カッコウの呼び声(下) 私立探偵コーモラン・ストライク

  • 156人登録
  • 3.53評価
    • (7)
    • (21)
    • (32)
    • (2)
    • (0)
  • 20レビュー
制作 : 池田 真紀子 
  • 講談社 (2014年6月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (354ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062189156

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

カッコウの呼び声(下) 私立探偵コーモラン・ストライクの感想・レビュー・書評

  • 後半、それも中盤(全体の3/4)位から話の展開が早くなってきて伏線や謎が少しずつ説明されていく辺りは面白くなってくる。犯人の意外性も、また他の人の利害関係なども納得できる。
    が、いかんせん長すぎる。読み終わってみると全く物語に関係ない登場人物(単に話を複雑にさせるだけ)や、あまり説得力のない設定も多く、このページ数が必要だったかは疑問。もっと刈り込んでも良かったのでは?
    ローリング作だから、期待もするし、好スタートともなるが、これが新人作家だったらさほど評判にならなかったような気がする。
    キャラも描きこまれているので、シリーズ2作目に期待。

  • 主役2人の描写がとんでもなく魅力的。他は普通。

  • まあ主だった登場人物は、限られているのですが、たまにちょこちょこと出てくる人物がやっかいですね、覚えていられません。そのたび人物表を確認します。
    話自体は終わってしまえば、はあそうだったんですね。という感じで、ハラハラドキドキもジェットコースターなみのどんでん返しもありません。
    だから余計登場人物に焦点を当ててしまいがちです。
    まず主人公の私立探偵、戦争で足を負傷して、ギブスが合わないのか絶えず足が痛い、これは仕事に差し支えるでしょう。また事務所で寝起きをしているだらしなさ、いかなる事情があろうとも、公私は分けてください。
    それに引き換え、派遣会社から来たアシスタントの女性、出来すぎです。魅力的すぎ。
    婚約者がやきもきするのもわかります。
    なんだか最後に思わせぶりな書き方がしてありましたが、この二人が将来どうこうなるなんてことは断じて反対です。

  • 私立探偵コーモラン・ストライクの活躍を描くミステリ。あのハリポタの作者が書かれたってのでこれは面白くないはずがないでしょ! と思ったのですが。
    案外と地味な話。モデルの転落死を巡る調査から始まる物語は、地道に周りの人間の証言を集めていくというもの。面白くないことはないけど、いまいち盛り上がりに欠けるなあ、などと感じていました。だけどそれも上巻だけのこと。下巻からはぐっと盛り上がってきて、一気読みでした。
    それぞれの人物のキャラクターが生き生きしているのが魅力。特に最初に死んでしまったルーラのキャラクターが多様な人の証言によって徐々に描かれるところが読みどころです。
    そしてコーモランのキャラもいいけど、ダントツは秘書のロビンです。有能なのも魅力だけど、それ以上に探偵の仕事にわくわくしちゃうところがミステリ好きとしてはとっても親近感を覚えてしまいました。このコンビの活躍、もっと読みたいです。

  • 灯台下暗し的人物が犯人で「おお…」な作品。
    それでもラストは結構ドキドキしました。
    ファンタジーとは打って変わってミステリーという感じが良かったと思います。
    ロビンの今後が気になります。
    あと、コーモランの元カノもどうなるんだろう…。
    これで終わりなのだろうか…(終わってほしいような終わって欲しくないような)

    次作も決定しているようなので、楽しみに待ちたいと思います。

  • ようやく読み終わりました。
    こういう結末だったのね、という感じでした。
    なぜに「カッコウの呼び声?」という邦題になったのか?

  • 楽しかった(^○^)ほんとに

  • おもしろかった! おかげで寝不足です。ロンドンに行きたくなりました。

    ストライクの観察力も見事だけど、作品の最大の魅力は何といってもロビンです。才色兼備で度胸があって、細やかな気配りがさりげなく出来る人。出ずっぱりじゃないのに、存在感がすごかった。上下巻を通して何度も「辞めないで!」という心の叫びがあがりました。翻訳物でここまで好感が持てる女性は希少かも。

    美女と野獣の名コンビ、2作目が待ち遠しいです。

  • 面白かったー
    正統派ミステリって感じ。
    そんなミステリーに詳しいわけではないのですけど。
    探偵がいて、助手がいて、依頼主と犯人がいる。疑われる人もいる。

    ローリングはこういうのも書くんだなぁ。
    でも確かに、あの長編シリーズをしっかりつじつま合わせながら書けるんだから、推理小説だってそりゃ書けるのか、と変に納得した。

    結構ストライクたちのその先も気になるのだけど、シリーズ化したりするのかな。

  • 読みやすいのだが、何で雇ったの??

