リーダー論 (講談社AKB48新書)

  • 573人登録
  • 3.81評価
    • (42)
    • (61)
    • (54)
    • (5)
    • (3)
  • 80レビュー
著者 : 高橋みなみ
  • 講談社 (2015年12月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062198967

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
又吉 直樹
デール カーネギ...
村田 沙耶香
朝井 リョウ
佐々木 圭一
有効な右矢印 無効な右矢印

リーダー論 (講談社AKB48新書)の感想・レビュー・書評

  • AKBのリーダーとしてどう接するかに限定した話だけではない。後輩としてどう接して欲しい(いた)かや、スタッフとの関係性など、学ぶべき点が多々ある書籍だった。

  • 〈版元PR〉
     AKB48を卒業する高橋みなみが、最後に語る”リーダー論”。
     24歳にして、300人を超すメンバーたちを、ときに厳しく叱咤し、ときに優しく励ましながら率いてきたAKB48グループ総監督・高橋みなみ。14歳でAKB48に加入したときは、人の先頭に立つタイプではなかった彼女が、10年間のAKB48の活動の中でいかにして現在のような「まとめる力」を身につけたのか。メンバーをつなぎ、チームをひとつにするコミュニケーション術、心を打つスピーチの秘訣、努力することの意味や嫌われる勇気を持つことの大切さなど、リーダーとしての心得を豊富な実体験をもとに語ります。本書はAKB48グループのメンバーやファンへ向けた高橋みなみの”総監督としてのラストメッセージ”であると同時に、一般の社会人から学生まで、幅広い世代の人たちに「へこたれずに生きるヒント」を与えてくれる自己啓発書になっています!
    http://bookclub.kodansha.co.jp/product?isbn=9784062198967

    ISBN:978-4-06-219896-7
    判型:新書
    ページ数:192ページ

  • AKB48グループの総監督として、お互いがライバル関係でもありながら、チームとして仕事をしていく、存在感を出していく場を作ってきた経験談がリアルに語られています。

    個性豊かで若い女性をいかに引っ張っていくか、一人一人をどのように大事にしてそれぞれが成長していくように繋げるか、読み応えがありました。

    特にスピーチ7か条は興味深かったです。
    コンサートや総選挙など、ファンやマスコミもいる場所でチームのメンバーにも関わるスタッフにも言葉を届けるために意識してきたことは、仕事をする人なら誰でも参考にできる内容でした。

  • わたしにはたいしたリーダー経験もないけど、なぜかめっちゃ共感できた。。

  • 得るものはあった、期待とは違った、らしいかな

  • AKBファンではないけれど、たかみなはスゴイ人!という認識だけはあるので(笑)、彼女が書いた本を読んでみたいなと思った。
    とはいえ私の立ち位置は大抵、リーダーについていくその他一同~というポジションなので、わざわざ「リーダー論」を学ぶ必要はないのかもしれない。
    でも、そんな私には計り知れないリーダーの苦悩や胸の内を少しでも垣間見られたなら、自分がどんなポジションであれ、組織の中で己が果たすべき役割を意識しながら行動することができるようになるんじゃないか?~という期待を込めて、読んでみた!

    とくに印象的だったのは、アドバイスの仕方についての話。(57頁~)
    アドバイスとは、選択肢を増やしてあげること。なので、「こうしたほうがいいよ」という言い方は、決してしない。自分も過去に経験したことであれば、「私はこうだったんだよね」と実体験を基に語り、そうでないことの場合は、「こういうこともあるんじゃない?」という風に、選択肢をひとつ増やしてあげるような対応をする。そしてその根幹にある姿勢は、答えを指示してあげることじゃなくて、その人の理解者になって一緒に悩んであげること~なんだとか。
    それから、女子が大集団の中でついつい作ってしまう小さなグループのことを、「ダマ」と表現したのが、言い得て妙だなと。笑
    それをほぐして、大きな丸につなげるのがリーダーの役割であり、これはチームで一つのことを成し遂げるためには必要不可欠な作業であるらしい。

