ブクログ大賞

家族シアター

  • 1850人登録
  • 3.84評価
    • (143)
    • (292)
    • (222)
    • (14)
    • (1)
  • 266レビュー
著者 : 辻村深月
  • 講談社 (2014年10月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (282ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062191876

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

家族シアターの感想・レビュー・書評

  • 家族って、いいなぁ、、と思った。

  • 家族についての短編集。どの話にも共感できる部分があり、姉妹間のやりとりや親の想いなどに涙しながらあっという間に読み終えました。

  • 最近の辻村美月、面白くない…。
    (って、図書館なので、たまたま私が借りてくる「最近」だけど)
    そもそも、短編てあんまり好みじゃないからかな。
    まぁ、一つ一つの話は良かったけど、それだけだなぁ。

  • 正直、短篇集って好みじゃない話が
    ひとつくらいはあるもんだ。
    だけど、この本にはそれがない。
    どれが一番だったか選べないな。

    なんかさ、どれも泣きたくなったよ。
    家族なんて割り切れなくてめんどくさくて。
    しんどいことも嫌なことも山ほどあって。
    だけど、家族なんだよなぁ。

    泣きたくなったっていうより、まぁ
    ボロボロ泣いたけど。
    わかる!とか、なんかいろんなごちゃまぜの
    そんな気持ちは涙になって
    わたしの中から溢れ出る。

    辻村さんはほんと、恥部っていうのかな?
    わたしなら誰にも言わずそっと
    心の奥底にしまっておきたいな
    バレたくねぇなってことを書くのね。
    それが痛くってでも心地よい。
    それから、やさしい。

    あぁ、何度も読み返したいって本に出会えた。

  • 内輪にしか分からないような、家族関係あるあるエピソード7話。

    ・野暮ったい姉とイケてる妹の仲違い
    ・ヲタク姉弟の仲違い
    ・頭の悪い母と優秀な娘
    ・小学教師に憧れる息子と大学准教授の父親
    ・素質が全然違う妹に嫉妬する姉
    ・バイリンガルの孫娘と手厳しい古風な祖父
    ・赤ちゃんを通して初めて親の想いに気付く夫婦

    母娘ものを好んで読む私としては、やっぱり母娘の話が印象的で、自分とは全然考えも価値観も違う頭の悪い母親にイライラしたけれど、最後がまさかまさかの展開で、良かった。ストーリー的には良かったけれど、うちの母親にはその選択は1mmも無かったのだよなぁと思ったら、切なくなってしまった。

    ものすごく嫌いなはずなのに、それでもやっぱり好きな存在。家族って不思議。

  • お話が7つ入っています。
    6つめまではなんというか、ちょっと嫌な人が出てくる話が続くのでやや疲れます。
    辻村さんは学生時代、女子のヒエラルキーにさんざん悩まされたんだろうな、と感じます。

    「学研」と「科学」は懐かしかった。私は学習を取ってもらっていて、毎月学研のおばちゃんが届けに来てました。
    学校で買うシステムがあったなんて知らなかった。
    お金持ちの家の子は、学習と科学両方買ってもらったりしてたなー。

    最後の「タマシイム・マシンの永遠」は載っていた雑誌を持ってるので読んだことあるのですが、やっぱり最後のおばあちゃんの囁きで涙が。
    藤子先生は偉大だし、こんなに素敵な小説を書かれる人が藤子先生の大ファンでよかった。

  • 辻村深月さんの作品は読む順番がある、と聞いてはいたものの、こちらに手が伸びてしまいました。
    短編集なので、寝る前の一読にちょうど良く、ハッピーエンドで読後感もすっきりしていて、試しに読んでみて良かったです。
    はじめはバラバラな家族が、ひとつになるお話。いろんな人にオススメしやすい本でした。

  • いろいろな家族の話。歪なところがありながらも、家族として関係を築いている。
    2016/11/18

  • 色々な家族の物語。
    おじいちゃんと孫のお話が自分的にはツボでした。

  • 市図書館にて。「タイムカプセルの八年」は『時の罠』で読んだ記憶あり。

    全てハッピーエンドである。それでも、やっぱり親心と子の心にはズレが存在していると思う。安定した家族なるものに落ち着いたようで、数年、数か月後ならば決定的な決裂を思い浮かべることができる。読み方がおかしいのは分かっているが、非常に好ましい家族関係の描写であると思った。あ、姉妹関係の描写は苦手です。

  • 2016.09.20読了。
    面倒だけど、それが家族。
    先生、子供産んで家族ができて、内容が少し変わったなぁと感じてしまった。いや、でもいつもの青春時代独特の感じもあって、ねちこーいとこもあるけど、すごく好きな内容だった。

  • 2016.09.10 読了。

    図書館にて。

  • 親父会のとおじいちゃんの、あとタマシイムマシンに泣かされた。それ以外にも苦手な親戚あるあるや妹への意識とか身につまされる部分が多々。なんか重松先生作品っぽい?