  • 義足のストライクと、給料は悪くても探偵業にワクワクの秘書ロビン。新たなコンビのデビューですね。今後どのくらい続くのか楽しみです。
    でも、本当にイギリス人の名前が難しくてなかなか頭にはいらなかったです。

  • モデルの死をめぐる探偵小説。
    フーダニットなのに
    なんだか分かりづらい。
    イマイチ。

  • 前半はがまん、がまん、がまん。最後に怒涛~~~
    ストライクのイメージは、ブレンダン・コイル(ダウントン・アビーのベイツ役の人。足のせい?)

  • 下巻では思わせぶりな捜査から一気に解決へ。なんとなく犯人はわかったし、ちょっと強引なところもあったが、まずまず面白かった。次回作もあるとのことで期待。

  • J.K.ローリング(ハリーポッター)の作者。
    ロバート・ガルブレイスの名前で私立探偵コーモランス・ストライクを主人公にしたミステリーである。
    ハリーポッターは好きな本でったので、是非読もうと思った。
    「上」の時はあまり興味を持たなかったが「下」は犯人を捕まえるところになり一気に読み終える。
    次の作品を期待する。

  • 退役軍人のストライクは、体にも心にも痛手を負っていた。しかもいまの人生自体、粉々に砕けそうだった。この事件の依頼を受ければひと息つけるかもしれない。しかしその“対価”は予想を超えたものだった。若いモデルの込み入った世界に立ち入れば立ち入るほど、邪悪な影がちらつき、核心に近づけば近づくほど、予想もつかない危険が迫る…

  • 下巻後半になって話が動き始める感じ。
    題名も、なるほど!と言う感じで伏線を回収。気持ちいい。

    単発の推理小説としては冗長な感じではあるけど、シリーズものの1作目ということで、主要キャラの生い立ちなどが丁寧に説明されているのかもしれません。
    探偵のストライクは、最初は苦手なタイプのキャラでしたが、徐々に人間的な側面が描かれていき、最後には秘書のロビンと共に応援したいキャラクターになっていました。
    2作目の邦訳も決まっているそうで、楽しみです。

  • ハリー・ポッターの著者が別名義で発表した探偵ものミステリ。上下巻というページ数のわりに内容は薄く、ミステリとしての底も浅い。最初はまったく評判にならず、著者の正体を明かしたとたん売れ始めたというのも納得です。

  •  読者モニターに応募した作品がプルーフ本でやってきた。上下合本の分厚くて腕の鍛錬になりそうな弁当箱サイズの一冊だった。しっかりした完成本ではないので、登場人物の一覧がない。一気に読めればいいのだけれど、ぶつ切りで読むしかない生活スタイルのぼくには、これが一番困った。何とも多くの登場人物が出てくるし、名前がイギリス式で難しい。

     これがアメリカで、また作者が故ロバート・B・パーカーだったなら、登場人物もスペンサーとかホークとか、とても簡単な名前だし、そもそも登場人物が片手で数える程しか出てこない。レギュラー登場する飼い犬の方が、ゲスト登場人物よりも登場回数が多いくらいだし、作品もやたらに分厚くはない。

     最近の海外ミステリは分厚さを競い合っているように見える。かつて一時代を築いていたスケールの大きなかつての冒険小説みたいだ。早川書房の誇るポケット・ミステリなどは、今ではポケットという言葉が不自然なくらいに分厚い代物と高価格の値段表示に姿を変えて、毎月書店の棚を、重厚でカラフルな背表紙イメージで飾っている。

     本書は、そうした最近のトレンドとも言えるような分厚いミステリの一つである。なぜ、さほどスケールの大きくないこの事件に、これほどの分厚さが必要なのだろうか。読んでゆくうちに、ははあ、なるほどと、ぼくは思う。そうか、最近のミステリは、主人公のキャラクター作りに重きを置いているため、事件とは別に、彼らの日常生活描写がかなり加えられている傾向にあるのだ。そういえばデンマークの傑作シリーズ『特捜部Q』も主人公や彼を取り巻く奇妙な人物たちのストーリーを、時には主たるミステリを超えるくらいに面白く描いている点が、思えばとても魅力的なのであった。