    あと、第7回総選挙のスピーチ採録が良かった!やはりあれは名演説だった!!
    その場で聞いたときは感動したスピーチも、あとで文字に起こしてみたらなぜか感慨が湧かなかった~なんてことはザラにある話だけれど、このスピーチはきっと何回読んでも、その度にまた違う響きをもって、しみじみとした気持ちにさせてくれるだろうなと思った*

    この他にも、ためになる言葉がたくさんあった。
    ひとつの組織で10年間努力を続けてきたたかみなの言葉だからこそ、信頼に足ると思えた。

    世の中のリーダーたち,また私のように決してリーダータイプではないけれど、リーダーを支える立場にある人たちにも、ぜひおすすめしたい一冊になった。d(´∀`〃)

  • この本を読んで初めて知ったこと。「タカミナ」という言葉の主がこの著者なのか。AKB48って48人だと思っていたけど100人以上いるんだ。
     AKB48のリーダー(総監督)として人をまとめたりする技術を経験的に語っている。どれも素直にそうだろうね、と思える既視感のある論だけど、つまり正論ってことなのかな。

  • アイドルの人が書いている本でも、組織の本質をよくついて、自分自身で試行錯誤して行き着いたのがよくわかり、管理職になる人は一度は読んでもいいと思います。
    まだ若いと思いますが、深く考えていることがよくわかる本だった。

  • 総監督はどんなものか気になって読んでみた。この年で彼女が学んだことと身に付けたスキルにとても関心させられる。人への気配りに関してとても参考になる。彼女はタレントより起業をして新しいビジネスを始めた方がよいのでは?と思う。

  • 監督の・・・、いちメンバーとしてから、総監督に就任して、卒業までの、精神論だけでなく、人一倍努力することの素晴らしさ…感動したよ。。

    リーダーとか云々とか関係なしに、読んで損はないでしょう。
    たかみな好きのひいき論大いに入ってますがww

  • 立派だ!たかみな!

  • 任せること。大人数をまとめる力尊敬する。

  • AKBが何をリーダーシップ語っとるんじゃーと思っていたら、こんなに素晴らしいリーダーいたんやという。

    めちゃくちゃ大きな組織を引っ張る人向けというよりは、メンバー一人一人の顔が見えるくらいの小さな組織の人向け。

    個人と向き合うこと、深入りしすぎず距離を保つこと、個々の関係性に気を配って調整役となること。組織全体を俯瞰しながら、一つ一つ手を加えていく感じ。人間関係をパズルのようにとらえつつ、時にパズルのピース一つ一つを真剣に眺めてみる。総じて、バランス感覚が素晴らしい人なんだなあ。

  • 高橋みなみ。日本人のほとんどが知っているであろう、元AKBの総監督だ。総監督といっても、裏方さんじゃなく、バリバリのメンバー、つまりアイドルなのだ。

    その彼女が「リーダー論」なるものを上梓した。これがかなりのベストセラーになって、図書館で借りようと思っても、果たしていつになるやら分からない。そこで中古をアマゾンで買って、大好きな西東京市図書館に寄贈することにした。

    まず、なぜ彼女がこのような本を書いたのにはわけがある。彼女は類まれなる、リーダーシップの持ち主だったのだ。それも生まれつきのものではなく、「努力」と「気配り」のよってそれを体得したお利口さんなのだ。

    私はAKBのことはあまり知らない。しかし本書を読んでどうして彼女が重役を任されるのが分かった。彼女はリーダーとして適切な資質・行動を常にとってきたのだ。

    AKBのような国民的アイドルが活躍できるのは、秋元康先生のような優れた裏方も必要だが、やはり現場の人間が優秀でないといけない。先天的にも、後天的にも。その一番手が“たかみな”なのだ。

