小説 ちはやふる 中学生編(1)

  • 22人登録
  • 3.50評価
    • (1)
    • (4)
    • (2)
    • (0)
    • (1)
  • 2レビュー
著者 : 時海結以
制作 : 末次 由紀 
  • 講談社 (2015年2月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062193085

小説 ちはやふる 中学生編(1)の感想・レビュー・書評

  • ◆「かるたを続けてたら、また絶対会える」離ればなれになる新と交わした約束を胸に、中学に入学した千早と太一。千早はかるた仲間を探そうとするが、空回りばかり。太一は秀才が数多く集まる開明成中学で自分の限界を知り、かるたへの情熱を失っていく。千早と太一の距離は少しずつひろがっていき…。漫画では読めなかった中学時代を描く、まぶしすぎる青春かるた小説、誕生!!


    (^^)<Comment
    アニメ→漫画…とすっかりどハマりしてしまった「ちはやふる」。

    みんなが高校生になるまでの過程を描いた小説版(中学生編)が図書館にあったので、早速借りてみました。
    内容はすごく濃くて、小説で読めてよかった!

    登場人物の心理描写やカルタの描写がすばらしいです。
    漫画原作者の末次先生もあとがきでおっしゃっていたけど、漫画で描ききれないカルタの知識が、すごいふんだんに扱われています。

    第1巻はいわゆる「東京編」で、千早と太一の中学入学直後の様子がていねいに描かれていておもしろかったです。
    千早と数少ないカルタに興味を持ってくれた先輩やカルタ好きを理解してくれた友人との出会い。なぜ陸上部に入ったのか。
    受験校に入学し、自分が井の中の蛙であったことを知った太一の葛藤や成長。そして、なぜ高校生になって天才に挑む覚悟が自然とできていたのか。太一の精神力の強さの原点をかいまみることができました。

  • 映画を観た人もいるかもしれませんね。『ちはやふる』の小説版です。百人一首に興味を持って、覚え始めた小学生もいます。みなさんは何首覚えていますか?好きな歌がありますか?

全2件中 1 - 2件を表示

時海結以の作品一覧

時海結以の作品ランキング・新刊情報

小説 ちはやふる 中学生編(1)の作品紹介

百人一首かるたを通じて、絆を深めた千早と太一と新。
「ずっとかるたをしようね」そう約束したのに、小学校を卒業するとともに、3人は離れ離れになってしまう。漫画では描かれなかった中学生時代。この小説では中学生のころの3人が、百人一首かるたへの情熱を抱えながら、迷い、つまずき、成長していく姿を描いていきます。
 スタートダッシュがかるたに役立つと考えて陸上部に入部した千早。なぜかかるた同好会に入ってB級まで上達した太一。最愛の祖父の介護をきっかけにかるたを封印する新。それぞれに秘められた想いの行方は・・・・・・。
 末次由紀氏が漫画で描きたかったエピソードをベースに
紡ぎ出す、まぶしすぎる青春かるた小説の誕生です。ハードカバー愛蔵版。

小説 ちはやふる 中学生編(1)はこんな本です

ツイートする