涙香迷宮

  • 460人登録
  • 3.21評価
    • (13)
    • (36)
    • (66)
    • (20)
    • (6)
  • 66レビュー
著者 : 竹本健治
  • 講談社 (2016年3月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (370ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062199544

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
佐藤 究
東野 圭吾
ピエール ルメー...
有栖川 有栖
三浦 しをん
横山 秀夫
米澤 穂信
法月 綸太郎
長岡 弘樹
冲方 丁
恩田 陸
塩田 武士
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

涙香迷宮の感想・レビュー・書評

  • 若き天才囲碁棋士・牧場智久を探偵役にしたミステリー。
    シリーズものであることも知らず、それどころかこの著者の本を読むのも初めてなのですが、序盤から次々と繰り出される黒岩涙香に関する蘊蓄の数々に圧倒されました。
    そして、最大の見どころは中盤のいろは歌。
    48文字をかぶることなく使うだけでなく、「いろはにほへと…」のそれぞれの文字を先頭に据えたいろは歌がずらりと48首並んでいる様に鳥肌が立ちっぱなしでした。
    しかも、意味が通るだけでなく涙香の好んだ嗜好を織り交ぜているのです。
    さらにさらに、そこから派生する暗号まで作っているのだからものすごい…。
    著者の頭の中はいったいどうなっているんだ??

    暗号の行きつく先を知りたくて、ページをめくる手が止まりませんでした。
    蘊蓄を並びたてる感じも個人的に好きなので、同じ著者のほかの作品も読んでみたいと思います。

  • 種明かしが上手いミステリーではないけれど。
    暗号やいろはうた、ウミガメのスープなど興味深く読んだ。楽しんだというよりは暗号について指南してもらった気分。

  • 牧場智久シリーズ。黒岩涙香、というと、なんとなく名前を知っている程度だったのですが。知れば知るほど奥が深い……いろいろと気になってしまいます。
    一応、殺人事件が起こってそれに関する推理もきちんとあるのだけれど。そちら側のインパクトは薄く感じました。といってもそれが面白くない、というわけでは決してなく。その他の要素が凄すぎるのです。
    四十八首のいろはと、それにまつわる暗号が圧巻すぎる! このいろはをひとつひとつ読んでいるだけでも充分楽しいのに、それにまだ暗号が隠されてるってそれは一体何!? もちろん自力で解くことなんてとってもかなわないのですが(苦笑)。解かれる過程を読むだけでもそりゃもう充分楽しくって。いろはって奥が深いなあ、とひたすらに感嘆しました。

  • 竹本健治さんの本は結構久しぶりに読みました。牧場智久シリーズ、なんですね。シリーズ自体が初めてです。
    日本のミステリ・・・だけでなくいろいろなものの「始祖」である黒岩涙香の暗号を解読しつつ殺人事件の推理も・・という。黒岩涙香という人については全然知らなかったんですがこの本で「ずいぶんすごい人だったんだなあ・・」と勉強になりました。これほどの傑物がなんでここまであんま知られてないんだろう?
    で、この本自体は・・面白いは面白いんですが黒岩涙香の生涯の話がメインになってしまって関心がそっちに偏ってしまった印象。暗号文もあんまり多いと読んでてちょっと疲れてしまったというか。。。

  • 暗号本。久し振りの竹本健治だったのです。

    ミステリとしては、本格ロジックと言うよりは、火サス並みの流れ作業展開だったのです。

    竹本健治氏のツイッターをフォローしてたので、いろは歌とか出てくるのかな……?と思ったらビンゴ。
    出てくるのかなレベルではなく、50ページくらいいろは歌40首以上と登場人物のその感想+解説だったのです。

    40首以上のいろは歌をどこまで解読するか……はめちゃめちゃ時間がかかるので、もう文学として読む作業にもなってしまったのでした。

    いろは歌は本当に圧巻。
    面白いし、感動もするのです。
    元々、短歌や俳句や詩に抵抗がないならもういろは歌だけでも十分楽しめたのです。

    五並べと言うか、連珠と言うゲームについてはあまりピンと来なかったのですけど
    最後までジックリ読み進めていくと思わず「へぇぇ」と漏らしてしまう。そんな感じだったのでした。

    牧場智久シリーズは読んだことなかったので、二人の関係や、主人公のあまりの天才っぷりにポカーンな部分も。

    何十年か後に、俳句とか趣味でやるようになったら、もう一度読んで見たいのでした。

  • 黒岩涙香という実在の人物が残したであろう暗号を解き明かしていくのだが、その暗号が非常に難しい。「いろは歌」が四十八首ある地下室、その頭文字を読み取り現れる「いろは歌」、そこから更に暗号を解く。本格ミステリではあるが、とても知識が及ばない為に自分で考えられない。
    よく考えられていると思うがエンターテイメントとしては好みが分かれる。