    彼女は時には300人以上のメンバーをまとめる。しかし何を気負うことなくそれを十分にこなしてきたのだ。そんな彼女の事を総合プロデューサーの秋元康氏は「AKB48とは、高橋みなみのことである」と評したほどである。

    つまり、高橋みなみはAKBの本質なのである。ルックスはAKBの中では(失礼だが)中程度、ダンスは上手い。しかし彼女に優れたリーダーシップがなければ、彼女の人生も変わってきたであろう。

    この本を読むと、高橋みなみさんの温かい人柄が伝わってくる。AKB48はファンにも温かい。そういうグループだ。それは総合プロデューサーの秋元康氏も標榜してきたことだろう。だから彼女を重用したのだ。

    “リーダーシップ”という才能により、高橋みなみさんはAKBで見事開花した。ソロでも頑張ってください。あなたは日本の宝です。お疲れ様でした。

  • <この本の一番伝えたい事>
    ●努力は必ず報われる。
     ただ、努力をした結果は最初に目指したものではなく
     試行錯誤を自分の予想外の所にたどり着いた。
     それがリーダーシップであり、喋って纏める力が身についていた。
    (副産物であるが、努力が報われた形)
    <コメント>
    女性だけのメンバーを抱えた女性のリーダー像を体系化した本というのは、
    珍しいと思うし、今後女性活躍と言われる社会の中で
    一度は読んでおくべき本かもしれない思う。
    口語体で語られる内容は分かりやすいし、
    良著に多く見られる構成(目次を読んだら内容がある程度分かる)で、
    内容も論理立てられているのでリーダーシップ入門書としても良い。
    彼女はおそらく実地の中でリーダー像を
    作っていったのだと思うが300人も抱える
    大所帯の中で総監督という立ち位置だったので
    ある程度、体系化し共通化をせざるをえなかったんだと思う。
    逆に彼女が既に世にあるリーダーシップのスキル本を読んで、
    自分の経験と組み合わせるとコンサルタントにでもなれるかもしれない。
    <ノート>
    この本、下手にノートを取るより、目次が要点になっているので
    手元に本を置いておいた方が良い。少しだけピックアップ。
    ●リーダーの5つの仕事
    メンバーのことを理解する。ほぐして、つなぐ。導く。手本を示す。任せる。
     →山本五十六の「やってみせ〜(中略)任せてやらねば人は育たず」に通じる。
      また、「ほぐす、つなぐ」というのが女性メンバーならではの視点。
      (これは次項)
    ●「女の子は小さな集団(ダマ)を作りたがる」、
     「だまをほぐして、つなぐ」、
     「強いチームであるためにはひとりひとりであれ」
     →彼女は女性の習性を理解し、小さくまとまる集団をうまくほぐして、
      強いチームでいるためチームの各人が「ひとりひとり(自律した状態)」
      になっていることと、チーム全体でまとまる状態を作ろうとする。
    ●「メンバーを注意する時は一人に対して言うのではなく、
     100人に向かって言う。」、
     「どうしても叱る時は、先に逃げ道を作っておく。」
     →よく「人を褒める時は全員の前で、叱る時は(自尊心を傷つけないために)
      個室に呼んで」といわれますが、彼女のアプローチ方法は面白い。
      これであれば、多人数のチームで都度都度人を呼んでと言うこともせずに、
      また自尊心を傷つけずに注意するとことができる。
    ●悩んでいる子は答えより理解者を求めている。
     →コーチングの観点ですが、以外と答え出し急いでしまいますよね。
    ●間違っても良い、リーダーに必要なことは、ひとまず自分自身が正しいと思ったことを示すこと

