掟上今日子の推薦文 (講談社BOX)

  • 1122人登録
  • 3.39評価
    • (32)
    • (122)
    • (178)
    • (31)
    • (5)
  • 133レビュー
著者 : 西尾維新
制作 : VOFAN 
  • 講談社 (2015年4月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (402ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062194501

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
西尾 維新
有効な右矢印 無効な右矢印

掟上今日子の推薦文 (講談社BOX)の感想・レビュー・書評

  • ええ~、やくすけくんが出てこない!
    ドラマで見てしまったお話だったが、あらすじを知っていると、この作者の文章がこんなにもクドく感じられるとは。びっくり。

  • ドラマでちょうどこの展覧会のはなしを見ちゃったので
    いつにも増してだるい印象に(笑)

    なんとなく一緒に見た話もドラマ最終回で
    切なくて
    がんばれやくすけな終わり方だったけど

    小説2巻はやくすけくん出てこないし(笑)
    だれだ守くんて

    今日子さんの謎にも迫れず
    このままだらだらいくのかと思わせる戦慄の第2巻

    置き手紙要素は面白い
    ドラマもあんまり見てないけど面白かった
    新垣さんがかわいい

  • 今日も絶好調。

  • この作者の描くキャラクターて、だいたい記号でできているイメージで、それが合う合わないというのは結構ありまして。
    で、読めるシリーズと読めないシリーズあるんですよね。まあ、「自分的に」というやつですが。
    で、この本はというと。

    なんとも思いませんでした。
    探偵は記号満載だし、好き嫌いの一つや抱きそうなのに、なんとも思わない。
    なんでなんですかね。
    なんというか、探偵が勝手にくるくる回ってるだけだからですかね。
    この世界で意味のあるもの、色のあるものは探偵だけであり、それ以外のものは人間も建物も語り手も背景というより書き割りに思えたからですかね。

    いや、つまらないわけではないんですよ。
    面白かったような気はします。
    感想て難しいですね。

  • 美術館に展示された一枚の絵画を滅多打ちにしたお爺ちゃん。そんでクビになった警備員。そこから始まる。

    自分に出来ること。
    出来ないこと。
    自分だったら出来ること。
    自分のカラーが必要な場所。
    一長一短の忘却探偵はそれを知ってるから、出来ることを出来る限り。

    忘却探偵、掟上今日子さんの探偵譚、二作目。

  • 以前ドラマでやっていたので読みやすかった。

  • ワトソン役として“備忘録”とは異なる人物を配置.シリーズもののようなので,その効果はシリーズが完結した後に評価したい.各巻の時間軸も提示されていないし,記憶がリセットされるということをことさら強調したいのであれば,ワトソン役の交代は有益に働いているとは思う.もし隠館氏と親切氏が同時間軸に存在したら,罪作りな探偵である.

  • 親切さんの鈍さがものすごく気になってしまう。
    そりゃ舞台回しだから、察しが良すぎても困るんだけど、あまりにも鈍くないでしょうか。アトリエ荘というものがはらむ危険性なんて、あれだけ説明されれば想像がついてしかるべきなんじゃないかと思うんだけど…。彼の話し方も、なんとも煮え切らなくてとってももどかしい。時間がもったいない感じ。とにかく行動してよって思ってしまう。
    それなのにすごく考えるから、それがまたモヤモヤする。
    それは、思わせぶりに書くのが得意な西尾維新さんだから仕方ないのかもしれないですけどね…。

  • 掟上今日子のスピード感がおもしろくて第一弾の備忘録に続き読みました。ちょっと進展の遅さにダレそうになりながらもなんとか読み終えました。ミステリーとしてはさほど衝撃はなかったですが、エンタメとしてはまあまあ。

  • ドラマと違う筋書き、新鮮な気持ちで読めました。
    しかし、今回も今日子さんの推理力には脱帽。
    いや、推理力というよりは、そのスピードかもしれないけれど、、論理的に状況を整理して(しかも脳内だけで!)、素早く最適解を見つけ出す能力…私も欲しい。
    一日で事件を解決するしかない今日子さんだからこそ得られた能力であることは間違いないけれど、凡人の私でも身につけることが出来ないものか…本作での今日子さんの行動力とスピード、ほんっとに憧れます。

  • 語り手が警備員に変わるとは思わなかった。一人称の脳内語りがとにかく長い!クドい!話がつんのめって前に進まない。無理に一冊の長さに後から加筆して膨らませている?謎が気になるので「仕方ない」と思う本は初めて。なんか悔しい。好きな人は好きなのよね。

  • 掟上は備忘録で見切りをつけていたが、シリーズが意外にも続いているので、試しに2作目を読んでみました。備忘録では意味深な伏線と強引な設定、キャラもイマイチで物足りなかったし、西尾維新らしくない作品と思ったが、ちょうど読む本が切れていたので(^^;
    この推薦文も物足りなさはあるが、許容範囲。時間潰しにはなる。掟上今日子も前作のぼんやりから個性をつけてきたみたいで、優先順位は低いながら、付き合ってみましょう(笑)