  • 最初から思わせぶりな事件が有り、続けて密室殺人が有り、仲間内に犯人がいる設定が有り、暗号解読も有る。てんこ盛りだ。
    読んでて面白いけどリアリティは全く無い。
    ただ「いろは歌」の設定は凄いし暗号もムッチャ難しい。考えるのも、探偵役に解かせるのも大変だったろう。推理小説マニアの為の一冊。

  • 殺人事件は起こるものの、そちらは添え物。
    黒岩涙香についてと、残されたいろは歌の暗号がメイン。
    筆者がすべて考えたことを思うと、すごい、の一言。
    競技かるたのルールを統一したとか、黒岩涙香の功績と多才ぶりに驚かされた。
    類子は女子高生に見えないし、全体的に言動がレトロ。
    褒め合い合戦と、智久・涙香への絶賛は、ややくどい。

  • 『このミステリーがすごい!2017』第1位。
    明治時代の小説家であり翻訳家、新聞社社主でもあった黒岩涙香。遊芸の達人・涙香の残した〝いろは歌〟には、暗号が秘められていた!? 超絶技巧の暗号に、若き天才囲碁棋士・牧場智久が挑戦する! 目眩がするほど難解な暗号解読ミステリー。

    すべての仮名を重複しないように使って作る〝いろは歌〟を50首? いや、もっとか。本当によくこんなこと考えたよなぁ...。
    キャラクターが爽やかなせいか、難しいパズル満載のわりにライトに読める。
    殺人事件は彩りとして添えられている程度。そのアンバランスさと、ひとつの分野から広がる蘊蓄の深さ。読後感としては『写楽殺人事件』に似ていました。

  • +++
    明治の傑物・黒岩涙香が残した最高難度の暗号に挑むのは、IQ208の天才囲碁棋士・牧場智久! これぞ暗号ミステリの最高峰!
    いろは四十八文字を一度ずつ、すべて使って作るという、日本語の技巧と遊戯性をとことん極めた「いろは歌」四十八首が挑戦状。
    そこに仕掛けられた空前絶後の大暗号を解読するとき、天才しかなし得ない「日本語」の奇蹟が現れる。
    日本語の豊かさと深さをあらためて知る「言葉のミステリー」です。
    +++

    囲碁の世界のことには全く疎いこともあり、序盤は、この先読み続けられるだろうかと危ぶんだが、中盤以降は、解かれていく謎への興味でページをめくる手が止まらなくなった。囲碁棋士・牧場智久が、たまたま遭遇した殺人事件と、黒岩涙香が残したいろは歌に込められた暗号の解読、さらに、大型台風で閉じ込められた涙香ゆかりの場で自身が命を狙われるという、緊張感が高まるシチュエーションが相まって、ドキドキハラハラさせられるが、いろは歌を解読が進むにつれて、殺人事件との関係も解き明かされてくるという仕掛けが絶妙である。数々並べられたいろは歌も見事で、それだけでも一冊の作品になりそうである。牧場智久の頭脳に感銘を受ける一冊である。

  • 「このミス」で第一位の評価だったが、私はそれほどでも…。いろは=パングラムの披歴には感嘆するしかないし、この暗号を解くのもミステリだといえばその通り、竹本健治の力量を否定する気は毛頭ない。ただ、すべてがいろはの暗号解読に収斂し、殺人事件の動機も解決もどうでもよくなった感がある。囲碁も興味ないし、牧場智彦に思い入れないし。

  • 難しかった!!暗号小説がこんなにも難しいなんて!私の頭ではついていけなかったので半分は読み飛ばした。推理の部分を読んでいても話は理解できる。ただし囲碁などチンプンカンプンなのでこの小説自体が持つ推理小説の醍醐味をほとんど味わえなかったのは残念だ。ただし探偵役の牧場君は魅力的なので実写したら面白いドラマになると思う。しかし、こんなにも暗号やいろは歌、連珠などに精通している作者はどんな頭脳の持ち主なのだろう?天才の描く推理小説を読むことができていい経験にはなった。

  • 囲碁の対局中に起きた殺人事件の謎と黒岩涙香が遺したいろは歌の暗号にIQ208の天才囲碁棋士・牧場智久が挑みます。
    四十八首のいろは歌の作り込みとその解読方法の案出は凄いとしか言いようがないですし、他にも囲碁に関する知識や黒岩涙香における研究についても盛り込まれており、筆者の博学ぶりに圧倒されます。
    しかし、殺人事件の方はおざなり気味で、作品全体の印象を悪くしてしまっているのが残念です。

  • バカリズムが、いろはの47文字の現代版をつくるコントをしていたが、その試みはすでにあったんだ。しかも格調がたかい。しかも48首ありそれを組み合わせた暗号にもなっているというすごいもの。板面を埋め尽くす連珠というパズルも出てくる。パズルの超絶技巧満載なのだが、残念なことに全く興味がない。ミステリでも、この種のコアなものには興味がないのだ。人を選ぶ作品というとこでしょうか。「匣の中の失楽」など大昔に呼んだが、その世界が今まだそれが蘇って、それが「隠れた名作」とはならず、このミスの1位になるところが、そういうファンも多いんだと感心させられる。「幻影城」などという言葉が懐かしいなぁ。
    文春2016 3位このミス2017 1位

  • 久しぶりに竹本健治 のミステリを読みました。
    しかしなんという暗号。
    すごすぎます。
    まさに暗号ミステリの最高峰でしょう。
    よくぞこのようなものを考えたものです。
    もう頭がついていきませんでした。
    黒岩涙香も何冊か読んだことがありましたので、この辺も大満足。
    いや~面白かった。
    一気に読みました。

  • うーーーん、これは自分の中でも評価が分かれるところで、興味深いと思う反面流石にくどいとも感じてしまう。高田崇史を読むときも同様だが、「やっぱり殺人事件いりますかね?」という疑問も抑えきれない。暗号解読部分も複雑に過ぎて却って強引で無理筋、加えて涙香すごいすごいってちょっと言い過ぎで逆に醒めてしまう。要はバランスが悪いということか。とはいえ力作には違いないので星2つはいかにも失礼だと考えた。

  • 黒岩涙香の遺したとされるいろは歌と連珠型に隠された謎を解く暗号ミステリ。すべての文字を一度ずつ使い、且つ句毎に頭の文字が異なる自作の完全パングラムいろは歌四十八首+αに加え、それらを暗号として用い、解体して意味成す形に変換し直す作業はまさに神業。圧倒されました。反面、キーとなる句に着目した理由付けの弱さ、クローズドな状況を敷いてまで用意した殺人事件の雑な扱い等、冷静になってみると手放しで褒めそやせない箇所が少なくないのも確か。いっそ殺人事件パートをなくしてしまっても良かった気がします。

  • 黒岩涙香、暗号とくれば読まずにはいられない。
    牧場智久シリーズは初読み。
    動機や犯人は二の次。
    暗号解読だけで読んだ価値はあった。

  • 牧場智久ものの新作ミステリ。殺人事件も起こるものの、主眼はいろは歌の暗号だろう。どこに鍵があるのかは明白なのに暗号本体が二重三重に込み入っていて、そう簡単には解けないようになっている。煙詰のようなもので、自分で解くより並べて趣向を楽しむ作品なのだろう。

  • 牧場智久シリーズ長編。黒岩涙香の残した暗号に挑む。
    いろは歌がこんなにもバリエーション豊富に作れるというのがまず驚き。
    正直、殺人事件はどうでもよくて涙香の暗号の解読がメインなのだが、短歌や連珠、囲碁の素養がないのでこの凄さを理解できたとはいえず残念。たぶん自分にもっと基礎知識と興味があれば目眩がするほど素晴らしいのではないかと思う。
    涙香の作品は「無惨」くらいしか読んだことがないが、その人生と人となりが面白かった。

  • 竹本健治の、天才囲碁棋士シリーズ。黒岩涙香と日本の国語、それからゲーム研究までをテーマにした、暗号ミステリの大作。
    読むのには、かなり体力が要った。どこまでが創作なのかはっきりとは分からないが、著者にしては果てしない労力がうかがわれ、それが良く活きている、というかそれですべて成り立っている。
    いろはだけでも詠む価値がある。
    惜しいのは探偵の過程。推理のひらめきは、なにか必然的な言動をスイッチに至るのがよいのだが、超緻密なトリックに比して、ただの「ひらめき」が多かったのが残念。
    しかしながら、「探偵が謎を解かなければならない動機」や、読み終えても明らかにならない二つの謎等、ユニークな趣向も散らされている良作。
    4-

  • 久しぶりに頭使った。大変。でも
    最後はピンとこない。

  • 8月21日読了。図書館。

  • ちょっと…いまいち。
    いろはとか、凄いと思うけど、読みものとしては面白みに欠けると思ってしまう。

  • 牧場智久、すごい。もっとよみたい。内容は圧巻。いろはすごすぎる。難しかった。

全66件中 1 - 25件を表示

涙香迷宮に関連する談話室の質問

涙香迷宮に関連するまとめ

涙香迷宮を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

涙香迷宮を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

涙香迷宮を本棚に「積読」で登録しているひと

涙香迷宮の作品紹介

明治の傑物・黒岩涙香が残した最高難度の暗号に挑むのは、IQ208の天才囲碁棋士・牧場智久! これぞ暗号ミステリの最高峰!
いろは四十八文字を一度ずつ、すべて使って作るという、日本語の技巧と遊戯性をとことん極めた「いろは歌」四十八首が挑戦状。
そこに仕掛けられた空前絶後の大暗号を解読するとき、天才しかなし得ない「日本語」の奇蹟が現れる。
日本語の豊かさと深さをあらためて知る「言葉のミステリー」です。

涙香迷宮のKindle版

ツイートする