罪の声

  • 1820人登録
  • 4.05評価
    • (156)
    • (247)
    • (92)
    • (17)
    • (2)
  • 215レビュー
著者 : 塩田武士
  • 講談社 (2016年8月3日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (418ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062199834

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

罪の声の感想・レビュー・書評

  • グリコ・森永事件の史実通りに話が進むから何処までがノンフィクションで何処までがフィクションなのか分からなくなる。登場人物が多く出てくる為、読んでる途中で「この人誰だっけ?」という事があったから、一気読みをオススメします

  • 図書館で借りた本。
    グリコ森永事件をモチーフにした話。
    もしも、世間を震撼させた脅迫文の声が、幼いころの自分の声だったとしたら。という視点で書かれた話。ある日、父親の遺品の中からカセットテープが見つかった。興味本位で聞いてみると、幼い自分の声があり、懐かしく思っていた直後、自分の声が聞いたことのある文章を読み上げた。「ばーすーてーい」この声があの事件の脅迫文だと気づいたとき、運命が動き始める。

  • 正直薄っぺらい。
    にも関わらず最後まで辛抱強く読んでしまったことに軽い嫌悪を感じる。
    フィクションというより作り話。
    何がこんな押し付ける様な嫌な感じになっているのかはよく分からない。
    便乗、自己満足の正義、思い上がり・・・
    何だろう?

  • 本屋大賞ノミネート作品


    題材は昭和の未解決事件、グリコ森永事件。
    名前こそ「ギン萬事件」となっているが事件のあらましなどは、ほぼ寄せて書かれたものらしい。

    この事件については、その名前と毒入りのお菓子がばら撒かれたこと、かい人21面相くらいの知識しかなかったので、事件の概要など興味深く読んだ。


    父の遺品の中から、幼い自分の声で録音された、脅迫に使ったと思われるカセットテープを発見した曽根。
    本来は文化部の記者なのに、社会部の特集企画にかりだされてしまった記者阿久津。
    この2人の視点で物語は進む。


    犯人たちが何をしたかったのか。
    どうして子供を巻き込んだのか。
    そして、その子供たちは何を思い、今どうしているのか…。


    「奮い立ったから…」と答えた彼らの言葉が怖かった。
    私は、あの頃の時代の学生運動や各地で起こった闘争の熱気を知らないし、全く理解できない。
    知っていたら、少しは感じ方が変わっただろうか。
    大切な人を失った彼らに対して、そんなことで?とは言えない。
    でも、からっぽじゃないか、と思ってしまった。

  • 父の遺品の中からカセットテープを見つけた俊也。幼い自分の声の音声は31年前の未解決事件で恐喝に使われた録音テープと全く同じだった…。「グリコ・森永事件」をモデルにした長編小説。

    評判通りの力作だとは思う。ただ作者は調べたことを全部書きたかったのか、物語の展開にテンポが無さすぎて時として読むのが苦痛だった。また脅迫状を読んだ子供の口調は関西弁ではなかったのでは?と細かい所も気になってしまった。
    (B)

  • グリコ森永事件を題材にした作品。実際の事件は記憶にないが、事件を追ったテレビ番組などで録音された子どもの声を聞いた事がある。この子はその後どういう人生を過ごしたのかとテレビを見ながらぼんやりと考えたことがあったが、フィクションとは言え、こういう人生もあるのだろうと思わせる内容である。単純に推理ものとしても読みごたえはあったが、けっこうある意味都合よく話が進んでいる感も否めない。「貼り絵のように情報の欠片をコツコツと重ね合わせていった結果で、この手法こそが、今も昔もこれからも人々が求め続ける調査報道のあり方だ」という言葉が印象的。自分の父親が新聞記者であったので、昭和の記者とはこうであったのだろうとなんとなく感慨深く読んでいた。

  • 表紙を見てとても気になっていたのだけど、父が図書館で借りてきた本を回してくれたので、読みかけの本をわきに置いて先に読む。
    未解決事件であるグリコ・森永事件を題材に、膨大な取材をもとに犯人を推理して見せる筆致はすごい。ぐいぐい引き込まれて時間を忘れて読み終わってしまった。真実は分からないけれど、こういう推理もあると思えるだけの説得力がある。面白かった。2017年本屋大賞第3位だそうです。

