彼女がエスパーだったころ

  • 181人登録
  • 3.52評価
    • (6)
    • (26)
    • (22)
    • (5)
    • (1)
  • 30レビュー
著者 : 宮内悠介
  • 講談社 (2016年4月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (242ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062199643

彼女がエスパーだったころの感想・レビュー・書評

  • SFと分類したけど、合ってるのかな。

  • 扱うテーマは「共時性」「超能力」「終末医療」など非常に重たいモノであるのに書き方はドキュメンタリーのようでフィクションであることすら忘れてしまう位に客観的に感じる。
    書かれている内容にも共感する事が出来て面白く感じた。
    共感する事が出来る作家さんと巡り会えた事が非常に嬉しい。

  • 没我适合的故事。好的,不好的是我決定了。彼女有天資了:自己做保护,还是自己打伤害都只结果自己。
    網岡無為的脳髄:隐私用途软盘。

  • 宮内悠介面白そうだな、どの作品を読もうかな、とリサーチしていた矢先の吉川英治~でしたので、ヨシキタとこの本を選びました。
    短編集で、連作……に当たるのだろうか。関係性はありますが、因果関係は強くない模様。
    ドライなようで実はウェットなのかその逆なのか、私には判断が難しいです。
    狐につままれたような読後感、さらにその後やってきた、幻の狐を追い求めるような感覚、かなり独特なもので、クセになりそう。良い作家さんだなあ。

    収録作の中で一番ツボだったのが『百匹目の火神』。
    猿による全国規模の連続放火をめぐる話。エンタテイメント的なものと文学的なもののブレンドぐあいが、とても私の好みに合いました。ラストシーンは「あざといぜこんちくしょう」とつぶやきながら、でも感動しちゃうもんはしちゃうんだから仕方ないじゃないですか。

    『水神計画』も好きです。言葉により水を浄化する、世界を浄化するという精神世界めいた<水神計画>に主人公は関わっていくが、意外な方向に。
    このタッチでこの展開を書いてしまうことがまず異常でした。なんだろこれ、とやや戸惑いながら読み進めましたが、主人公が窮地に陥った時の光景が面白く(限定的な愉快ではなく)、この頂点に、それまでとそれからの諸々が収斂されていく様が興味深かったです。

    他の本も読んでみようと思います。

  • ちょっとダークなオカルト。好きです。

  • 途中まで連作と気づかず。
    房総大学って二流にしか聞こえん。
    この人は人の本読んじゃあ
    つぎはぎして話作るタイプなのかな⁇
    なんかホワホワして深みがない。

  • アマゾンには「SFの枠を超えた」とあるが、これはそもそもSFじゃない。オカルトや疑似科学を中心にしたミステリで、それぞれ決して深入りすることはないが、社会風刺をピリッと効かせてある。社会風刺と言えば、昨今のネットでの誹謗中傷に対しても、効果的な不気味さを演出した批判がなされている。どの短編もひねりは少ないが、なかなか面白いオチが用意されていて、引き込まれた。

  • さばさばと淡々と。
    冷たさを感じる程の物静かな文体。
    これが苦手と思う人は全くダメな一冊だと思われる。
    けれども、ワタシは宮内さんのこのクールな文体が
    大好きです。
    しかも短編。
    長編よりもキレの良い短編の巧い人だと思うので、
    猶更良い一冊でした。
    ジャーナリストと思われる男性の一人称(っぽい)語り口で紡がれる短編で、最終的に何となく一つに
    纏まる作りなのもよろしいです。
    悲しかったり、切なかったり、ちょっと温かさを感じてみたり。
    こういうのが書ける若い人は貴重だと思います。

  • 全国大学ビブリオバトル2016地区予選(京都決戦>地区決戦>予選)のチャンプ本。市図書館にて。

    どうも苦手な文章であった。語り手をどこまで信用して読むのが楽しい読み方だろうか。

  • ちょっと不思議な世界観の短編集

  • 疑似科学とディープに交わる。タブーに腰まで浸かってみるスリル。しかし表紙とても格好いいな。

  • ロボトミーなんて言葉知らなかったな。

    引用
    「まず葛藤や軋轢がある。そして、価値観を変えるような事件が起きる。主人公は変化し、障壁を越え、そして成長する。……わたしは、こうした物語にこそ暴力を感じる」
    〜「実際は、人間が変わることなんかない。ちょっとした出来事や小さな変化のたび、変わったかもしれないと希望を持つ。そして翌日には、また元通りになっている」