  • 自分は特にAKBのファンというわけではない。
    「AKB48」という最も巨大なグループへ成長したアイドルの「総監督」としての仕事を全うした「髙橋みなみ」という人物に興味があり一気に読んだ。
    結論から言うと巷であふれている自己啓発本などよりとてもよく、その考え方には学ぶべき事が多かった。
    まず著者はとても努力家である事が伝わってくる。プレッシャーに打ち勝つためには練習を積み重ね圧倒的努力をするしかない。確かに才能などに恵まれている人は少しの努力で成功するかもしれない。
    だがどんな人にも成功や夢を叶えるためには必ず努力が必要であり「努力が0%の方程式はない」という言葉に感銘を受けた。
    仕事などでもやらなきゃいけない事はりたくない事である場合もあるがイヤイヤやるよりも今の自分にできる精一杯の力で一生懸命にやるしかない。
    本書を読み終わった後、前向きになった自分がいた。
    アイドル本としてではなく、ビジネスマンや学生など多くの人に読んでもらいたい一冊。

  • 「言っていることと、やっていることが違う」のは最高にかっこ悪いと私は思うから、それを言っちゃったら、私は努力をし続けなければいけない。
    でも、だからこそ、「言っちゃえ!」と思ったんです。
    自分の退路を断つために、そうすることで、みんなに希望を与えるために。

    高山みなみ

  • 指原莉乃さんの逆転力に続きAKBグループの本。
    高橋みなみさんはAKBの総監督を務めていたので、表面的な事のほんの一部しか知らない自分でも「強いリーダー」と言うイメージがあった。

    本を読んでいたら、彼女の誕生日が自分と同じだと初めて知った。1991年か・・・。自分は高校3年に生まれたのか!と驚いた。

    以前TVで明石家さんまさんが「どんな清楚でか弱く見える女性でも芸能人に、そんな人はいない」という趣旨のことを言っていた。
    彼女たちアイドルもこの発言通りと考えると、強くて当たり前という事も思うが、特にAKBはそういう仲間との葛藤など裏側まで見せているので、彼女の強いリーダーというイメージが定着しているんだろう。

    実際総監督就任と言われて、一体何をするのか?と思ってスタッフに聞いても誰もその答えがわからない状態の中、自分で考えて総監督がやるべき仕事を作って総監督像を作ったのだから、その苦労は大変な事だったと思う。

    グループのリーダーとして、人生をかけて戦っている仲間へ声をかけたほうがいいのか?
    そっとしてあげたほうがいいのか?タイミングや状況、相手との関係など色々な要素があり、何が正解になるか誰もわからない、でも立ち止まっていられない中で行動した総監督としての実体験を踏まえているのでリーダーの5つの仕事はなるほどとうなずけることが多かった。
    ・メンバーの事を理解する
    ・ほぐしてつなぐ
    ・導く
    ・手本を示す
    ・任せる

    スピーチの7か条
    ・太文字となる言葉をイメージする(キャッチーでインパクトのある言葉)
    ・声のトーンで聞くテンションを作り出す。(トーンを下げて、相手を聴くテンションにする)
    ・事実を前提に客観的に話し始める
    ・感情ではなく、その感情を抱いた理由を言う
    ・聞き手を想像しながらしゃべる
    ・「・・・」の間を大事にする(聞き手に言葉の意味を考える時間を意識的に作る)
    ・前向きな言葉で自分と聞き手の両方の気持ちを高める

    ビジネスパーソンとしての側面で考えると、本当に最近のアイドルはすごいなぁと感心する。

  • AKB48総監督のリーダー論。印象にのこったものは、リーダーは決断する人という言葉と、自分を信じるために一つ一つの積み重ねを膨大な時間をかけてきたという自負があること

  • AKB48の総監督を務めた、たかみなこと高橋みなみのリーダー論。AKB48は前田敦子の顔は覚えている程度の素人。総監督という役割があること、たかみなが初期メンバーの一人でありAKB48を卒業したことを本書で初めて知った。