  • (図書館本)
    お勧め度:☆6個(満点10個)。グリコ・森永事件と言えば、ちょうど、私が物心つきそう時代だった。はっきりとした記憶は無いのだが、子供心に3億円事件より鮮明に印象が深い。ただ、どうやって解決したのかと不思議に思っていたから、それほど興味は無かったのかもしれない。
    物語はその事件をモチーフにしているのは読む前からわかっていたけど、前半はあまりにも事実描写が多くて、ただ単に事件の筋をさらっているような気がしてはっきり言うとつまらなかったが、後半になるにつれて、子供の心情が描かれ最後のエピローグに至って無きが入ってきて・・・。ちょっと気落ちするラストだった気がする。

  • かつて三億円事件を扱った小説が各小説家によって多数出版され名作も多かったが、本作はグリコ・森永事件である。なんで今頃とも思われるのだが、事件に3人の子供が関わったというところに着目し、その数奇な運命を描いている、登場人物の掘り下げ方が浅く紹介だけで終わったような感じで、宮部みゆきあたりなら上下2段組の3冊ぐらいの分量になりそうなキャパシティのある物語であるが、残念ながら事件を追うのに汲々としてそこまでには至っていない。この事件が未解決なのは、警察の無能さもあるが、マスコミにも問題があるように思う。

  • 世間を騒がせ、翻弄させ未解決に終わった「グリコ・森永事件」を題材にそこに関わってしまった家族、子どもたちの現在を描いた作品。
    この事件を元にした本は多く、ドキュメンタリー、小説等あるが、この作品はもちろん事件の真相を究明するという点でも興味深いがそこに関わってしまった子どもたちがその後どのような人生を送ったかという視点で描かれた小説である。
    この事件では現金恐喝に3人の子どもたちの録音テープが使われた。この子どもたちはどこまで事実を認識していたのか、またその後どのような人生を過ごしているのか興味深い。成人した彼らはどのようにその事実を受け止め、これから先も生きていくのか重い問いかけである。
    物語は自身は幼くそのような録音をした記憶のない当事者とこの事件を追いかける新聞記者との2つの視点で展開していく。ふたりは立場が全く異なり、最初は対局にあるふたりの心情であるが、事実を追求していく立場はある意味同じで、接点のないふたりがやがてそれぞれの存在を知るようになる。そして終盤は2人で真実を追究していくのである。
    実際の事件は迷宮入りしてしまい、犯人はわからずじまいである。歳月がたち犯人たちも高齢になっているだろう。しかしこのテープの子どもたちは生きていれば中年にさしかかる年である。いったいどのような人生を送っているのか、少なくとも本人の意志で行動したのではなく、周りの大人たちに利用されてしまった3人は今どのように感じているのだろう。周りの大人の家族のエゴで振り回された子どもたちの苦悩と不幸をテーマにしている作品といってもいいだろう。

  • 事件概要を詳しく知らなくても、あのキツネ目の男の顔が目に焼き付いて離れない、昭和史最大の未解決事件。
    謎解きとしても読み応えがあるが、ゴチック体で書かれたあの子どもの声の脅迫文が、昭和特有の不気味さを醸し出している。

  • はじめはもやもやとした展開だが、すぐに物語の両端の人物について描かれた物語だとわかる。
    話が進むにつれて、ページを繰るのももどかしいほど、物語に引き込まれてしまいました。
    グリコ森永事件のテープの録音からこれだけの物語が書けるとは、圧巻という一言に尽きます。辛い事件には違いないですが、こういう結末なら許せるかなと思いました。
    実際に事件に関わってきた人に読んでもらいたいと願う一冊でした。
    もちろん、事件を知らない人にもおすすめです。

