イーロン・マスク 未来を創る男

  • 526人登録
  • 4.07評価
    • (49)
    • (79)
    • (27)
    • (4)
    • (1)
  • 46レビュー
制作 : 斎藤 栄一郎 
  • 講談社 (2015年9月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (338ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062196338

イーロン・マスク 未来を創る男の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 抜群に面白かった。こんな人間離れしたひとがいることに、それが新しいムーブメントを起こしていることに、などなど。
    宇宙・ロケット(スペースX)/電気自動車(テスラ)/太陽光発電(ソーラー・シティ)という分野で成功を収めた天才経営者の半生を詳細な取材で追った本書。とにかくイーロン・マスクという男の、たまらない魅力と同時に末恐ろしさを伝えてくれていて読んでいて飽きない。
    とにかくマスクという人物が変わっているのでエピソードが面白い。ほんとうに実在するのかしら。

  • 電気自動車のテスラ社を起こした人としておぼろげにその名前を知っていたマスク氏の評伝。
    1971年生まれ。まだ45才。
    この若さで、テスラとスペースX、ソーラーシティの3社を持ち、自動車、宇宙、エネルギー産業を今とは異なる次元のものにしようと命を削って邁進している。
    理論的にはできるが、実際にはできるかどうかわからないものを製品にすることがどれだけリスクのあるものなのか、この本を読むとよくわかる。
    テスラは2003年に創業し、最初の車、ロードスターが発売されたのは2008年。この間、出費ばかりで、マスク自身を含め、天文学的な数値の資金を投入して開発を行ったのだ。
    スペースXは2002年に設立。打ち上げ実験を何度も失敗し、破産寸前まで開発を続けたが、2008年、ギリギリのところで成功した。今は順調で、ほぼ月に1回、国際宇宙ステーションや人工衛星に補給物資を運んでいるという。
    マスク氏はまさに強靱な精神、忍耐力、頭脳を持ち合わせた人物だと思う。感銘を受けた。

  • 鬼才— まさにこの言葉が似つかわしい人だと強く感じた。イーロン・マスクのことはこの本を読むまで詳しく知らなかったけど、その辺の経営者とは一線どころか二線も三線もかくす壮大なビジョンの持ち主で、それを実現するための並外れたドライブ力を持った、まさしくアイアンマンのような人だということがよく分かった。偉大な経営者は厳しい人が多いけど、マスクは厳しいとかそういう次元を超えて人間的に欠陥している部分を多く持ち合わせているようだ。にも関わらずカリスマ的な人気があるのは、スペースXとテスラにおける実績と、夢に向かってひたすら突き進む彼の姿が多くの人の共感を得て、マスクの要求レベルについていける人材を引き寄せることが出来ているのだろう。にしても読んで楽しい本だった。仕事のモチベーションが上がること間違いなし。

  • ハードシングス、ゼロトゥワンとも異なるシリコンバレー成功物語。
    イーロンの本は数多くあるが、本人や周囲に対する長期間の取材、本人の了承を得ている著作はこの本以外にない。その意味でもクオリティや真実味は担保されていると言えよう(一方で今後の軌跡の描き方には、ポジショントークも目立つ。ただ、事実に関しては両論併記も目立つ。特に家族関係や訴訟など彼が抱える問題について。)。

    正しい問題に正しく取り組む。
    同じ起業本なのに、ハードシングスと異なる点は幾つかあるが、キーワードを挙げるとすれば、「テクノロジー・バイアウトとスケール・目的意識・感情・仲間・リスク・競合分析」
    であろう。
    ここで寧ろ私達はティールとの共通点を見出す事ができるだろう。

  • すごいの一言。アイアンマンを好きな人間としても、イーロン・マスクという人物を知らなかったということが恥ずかしくなるほど、ものすごい人物だった。

    世界を変えるのは彼(もしくは彼のような人物)だと思わされた。

  • 彼は宇宙人なんだと思う。
    そもそもサヴァン的な天才で、普通の人間とは違った頭脳と感性を持っていた。いわゆる超集中状態になると他のことが目につかないくらい1つのことに没頭できたらしい。
    そんな個性があった彼だからそのまんま行ったら「ヲタク」になってたはずなんだけどそこで終わらないのがマスク。
    とんでもないゴールを次々にぶち上げて事業化に成功してしまうとんでもないリーダーシップを持ち合わせている一面がある。
    彼はどこまで行ってしまうんだろうか。
    彼は火星にイケると本当に信じている。
    こういうcrazyな個人が世界を動かしているんだと思わざるを得ない本でした。
    さいこうだ。

  • ・マスクがすごい点は何か。2つの偉業を同時に達成。
    まず、スペースXは、国際宇宙ステーションに物資補給用の宇宙船を打ち上げ、見事に任務完了し、無事地球に規制させた。またテスラモーターズは、セダンタイプの電気自動車「モデルS」を発売、自動車業界を震撼させた。

    ・なぜテスラモーターズがすごいのか
    テスラが目指したのは誰もが欲しがっている「100%自動車」
    販売方法は、ディーラー網を持たず、Webで直接販売。appleのように高級ショッピングエリアにギャラリー設置。販売後の保守点検で儲けるようなビジネスモデルは考えていない。テスラが展開する充電ステーションは「スーパーチャージャー」と呼べれ、30分も充電するば何百キロも走る。太陽光発電装置によって運営。だからテスラのオーナーは燃料補給に金を払う必要はない。マスクは未来思考の一貫した輸送システムを着々と構築している。

