊集院静は、それを実行しつつ、社会に提言している作家である。と感じた。

  • 別れ力、、、大事ですよね(T T) 中盤から、別れ、、というトピックス以外もあったけど、自分の芯が強いってすごいなーと思わされる。。

  • 一番最初のコラムは良い。

  • 出会えば必ず別れはやってくる。
    たとえ人がバカなことをと笑ってもかまうことではない。正しいことというのは半分以上が人の眼に見えないことだ。
    勝負というのは徹しない時もあるから。それを含めて勝負の世界という。

  • 前半の、実話、実感を交えた家族との別れの話は秀逸。しかし、後半は全く読む価値無し。大人の男 (かっこつけて、飲んだくれて、口うるさい) が上で、女子ども、成金、世間知らずを見下し、言いたいこと言ってるだけの駄文。買ってからわかったが、こんな本がベストセラーになるとは、日本もまだまだだな。

  • 140703
    面白かった。
    きょろきょろしない

  • 相変わらず偏った考え方してるなぁ。

    でも、要所要所に素晴らしい意見がある。
    そこだけは参考にします。

  • けっこうですね、「おいおい、そこまで言っちゃう?」という偏った切り口もあるのだけど、伊集院先生だから許されちゃうのでしょうね。

    そのまま読み進めて行くと、ハッとする一文に出会える。
    だから読書は止められないし、伊集院静さんのファンもやめられない。

    「ひとかどのことを成して、長くきちんと生きてきて、初めて座ることができる場所が世の中にはあるのだ」

    北海道恵庭市のallpoolさんというカフェの本を読ませていただきました。

  • 「女子供」という表現を久しぶりに見た。

  • 弟と妻を亡くして、別れから学ぶこと気付く事があると書いてある。
    人は失ってみないと、存在や大切さなどが分からないものなのかもしれない。
    時間はクスリ。時間が解決するものも多いのだとか。
    偏見と独断も多く、なんだかなぁ〜と思う反面、思う事を思うと言う事は悪くないよなと思った。少しガサツで情に厚く酒飲み。堅物な感じに思っていたけど、なんだかお茶目な所も垣間見れたりしました。
    大人とは、壮絶な別れを経験している人も多い。大人とは、、、とても考えさせられます。
    私は歳をとって、伊集院さんのいう大人になれる様に、その対価に値するような大人になれるようにナ。と思いました。

全99件中 1 - 25件を表示

別れる力 大人の流儀3に関連する談話室の質問

別れる力 大人の流儀3を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

別れる力 大人の流儀3を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

別れる力 大人の流儀3の作品紹介

人は別れる。そして本物の大人になる。数え切れない別れを体験してきた作家が届ける切なく優しいメッセージ。国民的ベストセラー第3弾。

別れる力 大人の流儀3のAudible版

別れる力 大人の流儀3のKindle版

ツイートする