図書館の魔女 烏の伝言

  • 419人登録
  • 4.21評価
    • (62)
    • (67)
    • (22)
    • (4)
    • (0)
  • 65レビュー
著者 : 高田大介
  • 講談社 (2015年1月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (666ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062188692

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ピエール ルメー...
京極 夏彦
宮部みゆき
米澤 穂信
三浦 しをん
辻村 深月
辻村 深月
有効な右矢印 無効な右矢印

図書館の魔女 烏の伝言の感想・レビュー・書評

  • 国を追われたお姫様を助けて、裏切り者の売国奴をぶっ飛ばすお話。
    山の剛力、ニザマの近衛、港の鼠。そして一ノ谷の魔女ご一行。立場も年齢もともすれば使う言語も違う人々が仲間になっていくお話。
    登場する味方が皆好き過ぎて、本当全て無事に済んでくれと何度も思いながら読みました。

    マツリカが登場遅く、更にあんまり難しいこと言わなかったので、前作よりすごく読みやすかったです。まぁ、語り手は相も変わらず知らない単語、読みオンパレードだったのですが。
    キリヒトというワンクッションがいなかった分、マツリカの可愛げのなさが前回よりはみ出していた感じ。

    何となくツォユとタイシチは赤髪と弟分という関係から、あんスタの紅郎さんと鉄虎君のイメージになっていました。カロイは無双の明智光秀。なんでだろ(笑)

    なんか色々説明されていたけど、言葉が難しくて想像しきれないところがあったので映像で見たくもなりました。映像化したらいいのに。
    またこの世界に浸りたいので、続編も待っています。

  • 山に詳しい剛力が二ザマに追われている貴人達を案内している、というところから始まります。本当くだらないんですが、まるで剛力が精霊の守り人のバルサのようで「いやいや違う違うここの世界は言葉で全て説明されちゃう世界」と頑張ってマツリカ達の世界に戻ってきました。

    舞台が三ヶ国にわたることはなく、山からある港町で終始したが登場人物はみんな濃かった。「正義」とは言わない、「筋を通す」剛力と鼠とマツリカ達。芯が通っていて、ぶれない強さがこの登場人物達の魅力だと思う。

    前作と違って、マツリカのネタばらしとキリヒトの圧倒的な強さが無く、大丈夫かこの事件は乗り越えられるのかと不安になることが多々あったが、剛力や鼠それぞれの特徴を生かした見せ場があって良かった。鳥飼いのエゴンの働きがそうか、そういうことができるのかとスルスルといていく謎は前作同様快感…。


    あと、次回作がありそうな終わり方でした。次も楽しみです!

  • 前作とは違う登場人物が多く出て、またまた厚いので読破できるか不安だったが杞憂だた。近衛隊が次々首をはねられている場面が怖かった。そこから、剛力や近衛隊、鼠たちの仲間意識がどんどん高くなって、カロイの正体や隠されていた伏線が明るみになっていき、どんどん進んだ。マツリカたち一の谷がいい所をかっさらっていたけど、一番活躍して意外だったのが言葉が上手く発せられないエゴンたったこと。樵たちの村で起きた皆殺しの真相が残酷で、言葉がなかった。キリヒトが出てこなくて残念だったけど、存在だけでも感じられてよかった。

  • 剛力と呼ばれる山の民,落ち延びる姫を守っての衛兵たち,みなしご集団の鼠達,そしてそれに絡んでくる一ノ谷の都合.色々な企みがあってどれが真実で嘘かがめぐるましく入れ替わる.読みながら振り回され,最後に茉莉花の解き明かしを待つ.キリヒトが出てこないのが残念ではあったが,とても楽しかった.