     コーモラン・ストライクという私立探偵に、その破天荒な日常生活上で連続して襲いかかる人生のピンチや、波乱万丈な軍隊での過去、そのために負った片足切断という運命を、義足と事務所の簡易ベッドなどという形で引きずらせることによって、事件以外の彼の人間的部分のストーリーが、メインストーリーよりもむしろ興味深い。そこに、ロビンというこれまた派遣スタッフの根アカな助手が加わって、彼女の一筋縄ではゆきそうもない恋愛模様が混じり始めると、事件以上にそれらの物語が印象的だし、主人公とその助手は魅力的である。

     それでいながら、本書はミステリ作品であろうと、とても深く意識しているように見える。謎ときの面白さ、最後まで見破りにくいフーダニットの楽しさ、そしてコーモラン・ストライクが次第に掴んでゆく真実、そして真犯人との対決、そうしたミステリならではの要素を確固たるストーリーテリングで解き明かし、大団円にまとめあげる筆力とリズム感。これが、新人作家ロバート・ガルブレイスの実力だ! そう誰もが驚くことを作者は希望していたものだったらしいが、その計画は実は無残にも破綻させられる。

     何しろ、この新人作者はある有名な作家の覆面を被った姿だった、という真実。編集者や出版社からその真実への迷路を辿られてしまい、実はその正体があの有名な女性作家、『ハリー・ポッター』シリーズのJ・K・ローリングと判明したのである。もちろんその時点で、本作品は、あっという間に15万部を売り上げるベストセラーになってしまう。完全に秘密裏に男性作家名義で純然たる小説の力で勝負したいと願ったローリングだったらしいが、その目論見はこうしてあっけなく破れ、本書は時を置かず世界を席巻するシリーズの出発点に立ってしまったのである。

     次作も既に用意されているシリーズとのことだ。ミステリという古い部分は素晴らしい出来だと思うが、その古くクラシックな英国伝統推理小説の骨子であるところには、あまり興味を持てなくなって来ているぼくにとっては、このシ... 続きを読む

  •  スーパー・モデルのルーラ・ランドリーの死をめぐる物語ではあるが、同時にコーモラン・ストライクの再生の物語でもある。内省的で抑制的なコーモランがたまらない。ロバート・B・パーカーのスペンサーを見ているようだ。
     結末もさることながら、残り150ページになってからの展開に驚いた。それまでの物語の展開は、ひたすら関係者とへのヒアリングが淡々と続いていたのに、いきなりその中に潜んでいた手がかりが自己主張するようにピタッと組み合わさっていく。非常に良く出来たジグソーパズルを完成させた時のように、急激に全貌が見えてくる。それでいてパズラーとしてまとまるのではなく、魅力的なコーモランを配した筆力に脱帽。今後が楽しみなシリーズになりそうだ。

     今までのパズラーに不満を持っている人に、「とにかく読め」といって薦めたい。
    さらに言葉を費やすならば、「コーモランのシリーズの誕生をリアルタイムで読めたことが、如何に幸運か10年後には分かるだろう」と言ってやりたい、そんな作品である。

    読者モニターとしてプルーフ版で読了。

全20件中 1 - 20件を表示

カッコウの呼び声(下) 私立探偵コーモラン・ストライクに関連する談話室の質問

カッコウの呼び声(下) 私立探偵コーモラン・ストライクを本棚に登録しているひと

カッコウの呼び声(下) 私立探偵コーモラン・ストライクを本棚に「読みたい」で登録しているひと

カッコウの呼び声(下) 私立探偵コーモラン・ストライクを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

カッコウの呼び声(下) 私立探偵コーモラン・ストライクを本棚に「積読」で登録しているひと

カッコウの呼び声(下) 私立探偵コーモラン・ストライクの作品紹介

関係者を次々に訪れて話を聞くストライク。少しずつ少しずつ、証言の矛盾が明らかとなる。しかし若いモデルの世界に足を踏み入れれば踏み入れるほど先行きは不透明になり、核心に近づけば近づくほど危険が増してゆく…。JKローリングが偽名で発表した息もつかせぬ正統傑作ミステリー。新しいヒーローの登場! 無敵のミステリー・シリーズ、今ここに誕生! 同主人公の2作目も刊行予定。

カッコウの呼び声(下) 私立探偵コーモラン・ストライクのKindle版

ツイートする