ブクログ大賞

罪の声

  • 1929人登録
  • 4.03評価
    • (172)
    • (269)
    • (107)
    • (21)
    • (2)
  • 232レビュー
著者 : 塩田武士
  • 講談社 (2016年8月3日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (418ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062199834

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

罪の声の感想・レビュー・書評

  • グリコ森永事件をベースにしたフィクションとはいえ、ほぼ事件を忠実に追っているために、どこまでが事実でどこからがフィクションかわからなくなるほどの圧倒的な筆致、取材力。
    実際に事件で使われた、子供の声による身代金受け渡しの指示、その声を録音された子供たちの現在をも新聞記者阿久津は追っていく。ただしそれは、事件の全容を解明するという側面とは別に、事件が彼らに与えた影響を心から危惧し、彼らを罪悪感から救いたいという思いによって。

    実際の事件のことは詳細はあまり覚えていないので、ネットで調べながらこの本を読んだ。そして、事件にまつわる部分は概ねたどっていることを知り、この作者が果てしない取材で得たもの、もしかしたら作中と同じように犯人に肉薄したかもしれないと思うと、これは一作品にはとどまらないのではないかとすら思う。これだけの取材、情報収集力をもって描かれる大作、まるで山崎豊子さんのよう。

    そういえば、この事件のあと、お菓子がフィルム包装されるようになったのだった。キツネ目の男の似顔絵だけが一人歩きした印象もあったけれど、そもそもなぜこのような事件が起きたのか、巻き込まれた人たちの人生はどうなったのか、社会におとした影、その時代背景など、あらためて考えさせられるし、ひとが犯罪を犯すきっかけの微小さにも怒りを覚える。とにかく読みごたえのある大作。

  • うーーん。正直メインの二人だけでも一人の人間としての個性を描き切れてないので、交互に場面転換するこの形式ではどっちがどっちかいちいち確認しないといけなくなる…。その状態なので心理描写とかもなんか全然伝わってこなかった。犯人像とか動機がショボいのはまあ意図したことなのかもしれないけど、肝心の子どもを巻き込む流れまでショボすぎて残念。

  • グリコ・森永事件をモチーフにしたフィクション。当時学生だった私は『キツネ目の男』の似顔絵は今でも覚えている。毒を仕込んだお菓子の事は当時、世の中を震撼させていました。結局、迷宮入りになってしまったけど なぜ犯人を捕まえる事が出来なかったんだろう?とその後のニュースなどで思っていました。
    この小説を読み終えよく考えられてるなぁと もしかしたら...って気がしないでもないです。このテープの声の子供達は内容と同じように もしかしたら自分の声かと思いながら生きてゆくのはどんな思いなのか想像も出来ないが 巻き込んだ大人達の罪はとても大きいと思います。
    ラストは救われる思いがした。

  • フィクションなんだけど、史実を元に書かれているから、ノンフィクションを読んでいるようで、本当に面白かった。今現実の世界の犯人達?はどうしているのだろう…子供達はどうしているのだろう…

  • よくできた丁寧に描かれた推理小説でした。犯罪者の家族の不安も書かれているところも良かったと思います。

  • 本当の事件の時から子供の声が気味悪く思っていました。何故見つからないのか不思議でした。作者の想像力がすばらしいと思いました。

  • 2017.7.1.31年前に起こった企業のトップの誘拐事件に端を発する企業恐喝事件、ギン萬事件に自分声が使われたときづいた曽根俊也。父親の後を継いで京都でテーラーを営む俊也は、ギン萬事件に自分の親が関わっているのではないかと思い、親の知己をたどり事件を自ら調べていく。他方、大日新聞文化部阿久津英士は年末の企画、昭和・平成の未解決事件の特集に取り上げるべく上司に指示されギン萬事件を調べ始める。
    グリコ・森永事件で使われた子供の声の脅迫テープに触発された作品。テープに使われた子供たちのその後…とても興味深い作品になっていった。特に事件のためち家庭が壊れた家族の行く末があまりに悲惨で涙が出てきた。