  • 登場人物一覧を見ても、知らん名前ばっかりやし、不安だった。前作があまりにもおもしろかったから、燃え尽きてやしないかと。
    いやしかし、高田先生は裏切らない。
    (作品中は裏切者だらけやけど。)
    前作に負けず劣らず、めちゃくちゃおもしろかった。
    今回も、読めない漢字、単語、知らん言葉遣いがボロボロ出てきて大変勉強になる。
    おもしろいから調べちゃう。スルーしない。スマホ片手に読み耽る。

    あと、図書館で借りたんだが、前の人が素敵なひとだったのかしら。装丁の花を思わせるような良い香りが、始終本から立ち上っていて幸せだった。

  • 前作ほどではないが、今回も分厚かった。
    終盤にしか出てこないのに、一気に主役をかっさらうマツリカたち。やっぱり存在感が違う。
    でもエゴンの観察力と、深い考えには驚き。凄く格好良かった。
    もう終わりかー、と思っていると、最初の樵の村の真相が明かされて、思い出すと同時にああ、なるほどと理解できた。悲しい話ではあるけれど、
    はくにしてみれば、生き残れただけでも頂上なのかもしれない。
    次回はキリヒトも出てくるのかとわくわくする。
    話し言葉だけが重要ではないと気づかされるお話。

  • 一ノ谷の仲介により、アルデシュに亡命したニザマ帝から、宦官宰相ミツクビを中心とした旧勢力に与する者を一掃する勅命が出た後の物語。

    ニザマ官僚の姫君ユシャッバは、国外へ逃れるために港湾都市クヴァングヮンを目指していた。
    身分を隠し護衛に守られながらも、好奇心旺盛で物怖じしないユシャッバは、道案内の剛力のひとり、鳥飼のエゴンが、醜い外見と不自由な言葉にもかかわらず、鋭い観察眼と優しい心根を持つ者と知り、親しむようになる。
    困難な山越えの道中、虐殺にあったらしい山村で助け出した仮死状態の少年を伴い、目的の港で脱出の差配をしてくれるはずの廓にたどり着いた一行だが…


    「図書館の魔女」の続編。今回は、誰が味方か敵かの緊迫したストーリーで、やめられない止まらない!
    剛力衆の面々、エゴンはもちろんのこと、ゴイ爺の只者でない雰囲気、ワカンの飄々とした頼れる兄貴ぶりがイイ!
    図書館の一行は、かなり終盤になるまで登場しないが、マツリカもちょっぴり人間味が出てきたような。

    この終わり方なら、間違いなくさらに続編が期待できそう。
    キリヒトに再会出来るのを、楽しみに待つことにしよう。


    あぁ、でもなんで今回はソフトカバー?
    完結の暁には、全巻ビシッと美しい装丁で揃えてもらいたい。財布にはキビシイけど。

  • 図書館で。続巻。
    いやぁ、読み応えがあるなぁ。それにしても文章の組み立て方の法則がわからなくなってしまっても文字記号と形でわかる、というのは面白いなぁ。そう言えば昔、子供が亀という字はその形が亀の形に似ているからすぐに覚えることが出来た、なんて話を聞いたことがあるなぁなんて思いだしました。確かにカメよりは亀の方が視覚的にその指し示すものをきちんと表すのかもしれない。表意文字って面白い。

    というわけで彼らはこれからどこに逃げるのだろうと思ったら一応あの港町で色々片付いてちょっとホッとしました。子供は手先が器用だし役に立ったんだろうなぁ…。そのうちキリヒトも又出てくるんだろうか。
    このシリーズは電子書籍で購入しよう、うん。

  • 図書館の魔女の続編。
    と思いきや、前回の登場人物がなかなか出て来ない!
    キリヒトの名前が巻頭の一覧に載っていないのが気になる…
    そうしたモヤモヤを抱えながら読み進めて行くと、後半から物語が動き出す。この展開は前作に似ている。
    膨大で心が折れそうになった前作と比べて、物語に直接関係の薄い描写や長々とした解説が激減して、とても読みやすくなった!
    これは登場人物に子供や動物が加わった効果もありそう。
    ラストには次回作の布石も置かれ、また魅力的なメンツが集結することがあるのかなと期待がかかる。

