リバース

  • 2787人登録
  • 3.76評価
    • (175)
    • (475)
    • (316)
    • (47)
    • (2)
  • 438レビュー
著者 : 湊かなえ
  • 講談社 (2015年5月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (282ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062194860

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

リバースの感想・レビュー・書評

  • 先が気になって一気に読んだ。
    読み応えは十分にあった。

    本の中からコーヒーのいい香りがするようだった。
    蜂蜜トーストも美味しそうで食べたくなった。

    学生時代をテーマにしたミステリーは好きだ。
    広沢の本心が分かった場面は、目頭が熱くなった。

    みんな優しすぎただけだ。
    大切な友達だった。


    『リバース』

    こんな終わり方なんて、嫌だ。
    いい。「リバース」しなくていいです。

    ああ、深瀬はこの後どうなってしまうのでしょうか…。

    広沢が言ってくれたように、コーヒー専門店を開き、
    カウンターの隅には広沢のための席があって、
    毎朝深瀬は最初の一杯をそこに置く。
    深瀬には美味しそうに飲んでいる広沢が見える。

    そんな想像をしてみました。。。

  • 図書館の返却期限ギリギリの一気読み^^;

    心理描写、とりわけ主人公の男の内面がストーリーの骨格になっています。複数の人物から一つの事象の側面を見方方向を変えて語らせる湊さんの作品も面白いと思っていますが、こちらは主人公が最初は負の観点から事件の深層を探るべく、関わりある人間と接触、一つの出口へ向かうジワジワ感その過程で自身の良心も回復、上手く収まるという感想でした。が。。。
    これで終わらなかった^^; 最初のオチがやって来た後に本当のオチが待っています!!

    人には日々の暮らしの中で自分にはコレだというディテールを持ち愉しみを見つけ、それは自身の少なからずの誇示、支えとなっていると思いますが、そこを巧く使ったなという印象。
    タイトル『リバース』の意味するところとは・・

    うーむ、ちよっぴり苦味が残る読後感です 。

  • 湊かなえの小説が大好き。イヤミスの女王と呼ばれるだけあって、ラストのゾワッと感がたまらない。
    この小説もラストにどんなゾワッが来るのか、読み進めながら何処に伏線があるのか、どんな裏があるのか、物凄く疑い深く読み進めた。ほとんど湊かなえ病だ。
    でもやられた。うんうん、やっぱりそうでしょ、物足りなかったなと思わせといて、最後の最後にゾワッと、やっぱりしてしまった。さすが湊かなえだ。

  • 2015年5月発行の作品。
    男性のみ視点の主人公は初めて?
    湊かなえ節、炸裂!

    深瀬和久は、事務機会社に勤めるサラリーマン。
    コーヒーを淹れるのが上手いというぐらいしか、取り得はない。
    常連になったコーヒー店が一番落ち着ける場所で、そこで知り合った美穂子と恋人に。
    ところが、彼女の元に怪文書が。
    「深瀬和久は人殺しだ」という。

    深瀬は子供の頃から成績は悪くなかったが、地味で目立たず内向的で、数人は喋る友達はいても、親友がいなかった。
    大学で初めて広沢由樹という親友が出来た。
    人が良く寛容で、前に出ようとしない広沢。
    ところが、ゼミ仲間との旅行で、その広沢が事故死してしまう。

    怪文書は、ゼミ仲間の元へも届いていた。
    深瀬は犯人を捜すべく、広沢を知る人たちに事情を尋ね始める。
    広沢はどういう人間だったのか、本当に親友だったのかも知りたいと‥
    広沢くん、いい子なのに、惜しいことを。
    遠慮深すぎても、問題あるんだなあ。

    二転三転するストーリー。
    青春時代にありがちな自意識過剰や、級友の力関係、考えの足りない行為など、とてもリアルです。
    そのためにだんだん主役級の人物が成長していくことを望むようになるのですが、驚愕のラスト。
    ミステリ読みなもんで、実は手がかりには気づいていましたが‥
    それでも衝撃的でした☆

  • 現在テレビドラマでOA中の作品の原作を読んでみました。ドラマは観ていないので内容はよく分かりませんが、小説のほうは大学時代の5人の同じゼミ生が別荘旅行に出掛けた際に起きた悲劇をきっかけに、それに遭遇した残りの4人が贖罪にかられる中、事故から数年後に4人それぞれに殺人を追求する怪文書が届き、事故の真相は?怪文書を送った犯人は?といったことがスピーディーに展開し、最後は事故の真相が判明するというオチでした。
    怪文書の犯人はある程度、予想がつきましたが、事故の真相は、そうきたか!といった感じですね。
    テレビドラマでは、この展開をどうふくらませているのか?気になってきました。

  • 久々の湊かなえだったが、これまで読んできたような独白形式ではなく、ごく一般的な形式だが、内容が事件とも取れない微罪の類でまるで貫井徳郎が扱うようなテーマであった。広沢は傷を舐め合えるような相手ばかりを友人あるいは恋人として選んでいたのだろうか。最後の最後に蕎麦アレルギーが原因だったと言うのはちょっと意外などんでん返しだったが、しかしそれが罪と言えるのか?

  • 湊かなえ著『リバース』読了。
    読了間際…見事にリバース…黒に転換って感じです。
    主人公深瀬が、もし悪魔の心を持っていたのなら…
    もしこれが、以前からの計画的な事件であったなら…
    完全犯罪にもなり得る様な出来事であるが、
    平凡な深瀬には、この事実を受け止めるだけで、悲壮感が滲み出る。
    これからも自然な気持ちでコピー機を修理できるのであろうか!?
    広沢君に哀悼の意を込め蜂蜜珈琲を煎れようかな。
    明日のお昼は蕎麦の渋みを堪能しようと思ふ。

  • 『深瀬和久は人殺しだ』
    深瀬の恋人のもとに届いた手紙。
    彼には「いたずらだ!」と笑い飛ばせない理由があり…
    事務機器の会社に勤める深瀬。
    大学時代同じゼミだった浅見、村井、谷原、そして広沢。
    彼らには大学時代に秘密があり…

    『人殺しだ』という告発文で始まる物語。
    途中はそれほど興味がわかず…
    ラストはちょっと衝撃的。

  • 先に見てしまったせいかもしれないが、ドラマの構成のほうが面白かった。
    (でも広沢くんは、小池徹平じゃなかったかな。体格的には大きい人じゃないと成立しない設定だったから。)
    結末のどんでん返しはもう少し余韻をもたせて、読者に想像させて欲しかった。

  • こうなってたのか。

    この作品、
    コーヒーは とても美味しそうだけど、
    後味 とても悪い。

  • 最初から見てたわけじゃなかく、見ようと見たわけじゃないドラマで話が気になってしまい、本を衝動的に買ってしまいました!そういう事だったのかぁーと最後は少し切ない気持ちになりました。読みやすい本でした

  • ドラマの展開が気になったので、最終回をむかえる前に読了!
    ドラマとは時間の設定が違ったけど、テンポよくさくさく読めた!
    そして、ラストは!犯人は!まさかの…ってオチだった!
    こうきたか!

    さて、ドラマのラストはどうなのか?あと数回楽しみだ。

  • 終章の数ページでのどんでん返し、無理矢理な感じがします。
    ドヤ顔で「そら見たか!どうだ!!」という作者の声が聞こえてきそうですが、「あ…そう…」というのが本音です。
    序盤、別荘での出来事が終わってしばらくは、テンポよく読めましが、その後は何となく退屈で退屈なまま読み終わってしまいました。

    コーヒー豆の装丁はかわいいです。
    湊かなえさんの作品は、毎回期待して読みますが、数ヶ月経つと、「告白」以外、いずれの作品も内容はもちろん読んだ事さえ忘れてしまいます。
    自分の心に残らないという事なのかな…。
    それでもとりあえず読んでしまうんですが(^-^;
    今回、コーヒーの話という事は覚えていられそうです。

  • 17年4月から藤原達也主演でドラマ化されているもの。今まで湊さんの話は、私にはあまり合わなかったのだが、これは結構面白かった。ドラマは原作と違う部分が多いので、今後のドラマの展開も楽しみ。

  • イヤミス女王と呼ばれている湊さんの作品は初読み。

    ドラマ化、映画化されているものは結構観ていて、とても面白い作品だっただけに原作も気にはなってはいたものの、ミステリーなので結果を分かって読むのは何だかな。。と思って手付かずになってました。

    今回もドラマスタートには間に合わなかったけど、第2話のとこまでで原作を読みきったので何とかセーフ??