    そうかもしれないな。
    孤立は暴力を生む。これは本当なのかな?だったら悲しい。

  • 僕にはもう宮内悠介を読み解く能力がないみたいだ。完敗だ。題材にも展開にも会話にも、何一つ興味を持てるものがなかった。悪口にはなったらごめんなさい。いろんなことが起きていろんな人が登場するけれど、ずっと宮内さんの独り言を聞かされている印象にしかならなかった。
    信仰と科学についての物語なのですか?????

  • 「百匹目の火神」はドライな文体が異様な雰囲気を生んでいて、すごく面白かったけど、それ以降はミステリー寄りな印象があって、作品からミステリアスな雰囲気が無くなっていくのが物足りなかった。連作短編集とするには主人公の存在感が薄い気もする。

  • 小説現代2012年9月号、2013年3、7月号、2014年4、9月号、2015年3月号掲載の6つの短編を2016年4月に講談社から刊行。超能力や疑似科学的な見方もできる不思議な出来事が、記録的に語られます。いずれの話も、ひとまず納得は、するのですが、読後にグレー感が残り、考えてしまいます。「SFという枠を超えた」話とまでは、思えませんでした。

  • 収録作品:百匹目の火神 彼女がエスパーだったころ ムイシュキンの脳髄 水神計画 薄ければ薄いほど 沸点

  • あ、短編なんだ!!
    ていうか!!一話一話の密度が濃い。
    猿の話にガツンと来て、
    表題作にほろっとし、
    堪能させてもらいました。

  • 7月9日読了。図書館。

  • 短編集。サイエンスフィクションであり、少し不思議でもあるSF。けど非科学的な感じもする。
    動物や種の進化に興味があるので、「百匹目の火神」がベスト。
    「ムイキシュンの脳髄」も面白い。

  • 超能力や疑似科学がテーマの連作短編集。
    百匹目の猿、エスパー、オーギトミー、浄化する水などの事件が、取材する記者の視点から描かれている。
    記者自身も渦中に巻き込まれていくのだが、あくまでもルポ風の淡々とした筆致で物語が進む。派手な盛り上がりはないが、時折心に深く刺さる言葉やシーンがあり、なんというか人間の霊性について考えさせられた。

  • SFも苦手なんだけど、ルポタージュ調で、ぎりぎり本当っぽくて、それはおもしろいなって思った。

  • 人類が現在のこの座を奪われる時が、いつか必ずやってくるのだろう。
    それは、次の知性体が、今の人類と同じレヴェルまで進化した時なのか。
    それとも、ただ単純に、人類が退化しただけのことなのか。
    という問いを投げかけられている気がした。

    望もうと望むまいと、何度でも沸点は訪れる。
    望むと望まざると、必ずその時は訪れる。

    科学では説明できない、けれど「似非科学だ」とは言い切れないある種の法則に、結局のところ私たちは支配されてしまっているのかも知れない。

    けれどそれらの法則を捻じ曲げてしまえるのは、人間の想像力だけだ。多分、今のところは。

  • 『百匹目の火神』
    『彼女がエスパーだったころ』
    『ムイシュキンの脳髄』
    『水神計画』
    『薄ければ薄いほど』
    『佛点』

  •  語り手のわたしとは何者なのか。
     「わたし」が語る、すこしふしぎな世界での短編連作である。

     語られる事件や出来事も魅力的なのだが、もうこれは話芸というレベルで読むのが面白い。文体が好みなんだろうな。

  • オカルトを題材にしたというよりはオカルトに傾倒する人を題材にした短編集。作中でオカルトっぽい現象は起こってはいるのだけれども、その現象はオカルトが原因でないとしても十分説明がつくという微妙な線で、作者は意図的に曖昧にしていると思われる。

全30件中 1 - 25件を表示

彼女がエスパーだったころに関連するまとめ

彼女がエスパーだったころを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

彼女がエスパーだったころを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

彼女がエスパーだったころを本棚に「積読」で登録しているひと

彼女がエスパーだったころのKindle版

ツイートする