グリード 上

  • 731人登録
  • 4.10評価
    • (107)
    • (139)
    • (62)
    • (5)
    • (1)
  • 78レビュー
著者 : 真山仁
  • 講談社 (2013年10月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (378ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062184649

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

グリード 上の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 日本は成功した社会主義の国という言葉に頭を殴れれた。まさにその通り。
    リーマン・ショックでどうバブルが壊れていったか、その後、世界に広がっていったか、刻一刻と状況が悪化していくことを止められない雪崩の様子が描かれる。
    いま振り返るとどんなことが起きていたのか、フィクションとノンフィクションを交えながら史実を追いかける。

  • 米国のリーマンショックのネタ。
    中国の話題も臨場感があると思う。
    投資家トップの話題で、脇役が大きくなっていないか?(FBIとか大統領とか)
    メディアの日米の違いが浮き彫りになっている。
    金がバーチャルであることが明示されている。
    情報<人間関係。

  • 2013/12/16
    面白い!!すごいよなぁ、この文章の才能!
    今日グリード(下)を買って帰ろう。
    リーマンショックおよびそれにまつわる金融危機はその根本原因がいろいろ推察されているけど、やっぱり根本はグリードなんやろうな。

    本当に経済成長以外に人が豊かになる道はないのか。
    人生を通して考えたい。

  • 累計178万部というベストセラー、「ハゲタカ」シリーズの4作目です。世界最大の金融危機、リーマンショック前後のアメリカが舞台。鷲津政彦が今度はアメリカ企業を相手に買収劇を仕掛けます。タイトルの「グリード」は「強欲」という意味。

    続きはこちら→
    GUEST 107/真山仁:スミスの本棚:ワールドビジネスサテライト:テレビ東京  http://www.tv-tokyo.co.jp/wbs/blog/smith/2013/11/post155389.html

  • 明確な文章、スピード感もある。
    起承転結のオーソドックスさに味付けを効かせる、独特の立ち位置で語り、緊張感を生み出す。
    それにしても、よく勉強している。この勤勉さがリアリティを際立たせている。
    見慣れたキャラも生き生きと動いて、新しい展開にハマっている。
    唯一外国人のネーミングにはちょっと残念感が。
    米国を舞台の展開は期待度大。
    下巻へ2

  • 正直、レッドゾーンでこのシリーズも厳しいかなと思ってたが、市場環境も変わり一気に面白く。他国といえど、日本同様、愚かな時/人はいるのだなあとほっこり。あとは下巻で書く。

  • 4.0 いつもの刑事モノではなく金融モノにチャレンジ。ハゲタカシリーズの最新作。リーマンショック後のアメリカを鷲津正彦が買い叩きます。フィクションとは言え痛快です。

  • ハゲタカシリーズ第四弾。
    今回はアメリカが舞台。
    CICとの攻防の裏で、アメリカにも手を出していたとは、鷲津さんやるなあ。

  • ついに対戦相手はアメリカ。これ以上に強大な敵がいないのではないか?と思わせるほどに手強そうな相手で、鷲津がどのようにして戦うのか期待高まる上巻。サブプライムローン問題やリーマンショックの頃は学生だったので、あの年に起こった出来事がようやく今になって理解できた。

全78件中 1 - 10件を表示

グリード 上を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

グリード 上を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

グリード 上を本棚に「積読」で登録しているひと

グリード 上の作品紹介

リーマンショック直前、鷲津政彦(わしづまさひこ)はアメリカ経済を長年牽引した超巨大企業、アメリカン・ドリーム社(AD)の奪取を目論んでいた。敵は圧倒的な財力を持つ“市場の守り神”サミュエル・ストラスバーグ。巨大投資銀行でサミュエルを担当するジャッキーは、忍び寄る破綻の影に気づきはじめ、ニューヨークに飛ばされた新聞記者の北村悠一(きたむらゆういち)は、鷲津に巨大破綻(メガクライシス)の到来を示唆される。

ツイートする