  • 色んなところで話題になり、気になってた作品。そうか、モチーフはグリコ森永だったんですね。先日読んだ新書で、”レディジョーカー”との関係性を改めて理解した矢先、また同じ事件を題材にした作品を読むことになろうとは、なかなか良い連鎖です。舞台は現代に置きながら、取材や記憶を通じて、事件の本質に迫ろうという本作。時代設定の妙もあって、読んでいるうちに”これは真実に違いない”と思わされる程のリアリティがあります。切ないクライマックスに向けて、一気に読ませてしまう強力な求心力を持った、素晴らしい一作だと思いました。

  • 1984年 事件が起きた時に自分が生まれた。 実際に起きた未解決事件…その中で被害者たる人がいる。
    本来謎が解かれていく事がミステリーの醍醐味でありながら、事件が解明されるのと反比例して関わった罪なき子供の人生が無駄にされるミステリーの中で、ここまで人情が湧いた事件は初めてだった!

  • あのグリコ・森永事件を題材にした物語。フィクションだけど、「そうだったのかー」と思いながら引き込まれて読んだ。希望のある終わり方もよかった。

  • グリコ・森永事件んを題材としたフィクション。ボリュームあったけど、連休引きこもり中に完読。

  • 「グリコ・森永事件」をモチーフにしたフィクション。加害者の親族である俊也と、記者である阿久津のダブル主人公。二人ともが事件についていろんな人に聞き込みを行うものだから、誰から何の情報を得たのかがこんがらがってしまう。グリコ森永事件というものを知らなかったので、この本を読んだ後でネットで調べてみたら、内容が細部まで似ていて驚いた。

  • あの事件には、こういった人々の人生があったかもしれない。
    フィクションに基づいたノンフィクションに、グイグイと引き込まれました。
    幼いながらも、あの事件と同じ時を過ごしていたからですかね…
    未解決事件だけに犯人は許せませんけど、もしテープの声の子がいるなら、穏やかな時を過ごしていてほしいと願わずにはいられません。

  • 2017年6月24日読了。グリコ森永事件を題材とし、仮想の話に仕立てた本作はグリコ森永事件を知らなかった私には最初は何のことかわからなかったけど、Wikipediaでグリコ森永事件のことを調べながら読んだら、子どもを巻き込んだ卑劣な事件だったんだなと知った。グリコ森永事件の子どもたちも今もどこかで生きてるはずで、事件のことを知ってるのかわからないけど、出来れば幸せに過ごしていてほしいと願った。

  • グリコ・森永事件の史実通りに話が進むから何処までがノンフィクションで何処までがフィクションなのか分からなくなる。登場人物が多く出てくる為、読んでる途中で「この人誰だっけ?」という事があったから、一気読みをオススメします

  • 図書館で借りた本。
    グリコ森永事件をモチーフにした話。
    もしも、世間を震撼させた脅迫文の声が、幼いころの自分の声だったとしたら。という視点で書かれた話。ある日、父親の遺品の中からカセットテープが見つかった。興味本位で聞いてみると、幼い自分の声があり、懐かしく思っていた直後、自分の声が聞いたことのある文章を読み上げた。「ばーすーてーい」この声があの事件の脅迫文だと気づいたとき、運命が動き始める。

  • 正直薄っぺらい。
    にも関わらず最後まで辛抱強く読んでしまったことに軽い嫌悪を感じる。
    フィクションというより作り話。
    何がこんな押し付ける様な嫌な感じになっているのかはよく分からない。
    便乗、自己満足の正義、思い上がり・・・
    何だろう?

  • 本屋大賞ノミネート作品


    題材は昭和の未解決事件、グリコ森永事件。
    名前こそ「ギン萬事件」となっているが事件のあらましなどは、ほぼ寄せて書かれたものらしい。

    この事件については、その名前と毒入りのお菓子がばら撒かれたこと、かい人21面相くらいの知識しかなかったので、事件の概要など興味深く読んだ。


    父の遺品の中から、幼い自分の声で録音された、脅迫に使ったと思われるカセットテープを発見した曽根。
    本来は文化部の記者なのに、社会部の特集企画にかりだされてしまった記者阿久津。
    この2人の視点で物語は進む。


    犯人たちが何をしたかったのか。
    どうして子供を巻き込んだのか。
    そして、その子供たちは何を思い、今どうしているのか…。


    「奮い立ったから…」と答えた彼らの言葉が怖かった。
    私は、あの頃の時代の学生運動や各地で起こった闘争の熱気を知らないし、全く理解できない。
    知っていたら、少しは感じ方が変わっただろうか。
    大切な人を失った彼らに対して、そんなことで?とは言えない。
    でも、からっぽじゃないか、と思ってしまった。