    ・マスクがすごい点は何か。2つの偉業を同時に達成。
    まず、スペースXは、国際宇宙ステーションに物資補給用の宇宙船を打ち上げ、見事に任務完了し、無事地球に規制させた。またテスラモーターズは、セダンタイプの電気自動車「モデルS」を発売、自動車業界を震撼させた。

    ・なぜテスラモーターズがすごいのか
    テスラが目指したのは誰もが欲しがっている「100%自動車」
    販売方法は、ディーラー網を持たず、Webで直接販売。appleのように高級ショッピングエリアにギャラリー設置。販売後の保守点検で儲けるようなビジネスモデルは考えていない。テスラが展開する充電ステーションは「スーパーチャージャー」と呼べれ、30分も充電するば何百キロも走る。太陽光発電装置によって運営。だからテスラのオーナーは燃料補給に金を払う必要はない。マスクは未来思考の一貫した輸送システムを着々と構築している。

  •  実際イーロンマスクが考えるほどスケールの大きいことも、夢想するだけの人なら大勢いるだろう。ただ、その夢想を実現できるレベルまで落とし込んで、幾多の資金面や人間関係面での困難を経験しながらも実際に達成してしまう人間がいるということが信じられない。優秀な技術者であり、優秀な人材獲得者であり、優秀な経営計画立案者である人間が膨大なエネルギーを注ぐとこれほど大きなことが可能になるという現実に感動した。
     一方で、イーロンマスクの性格上の重大な欠点やこれまで繰り返してきた数々の問題とされる行動も取り上げているのが本書の面白いところである。壮大な人間がいかに批判にさらされながらも周囲の人に支えられて、大きなことを達成するのかがよく分かった。将来が見通せない会社に入社する技術者の気概や、将来が見通せない会社に多額の投資をする投資家やベンチャーキャピタルの覚悟まで感じ取れるほど、良い面も悪い面も詳細に記述されていたように感じる。
     テスラ。スペースX成功の陰には多くの涙をのんだ人や、今現在不満を抱えている人がいるのだろう。それでも人類全体に対して生命に関わる根本的な価値を生み出すために、複数の企業で采配を振るうイーロンマスクに畏敬の念を抱かざるを得ない。

  • 「そのうちロシアの手先に暗殺されるのではないかと家族は心配している」P.20

  • ・ビジョンがある意味狂信的。しかし、大真面目にそれを語り、かつ実際にやり遂げる、実行に移すからこそ、みんなイーロンマスクについていく
    ・技術的な知識が豊富で、自らも会社の事業分野に精通している第一人者となっている。だからこそ、会社の方向性をしっかり見極めて決断下せる。なにに投資してなにをやるべきかがしっかりわかっている。
    ・イーロンは昔は引っ込み思案。決して人気者でもなかった。いじめられもしていた
    ・ひとつひとつの成功が、かれを自信家にしていった。
    ・スタートアップの軌跡がわかる良本。挫折と曲折と、成功の物語

全46件中 1 - 10件を表示

アシュリー・バンスの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジャレド・ダイア...
シーナ・アイエン...
ウォルター・アイ...
トマ・ピケティ
ウォルター・アイ...
ジェームス W....
ベン・ホロウィッ...
デール カーネギ...
エリック・リース
伊賀 泰代
有効な右矢印 無効な右矢印

イーロン・マスク 未来を創る男に関連する談話室の質問

イーロン・マスク 未来を創る男を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

イーロン・マスク 未来を創る男を本棚に「積読」で登録しているひと

イーロン・マスク 未来を創る男の作品紹介

驚異的な頭脳と集中力、激しすぎる情熱とパワーで
宇宙ロケットからスタイリッシュな電気自動車まで
「不可能」を次々と実現させてきた男――。

シリコンバレーがハリウッド化し、
単純なアプリや広告を垂れ流す仕組みを作った経営者ばかりが持てはやされる中、
リアルの世界で重厚長大な本物のイノベーションを巻き起こしてきた男――。

「人類の火星移住を実現させる」という壮大な夢を抱き、
そのためにはどんなリスクにも果敢に挑み、
周囲の摩擦や軋轢などモノともしない男――。

いま、世界がもっとも注目する経営者
イーロン・マスク公認の伝記がついに登場!

イジメにあった少年時代、祖国・南アフリカから逃避、
駆け出しの経営者時代からペイパル創業を経て、
ついにロケットの世界へ・・・・・・彼の半生がすべて明らかになります。


目次

1  イーロン・マスクの世界  「次の」ジョブズはこの男
2  少年時代 祖国・南アフリカの甘くて苦い記憶
3  新大陸へ 壮大な冒険の始まり
4  初めての起業 成功の第一歩を踏み出すまで
5  ペイパル・マフィア 栄光と挫折とビッグマネー
6  宇宙を目指せ ロケット事業に乗り出すまで
7  100%の電気自動車 テスラモーターズという革命
8  苦悩の時代 生き残りをかけた闘い
9  軌道に乗せる 火星移住まで夢は終わらない
10  リベンジ  21世紀の自動車を世に出す
11  次なる野望  イーロン・マスクの「統一場理論」

補記1 マスクに関するいくつかの「疑惑」について
補記2 ペイパルに関するマスクの証言
補記3 イーロン・マスクのメール全文公開

堀江貴文氏コメント
「エクストリームなグローバルオタクが突き抜けると、こうなる。
人類は、こういうヤバイ奴らに導かれてる」

イーロン・マスク 未来を創る男のKindle版

ツイートする