  • 本屋大賞だか候補作になったと聞いて図書館で予約し借りる。グリコ森永事件で実際に使われたという子供の声による身代金受け渡し指示の録音テープをきっかけに、その声の主である主人公が事件との関わりを探って行くというあらすじ。同時並行で事件を追う新聞記者のエピソードと入れ替わりながら話は進むが、そのいずれでもキーとなる人物や重要な証言がいとも容易に見つかったりつながったりしてあまりにもスムーズに事件の謎が解けすぎじゃないか?といくらか冷めた気持ちにもなったものの、おかげでスラスラと読み進むことができた。ラストになって突然お母さんの関与が明らかになるのが唐突過ぎたことと、もう一人の録音テープの少年(彼の半生はあまりにも壮絶すぎる…)のお姉ちゃんがなぜ殺されたのかよくわからなかったのが残念。
    リアルタイムだと自分が子供の頃だったのでよくわかっていなかったのだけど、こんな奇妙な事件がこんな長期に渡って実際に起こっていたのだということが再認識できた。

  • 犯人探しをベースにした真相解明なのか、知らぬ間に犯罪に協力させられていた子供の救済なのか、メインテーマが最後までハッキリしない感じがして、少し残念だった。
    俊也×堀田と阿久津の2本の軸が少しずつ近づいて、絡み合った時の緊張感はたまらなかったけど。
    どんな大事件も本当の動機はしょーもないことなのかもしれない。
    そのしょーもないことのために、時として罪のない命が失われ、人生が粉々にされる。
    巻き込まれたのが子供であるのなら尚更に、その罪は実際の罪状よりもずっと重いのだろう。そう思う。

  • とてつもなく複雑なジグソーパズルを
    一か月間かけて、ようやく完成させることができた、
    そんな濃厚な読後感を持ちました

    史実をベースに
    その一つ一つの出来事を丹念に物語の中に織り込み
    想像上の人物がかくもあるやと思われるぐらい
    リアルに描かれていく
    事件に巻き込まれた子供たちの30年後の人物たちが
    物語を担っていくのにも引き込まれてしまいます

    そこに新聞記者としての記者魂
    犯罪に巻き込まれてしまった家族の怖れや葛藤
    犯罪被害者への手立てや援助 
    さまざまな人間の苦悩
    それでも 見つけ出す希望
    読んでいる途中に何度も
    自分の中の感情を激しく揺さぶられました

    ページを繰る手がとめられない
    という表現がまさにぴったりの
    重厚な一冊でした

  • 今年読んだ本でものすごく力強い本。昔あったグリコ森永事件を描いてるんだけど、きっとホントにこんな感じだったんだろうなと思う。楽してお金を手に入れようとしても、あとあと家族に訪れる不幸を思うと、やるせなくなる。

  • 幼い頃の事件なのでキツネ目の男の似顔絵くらいしか知らなかったけど、こんな事件が実際に起こったのかという驚きと、これだけ情報化が進んだ現代では起こり得ない事件だし、中でも語られているけど時代のエアポケット、そして運も重なって起きた事件なんだろう。
    記者の阿久津の成長物語としても読めて、ページをめくる手が止まらなかった。

  • 硬質な社会派ミステリで中盤までは読みにくかったけど、よくここまで考えて書かれているなぁ…と。これが真実かと錯覚してしまうほどで読んでいて不安を感じた。先日ドロップの缶にある開封すると<開封済み>とつくシールについて、子供たちに聞かれて、当時中学生だったのでグリコ森永事件のことを説明したばかり。
    当時はテレビの報道がセンセーショナルで、田舎だったし大袈裟だな…程度でした。ネットもまだ身近ではない時代だったので報道されない裏側なんて興味もなく、株とか仕手なんて今の今まで詳しく知らなかったので、色々と衝撃を受けることが多くて驚きました。様々な事件も経済も全部つながっていて意思を持った生き物みたいに思えてならなかった。

    5章の途中からは一気読みで引きこまれてしまい曽根サイド、阿久津サイド、欧州サイドが重なるあたりは圧倒された。このままいったら終盤はどうなるのだろう…とハラハラしながらページをめくってしまった。家族、親子ものな面もあるのでホッとした反面、物足りなさも感じたり…。思わずのめりこみそうになったけど小説に戻ったような終盤にホッとした。ちょっと『蛍の森』的な展開を思い出した。

    史実になるべく基づいてこうだったのかもしれないという思いで描いたという念、想像力と構成力はすごいな…と感じた。星3.5

  • おもしろかった。グリコ事件とリアルに重なる作品。ただ、最初、俊也に入り込んで読んでいたのが、途中からだんだん離れていってしまいました。罪の声を背負った他の二人の人生がつらいために、そちらに心が引き寄せられてしまったためでしょうか。阿久津さんへは共感しやすかったんですが。

  •  歴史的未解決事件を題材とした作品。こんなふうにさらりと真実がわかることはないだろうとは思いつつも、この作品はその真実を追いかけることを主眼としているようで、そうではないことに気が付いた。
     知らないうちに罪に引き込まれていた、人の人生の重さやそれでも家族という温かさを描きたかったのかもしれない。

  • あまりにも明け透けに真相とやらが露出しすぎて

  • 本屋大賞第3位だけあって、読ませる。一気読みさせられた。
    帯には「グリ森はまだ終っていない」とある。409頁の長編。

    主人公は京都でテーラーを営む平凡な曽根俊也。ある日ひょんなことから父の遺品の中から、カセットテープと手帳を見つける。

    自分が31年前の未解決事件の時の犯人から警察へ指示したテープだった。手帳にもそれを匂わす事柄が書いてある。真実を突き止めようと動き出す。

    同じ頃、新聞記者の阿久津英士は、31年後の企画ということで、この事件の取材に巻き込まれる。

    別ルートで、事件の犯人、真相に迫っていく。緻密な展開、上手い伏線・・・これは事件の真相にほとんど迫っているのではと思ってしまう。

    本物の犯人たちはこれを読んでどう思っているんだろう。時効ではあるが、この作者の命は大丈夫なんだろうかと心配になる。

    これ以上はネタバレになるので、書けない。

    338頁で、9人の犯人、事件の全体像が明らかにされる。まだまだ71頁ある。

    ここからがこの小説の真骨頂。最後は涙ながらの結末を迎える。家族に時効はないが・・・。

  • 初めはとても読みづらかった。
    記者の阿久津とテーラーの俊也の行動が重なり合うまでがとても助長に感じて。しかし事件の核心に触れていくにつれて読む手が止まらなかった。
    そして犯人の告白。
    犯人の動機・言い分にはとても腹が立った。
    何が「奮い立った」だ。単なる自己満足ではないか。そして自分たちの起こした行動の結果得られたのは「虚無感」しかなかった。ばっかじゃないの。
    家族、まわりの人達にどれだけ負の遺産を残せば良いのか。
    フィクションなのか?ノンフィクションなのか?一瞬勘違いするほど濃い内容だった。

  • 前半は登場人物が混乱したり、海外取材にまで行ってそれだけ?とちぐはぐな感じもしたけど、実行犯の家族の様子がわかるにつれて事件が現実味を増した。ハイネケン誘拐は映画を観るまで知らなかったけど、実際にその後にグリコ森永事件だったのかな。巻末の参考文献読んでみたくなった。

全215件中 1 - 25件を表示

罪の声に関連するまとめ

罪の声を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

罪の声の作品紹介

逃げ続けることが、人生だった。

家族に時効はない。今を生きる「子供たち」に昭和最大の未解決事件「グリ森」は影を落とす。

「これは、自分の声だ」
京都でテーラーを営む曽根俊也は、ある日父の遺品の中からカセットテープと黒革のノートを見つける。ノートには英文に混じって製菓メーカーの「ギンガ」と「萬堂」の文字。テープを再生すると、自分の幼いころの声が聞こえてくる。それは、31年前に発生して未解決のままの「ギン萬事件」で恐喝に使われた録音テープの音声とまったく同じものだった――。

未解決事件の闇には、犯人も、その家族も存在する。
圧倒的な取材と着想で描かれた全世代必読!
本年度最高の長編小説。

昭和最大の未解決事件―「ギンガ萬堂事件」の真相を追う新聞記者と「男」がたどり着いた果てとは――。
気鋭作家が挑んだ渾身の長編小説。

罪の声のKindle版

ツイートする