トットちゃんとソウくんの戦争

  • 37人登録
  • 4.30評価
    • (4)
    • (5)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 9レビュー
  • 講談社 (2016年7月14日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (258ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062199940

トットちゃんとソウくんの戦争の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 黒柳徹子・田原総一郎という、同世代の二人が自らの子供時代を語る。
    二人は学生時代(今の小学生~中学生ごろ)に戦争を経験しており、子どもの目線で戦争をどう見ていたか、実際にどういう生活を送っていたかを振り返っている。

    田原氏と黒柳氏、交互に記事を書いている。
    田原氏の記事では、ご本人の思い出とともに当時の時代背景を解説的に書いてあり、当時のことをよく知らなくてもある程度どんな時代だったかがわかるようになっている。

  • 徹子さんのとても読みやすい語り口と田原総一朗さんのとても論理的な語り口で交互に綴られる二人それぞれの戦争体験と二人が共に深く関わるテレビと戦争への想いが熱く私の胸に響いた。そして平和の大切さ、かけがえのなさを改めて心に刻む。徹子の部屋で戦争体験を語る有名人を取り上げたパートでは特に芦田伸介さんの言葉が突き刺さった。「戦争に向かう巨大な力の前では、私たちは無力だったかもしれないが、だからどうすることもできなかったではすまされない。戦争は大きな罪だが、戦争というものに無力だった自分にもなにがしかの責任があるのではないか。それは無力の罪というものではないのか」徹子さんも言う。子供の頃出征する兵隊さんを見送れば貰えるスルメ欲しさに万歳と無責任に見送った行為が自分にとっての戦争責任だと。無力の罪という言葉の重さに私は今怯える。

  • 戦争を知る最後の世代であるふたりが、子どもの頃の戦争体験からその後についてを具体的に語った本。
    子どもの頃、スルメ欲しさに兵隊の出征を見送ったのが自分の戦争責任、と後悔する黒柳は、ユニセフ親善大使として世界の子どもたちと関わり続ける体験も語ります。また田原は、太平洋戦争は軍部の暴走によって始まったのはなく、多くの国民がアメリカと戦うことを望み、戦争反対と考えていても声をあげられる状況ではなかった、それは連日開戦を支持していたマスコミも同様であったといいます。
    テレビの世界に長く関わりその長所も短所も知る両者が、それぞれの立場で「平和のためにテレビができること」を信じて活動する思いとは。

  •  「この世界の片隅に」ですずさんが玉音放送を聞いて「まだここに五人おる!」といきり立っていたとき、トットちゃんは青森の諏訪ノ平駅前のお店でラジオを聞いて、もう空襲はない、もう爆弾は落ちてこないとほっとした気分になっていたし、ソウちゃんは海軍兵学校に入るという夢を絶たれ、悲しくて泣いて、泣き疲れて寝ていたのだ。

     黒柳徹子さんの本として「窓ぎわのトットちゃん」は読んだことがあって、それと内容のかぶる部分もあるけれど、トモエ学園以外の話もあってなかなか興味深い。
     田原総一郎さんと黒柳さんとは年代がほぼ同じで、場所が違うということで、東京~青森と彦根とでの違いも見えて面白い。

     できることなら、検証班みたいなのを作って、お二人のお話を検証して、真偽や追加情報などの解説があれば、もっと質の高い戦争記録になるかと思う。 

  • 平和とテレビ。
    なるほど。

  • 黒柳徹子さんの疎開中の話って初めて読んだように思う。胸に迫って途中でやめることができず、一息に読んでしまった。戦前のいかにも山の手の家庭らしい暮らしぶり、だんだん物資が不足してきていつもお腹をすかせていたこと、とうとう召集されて戦地へ向かう父を見送ったときのこと、疎開先での母のたくましさ、戦後何年もたってから父が帰ってきたときの嬉しさ…、忘れがたく心に残る話ばかりだ。

    たくさんの出来事を細部まで覚えていて、またそれを生き生きと目に見えるように綴る黒柳さんの力はすばらしいと思う。どんな言葉より、そうした実際の具体的な情景によって、戦争というものの非道さ不条理さが心にしみ通ってくる。こういうことがあってはならないのだ。決して。

    「徹子の部屋」で戦争体験を語ってくれた方たちの話も紹介されていて、ここも強く印象に残った。なかでも芦田伸介氏の「無力の罪」という言葉には考えさせられる。

    「なぜ、あんな悲惨な戦争を日本は始めてしまったのか。どうして、私たちはそれを止められなかったのか。たしかに戦争に向かう巨大な力の前では、私たちは無力だったかもしれないが、だからどうすることもできなかったではすまされない。戦争は大きな罪だが、戦争というものに無力だった自分にも、なにがしかの責任があるのではないか。それは無力の罪というものではないのか」

    スルメ欲しさに旗を振って出征する兵士さんを見送ったことに、ずっと罪悪感を抱いてきたという黒柳さんは、「私は無責任だった。無責任だったことが、私にとっての戦争責任なのだ」と書いている。現在に至るまでユニセフの活動を精力的に続けてきたのは、著者の「責任の取り方」なのだ。言葉がとても重い。

    (正直に言うが、「ソウ君」田原総一朗氏の文章を読むと、いかに黒柳さんの文章がうまいかよくわかる。悪いけど)

  • 916

  • 第1章まで読み終わった。

    徹子さんの戦時中お腹がすいていて、兵隊さんの見送りをすると、スルメがもらえるから送り出しに参加してしまったことを後悔しているという話は切なかった。

全9件中 1 - 9件を表示

黒柳徹子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

トットちゃんとソウくんの戦争を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

トットちゃんとソウくんの戦争の作品紹介

戦争は、何も知らない子どもの心まで深く傷つける。そして、私たちはそのことを身に染みて知っている最後の世代だ。だからこそ、私たちの戦争体験を、平和のたいせつさを、私たちはこの本でしっかりと語っておきたいと思う。  ――黒柳徹子
僕と黒柳さんには大きな共通点がある。黒柳さんは生まれが東京、僕は彦根という違いはあるが、小学生時代はまるまる戦争と重なる。意味がよくわからぬまま「玉音放送」を聞いたことや、戦争が大嫌いという点もいっしょである。  ――田原総一朗
戦争を知る最後の世代のふたりが語る戦争体験と平和への願い。大人も子どもも、みんなで読んで考えたい。

トットちゃんとソウくんの戦争はこんな本です

トットちゃんとソウくんの戦争のKindle版

ツイートする