    AKB48というシステムには興味をもっており、漫画「AKB49~恋愛禁止条例~」は楽しく読んでいる。その中だとたかみなは主人公のみのりを「お兄さま」と呼び可愛がられるちびっ子リーダーなので、そのイメージを持っていた。本書から伝わるたかみなのイメージは「自身を『凡人』と理解しそれでも前へ進み続ける努力の人」。前田敦子や大島優子といった希代の天才の前に、自身は彼女達にはなれないと理解し、それでもできることを見つけ努力し課題に真っ向から進んでいく。秋元先生から無理難題を言われても「無理!」と言わずに前向きな言葉を発しようとするその姿勢に、漫画の主人公であるみのりの姿を感じた。

    努力できる才能という言葉があるけれど、たかみなはまさにそれ。努力のバランス感覚が優れている。弱冠24歳にして考え行動してAKB48グループを率いてきた結果を示した彼女はそれはもう大きな財産なのだろう。10代という多感な時期に先行きも分からない女の子ばかりの大御所であるAKB48グループというものの一端を背負ってきたプレッシャーはどれだけのものか。

    人をよく知り知ろうとする、心の距離を近付ける、グループの垣根(たかみなはダマと例えてました)をほぐす、ひとりひとりを集めてみんなにするなどなど、たかみなが考えながら動きながら進んできたことがよく分かる。これを10代の女の子がやってきたというのがすごい。しかも自身もAKB48の一員として講演をしながら管理職的な役割も務めるなんて。なんというタフさ。いや、なんという努力。

    たかみなのスピーチが好き。「努力は必ず報われることを証明する?」。努力は報われるとは限らない。夢を叶えるため、目標を達成するため、ゴールに近付くため、人は必ず努力をしている。できないことができるようになるのが好き。前へ、もっと前へ、凡人だからこそ努力するんだ、という意志がとてもいいです。がむしゃらな努力でなく、向いている向いていないを知るために努力する。やってみて分かる。やらないと分からない。

    努力の意味を履き違えて、心が壊れるまで働いたりする人がいる今の世だけれど、たかみなはバランス感覚が非常に優れている。彼女は自身を凡人だと言うけれど、方向性が違うだけで才能があるよ。ゴーストライターが書いているのだろうけど、文章はつっかえるところがなく読みやすい。文字通り行間が空いているので分量が少なくさくっと読めます。

    たかみなのその生き方、志にファンになりそう。AKB48グループにも興味をもった。

  • 割と素直に感心しました。心を強くするのには、柔軟性を高めたり、プライドを硬く持ったりあるけど、この人は以外と理屈で強くした分が多い。

    自分がここにいるのはなぜか、自分がここに残るにはどうするべきか、ここをより素晴らしくするためにはどうするか。行動するために考えて、行動するたびに考えたことがこの本にしっかり出てる。

    ただ、ひとつ注意事項としてリーダー論ではありますがトップというよりは中間管理職的な色彩が強いとは思います。まぁ、そのほうが読者は多いだろうけど。

  • 「“努力”はかっこ悪いものじゃない」AKB48グループ総監督が10年間の実体験を元に語る、超実践的リーダー論。まとめる力。

  • 経験した事は強い。どこかで聞いたことありそうな事だったり、綺麗事みたいな事もあるけど、やっぱり実体験だから説得力がある。
    300名もの女子を束ねるのはさぞ大変だった事でしょう…。

  • 「リーダーというの肩書は、みんなが言うことを聞いてくれるツールだと思うのは大間違いです。むしろリーダーという肩書は、みんなの目を厳しくさせるツールだと思ったほうがいい。」
    ありきたりの内容だが、AKB48という具体的チームを材料にして書いているので分かり易く、中学生・高校生にも読ませたい本だと思った。

    老人にはAKB48のことがよく分かりましたです。ハイ。

全80件中 1 - 25件を表示

リーダー論 (講談社AKB48新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

リーダー論 (講談社AKB48新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

リーダー論 (講談社AKB48新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする