せんそうしない

  • 131人登録
  • 4.19評価
    • (18)
    • (10)
    • (8)
    • (0)
    • (1)
  • 15レビュー
  • 講談社 (2015年7月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (28ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062195492

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヨシタケシンスケ
ヨシタケ シンス...
ビバリー ドノフ...
R・J・パラシオ
高畠 那生
かがくい ひろし
ユージーン トリ...
tupera t...
ユリー・シュルヴ...
ジョン・クラッセ...
宮下 奈都
谷川 俊太郎
ヨシタケ シンス...
モーリス・センダ...
谷川 俊太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

せんそうしないの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • >ちょうちょと ちょうちょは せんそうしない
    きんぎょと きんぎょも せんそうしない

    こどもと こどもは せんそうしない
    けんかは するけど せんそうしない

    戦争するのは人間の大人だけ・・・本当にその通り!
    とても分かりやすい言葉で子ども達にも理解できる表現ができる谷川さんはさすがだと思いました。
    透明感のある優しい絵も素敵でした。

    誰も殺さない、殺されない世界を願っています。
    そのために私ができること・・・心穏やかに優しい気持ちで家族や周りの人達と接することじゃないかと思います。

  • ちょうちょとちょうちょはせんそうしない
    きんぎょときんぎょもせんそうしない

    こどもとこどももせんそうしない
    けんかはするけどせんそうしない

    男の子と女の子が海へかけていく、そんな場面場面が谷川さんの詩とマッチしていく…
    日常の中にある大きなテーマ。
    せんそうが身近に、自分と関係あるものに感じられる。

    それでいて説教のようではない。
    当たり前のことがただ淡々と語られているから、すーっと自分の中に入ってきて、自分の問題になる。

    水彩の絵が淡く、優しく、きれい。
    こんな世界が当たり前でなくなるのか。
    守りたい、と思った。

    子供にも大人にもわかりやすく、
    それぞれがせんそうについて思いを馳せられるような絵本だと思う。

    8月、終戦記念日などに思い出して毎年読んで考えてみたい絵本。

  • ちょうちょや、きんぎょや、すずめやかもめ・・・自然の生き物は戦争をしない。人間の子どもも、ケンカはするけど、せんそうはしない。


    谷川俊太郎の詩と、江頭路子さんの水彩のイラストが素敵な絵本。


    くりかえされる「せんそうしない」に、なんとなく、決意みたいなものも感じてしまう。

  • 根源的なところに「殺し合わない」思いを抱いていたい。幼い心にこそ「殺し合わない」思いを届けたい。

  • 大人に読み聞かせ。感じ方は人それぞれだけど、想いは1つ。子どもを戦争に巻き込みたくない。

  • [江東区図書館]

    図書館入口のコーナーから適当に借りてきた一冊。
    夏なので、恐らく戦争モノコーナーになっていたんだと思う。
    戦争がどんなに無意味でむなしいものなのか、淡々と言葉で語った本。淡いタッチの挿絵が可愛らしく、やさしく、どこかはかなくも見えて、さほど押しつけがましくなく、まるでおじいちゃんが孫に話すように、半ば独り言のようにつづられている。

    半ば強制で読ませたけれど、こういう本を読んで一瞬でも現実を顧みられるようになってくれるといいな。

  • シンプルながら力強い、詩人の織りなす言葉と、水彩画のやわらかいタッチの絵が「せんそうしない」ということについて問いかけてくる絵本。平和を考える一冊として、小さな子どもたちから大人まで幅広い年代におすすめです。 

  • 161006読了。
    「ひとが ひとに ころされる
    しぬより さきに ころされる」
    谷川さんらしい優しさと鋭さのあることば。絵本という言葉が細かく引き伸ばされた形でも、ちゃんと伝わります。
    絵が少し優しすぎたかも。

  • とてもシンプルだけど、絵とことばがとても素敵でメッセージが伝わってくる本

  • 戦争するのは「人間の大人だけ」。
    ドキッとしますね。
    絵と詩が静かに、でもしっかりとした思いを伝えて来ます。

全15件中 1 - 10件を表示

せんそうしないを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

せんそうしないの作品紹介

ちょうちょと ちょうちょは せんそうしない
きんぎょと きんぎょも せんそうしない
くじらと くじらは せんそうしない
まつのき かしのき せんそうしない

谷川俊太郎の言葉で語られる戦争への思い、江頭路子の絵の透明な生命力が融合して、ひとつの世界観を作り出しています。人間の知恵はどこにあるのかを、静かに問いかける絵本。

せんそうしないのKindle版

ツイートする