立身いたしたく候

  • 83人登録
  • 3.37評価
    • (2)
    • (13)
    • (20)
    • (3)
    • (0)
  • 17レビュー
著者 : 梶よう子
  • 講談社 (2014年2月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (338ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062187954

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
西條 奈加
朝井 まかて
三浦 しをん
梶 よう子
朝井 まかて
梶 よう子
朝井 まかて
三浦 しをん
朝井 まかて
西條奈加
有効な右矢印 無効な右矢印

立身いたしたく候の感想・レビュー・書評

  • 「ふくろう」のスピンアウト。
    設定を真逆にして、無職の武士が主役。
    得意の連作で、低値安定。
    ラスト前の「奥祐筆」がいい。
    そしてお約束、ラストがつまらない。

  • 2015.8.18

    武士の就活
    色々な仕事を紹介

    とりあえず、ミミズはトラウマになる

  • L

    商家の五男坊から無役の武家に養子に入った駿平の、職種調べと就職活動。
    時代小説でよく聞く職が多く、ヒットしたあのシリーズの職やあのシリーズで主役が指南していた水泳関係や職種多彩。
    なにげに最後の章の、武家の職、就職活動に対する駿平の考察が面白い。
    時代もちょうど国外の脅威を感じ始めた頃っていうのもナイス。

  • お武家もたいへん。

  • 江戸時代の社会科見学本(武士限定)。
    時代物小説でよく出てくるお役目が、どういう仕事をする役なのか、さらにはどういう上下関係があって、どういう役得があるのか、といったことまでわかるようになる。
    商家五男坊から武家養子に転身した駿平の成長物語を軸に、近しい者、遠縁の者、あらゆるツテを駆使して何かと役付きの者と関わり合いになり、各所の台所事情を知る。
    ちっとばかし都合がよすぎる向きもあるが、そこは短編仕立てで簡潔に。
    今流行りの時代小説とは一線を画した時代小説。書き方にしろ、キャラにしろ、現代モノっぽくてすらすら〜っと読めた。

  • 武家に養子入りした商家末息子の就活話
    いつの時代も職につくのは大変なことだこと

    手先指南書で同門だった智次郎との交流や許嫁もよとのやりとりが良いです

  • 幕末前夜の江戸にて瀬戸物屋の五男と生まれた駿平は貧乏御家人「野依家」に婿養子として入った。
    軽い気持ちで武士になるの良いかと思っていたが、待っていたのは過酷な就職活動だった・・・・
    様々な武家の仕事を取り上げてコミカルに語られている。

  • 2014年5月西宮図書館

  • 約1年前に読んだ「一朝の夢」に次ぐ梶よう子さんの2冊目地元図書館返却本から。幕末前夜の江戸。瀬戸物屋つる屋の五男坊に生まれた駿平は、百五十俵の貧乏御家人「野依家」に婿養子入りした。軽い気持ちで引き受けたものの……小普請組に属し虚弱な養父孫右衛門の隠居願いが受理された為、僅か一年で当主になって待っていたのは、過酷な「就職活動」だった。駿平の実家が出入りしていて、矢萩家の部屋住みで幼馴染・友次郎と共に立身出世を試みるのだが…。太平楽の時代に無役無勤の小普請組から役に就くための苦労がよくわかった。

  • 太平の世における武士の戦場は就活にあり。時代就活劇。商家の五男坊の駿平は、軽い気持ちから貧乏御家人の養子となった。しかし、待っていたのは厳しい就活だった。実力よりも運や金やコネが物を言う、役を得ても上役のいじめに悩む。呑気な駿平の性格もあって、厳しいシューカツもどこかコミカルです。ちょっと盛り上がりとオチにかけるかな。

  • 江戸時代のお仕事小説。
    武士といってもいろいろあるんだなぁ〜としみじみ思いました。
    お役につくために、就職活動に勤しんだり、試験をうけたりする。
    また仕事についていても、人間関係のトラブルや今でいう鬱、高齢化など、様々な問題がある。
    まったく現代と同じだ…。

    そんな時代の中で、駿介の飄々としたキャラクターがおもしろく、必死で頑張っているんだけど
    妙にコメディーぽくてよかった。

全17件中 1 - 17件を表示

立身いたしたく候を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

立身いたしたく候を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

立身いたしたく候の作品紹介

「おまえはなにを求めて武家の養子に入ったのだ」

幕末前夜の江戸。瀬戸物屋の五男坊に生まれた駿平は、百五十俵の貧乏御家人「野依家」に婿養子入りした。男五人兄弟では、この先分家を立てられる保証もなく、うまくいっても商家の婿。いっそ武士になるのも面白かろうと軽い気持ちで引き受けたものの……当主になって待っていたのは、過酷な「就職活動」だった!
戦国の世も今は昔、太平楽の時代における武士たちは、上役への朝駆け、水泳訓練、出張土産を考えて、試験勉強に明け暮れる……役目を得ても、上様のペットの餌を探したり、上司のパワハラ、部下の気鬱に悩まされ、はたまた何もできない老人が地位にしがみついて引退しない。「武士とは、仕事とはなにか」。新米武士の駿平が、「お家」を守るため、武家の世界をかけずり回って「立身出世」を試みる、シューカツ時代小説。

立身いたしたく候はこんな本です

立身いたしたく候のKindle版

ツイートする