  • このボリュームで飽きさせないところ、無駄のないところがすごいとおもう。

    立ち上がりは読み進めるペースも上がらないがある程度進めば逆に止まらなくなる。

    嬉しいのは意外な人物が早くも作品に舞い戻り活躍してくれること。

    やり切れなさはあるものの、光があること、未来があるところがよかった。

    ただ、登場人物の名前が似ていて最後の最後のほうにならないと区別がつかない。。。ちょこちょこ登場人物のページに戻るのが難でした。
    あと、重たくて通勤中に読むのは大変だったなw

    2017.1.13

  • すごい!ちょーおもしろかった~~~!大満足っ!

    図書館の魔女の続編ってことで、
    キリヒトたちのその後についてわくわくで読み始めたら
    一向に彼らの名前がでてこない。
    マツリカのきいたら絶対怒りそうな噂話だけ。
    なので最初は肩すかしだーとか思ってたんだが、
    だんだん剛力たちのひととなりがわかってきて
    村ひとつ焼き討ちにあってたりとか、
    目的地にたどり着いたはいいが、なにやら雲行きが怪しくて・・・っとなってからは、彼らが無事この街から逃れることができるのが、どきどきして、鼠たちに出会ってあたりからはもう最後まで一気読み。ページをめくるのをやめられず、
    気づいたら午前2時だった。
    いやあ、ほんっとにおもしろかった。

    隻腕のカロイは最初ちらっと思ったが、
    笛を子どもたちに作ってやってるところで、あっと思いさらに馬のおもちゃを治してやってるところで確信に至る。しっかし、あの笛がこどもたちの為のこどもたちにしかきこえない音をだすものだと分かった時は感動だった。なんかヒュイの仲間を守るための抵抗っぷりとか
    あのあたりは涙なしでは読めない。
    うう、ほんっと本文にも書いてあったが、
    もっとも虐げられたものたちこそが、もっとも弱いものを守り、矜持を捨てないでいた姿に、うわああっとなる。
    んでもって本大事のマツリカも健在で、
    ハルカゼが笑いに肩を震わせているのもみられて楽しかった。

    にしても終わってみると
    たった1人の男の蓄財のために村1つ焼かれ、街ひとつ死で覆われたのかと思うとなんじゃそりゃ~~っと怒りしか湧いてこない。
    ほんとうに「どうして」の悲痛さに、ぐわあああっとなる。

    山の村の方はなにか貴重な薬草かなにかに関する陰謀的ななにかが別にあるのかと思っていたのだが、
    まさかお宝隠すだけのとばっちりだったとは・・・・
    ありえん、ゆるせん。

    三つ首さんとこの耳目はなんか怖すぎなんですけど~!
    うわあなんか事故かなんかで死んでほしい。
    じゃないとそのうちキリヒトと対決とかありえそうで
    こわいー。
    っつーかあんだけ人々に苦しみを与え続けた男が
    一刀のもと死なせてもらえるなんて・・・・。
    それこそ、裏切りものとかじゃなくて口封じ的な意味の方が強いんじゃないかと勘ぐってしまう。

    さてさて、剛力や子どもたちとの縁がこれから先なにかのときにマツリカの力になるといいなあっと思いつつ、
    次はキリヒトのその後のお話であってくれ、と願うのみ。

    山の弁、かっこいいなあ。

  • ワシは既にすっかりこの世界に魅了されていたんだな。

    骨太なファンタジーだった前作を継いでいるのに、肝心の主人公はほとんど出てこない。連続的な出来事は起こっているし、繋がりを匂わせるキャラやはいるが、ほとんどが新キャラで舞台も新しい。

    なのにこれだけ面白いというのは、完全にこの創られた世界に、歴史にはまり込んでいる証左だろう。

    烏のあしらいを始め、十重二十重に張り巡らされた伏線とその回収が面白く、相変わらずの読めない漢字に馴染み無い表現もクセになり、この怒濤に、読書家としてのMな部分を刺激される、他に無い読書体験。