  • 父の遺品の中からカセットテープを見つけた俊也。幼い自分の声の音声は31年前の未解決事件で恐喝に使われた録音テープと全く同じだった…。「グリコ・森永事件」をモデルにした長編小説。

    評判通りの力作だとは思う。ただ作者は調べたことを全部書きたかったのか、物語の展開にテンポが無さすぎて時として読むのが苦痛だった。また脅迫状を読んだ子供の口調は関西弁ではなかったのでは?と細かい所も気になってしまった。
    (B)

  • グリコ森永事件を題材にした作品。実際の事件は記憶にないが、事件を追ったテレビ番組などで録音された子どもの声を聞いた事がある。この子はその後どういう人生を過ごしたのかとテレビを見ながらぼんやりと考えたことがあったが、フィクションとは言え、こういう人生もあるのだろうと思わせる内容である。単純に推理ものとしても読みごたえはあったが、けっこうある意味都合よく話が進んでいる感も否めない。「貼り絵のように情報の欠片をコツコツと重ね合わせていった結果で、この手法こそが、今も昔もこれからも人々が求め続ける調査報道のあり方だ」という言葉が印象的。自分の父親が新聞記者であったので、昭和の記者とはこうであったのだろうとなんとなく感慨深く読んでいた。

  • 表紙を見てとても気になっていたのだけど、父が図書館で借りてきた本を回してくれたので、読みかけの本をわきに置いて先に読む。
    未解決事件であるグリコ・森永事件を題材に、膨大な取材をもとに犯人を推理して見せる筆致はすごい。ぐいぐい引き込まれて時間を忘れて読み終わってしまった。真実は分からないけれど、こういう推理もあると思えるだけの説得力がある。面白かった。2017年本屋大賞第3位だそうです。

  • (図書館本)
    お勧め度:☆6個(満点10個)。グリコ・森永事件と言えば、ちょうど、私が物心つきそう時代だった。はっきりとした記憶は無いのだが、子供心に3億円事件より鮮明に印象が深い。ただ、どうやって解決したのかと不思議に思っていたから、それほど興味は無かったのかもしれない。
    物語はその事件をモチーフにしているのは読む前からわかっていたけど、前半はあまりにも事実描写が多くて、ただ単に事件の筋をさらっているような気がしてはっきり言うとつまらなかったが、後半になるにつれて、子供の心情が描かれ最後のエピローグに至って無きが入ってきて・・・。ちょっと気落ちするラストだった気がする。

  • かつて三億円事件を扱った小説が各小説家によって多数出版され名作も多かったが、本作はグリコ・森永事件である。なんで今頃とも思われるのだが、事件に3人の子供が関わったというところに着目し、その数奇な運命を描いている、登場人物の掘り下げ方が浅く紹介だけで終わったような感じで、宮部みゆきあたりなら上下2段組の3冊ぐらいの分量になりそうなキャパシティのある物語であるが、残念ながら事件を追うのに汲々としてそこまでには至っていない。この事件が未解決なのは、警察の無能さもあるが、マスコミにも問題があるように思う。

全232件中 1 - 25件を表示

罪の声に関連する談話室の質問

罪の声に関連するまとめ

罪の声を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

罪の声の作品紹介

逃げ続けることが、人生だった。

家族に時効はない。今を生きる「子供たち」に昭和最大の未解決事件「グリ森」は影を落とす。

「これは、自分の声だ」
京都でテーラーを営む曽根俊也は、ある日父の遺品の中からカセットテープと黒革のノートを見つける。ノートには英文に混じって製菓メーカーの「ギンガ」と「萬堂」の文字。テープを再生すると、自分の幼いころの声が聞こえてくる。それは、31年前に発生して未解決のままの「ギン萬事件」で恐喝に使われた録音テープの音声とまったく同じものだった――。

未解決事件の闇には、犯人も、その家族も存在する。
圧倒的な取材と着想で描かれた全世代必読!
本年度最高の長編小説。

昭和最大の未解決事件―「ギンガ萬堂事件」の真相を追う新聞記者と「男」がたどり着いた果てとは――。
気鋭作家が挑んだ渾身の長編小説。

罪の声のKindle版

ツイートする