こころを学ぶ ダライ・ラマ法王 仏教者と科学者の対話

  • 30人登録
  • 4.50評価
    • (1)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
  • 講談社 (2013年11月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (258ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062186872

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

こころを学ぶ ダライ・ラマ法王 仏教者と科学者の対話の感想・レビュー・書評

  • ダライラマ法王と日本の科学者の対談
    遺伝子・科学/技術と仏教
    物理化学・宇宙と仏教
    生命科学・医学と仏教
    ダライラマ法王も科学には非常に見識のある方
    みたいで内容もなかなか高度である。
    ダライラマ法王の話は非常に感動的な内容で
    読むと面白いと思いました。
    ただやはり科学者と法王の応酬の部分は若干
    噛み合っていないような部分も

全1件中 1 - 1件を表示

志村史夫の作品一覧

志村史夫の作品ランキング・新刊情報

こころを学ぶ ダライ・ラマ法王 仏教者と科学者の対話を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

こころを学ぶ ダライ・ラマ法王 仏教者と科学者の対話を本棚に「積読」で登録しているひと

こころを学ぶ ダライ・ラマ法王 仏教者と科学者の対話の作品紹介

中東、アフリカで今も続く内戦に政情不安。日本でも中国、韓国、そして北朝鮮とも緊張した関係が続いている。そんな緊迫した情勢の中、「世界の平和をリードするのは、日本だ。今こそ日本人の出番だ!」とチベットの精神的最高指導者のダライ・ラマ法王14世は言う。
そして「平和は、祈りだけではかなえられない、心と科学を統合させることが必要」と強調、法王のたっての希望で日本のトップ科学者8人との対話が行われた。
量子論、遺伝子、ビッグバン、そして般若心経に輪廻転生……討論は白熱する!
これは、2012年11月6日、7日に開かれた「ダライ・ラマ法王と科学者の対話 日本からの発信」の対話録である。
対話に参加した日本の科学者は、
・村上和雄氏(筑波大学名誉教授)、
・志村史夫氏(静岡理工科大学教授)、
・佐治晴夫氏(鈴鹿短期大学学長)、
・横山順一(東大大学院医学系研究科付属ビッグバン宇宙国際研究センター教授)、
・米沢登美子氏(慶應義塾大学名誉教授)、
・柳沢正史(筑波大学、テキサス大学、サウスウェスタン医学センター教授)、
・矢作直樹(東京大学大学院医学系研究科救急医学分野教授)、
・河合徳枝(早稲田大学研究院客員教授)
である。

序章 村上和雄 「今こそ日本人の出番」と法王様はおっしゃった

セッション1 「遺伝子・科学/技術と仏教」
ダライ・ラマ法王 オープニング・スピーチ
村上和雄 「遺伝子オンでいのちを輝かす」
志村史夫 「佛教が唱え、物理学が明らかにしたこと」

セッション2 「物理科学・宇宙と仏教」
佐治晴夫 「“こころ”が結ぶ科学と宗教」
横山順一 「たくさんの宇宙」
米沢富美子 「“あいまいさの科学”と人間」

セッション3 「生命科学・医学と仏教」
柳沢正史 「睡眠の謎」
矢作直樹 「病は気から」
河合徳枝 「“幸福感の脳機能”を測ることは可能か?」

セッション4 「新たな科学の創造への挑戦 ~日本からの発信~」
安田喜憲(東北大学大学院教授)、棚次正和(京都府立医科大学大学院教授)、大橋力(文明科学研究所所長)

ツイートする