  • あぁ、もうすごかった。今回もすごかった…
    始まりは前回同様難しくて時間がかかったけど、途中からはもう止められない。

    終盤、彼の伝言にぞくぞくした。
    どうなるのかソワソワしたり、どういうことなのかとワクワクしたり、マツリカの説明にのめり飲んでしまったり、全てが繋がっていく快感にため息が漏れたり。
    ああ、本当に面白かった。面白かった。
    続きもとても楽しみ。

  • 裏切り者はだれか。なにを信じればよいのか。
    難しい言葉が増えた…
    C0093

  • 前作でも思ったが、食べ物の描写が美味しそう。
    キリヒトが出てこなかったのが残念やけど、あれ?って引っかかった伏線の回収が気持ち良い。
    前作で、もう出てこないかと思ったヴァーシャが格好良かった。
    仮名より本字が難しいっていう話に納得。
    「文字を読むこと」がどういうことなのか、考えさせられる話だった。

  • 前作、マツリカ等により政変が急変した二ザマ国内でのお話。
    都落ちした姫君を無事に逃がそうとする近衛兵たち、雇われ手を貸す山に生きる剛力たち、逃す手はずを整えているはずの厨の連中、港街の溝に暮らす鼠たち、街で出会った謎の隻腕の男・・・多くの登場人物がそれぞれの思惑に従って物語をすすめていく。

    とってもおもしろかった。
    前作同様、最初は登場人物が多くておぼえるのが大変だったけれど、中盤からはひとりひとりの個性が際立ってきて、それぞれに魅力を感じる。高い塔のマツリカ主体の前作に比べて、言語学論議などは少なく、最初から緊迫した冒険ファンタジーという感じ。最初は全体像がまるでつかめず、なにが起こっているのかよくわからないけれど、カロイ登場あたりからまた急速に物語はころがっていく。

    前作が大好きだった身としては、隻腕の男の登場やマツリカや一ノ谷の存在を示唆するような描写が増えてくるにつれて、わくわくが止まらなくなってくる。それまでも「言葉」はもちろん大事なのだが、マツリカが登場するとやはり「言葉」が大きな意味を持ってきて、この物語の醍醐味がきたとうれしくなる。「言葉」に重きを置いている点では前作の方がおもしろいけど、こちらでは緊迫感が増え、続編としてもとてもおもしろいと思う。キリヒトやキリンが出てこないのがさみしいけど、さらなる続編が楽しみ。

  • 2016_050【読了メモ】(160830 19:20)高田大介『図書館の魔女 -烏の伝言(つてこと)』/講談社/2015 Jan 27th/茉莉花様が中々出てこなくて今か今かと待ち受けました。

  • 嗚呼 読み終えてしまった..大切に少しずつ読んでいたのだけどね。前作と同様素晴らしかった。仔鼠達の健気さに何度も泣いてしまった。胸に渦巻く思いはいろいろあれど 思いが深すぎて言葉にするのが難しい。ただひとつ キリヒトがマツリカのそばにいないのが せつなくてせつなくてたまらない。 早く 次が読みたい..今 執筆中らしいが..

  • 第3巻終わりにマツリカが妙に女らしくなって気持ち悪いなと思ったりもしたけれど、やっぱり彼女が出てくると話が締まる。
    誰が誰だか少し日が空くとわからなくなったりもしたけれど、面白かった。続きが出るならぜひ読みたい。

  • 中盤までは「前作と違う世界観へのアプローチかな?でもおもしろいー」と思っていたんですが、そんなものは見当違いでした。
    言葉を伝える力その尊さ貴重さを、また教えてもらいました。どんな人にも思いを伝える術があると。

    「職能」これもキーワードですね。
    誰しも生きるため生活するために、何か持っている。いつの間に得ていたか、苦労して得たかは人それぞれですが、この力によって人は生きるし、それを良く使うも悪く使うも人次第、と。自分に何か持ってるものがあれば良く使いたいな、と思います。

    あとハルカゼの腹筋が心配です。笑いを堪える時、腹筋使いますよね。
    大丈夫なんでしょうか彼女。

  • はー。堪能したー。
    『図書館の魔女』続編。658ページ!