    、、とここで、ドラマと原作とでは違った展開、登場人物が出てきているので、(しかも重要人物として)そのあたりは、ドラマ上の脚色。
    という事になるけれど、。
    ドラマはドラマで楽しむことにします(*^^*)

    さて、序盤から2つの大きな謎が出てきますね。
    物語を読み進めていく内に、割りと早くに1つの謎は想定出来ました。

    でも、いつの間にか、、もう1つの謎についてはどうなったのだろう??
    このまま終わってしまうのかな。。

    あと2頁くらいしかないし、、。
    あの謎については、語られないままなのかな。。でもまさか、この二頁に集約されているとは思いもつかなくて、、。

    思わず、、ええ!?って声を出してしまった。。

    いや、、やられました。湊かなえさん。。

    今回、男性が主人公という設定は初めて。
    ということらしいですが。。

    今時の若い世代(とはいえ20代後半設定だったかな)の男性って、こんなに色々考えてるものなのかなー?小説だから、何も考えてない男性を題材に書く事は難しいだろうけど、、主人公の深瀬が、「地味で何も取り柄が無い自分」というのを、どこまでも掘り下げていく様が、ちょっとイライラしたかな。
    ネガティブ過ぎるわー。。

    よく、女の腐ったようなウジウジしたやつ。っていう表現を使うけど、、例えたくないけど、それに当てはまってしまう印象を受けたかな。。

    だからこそ、これからの深瀬の事を思うと、、限りなく救いようが無いなぁ。。(*_*)うーん。。

  • 久しぶりの湊かなえ作品。4月からドラマ化されると言うことで、読んでみた。事務機器の会社に勤めるぱっとしない主人公・深瀬の恋人の元に、ある日「深瀬和久は人殺しだ」と言う告発文が送られてくる。実は深瀬には大学のゼミ仲間で不慮の死を遂げた「親友」の過去があった…過去の出来事を振り返りつつ、告発文の差出人を探す深瀬。その告発文の差出人に行き着いた時、衝撃の真実が!あまり湊作品は読まないので、全体的に淡々としている感じに「こんなものなかな…」と言うのが正直な感想。ドラマでは、設定もだいぶ変えてくるみたいなので、「小説=ドラマ」のイメージは取り払って、観た方がいいかも。

  • コーヒーは元々あまり興味がなかったけれど、美味しいコーヒーとともに読みたくなり、中盤はコーヒーを飲みながら読みました。

    最後はコーヒーのことも忘れた。
    なるほど、そうきましたか…

  • 自分と知り合う前の友達の人生を知ることで見えてくるまさかのつながり、そして真実。衝撃のラスト…夢中で読みました。
    せっかくコーヒー淹れてもじっくり飲む余裕ないくらいの展開、さすが湊さん。
    全て打ち明けるのか想像してしまいます。

  • おっ、表紙の絵はコーヒー豆ですか。
    では、おいしいコーヒーを淹れて、この本を手に取ろう。
    さすが湊さん、人間の卑屈な部分、いやらしい部分がこれでもかと出てくるけど、続きが気になってページをめくる手がどんどん進む。
    そして、最後に驚愕が訪れる!

  • おぉ!!そうきたか…思わず、えって声をあげてしまった。油断してたぁ。なんとなくよめてたはずなのにまさか…。
    ゼミ合宿の最中に亡くした友。その死の真相は飲酒運転。知っていたのに行かせてしまった罪悪感。深瀬は広沢について少しずつ調べ始める。コーヒー屋で知り合った美穂子も絡んできて…やっと贖罪を見つけ、一歩踏み出そうとした矢先、崩れる。しかも、音を立てて…さすが湊かなえ!装丁を改めて見ると全てがここに隠されていたんだと悔しさが。やられた。

  • コーヒー飲みたくなる本。
    ちゃんと読んでると香ってくる気はする。
    全然詳しくないけど(汗

    「告白」で衝撃を受けて以来、読んできた著者の本。
    最近は個人的にツボるものがなくて、
    読むのやめようかな…と思っていたところ、
    これは久しぶりに好きだった!

