行正り香のインテリア 心地よく暮らすためのルールとアイデア

  • 67人登録
  • 3.62評価
    • (6)
    • (8)
    • (9)
    • (2)
    • (1)
  • 7レビュー
著者 : 行正り香
  • 講談社 (2013年3月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (128ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062182010

行正り香のインテリア 心地よく暮らすためのルールとアイデアの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 自分を大切にするって大事。人のことを考えるからイライラする。
    好きな音楽が偶然流れ、天気がよく、陽が当たり、窓からは景色が見える場所で読んだ感想。はぁ~ため息が出るほど、この本の中身は心地よい空間であった。
    何回も読んで、中身を咀嚼したい。
    やはり笑いは大切。り香さんの本は、面白い。
    住みたくなるトイレ・・・この本をトイレに置いときたいと思った。
    掃除と思うから面倒になる。居心地の良い空間作りと思えば、掃除もはかどる。住みたくなる○○○作りだ。家に愛をかける。
    探す係、取る係をやめる。


    ・廊下はいらない。廊下も取り込んだ広い空間作り。
    ・窓の外の景色も空間として取り入れる。窓は額縁。
    ・出ているものは最低限。引出にバンバンしまいこむ。
    ・自分にとって一番大切な空間はどこ。
    ・子供たちには、出したらしまうを徹底。それだけで片付く。
    ・もったいないと詰め込むことは、探す時間を増やすこと。
    ・自分がどういう空間が好きか体感するのが早道。

  • 余計なお世話だが、小雪さん(ちょこっとだけ載っている)のご主人は本当にこんな空間で暮らしたいと思っているのだろうかと…

  • センスが良いし、予算もたっぷりという理想的なインテリア。
    ここまで出来る方は、日本では少ないでしょう。
    実践書として見るのはキツいけれど、海外経験が生かされた理想空間を実現している著者には、出したかった一冊になっています。

  • 参考にすると言うより、うっとりするための芸術書だな。物の少なさにびっくり。料理家なのに綺麗すぎるキッチンとか。(図書館)

  • とても一朝一夕に真似はできないが、ヒントは色々もらった。とっておいて、また読み返したい。『恋愛適齢期』のインテリアは、私も大好きだー!

  • 著者の待望のインテリア本。
    料理本に写っている、ご自宅のインテリアが素敵で、本が出ないか楽しみにしていました。

    私にはハードルが高いけど、参考になりましたw。

  • 初読。

    ブログで見て大好きだった今一番気になるインテリアの人。
    物があまり無い系のインテリアで、大人っぽく、
    シンプルなのに貧乏くさくないゴージャスさのあるインテリアって中々無い。

    本を作っている、という情報が出た時から心待ちにしていて、
    予約までして購入した一冊。

    どうなってるのかなー?と思った間取りもなんとなくわかって、
    情報量も多く、美しいビジュアルなんだけど、
    その分、肝心なとこ、
    「家族4人の持ち物はどこくらいで、どこに、どうやって仕舞われてるの?!」
    というのはあまり載っていません・・・・。

    スタジオも、ビジュアルとしては美しいんだけど、
    「ゆっても、お仕事用のスタジオでしょ?」という事で、
    「こういう風に家を建てたい!」という人以外には、実用的ではないのです。

    やっぱり好きなインテリアだし、力を入れて作ったことはよくわかるけど
    「知りたかった事が知れて、大満足!」とはいきませんでした・・・。

全7件中 1 - 7件を表示

行正り香の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊藤 まさこ
有元 葉子
伊藤 まさこ
有効な右矢印 無効な右矢印

行正り香のインテリア 心地よく暮らすためのルールとアイデアを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

行正り香のインテリア 心地よく暮らすためのルールとアイデアを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

行正り香のインテリア 心地よく暮らすためのルールとアイデアを本棚に「積読」で登録しているひと

行正り香のインテリア 心地よく暮らすためのルールとアイデアの作品紹介

「ライティングのマジック」「もういちど間取りを考える」「失敗しない家具のそろえかた」「アクセントラーを決める」「オススメのインテリア本&サイト」「バス・トイレもひとつの部屋」「絵とグリーン、花の飾りかた」…センス溢れる著者初のインテリアブック。

行正り香のインテリア 心地よく暮らすためのルールとアイデアはこんな本です

ツイートする