    物語が終わる頃には、どの登場人物にも気持ちが入って、別れがただただ寂しい……。
    『獣の奏者』以来の、濃厚ファンタジーだわ。
    でもって、こちらは姉御によるミステリー暴きが半端なく心地よい。。。

    今作では、まずはカロイ。
    いやー、活躍してくれて、良かったー。
    というか活躍が早くて、ちょっとびっくり。

    それから、エゴンと遣手の謎解きは面白すぎた。
    ミツクビ方の刺客、キリヒト並みに半端ないやつがゴロゴロいすぎて、大丈夫?(笑)
    更に血も涙もない展開なのに、マツリカ様一派はいくら冷淡とはいえ、義の人だよなぁ……。
    この辺は前作でもかなりヒヤヒヤしていたけど、相変わらずな凄惨さでした。

    筋道と解法の楽しさだけでなく、地理を描くのも上手ければ、「言葉」というものの良さ、弱さの捉え方、テーマの仕方が凄すぎる。
    それを、この量できっちり描ききるのだからなー。

    続編も出るようなので、確実に買います。

    ちなみに個人的に1000冊目の登録本です。
    素晴らしい作品に出会えて、心より感謝!

  • 「図書館の魔女」の続編。

    マツリカの登場が少ない分、言語学に関する蘊蓄は控えめで冒険ミステリ色がより強く感じられた。前作のキャラに想い入れがあるから寂しい気持ちもあったけど、新しいキャラも皆、負けず劣らず魅力的で、すぐに作品の世界観に浸らしてくれる。しかも、隻腕の彼がいることで、前作との繋がりを常に感じることができ、終盤の集合場面はまさに感無量。でも、一番グッときたのは、エゴンの察しの良さ。解説されるまで、煙突の場面のエゴンの行動の意味が分からなかったんだよね。そういうことだったのか、と解説されて初めて理解出来て、鳥肌立っちゃいました。
    まだまだこの先、シリーズ続くよね?絶対、続いて欲しい。首を長くして続きを待ってます。

  • やはり序章は気持ちが入り込むまでに時間がかかる展開で、なかなか読み進めなかったです。登場人物も馴染みがなかったので、少々退屈でした。
    ですが、中盤からは一気読みでした。
     カロイの正体は「賢い」と「あの方」で前作に繋がり、そこからグッと興味も湧きました。
    今回、キリヒトが登場しなかったのは残念でしたが、弱い者、裏切られた者が手を組んで義を貫く、仲間を助けるという今作も、面白かったです。特に、マツリカとワカンのやりとりは笑ってしまいました。いいコンビかもしれません。
     あぁ、この次の物語が読みたいです!

  • 今回も大変なお勤めでした!
    カロイ一人勝ちじゃないか
    仲直りもできたんだね。本当によかった、、、
    義理堅さがいつか実を結ぶんだな、と感じられる
    愚鈍な人、というのはほんとは居ないのかもしれない
    なにかに秀でて、なにかが劣る、それだけのことかな

全65件中 1 - 25件を表示

図書館の魔女 烏の伝言を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

図書館の魔女 烏の伝言を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

図書館の魔女 烏の伝言を本棚に「積読」で登録しているひと

図書館の魔女 烏の伝言の作品紹介

霧深いなか、道案内の剛力たちに守られながら、ニザマの地方官僚の姫君ユシャッバとその近衛兵の一行が尾根を渡っていた。陰謀渦巻く当地で追われた一行は、山を下った先にある港町を目指していた。
剛力集団の中には、鳥飼のエゴンがいた。顔に大きな傷を持つエゴンは言葉をうまく使えないが、鳥たちとは、障害なく意思疎通がとれているようだ。そんな彼の様子を興味深く見ていたのは、他ならぬユシャッバだった――。

ツイートする