  • 不覚にも涙させられそうになるが、おもしろくはない。家族の話。なんで、家族だと分かろうとするのか、絆を感じてしまうのか、「だってそうでしょ」としか説明されない内容の気持ち悪さ。
    子どもは真っすぐだな、と思わされるが、大人はいったいなんなのか。逆に、愛情を感じられない子ども時代に育った人は、取返しがつかないとも思わされる話。

  • 家族の話。ひきこまれる箇所は多い。

  • 現在妊娠9ヶ月。親になる前に『タマシイム・マシンの永遠』が読めてよかった。
    -「自分が大事にされていたかどうか確かめに来たのに、その時にお母さんかまため息ついてたり、笑ってなかったら、きっと嫌だろうなって思っていながら一緒にいるの」

    全7篇の短篇集。妹や姉、娘、息子、孫…。家族が絡んだ心温まる話。もれなく全篇目が潤みました。これから家族の中にこんなあたたかい物語が生まれていくといいな。

  • 【※デトックス効果完備】

    家族にまつわる、後味バッチリ、ほっこり、感動、な物語を集めた短編集。

    私が好きな話しは、真面目な娘とホステス出身の少女脳な母親のお話し。
    語り手の母親が、読み手の私たちを苛立たせるけども、エンディングはちゃんとほっこり泣けます。あんなにイライラしてたのに、読了後は語り手の母親を頼もしく、そして愛おしく感じます。

    いがみあってる姉弟、真逆の姉妹、ちょっと家で浮いているお父さん、昭和のおじいちゃんと平成の孫、、、ステレオタイプかもしれないけど、ちゃんと生々しく感じられる、さすが辻村深月先生。

    ※デトックス効果ありますって。

  • 登録し忘れ
    読み立ての感想はちょっと忘れてる

    家族の形って本当に色々あるものだと思う。
    辻村さんの凄いところはそんな色んな形の家族をとても繊細に細かく書き出せるところだと思う。

  • ほのぼのと兄妹愛や親子愛が描かれ ホッと心がなごむ。短編。

  • 短編集どれとは云わないが2編で涙が溢れた。辻村作品は綺麗に救いがあるのが良い。2歳の娘が熱を出して添い寝中に完読。

  • 近くて遠い、憎くて愛しい。そういう家族間の複雑な心情のやりとりを軸に描いた短編集です。
    血が通っている関係、という抗えないものの中にいることで、他人のあいだには生まれない葛藤も生まれるものです。その繊細な感情の揺らぎをとらえて、切なくさせたり泣かせたりさせながら、どれもほほえましいお話として巧く昇華させていて、とても楽しめました。
    言葉にしなくても伝わるものはきっとある。それが家族というもの。そう信じていたいなと思ったのでした。

  • 家族の短編集。読んだことある話がいくつか。姉妹の話がよかった。自分に姉妹がいないからかな。

  • 綺麗ごとだけではない、家族だからこその7編の家族愛物語。そう、家族ってあったかいけど、時にはウザくて面倒で憎たらしくてやっかいなもの。どのお話も秀逸な上、ほんわりした余韻の残るあたたかい一冊。

  • ナンダカンダあっても家族っていいなと思えた。
    こういう家族を作りたい。

全266件中 1 - 25件を表示

家族シアターに関連する談話室の質問

家族シアターを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

家族シアターを本棚に「積読」で登録しているひと

家族シアターの作品紹介

同じ中学校に通う姉は、「真面目な子」。
褒め言葉のようだけど、実際は「イケてない」ことの裏返し。
こんな風には絶対になりたくない――だけど、
気にせずにはいられなかった。 (「妹」という祝福)

息子が小学校六年生になった年、
父親中心の保護者会「親父会」に入った、大学准教授の私。
熱心な担任教師に恵まれて、順調に思われた日々の裏には、
とんでもない秘密が隠されていて……? (タイムカプセルの八年)


すべての「わが家」に事件あり。
ややこしくも愛おしい家族の物語、全七編!

家族シアターのKindle版

ツイートする