  • 犯人はこの中にいます

  • 警備員 親切守からみた今日子さん
    美術館にまつわる長編

  • 美術館で模写する人ってパリの美術館とかたくさんいたけどな、っというのが気になって、なんか集中できなかったな。
    細部がいくつか作りすぎって思うけど、エンターテイメントだと思えば。

  • 掟上今日子シリーズを初めて読んでみました
    ドラマも見たことがないのですが、やはり、いや何故かガッキーで脳内変換されてしまいますね

    本作がシリーズ何作目なのかも分からないままに読み始める

    中心人物は親切(おやぎり)守という男性
    美術館の警備員としてとある絵画の警備をしている

    そこに現れるのが掟上今日子
    毎日現れ、親切が警備している絵画の前で長い時間居座っていた

    その日も同じように掟上今日子が来たが、その絵画の前を素通り。。。親切はえ?なんで?となり警備員の身の上を忘れて「ちょ待ってください」と呼び止める
    そこで掟上今日子が毎日リセットされてしまう事などの事情を聞く

    次に現れるのは子供だったかな
    絵描きさんの卵だが、その方面の才能は豊かな子供

    最後がおじいさんだったと思う
    いわゆる頑固爺
    名前は忘れてしまった

    しかし、ここで親切に悲劇が、、、
    このおじいさんが親切が警備する絵画をいきなり破壊してしまう
    で、警備責任を問われ解雇されてしまう

    失意の親切だが、その後、逆におじいさんから仕事を依頼されるという展開
    その仕事を一緒にやりたいと掟上今日子を誘うが、そこで事件発生
    その事件を二人で解決していくというストーリー

    本作の締めは掟上今日子が親切を雇用する
    そこはタイトルが関連しているのだが、掟上今日子が自身に対して「親切さんは信頼できるので警備として雇用する事を推薦します」と推薦状を書いていたと

    この感じだとこの作品がシリーズ最初の作品ではないかと思っているが、、、どうだろう?

    面白かったですが、そこまで集中しなかったかな
    次のページが楽しみだという感じではなかったなぁ
    面白かったんだけど。。。
    で星4つ

  • ドラマが先だったので厄介さんが相棒じゃないのが何となく嫌であんまり面白くないなと思っていましたが何度か読む度に守さんも好きになりました。悪くないなと。画家たちの話が良かったです。

  • 掟上今日子の推薦文ってそういうことね、と。事件の真相に関しては、特に驚きはなかった。推理小説として読んだら、わかりやすい犯人のうえに長くて飽きてしまうかな。今日子さんと親切のキャラを楽しむ作品。

  • なるほど忘れるという事の大事さ。

  • 絵画と才能の話。
    ふと、委員長の影がさす。

    お金に執着する今日子さんも、塀を飛び越える今日子さんも、良いなぁ。

  • シリーズ2作目。ライトに読める。ラノベに入るの?
    私もニ億円って本当に素晴らしいと思います。だってニ億円だもん。高貴で甘美で美麗なニ億円だもの。いつか会えるといいなニ億円。

  • あ、語り手が変わってる。

    2016.11.13

  • なんだろうな、この違和感。面白いような気もするけどそう言い切れないモヤッと感。恐らくそれは、ミステリーとして本書を読んだ時に得られなかったカタルシスのせいかもしれない。キャラ小説としては面白いし読みやすいんだけど、もう一歩を求めてしまう。

    絵画美術が話の核にあり、それに囚われる人たちの葛藤とかやるせなさとかの描写は、なんとなく相感じるものがあった。パトロンというのは、救世主のようで、逃げ場を失うという部分に於いては人を縛る存在で、その良し悪しについて考えさせられる。

  • 前作よりは物語としての引きが薄かったかなあ。

  • ドラマをちょろっと見ただけだったので、てっきり今日子さんと厄介さんで話が進んでくのかと思ってました。
    しかし、ラストを考えると継続的な雇用関係になると思うのだけれど、毎回初めましては心が折れそう。

全133件中 1 - 25件を表示

掟上今日子の推薦文 (講談社BOX)を本棚に登録しているひと

掟上今日子の推薦文 (講談社BOX)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

掟上今日子の推薦文 (講談社BOX)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

掟上今日子の推薦文 (講談社BOX)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

掟上今日子の推薦文 (講談社BOX)を本棚に「積読」で登録しているひと

掟上今日子の推薦文 (講談社BOX)の作品紹介

企む芸術家。立ちはだかるは、記憶を持たない名探偵。

美術館で警備員を務める青年・親切守。
彼が警護するエリアには訪れるたび、
決まってある絵の前で立ち止まる白髪の美女がいた。
彼女は掟上今日子。またの名を、忘却探偵。
二人は警備員と観覧客のはずだった。
美術品を巡る、数々の難事件が起こるまでは――。

掟上今日子の推薦文 (講談社BOX)のKindle版

ツイートする