    落とし方、はいまいちうーん・・・と思うところあれど、
    落ちは良かった、叫んじゃうとこだったわ、まんまと。
    一気読みー。

  • 深瀬君は、一生この罪を背負って生きていくのかと思うとやりきれない思い。これがオチだったのか。こういうとき科捜研とかで、最新の技術を駆使して死因を究明し、アレルギーに起因するものでなく純粋な事故死だったということが判明すれば、少しは深瀬くんも救われるのか…なんて考えてしまう。友人をなくした悲しみは同じでも。

  • 湊作品としては珍しく男性目線で描かれた作品。

    そのためか、踏み込みが他作品より浅かったような感じです。

    内容的にイマイチ。

    湊作品はふり幅が大きいと感じる。

  • 珈琲を入れるのが趣味で、事務機器メーカーに勤める深瀬にはお気に入りの珈琲豆店で出会った恋人美穂子がいる。
    彼女のもとに突然「深瀬は人殺しだ」という手紙が届く。
    彼は親友の広沢を山での交通事故で失っている。
    酒を飲んでいるのを知りながら、広沢に車の運転をさせた友人たち三人の元にも同じようなメッセージが届く。
    酒を飲んでいた広沢の運転を止めなかった深瀬は、彼の死に責任を感じていたが、より責任が重いはずの他の友人たちとは違うと思っていた。

    メッセージの送り主を探すためもあり、親友だと思っていた広沢の過去を振り返り、色々な友人たちから思い出を聞く。

    やがて分かる真実。最後に一気に伏線が回収され、ラストには思わず「うそ!」と声が出た。

    傷つきやすい青年の心情描写も巧みで、とても面白かった

  • 久しぶりに湊かなえの長編を読み、やっぱり面白かった!『深瀬和久は人殺しだ』から始まる。大学の同じゼミにいた村井、谷原、浅見、広沢。卒業旅行中に1人が不慮の事故で亡くなってしまうという過去を持つ。この告発文をみんなが受け取ったことから深瀬は過去を遡って行く。

    コーヒーが深くかかわってることから、この表紙の絵もなるほどと思った。先が気になってどんどん読んだ。そんなにドロドロとしたところはなかったけれど、最後にえー!!というなんともすごい終わり方。さすが。

全438件中 1 - 25件を表示

リバースに関連するまとめ

リバースを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

リバースを本棚に「積読」で登録しているひと

リバースの作品紹介

深瀬和久は、事務機会社に勤めるしがないサラリーマン。今までの人生でも、取り立てて目立つこともなく、平凡を絵に描いたような男だ。趣味と呼べるようなことはそう多くはなく、敢えていうのであればコーヒーを飲むこと。そんな深瀬が、今、唯一落ち着ける場所がある。それは〈クローバー・コーヒー〉というコーヒー豆専門店だ。豆を売っている横で、実際にコーヒーを飲むことも出来る。深瀬は毎日のようにここに来ている。ある日、深瀬がいつも座る席に、見知らぬ女性が座っていた。彼女は、近所のパン屋で働く越智美穂子という女性だった。その後もしばしばここで会い、やがて二人は付き合うことになる。そろそろ関係を深めようと思っていた矢先、二人の関係に大きな亀裂が入ってしまう。美穂子に『深瀬和久は人殺しだ』という告発文が入った手紙が送りつけられたのだ。だれが、なんのために――。
深瀬はついに、自分の心に閉じ込めていた、ある出来事を美穂子に話し始める。全てを聞いた美穂子は、深瀬のもとを去ってしまう。そして同様の告発文が、ある出来事を共有していた大学時代のゼミ仲間にも送りつけられていたことが発覚する。”あの件”を誰かが蒸し返そうとしているのか。真相を探るべく、深瀬は動き出す。

ツイートする